甘え

June 05 [Sun], 2016, 7:31
友人たちの家庭と仕事を両立させている様子や、後輩たちの専門的な仕事、自分より後から入社してきた上司のみんなに頼りにされる振る舞いを見ていると、とても落ち込む。
わたしの仕事は、誰にでもできるようなことばかりだ。
あまり真面目な仕事ぶりでもないし。
いつまでもバイト感覚で。


悪循環というやつで、誰にでもできることしかできない→真面目にやる気持ちが薄れる→回ってくる仕事が狭まる→やる気なくす、って感じ。
ああー簡単なことでも褒めてくれればなあ。褒めてほしいよなあ。
現実にはみんなのほうが褒めるに値するわけで、わたしの順番は最後。
人に求めず、「誰にでもできることをきちんとやるのは、なかなか誰でもできることではないのよ」と、自分に言い聞かせるよう努めているけれど、難しい。

お待たせ!ガールズブラボー!

May 23 [Mon], 2016, 17:05
だいぶ長いこと書きたい書かなきゃのままにしていた2015年の東京ガールズブラボー。2015年11月28日の出来事です。

2015年はさまんさの提案で「ブルガリ展」から始まるー(イエー)上野さんぽー(イエー)!

というわけで上野駅公園口に13時待ち合わせ。お天気がよかったこともあって、ものすごい人!なんとか合流して「久しぶり!1年ぶりだね!」という感じで始まりました。

ブルガリ展のチケット売り場にて事件は起こった。順番が来て「1400円です」と言われたので、1万円札を出しておつりを待っていたのだが、いつまでたってもおつりが返ってこない。むしろ顔は見えないチケットカウンターの人のほうが怪訝そうな雰囲気を出している。
「あのおつりは・・・?」
たまらず聞き返したところ
「???その5千円札は違うのですか」
と元々わたしの財布に入っていたお金を指差してきた。むっとしたわたしは
「これは最初からここに入っていたお金です。おつりをまだ受けとっていません」
と主張し、さまんさも
「これから夜まで遊ぼうってときに、7千円で家を出ることはないと思うよ」
と援護してくれた。どうやらわたしの応対の後、カウンターの担当交代がありそちらに気を取られてお金のやり取りがぼんやりしてしまったらしい。一度レジ締めをしないと確認も返金もできないと言われ、展示を見て回っている間に調べてもらって携帯電話の番号に連絡をもらうことになった。
「まじか!これ調べて『レジに間違いはありませんでしたー』とか言われて8千円戻ってこないとかあったらどうしよう!こわいー!」
と大騒ぎしながら、とにかく博物館へ入場。

東京国立博物館 表慶館はこの展覧会に備えて入口がまるでブルガリのお店のようにデコレーションされていた。雰囲気にワクワクしながら入ったものの、会期終了間際のため中はかなりの混雑。人の間をすり抜けるように、あるいはじっとりと順番を待って、ガラスケースの前に進んで宝石を舐めるように見る。初期の比較的クラシックなネックレスやイヤリングを見ているときはさまんさと、「いただけるならどれにする??」などとかわいい(図々しい?)会話をしていたのだけれど、どんどん展示が「ブリンブリン」になってくる。なんていうか、イタリアのブランドなので何となくマフィアが好みそうな雰囲気があるのだよね。大胆でゴージャスで圧がすごい。ヘビモチーフやらコインモチーフやら。中田翔きっとブルガリ好きだろうなーなんて想像したり。庶民派のわたしは、そこまで「ブリンブリン」ではない、カラフルな石をお花のように配置しているシリーズが気に入った(館内でのプロジェクションマッピングでも使われていたデザインでした)。
その他、ジャポニズムな富士山モチーフの展示は大人気でごく短時間しか見られなかったり、エリザベステイラーの宝石達は圧巻だったし(1個でも想像を絶する豪華さなのにそれをゴロゴロ所有していたとは!)、人ごみの中を縫うようにではあったけど、でもどれもパワーストーンだなあって心から思うような宝石をおおいに堪能しました。

展示を見ている間に携帯電話に着信。入場券売り場のレジチェックが終わったようで、無事にお金が返ってくるとのこと。「よかったーーほんとによかったー」と心から安堵。まったく人騒がせだったわ。とにかく一安心。ブルガリ展をじっくり見学した後にお金を返してもらいました(おわびにポストカードくらいくれるかなと思ったけど、何ももらえなかった、笑)。

気を取り直してブルガリ展のチケットで入れるというので、東京国立博物館本館へも行ってみました。ひらがな好き、崩し字芸人のさまんさは源氏物語絵巻などに心を奪われていた様子。
しかしここで激アツだったのは根付 高円宮コレクションhttp://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=4806。サッカーの宮様というイメージで親しみのある高円宮様がこんなコレクションをしていたとは!と二人で盛り上がりました。根付っておじさんが携帯に付けるやつでしょ?ご当地キティちゃんのあれでしょ?と言いながら、それらとはひと味違う品々に興奮。根付のイメージからするとかなり大型だったり、とても写実的だけどなぜこのモチーフを・・・?と混乱させるような作品だったり、とてもinterestingな展示でした。
また、こちらのミュージアムショップも広くて楽しかった!さまんさがおみやげにと蒔絵柄の缶に入ったクッキーを買ってくれました。「わたしも同じ缶を持ってるんだけどね、食べ終わったら、使い終わった電池を入れられるから便利だよ!うちではそうしてる!」と何度も言われました。電池・・・使い方限定・・・?

美しい夕焼けの上野公園を歩きながら、さまんさが予約してくれた本日のディナーへ。ホテルサンルートの1階にあるラ ココリコというお店です。チキンとビールがそれぞれ絶品。チキン、はさみで切ってもらえて食べやすかったね。生ハムもこくのある脂というような感じ。おいしかった!また行きたい!人気店だった!
そしてここでじっくりおしゃべり。「さまんさJr.神宮球場へ行くの巻」にワクワク。あいかわらずつばくろうがお気に入りのお嬢さん、意外にもかなりのヤクルトファンだっただんなさま、いつか神宮で会えたらいいな。
もう1年前になってしまったサンフランシスコの旅行トーク、最近会った中学・高校時代の友人たちの話(ほとんどバスケ部)、もはやあの頃の自分たちよりも年が近くなってしまったあの頃の先生たちについて、いわゆる「近況報告」・・・話は尽きない。もっと会う頻度が高かったらいいのに!とも思うけれど、今現在は「定期的に会える」というだけでも贅沢な話。だからこそ密度が濃くて、充実した時間にもなるわけで。

やはり夕飯の後も名残惜しくて、湯島まで歩いてもう一軒。以前とめこちゃん達と来たワインバーへ。お腹いっぱいでちょっともったいなかったけど、明るい雰囲気の中、電車の時間が心配になるぎりぎりまでおしゃべりできました。

別れ際はさまんさに見送られて。振り返ってもまだ手を振りつづけるというのがわたしたちのガールズブラボーのお約束なのです。これがまた満たされるんだよなあ。最後まで楽しかった!って気持ちになる。
さまんさ、忙しいのに長い時間ありがとう。ブルガリ展も、ディナーもとっても素敵でした。

ほんと、ありがたいよなあーしあわせものだよ、わたしは。お友達との生き生きした思い出はとっても力になる。響くよね。しばらくたって思い出しながら文章にしていたら、さっきまで少しふさいでいた気持ちが軽くなってきた。前向きってむずかしいけれど、次のお散歩に思いを巡らすっていうのが、わたしなりのポジティヴシンキングなのかもしれないなあ。

ちょっとしたこと

April 06 [Wed], 2016, 22:14
こうしていられるだけで勝ちなのに、ひとからどう言われるか見られるかを先まわりして嫌になってる。


常に自分が劣っていることを感じながら生きてきた。
みそっかす。
そのくせに勝ち気でプライドが高い。


人から評価されたい。
でもその人はわたしを評価するモノサシを持っているの?
自分で納得するしか道はないんだよ。
自分以上に自分を評価してくれる人なんていないって、あのアイドルが言ってた。


なんだけど、ときどき、ギャフンと言わせたい。
認めて欲しい。
あなたと違うわたしを。
あなたのように生きられなかったわたしを。


まだまだ、自分に懸命にならないといけないみたいだ。
自分をやりきらないと、外野が気にならないくらいに。


そして。
考え方に革命を。

来週以降、ガールズブラボーな予定が多くてアガる

November 15 [Sun], 2015, 13:28
↑すごいタイトル。

10年くらい前に、チェーンの居酒屋で、やたらとおしゃべりしたことが、つくづく財産だなあと思う最近。あの頃、あれはダメこれはダメと生意気に話していたことを少し落ち着いて、でもそうよね、なんて頷いてみたりしてる。


やっぱり友達が大事なんだよなーわたし。

暑かったけどぉ・・・短かったよね、夏。

August 31 [Mon], 2015, 10:37
夏が終わりますね。

この夏もさんざんスポーツを観た良い夏でした。野球もサッカーも。
つくづく山田哲人がスターでした。ホームランを3本打った試合現地で観たよ。
ヤクルトの今年のテーマのひとつが「燕パワー(えんぱわー)」なのですが(いろいろな縁=燕、を大事にみんなで戦っていこうぜ的な)、「燕パワー」モチーフのサードユニをファンに配布する試合が数試合ありまして、対象試合の勝率がすごいというところがきっかけとなって、わたし・とめこちゃん・とめこちゃん夫・ミオさん界隈で「燕パワーすごい」という言葉が流行ったのね。もはや対象試合じゃなくても、ちょっと良い試合すると「燕パワーすごい」って言っていて。それがだんだん「燕パワー こわい」とか「出でよ燕パワー」とか、活用されてきてわたしたち界隈の合い言葉になって、今でもやたらと使っています。あ、「燕パワー」が流行るきっかけはもう一つあって、ヒーローインタビューで「観客のみなさんの燕パワー感じましたか?」と聞かれた上田選手が「感じました!」と答えたという「謎の燕パワー感じる事件」が起こったのですが、これは今年の話ではないかもしれないので、割愛します(「燕パワー」って言葉自体は数年前からあったのね・それにしても「燕パワー感じましたか?」という質問もどうかと思う)。

サッカーはお盆に味スタに行きました。米本選手の今季初ゴールとネイサンバーンズ選手のゴールで、G大阪に勝利。それにしてもお盆パワーすごい。人がとっても多くて、座る場所がなかなか見つけられませんでした。でも親子連れにお願いして席を詰めてもらい、大雨でも平気な場所を確保。あのね、満員電車における「すみません、降ります」とスポーツ観戦における「すみません、詰めてもらえませんか」は魔法の言葉だから、使えるようになるといいよ。レベル上げに役立つね。子供さんとかも覚えておくといいよ。

その他、キャッチボールをしたり、バスケをちょっとだけやったり(顧問の先生の還暦祝いで同窓会的な催しがあった)、自分が実際に動いたりもしました。キャッチボールにおけるグローブの大切さを知りました。あれがあることで、初心者でも楽しめる!今度は投げ方を学ばねば。バスケも、もう少し体力をつけたらもっと楽しめそうでした。一応基礎は持ってるからね。フリースローは相変わらず得意なので、腕の力があれば正規なラインから確実に決められるな(今は打ったあと、ちょっとだけはみ出してしまっている)。

スポーツの秋ということで、この後もいろいろ、観たり動いたりしていきたいと思います。そして運動の後のご飯も!みんな秋もよろしく。

すぽると!

July 01 [Wed], 2015, 13:29
先週末はスポーツ三昧でした。

木曜日、新木場でプロレス。バラモン兄弟がこわすぎて本気でおびえた。杉浦君は憎めない。竹田がかっこいい。力道山三世がくにゃくにゃしてて心配だった(わたしと同い年なのにあれで大丈夫なのだろうか・・・プロレスやりたくてやってる感じが全然ない)。

ひとつとばして土曜日。味スタでサッカー。武藤くんのラストデイ。あの子は本当に嫌みにならない子だなあ。サッカーがうまくて、かわいい顔してて、人気があるけど、普通に存在している感じ。そのまんまでやってますって感じがすごい。
前田遼一さん、あんな顔して超いいひと。こちらも同い年。前半から動きがい いなと思ってたけど2ゴールでした。きたかデスゴール。「よっち(武藤くん)と一緒にプレーできて幸せでした」っていうコメントもほほえましかった。
ナオさん(石川直宏選手)も同い年、主婦層に大人気みたいだけど、わかるわあ〜セクシーですよね!復活うれし!
いやーJリーグもおもしろいよ。わたしが好きなのは森ちゃん(森重選手)と秀人さん(高橋選手)ですけど。

そして日曜日は誰が何と言おうと、館山復活!ヤクルトスワローズ館山昌平選手が2年ぶりに復活、神宮で先発しました。今シーズン最多の人が入ったらしいのがうれしい。広島戦でもないのに。タテはつらいリハビリを乗り越えて、何度も復活してくれる。そしてその度「やっぱり館山だね〜」って思わせてくれる。みんな大好きだよ。「右の館山、左の石川」はヤクルトスワロ ーズの誇らしいエースだし、またこのふたりがお互いを信頼しているのもかっこいいんだよー

満塁までいった1回表、抑えた瞬間に泣いたよね、わたし(たぶんとめこちゃんもじーんときてたはず)。大学同期の村田選手、去年までのチームメイトで優勝逃したとき一緒に飲みまくった相川選手との対戦の2回表も熱かった。その後もピンチをうまく切り抜けつつ、勝ち投手の権利がかかった5回につかまってしまった・・・それでもすぐに山田哲人選手がホームランを打ち返し、タテの負けを消し、必死の継投で勝ちきった・・よい試合でした。翌日のスポーツ新聞には勝ちをもぎとるための異例の継投に涙したタテへピッチャーのロマンが「また肘をやったのか?」というプエルトリカンギャグ(とめこちゃ んダンナさん命名)を炸裂させ、バーネットも「館山の投球が大好きなんだ」と泣きのコメント。助っ人をも魅了するタテ!エクセレント!!!

スワクルチャレンジという抽選的なやつに当たって、試合後はグラウンドに入れました。たった今まで選手達がプレーしていたグラウンドに入れるって大興奮。どうも女性ファンを増やす企画のひとつだったようで、女の人達がグラウンドでストラックアウトしたり、ヒーローインタビューのボードの前で写真を撮ったりしていました。わたしととめこちゃんはティーバッティング体験をチョイス。並んでいたら現在広報をやっている熊田さんと度会さんが登場しました。バットを振る人の後ろでアドバイスを送ってくれます。とめこちゃんは熊田さんに「ナイススイング!」と声をかけてもらっていました。いいなー。さらに度会さんにツーショットをお願いしたら快くOKしてくださいました。うれしい!一緒にピースしてくれたんだよーライさんナイスキャラ!ありがとうございます!

はあ・・・やっぱりね、スポーツっていいね、楽しい。いろんな競技がおもしろい。テレビで観るのも現地で観るのもどちらもおもしろい。現地だと夏はナイトゲームが多くなりそうですが、ビールを飲み過ぎないように、ひきつづきエンジョイしようと思います。(味スタ、神宮はアテンドしますので、興味のある友達はお声がけくださいな)今日はオリンピック予選の壮行試合か!あ〜忙しいなあ(うれしい悲鳴)

最近の感じ

June 17 [Wed], 2015, 13:08
その昔、カスケイドというグループがいて、彼らの曲の歌詞に「ベスパを借り乗りして夕日から逃げて行く」という歌詞があった。この「借り乗り」という言葉の違和感がすごかった。と、いう話を、今朝の電車の「BAILA」の中吊り広告を見て思い出した。広告には「誰でも持っていそうな服でおしゃれに見えたい」と書いてあって「見せたい」ではないのか!?と気になっている。日本語ってむずかしい。わたしの中で「変じゃないかなー」と思っても、「変じゃないかなー」と言うしかなくて、理由をきちんと言えない。とても感覚的になってしまう。英語がわかる人はむしろ英語のほうが「変じゃないかなー」と論理的に言えるかもしれない(日本語よりも文法をたくさん勉強するから)。母語ってむずかしいってことかな。

トーツっていうメーカーの折りたたみ傘と長傘を持っているんだけど、折りたたみがあっというまに壊れて涙。結構がっかりしている。ワンタッチで開くし畳めるのが気に入っていたんだけどなあ。まとめるマジックテープの部分の幅も広めで使いやすいのに。とりあえず使えないことはないので、いよいよだめになるまで使い切ってやるぞ!と思っている。

レモンケーキがとっても好き。前にスターバックスにあった四角いケーキが大好きだったのに無くなってしまって悲しい。この間の冬はファミリーマートの期間限定の「シトラスケーキ」がヒットだった。で、最近見つけたのが伊勢丹のサダハルアオキの隣で売ってる、焼き菓子屋さんの「レモンのケーキ」。オススメ!ワックスペーパーでほわっと包んでいるあの見た目もとってもかわいい(薄紙が好き)。ぜひともあのお店、定着してほしいなあ。

今年はあじさいの当たり年だなあと感じている。年によって「今年の桜はすごい」とか「やけにきれいなバラが多いな」とか道ばたで思うのだけど、今年はたぶんあじさいの年。うちの近所だけじゃなくて、名所に見に行きたいなあ。鎌倉は憧れだけど、飛鳥山とかでもいいな。

6月は雨が多い

June 16 [Tue], 2015, 11:12
なんというか、久しぶりに落ち込んでいる。お酒を飲み過ぎての失敗はそんなに多くないので、むしろたまにやるとダメージが大きい。眠くて無口になって、その後すごい大きい声でおしゃべりしたりして、そのギャップが気持ち悪かった、昨日の自分。あといらんことをたくさんしゃべっていた気がする。もーいやだなあ。反省。

早川良夫という人の本を読んでいた。ものすごい共感と、いくらかの嫌悪。

ときどき、心の中の、すべてを書き記して保存しておきたいと思うことがある。わたしの記憶を共有してほしいと思う。でも、失敗や秘密やなかったことにしたいことを添削していこうとして、その行為に疲れてしまいそうだ。なのだけれどただ、中学生の頃2個上の先輩たちが山手線ゲームをしていた感じが不良っぽくてかっこよかったこととか、若かった頃の両親の車の中での会話がくだらなかったこととか、そういう単なる「情景」を文章にしておきたいという感覚。読んだところで大きな事件や感動の物語があるわけじゃないからおもしろくはないのだけれど、その景色と感覚を自分以外の誰かが持っていてくれたら、なんだかほっとする気がする。おしゃべりってそういうことなんだろうか。

いい湯だな

June 09 [Tue], 2015, 14:29
昨日、会社の帰りにJフレンズのキコさんと、健康ランドみたいなところに行ってきました。

(おぼえがき)割引を使って1800円の入館料に、岩盤浴450円。夕飯のポークソテー定食880円。

先に入っていたキコさんとレストランで落ち合って普通に夕飯。その後大浴場でお化粧を落としたり少し温まったり。炭酸泉があってテンション上がった!熱くないのに温まるよねー。

そしてお楽しみの岩盤浴へ。キコさんいわく「熱いほうの岩盤浴」はホントに熱い!ゲルマニウムやら岩塩やらいろんな種類の岩盤浴があって見た目も楽しい(暗いけど)。中では話してはいけないので、あらかじめ30分で出ようとキコさんと決めてチャレンジしたわけだが・・・汗すご かったよー久しぶりにあの毛穴にたまる汗。部活感。
少し涼める部屋で休んだ後、「熱くないほうの岩盤浴」へ。ここは確かに何時間もいられそう。でもじんわりくる。
岩盤浴っていつ以来だったのかなあ、楽しいし充実感あって見直しちゃった。

さらにさらに、本日のメインイベント「ロウリュウ」へ。今回はレベル3(標準)だったんだけど、いやいや、熱いって!岩盤浴の部屋の中の石に水をかけ、水蒸気を発生させて起こる熱波をまわりのお客さんにタオルで送る(あおぐ?吹き付ける?)というものでしたが、3セットやると3回目は痛いくらいの熱さ・・・しかもキコさんが「日焼けサロンの機械が壊れて蓋が開かなくなりそれで死んでしまう」というB級ホラー映画の話を 始めたため、恐怖!(私はキコさんのホラートークに多少慣れているけど、まわりの人に申し訳ない、笑)華丸さんのモノマネとか思い出すし、ロウリュウおもしろかったけど、終わった後の私の感想は「絶対戦争とかしちゃいけない!!!」だったよ。

熱々のまま、大浴場で汗を流し温泉に少し浸かってフィニッシュ。会社帰りでこんなに楽しめるとは!

雨の中、すっぴんで電車に乗り帰ったわけだけれど、あんまり気にならなくて、きっと体がよくあったまっていたから満たされていたんだなあと感じた。これはなかなかよいぞ。というわけで、またキコさんに連絡して行きたいなと思っています。

取り戻せっ!

June 08 [Mon], 2015, 14:34
この間、何か書こうとして何も思い浮かばなくてびっくりした。やっぱりスマートフォンとか何やらかんやら、「モノを考えない生活」しちゃってるからかなあと、少し反省した。

改めて振り返ってみると、わたしがわたしたるところ、って「活字」だなあと思う。けして優秀な読書家ではなかったけれど、子供の頃やたらと文字を追っていた。読みなさいと言われていた「世界・日本の名作小説」にはほどんど手をつけなかったけれど、地域や学校の図書館の蔵書、自分の中でめぼしいものはだいたい読んでしまっていて、活字欲しさに電話帳を広げていた少女時代。あの頃が今のわたしの面倒臭さとかへんてこりんなところを作ったんだと思う。そして、今、自分で自分に物足りなくなっているのは、そういう部分なのだと再確認する。

ということで、今月は「読む」をテーマにすることにする。ちゃんとした書籍でなくても良いけど、「紙媒体もの」を読む。小説、漫画、雑誌、その他もろもろ・・・スマートフォンじゃなくてね。

さて、来月までにどんな手応えが得られるかしら。できたらこの1ヶ月だけでなくて、続けていきたいな。きちんと。
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像バンビ
» 帰ってきた東京ガールズブラボー (2014年10月20日)
アイコン画像さまんさ
» 帰ってきた東京ガールズブラボー (2014年10月04日)
アイコン画像バンビ
» バリバリバンビ (2013年10月10日)
アイコン画像バンビ
» バリバリバンビ (2013年10月10日)
アイコン画像匿名キボンヌ嬢
» バリバリバンビ (2013年10月08日)
アイコン画像名前敢えて伏せるぱたーん
» バリバリバンビ (2013年10月07日)
アイコン画像小山 美容院
» ふゆのひ (2011年02月12日)
アイコン画像バンビ
» the chef cooks us!!! (2010年11月05日)
アイコン画像カブ
» the chef cooks us!!! (2010年11月02日)
アイコン画像カブ
» かわいいやつ (2010年07月15日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:バンビ
  • アイコン画像 誕生日:7月25日
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-とにかくスポーツ観戦が好き。野球基本。サッカー大好き。でもサッカーを個人で観に行くことができるとは思えない!
    ・自動車-最近車に乗ってない・・・無駄に限定解除。なぜなら免許はマニュアルでとるものという、男子の発想だから。
読者になる
「バンビ」の由来は『木更津キャッツアイ』から。「重い」ってことね。子鹿じゃないよ。

書くこと、しゃべること、うたうことが好き。でもいずれも「うまくできない!」不器用さが高倉健さんのようにかっこよくないところがね・・・。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bmb/index1_0.rdf