PHASE-14「明日への出航」 

2005年01月22日(土) 18時14分
キラ様〜〜〜っ!!
な回でした(笑)

まずはアバン。
長っ!!
制作大変なのね〜(笑)
おうちぼろぼろで、今後のことについて話し合うキララク虎マリュのところにお懐かしきマーナさんが。
あれ?声変わった?
カガリの呼び方も姫様からカガリお嬢様に。
カガリの手紙は泣けてきます。
インタビューで石田さんは指輪をこっそり持っててくれても…とおっしゃってましたが、
返すのは、カガリのけじめですよね。
ユウナと結婚するということは、国のためとはいえ、アスランを裏切ること。
指輪を持っていれば、やっぱり想い続けちゃうと思うんです。
きっぱりと忘れるために、返したんでしょうね。
ベッドに転がって、指輪のなくなった手を見つめるカガリちゃんが切なくて
自分でも捨てられないし、取り上げられるのも嫌だという辺りに「愛」を感じました。
つくづく、乙女になったな〜、カガリ。
けれど、淑女としてのたしなみはダメダメ。
でもそんなカガリがかわいいと思う。
ユウナが吹きだしたのは、何か小ばかにしてる気がしたんですが。

PHASE-08「ジャンクション」その2 

2004年12月11日(土) 13時22分
一夜明け。
あの〜…あの城はカガリちゃんのお屋敷?
さすが国家元首。
いい家に住んでるね〜。
でリビングで当たり前のようにいるアスランの元にカガリちゃんがやってきます。
「昨日はごめん…」
って…
何か、朝帰りを言い訳してる夫のようだ。
「気にするな…」
といいつつ、声の冷たい妻・アスラン(笑)
かわいいな〜こいつら。
でも、そのやり取りは全部メイドさんに見られてます。
いいな〜。メイドになりたい。
雇ってくれ!給料要らないから。
アスカガラブっぷりを見られるなら、金はいらん(笑)
アスランはプラント行きを決意し、カガリに告げました。
やっぱりずっと考えてたんだろうね。
オーブでは何もできない。
何かしたくても、その権限は自分にはなくて。
だから、それができるプラントへ行こうと。
その決意は立派だし、アスランらしいとも思ったけど、今この時期、カガリの側を離れてほしくなかったというのが、素直な感想です。

そして、シンルナレイ以外の面々は、お出かけ〜。
あぁ…ほんとのんきな子達(笑)
その頃シンとレイは射撃訓練してましたね。

PHASE-08「ジャンクション」その1 

2004年12月11日(土) 12時30分
長くなりそうです(笑)
とりあえず、神様ありがとう!アスカガばんざい!(笑)
アバンは怪しげなオーブの皆様方。
何でこんなに悪人面ばかりなんだか…
「国家元首を送り届けてくれた艦、冷たくあしらう訳にも行きますまい…今は…」
この「今は」がかなり意味深ですよね。

そしてAパート
いきなりカガリに抱きつく紫頭。その名はユウナ。
こいつか〜。
ユウナってかわいい名前だから、ニコルのような美少年を想像してたんだが…
アスランはやきもちですか〜?(笑)
視線そらしちゃって。
そんなアスランにユウナは
「フン…ッ」
と、勝ち誇ったような笑みを。
でも、あんたが勝ってるのは身長と財力だけだから(笑)
見せ付けるようにカガリの肩を抱いて、
「ごくろうだったね〜」
と心にもないねぎらいの言葉。
いちいち嫌味なやつだよ…
ウナトは
「ご無事で何より…」
見たいなこといってましたが、本心じゃないね。
きっとプラントで襲撃にあい、そのまま死んでれば…
とか思ったんじゃ。
そうなれば、連邦と手を組み、プラント攻撃の理由もできる。
何より、自分たちと思想の違うカガリを、手を汚さず排除できるわけですから。
まったく…こんな男信じちゃダメだよ、カガリたん。
タリアさんとアーサーはめちゃ不憫な顔をして、アスランを見てましたね。
(あ〜あ…この子かわいそうに…)
って感じで。
やっぱりミネルバで知れ渡ってたのかな〜この子達の関係(笑)
護衛というか、補佐なのに運転手つきのハイヤーで帰宅。
いいんだろうか(笑)

PHASE-07「混迷の大地」 

2004年12月04日(土) 22時16分
え〜、辛すぎて見返せません。
色々痛かった。
なんかもあれやこれや書く気分じゃないので、カガリちゃんのことだけ。

ミネルバ内で孤立してて辛いな〜ってそう思いました。
アスランがザフト組みと仲良さげに射撃訓練をしているのを、どんな気持ちで見ていたのかと思うと、ほんと泣けてきます。
あそこが一番切なかった。
あの中でアスランだけがカガリの味方なのに、そのアスランが離れていっちゃいそうな気がしてたのか。
「アスラン…」
ってつぶやいた姿がほんと小さく見えて。
彼女はまだまだ未熟で目先のことしか見えてないのかもしれない。
それでも、彼女の利点は常に前向きであることなんですよね。
うまくまとまりませんが。
この回はアスランとカガリの間の溝を感じて、すごく切なかったので封印(笑)

PHASE-06「世界の終わる時」 

2004年11月27日(土) 17時59分
え〜
今回の感想。
元ザラ隊最高!!
これしかない(笑)
最近、イザークがいとしくて仕方ありません。
文句を言いつつも、アスランとの再会は結構嬉しかったようですね。
あぁなんかもう、ほっとする。
先週も思ったが、イザークの艦にアスカガ入れてほしいよ。
目覚めたカガリは真っ先に
「アスランは?」
と聞きます。
この後のギル様の態度はいやんな感じ(笑)
でももう、開き直りか?
一度限りの「アレックス」(笑)
アスラン久々のMS戦
腕は鈍ってないようですね。
あのオクレ兄さん相手に互角でしたから。
その力をルナマリアに見せ付けてやれ!
だったら生意気なこと言えなくなるから(笑)
と思いました。
あ、でもそれで惚れられたらいやだな…
ギル様はここで降りるんですね。
カガリちゃんの立場を考えれば、ここでともに降りるべきなんですよね。
彼女は代表という立場である以上、混乱する国のことを考えなければならない。
でも、アスカガ的にはアスランのことを心配するカガリちゃんが見れて、嬉しかった。
これもカガ→アス描写ですよね。
大気圏突入時
「アスラン!」
と叫んだのも。
今回初めてシンが主人公らしく見えたよ(笑)
「何であなたみたいな人がオーブになんか…」
って、そんなの
カガリのために決まってるじゃないか(笑)
まあ、それだけではないと思いますが、少なくとも行くところがないから(笑)
ではないと思うんです。マルキオハウスもあることだし。
やっぱり、アスランは自分にできることをするつもりでカガリのそばにいるんだろうな。
世界のために何かしたいという正義感と。
同じ思いを抱いているカガリを護りたいという気持ち。
だからオーブにいるんでしょうね。
今回の事件がザラ派の残党ということで、アスランはショックですよね。
ますます追い詰められてます。
大気圏突入のザクとインパルス。
大丈夫なんだろうか。
キラはかなり高熱で苦しみましたが。
アスランも看病されたりするんだろうか(笑)
カガリちゃんに。
あぁ…気になる。
そして、キララク登場ですね。
ラスト、空を見上げ、口を開くキラ。
台詞なし(笑)

ダムA&マガジンA 

2004年11月26日(金) 19時28分
まずはダムA。
今回は来月から連載の始まる「THE EDGE」のために買いました。
扉絵のアスカガ。
切ない。
背中合わせって萌えなんですが、カガリちゃんが痛々しい。
なんというか、自分の望む未来がある
だけどそうするだけの力もなく、苦悩している。
そんな感じ?
少なくとも恋愛関係の涙には見えませんでした。
自分の力の及ばなさ、そういったものに対する涙だな〜と。
なんだか、サン○イズのほうからは「少女マンガ風に」という風に注文を受けているらしい。
「少女マンガ」ですよ!
期待してもいいんでしょうか(笑)
5話の一連のアスカガシーンを今から期待してます。
付録にポストカードセットがついてたのですが、「THE EDGE」の作者の久織さんのイラストもありました。アスラン、かっこいい!
「chase」ではキャラの誕生日や身長体重が紹介されてました。
アスカガの身長差10cm
キスするのにちょうどいい身長差ですね(笑)
一話のアスカガ見つめ愛のカットでは
「君を護る」と誓ってから2年。二人の信頼関係はより強いものになり、いつしか信頼は愛へ
と書いてあって、萌えました。
愛はあるんだけど、恋人関係には進めない二人の今の立場や状況を思うと切ないですね。
個人的に、議長が思ってたより若かったことにショック。
ジブリと誕生日が近かったことにも(笑)
ヒロインベストテンでカガリちゃんは9位。
私の中では文句なしにベストワンヒロインですが(笑)
そのコメントに
「アスランを尻に敷いて…」
とあり、爆笑。
その後、ベッドの中じゃアスランに敷かれるけど…
とアホなことを思ってました(笑)

マガジンZは、まあ、こんなもんかと。
1〜2話辺りですが姫抱っこも
「アスラン…」
「大丈夫だ。」
がなかったです。
期待してなかったけどね。前回も48話キスとかはしょってたし。
アニメと違ったのは、シンがルナ、レイ、ヨウラン、ヴィーノと買い物に出てたこと。
ラッキースケベはありましたが(笑)
遅刻してルナに怒られるシン
やっぱりルナはシンかレイとくっついてください(笑)

PHASE-05「癒えぬ傷痕」 

2004年11月20日(土) 18時05分
今回は特に長くなりそうなので、アスカガとそうじゃないシーンに分割。

まずはアバンが前回のおさらいじゃない事に驚いた(笑)
ユニウス7が動き始めたという報告を受けるタリアさんなんですが…
えー…
この緊急時にそんなことやってていいんでしょうか!?
何かほんと、上官から乱れまくってるよ…ミネルバ。
バスローブの議長は怪しすぎ。
ユニウス7について聞かされたカガリちゃんは、なんだか取り乱してて。
相次ぐ事件にショックなんだろうな〜。
たまりにたまったものが爆発しちゃった感じで、とうとうクルーと衝突しちゃいます。
アスランのとめる声も届いちゃいねえ…
ヨウランの言葉をザフト考え方と一括りにしていたのは痛かったですね。
後ろにいるアスランは元ザフトの軍人だよ。
一国の代表ならば、ここはただ聞き流しておけばよかったんですけど、まだそこまで彼女は成長し切れてないと思います。
まあ、ヨウランの言葉も不謹慎ですけどね。
何か、この子達、ほんと軍人なのかと疑いたくなります。
能天気すぎ。
あんな巨大なものが地球にぶつかれば、その地に生きるものは死に絶えてしまう。
自分たちと関係ないからいいかと、そんな風に思えるんですよね。
彼らがなぜザフトに入ったのか、そういったことが明かされれば、彼らに抱く印象も変わって、くるんでしょうが、今はあまりいい印象がないなあ…
そして、シンVSカガリ。
シンちゃんの言うことももっともだと思う。
国の理念を信じた挙句、命を奪われたのでは、その国に憎しみを抱いても仕方ない。
けれど、ではあの時降伏していればよかったのか?
もし降伏していれば、コーディネイターであるシンたち一家は地球軍によってひどい目に合わされていたかもしれない。
だから、何が正しか、どちらが正しいのかなんていえない。
シンには家族を殺されたという事実しかないですからね。
なぜオーブが戦場になったか、それを知らないから。
だから、カガリに憎しみをぶつけるシーンに関してはまだ賛同できる。
でも、何が許せないって、わざとカガリに体をぶつけて出て行ったことですよ。
あれは暴力です。
この二人がどう和解するのか、それともしないのか。
今後が楽しみです。不安もあるけど…

PHASE-04「星屑の戦場」 

2004年11月13日(土) 20時03分
え〜アスカガ少なく寂しい(笑)
アバンは先週の続き
議長にバレバレシーンのあと、
「議長、それは…」
とフォローしようとしたカガリちゃんがいいです。
ただ、この議長の一言がこの後のアスランに重くのしかかってくるわけですが。

Aパート。
やっぱり今のザフトの子達って軍人らしくないな〜。
何か訓練の延長上にいる感じで、あんまり緊張感がない。
で、この出撃は罠だったんですが、ミネルバがピンチに。
座席を離れるのは危ないとはわかってますが、やっぱり
カガリちゃんをぎゅっと抱きしめて
守るアスランが見たかったです(笑)
「この艦にもうモビルスーツはないのか」
のギル様。
暗にアスランが
「乗る」
と言い出すのを期待してないか?
ほんと胡散臭い議長だ(笑)
実際、何か言いかけましたが。
この時のアスランを見るカガリの視線が切なかった。
絶対わかったね。
アスランは本当は戦いたいんだって。
カガリちゃんは自分の気持ちよりも人の気持ちに敏感なところがありますから。

アイキャッチ
いつの間にか昼に…
ずっとハロキャッチやってたのか!
バカップル(笑)

PHASE-03「予兆の砲火」 

2004年11月06日(土) 19時36分
アバンはカガリちゃんのうっかり発言(笑)

シン&レイVS仮面
やっぱり仮面はあの人っぽい(笑)
しかし、アーサー…
おたおたしすぎ。
改めて、ナタルさんの有能さがわかります。
で、その頃のアスカガ
医務室で治療中のカガリちゃん。
心配そうに見つめるアスラン。
そのアスランを怪しんでるルナ。
う〜ん,三者の対比が面白い(笑)
ボギーワン(仮)は船体を分離して逃げるのですが、分離した部品がミネルバに当たり、ミネルバ内パニック。
この時の医務室の様子がすごく気になったのですが。
あれだけ船体が揺れましたからね〜。
ボディーガード君はしっかり代表を守ってくれていたのでしょうか?
ぎゅっと抱きしめて!(笑)
とりあえず、コンディションはレッドからイエローへ移行。
ギル様にタリアは
「艦長室でお休みください。」
と言うんですが、なぜ艦長室?
一番いい部屋だから?
その謎はいずれ解ける(笑)

Bパート
連合トリオはお休み中。
ステラは泣きながら寝ちゃったようで涙が。
かわいいな〜。
アスカガが乗っていたことに驚いていたギル様ですが、申し訳ないとわびつつも、何か嬉しそうだ…
艦内案内する前に、休ませろよ!けが人を!
怪我してる割にぴんぴんしてるが(笑)
すれ違う兵士にうっかり敬礼するアスラン。
おばかさんだ…やっぱ染み付いてるよ軍人が。
格納庫ではシンVSカガリ対決第一ラウンド。
ガンたれ対決。
ウィナーシン(笑)
議長はブリッジにまでアスカガを案内。
「オーブの方にも見ていただきたいと…」
って、お前が見せたいのはアスランにだろ!
この狐め!(笑)
「名が偽りならその存在も偽り…」
とか言い始め、いいましたよ
「アスラン」
と…
カガリちゃんがばらすまでもなかったね…
しっかりばれてます。
だからラジ種での
「カガリのバカ」
発言は取り消してください、石田さん(笑)

PHASE-02「戦いを呼ぶもの」 

2004年10月23日(土) 18時59分
アバンは種最終回後&種デス1話。
ここでもアスカガばかりでした(笑)

この回は戦闘メインの回。
やっとガンダムらしく(笑)
メインはインパルスVSガイア。
でもシンって、軍人らしくないね。
アーサーって一応(笑)上官でしょ?
忠告を
「できるかどうかわからない」
なんていうなよ。
そして、でてきました。仮面。
こう、これまでの仮面とは違ったタイプの人ですね。
やっぱりこの人はあの人?(笑)
突然の揺れにアスランはヘリオポリスを思い出してましたね。
うぅ…アウル君、かわいいね〜。
何か文句の多い弟君って感じで。
今回の連合トリオ、前回と違って、ものすごくコンビネーションがいいです。
よって、追い詰められるインパルス。
そして、加勢にでるザク。
本当は、護衛ならばここではインパルスに敵が集中してる間に逃げるべきなんだよね。
アスランの任務はカガリを守ることなんだから。
でも、ここで逃げるようなアスランじゃないし、それを許すカガリでもない。
二人のこういうとこ好きです。
目の前でピンチの人を見逃せないという。
「つかまっていろ!」
というアスランはかっこよかったのですが、結果カガリちゃん負傷。
血…血が…!!
アスランの手のひらにもべったり。額にまで伝っちゃってるし。
アスランと同じく驚愕しちゃったよ。
ようやく、レイとルナも出撃。
アーモリーワンはもうてんやわんや。
何かザフトの人たち、平和ボケしてませんか?(笑)
予告のステラを見たときに、
「薬切れ?」
と思ったんですが、違いましたね。
前夜祭のときにアウル役の森田さんが、薬じゃないとおっしゃってたんですが。
何か今回は言葉に反応するみたいですね。
ステラは
『死』
のようですが。
ようやくインパルスと合流のレイ&ルナですが、ルナのザクはトラブってましたね。
そんな感じでAパート終了。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bmoon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる