産科医不足

2008年10月31日(金) 7時38分
月末ですね!

今月も、イベント等でバタバタしてました。

でも、先月末に交通事故で救護してあげた方から

「あの時は、八木さんがいてくれたんで助かりました。」

とイベント時に言われたので、元気になれましたけど!




さて、先日病院の受け入れ拒否で死亡した妊婦の報道がありました。

亡くなられた方には、心から御冥福をお祈りいたします。

みのもんたさんが病院は、何はともあれ受け入れてあげればよかったのに

と言っていましたが、産科医の現状はそんなものじゃないと思います。

超過酷な現状を私は実体験しました。





5年前2番目の子どもの出産のときの話です。

家内が、夜中一時過ぎに、どうも産まれそうだとの事で

長男を私の実家まで送り、車で掛かり付けの産婦人科に

急ぎました。

母と子の病院といって産婦人科専門の病院でした。

病院についてから、家内を預けて帰ろうとすると

ナースさんから「もう産まれますから、いてください」と

「立会い出産になっていますよね?」と確認された。

「え!そんな事無いと思いすが!」と返したが

「奥さんからそう申請されています。」と無理やり病室に入れられた。

(聞いてないよ!)家内にしてやられたのでした。

待機の個室に入れられてすぐに、兆候が現れました

「もう産まれる」と言っている家内に対し

ナースさんは「まだ大丈夫」との事

あせる私!

事故等で修羅場を見てきても、冷静な対処は出来るんですが

自分の子どもの出産となると、違います。

この日、夜にお産が集中しており4人の妊婦に対し

当直の先生は一人っきり!

既に、他の部屋で赤子の鳴き声が聞こえてます。

「先生呼んで!」という家内の声に、必死にナースコールしました。



ナースさんが来ると、

「ン!もう頭出てますね!御主人手伝って!」と

無我夢中で、ベットを移動したりして、バタバタしながら

出産の瞬間を迎えました。

幸い元気な女の子でした。

こちらは、ホッとしてましたが、先生は次の妊婦へ

大変忙しそうに走り回っていらっしゃいました。





翌日、昼ごろ家内を見舞うと

「先生あれじゃ倒れちゃうよ!」と

何でも、一晩中出産ラッシュで、

朝からは、一般の診察が入っているとか

昼も休憩取れずに、13:00過ぎても

午前の患者が15人以上残っており、そのまま

午後の検診しているそうです。

昼も抜きです。

私は、学生時代山登りで人の命を預かる事が

どれほど、神経を使うか肌身で知ってます。

産婦人科ともなれば、その連続でしょう!

5年前の話で、これですから今はその比で無いでしょう。

崇高な意志の上に成り立っている職業だと思います。






報道では医師は15%増えているのに

産科医は8%減っている。

「何も、自分から苦労を背負い込む医師はいない」などと

言ってましたが、社会全体で産科医の育成を

していきたいと思いました。

そして、今勤務されている産科医の方々すべてに

ありがとうございます。と感謝しましょう!





ちなみに、上記お産の際
「ひーひーふー」につき合い、
家内がふーの所で私にパンチ食らわせてまして
ナースさんたちの間では、私の事
「サンドバックダンナ」と呼ばれていたらしいです。
ホントの話です。!

竹中君からの頼まれ事

2008年10月30日(木) 6時59分
毎月月末になると、仕事が集中しているのは

誰しもあると思う。

「毎月、5分、10分で済む仕事ですからお願いします。」

と言われ、引き受けてしまった仕事でも

毎月となると、負担になる事がある。

引き受けると、しばらくして会った事も無い

「竹中君」から御手紙が届いた。

内容は、

「毎月月末にある調査に協力してね!」という内容だ!

調査内容は、秘密だが毎月受話器に向かい

いくつかの項目に答えたり、プッシュボタンを押している。

実は、これを、ここ数年続けている。

ただ以下の事が面倒なのである。

@月末(25日〜末日まで)という期限が付いている。
A5分の仕事でも、数がたまれば膨大な時間になる。
B忙しいとつい忘れ、催促の電話が入る。

とちょっと厄介な仕事である。

全国にこのような犠牲者がたくさんいるらしい。

逃げようとしても、携帯電話まで督促がかかってくるのは

正に 鬼の平蔵 鬼平である。

今ではお願いしてきた「竹中平蔵氏」もこの職にはいないのに!

なぜかお願いされた私達は、続けて仕事をしている。

ちょっと理不尽さも感じるんだが!



最近、任命された人は

会った事も無い「与謝野君」から御手紙を頂き

この仕事をしている。

御仲間さんもお勤めご苦労様です。



私のカギ束

2008年10月29日(水) 6時19分
皆さんは、鍵をどうやって持ち歩いていますか?

キーケースに入れている人、かばんに入れている人

肌身離さず持ち歩く人・・・・・

私は、鍵をこうやって持ち歩いています。↓


ベルトに山で使うビナを通し、鍵をぶら下げているんです。

ちょっとスーツ姿には、似合わないんですが・・・・

でも、しょうがないんです。

鍵の数が半端じゃない。

自宅、車、会社この辺りまでなら皆さんお持ちでしょうが

この他に、町会やら何やら8個のカギがぶら下がっています。

ジャラジャラうるさいのが玉に瑕ですが、

熊に襲われる事はありません!(都会で熊はいないか?)

メリットとして走っても落とすことが無いし、すぐに取り出せる

私は、気配をついつい消してしまうらしく、

これがないと歩いていて、人にぶつかるんですよ!

ジャラジャラの音が「私ここにいます」と主張してくれます。



でも先日、こんな事がありました。

JR鶴見駅で見知らぬ人が寄ってきて

私に向かい

「あんた偉い人だね!」とおっしゃる。

「ハ!何の事でしょうか?」

「だって偉くなけりゃこんなにカギ持っていないよ!」

と越のカギの束を指差すんです。

「イエイエ・・・・・・・・



私は、その時思いました。

オイオイ私はそんなに偉かないぞ!

あ!でも、

「あなたは、鍵屋さん?」とか

「あなたは、泥棒さん?」と声をかけられるより

はるかにましだなぁと!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:八木幹雄
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1969年
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
文具・事務用品・OA機器・スチール家具などを扱う、株式会社マルハチの社長、八木幹雄のブログ。
本社所在地は、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見銀座商店街(ベルロード鶴見)にあり
普段は地域のイベント活動などに貢献して、地域密着の企業活動を行っている。
将来歴史研究家になる事を夢見ている。
好きな事は、グウタラな生活と豪語しているが
なかなかそうも行かないのが悩みの種!

文具・事務用品潟}ルハチ
http://www.bmaru8.co.jp/
最新コメント
アイコン画像ココ
» ココさんへ ご先祖様を探す手立て (2016年09月12日)
アイコン画像ココ
» 八木家の歴史その1 (2016年09月08日)
アイコン画像八木幹雄
» 納得いかない (2016年05月12日)
アイコン画像ひろの
» 納得いかない (2016年05月11日)
アイコン画像ひろの
» 無くなる前に・・・・お寿司メモ (2015年12月10日)
アイコン画像二宮
» 売り出し最終日に、僕ドラえもん!(笑) (2015年11月27日)
アイコン画像チャッピーママ
» セール2日目は雨模様ながら そして お弁当 (2015年11月26日)
アイコン画像ひろの
» 親父の形見 (2015年10月15日)
アイコン画像ひろの
» 月末の銀行 (2015年09月03日)
アイコン画像ひろの
» いつもと違う夏祭り (2015年07月28日)
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bmaru8/index1_0.rdf