ロシアに落ちた隕石の脅威

February 18 [Mon], 2013, 11:00
“ロシアで隕石落下か?”
いきなり飛び込んできたニュースにビックリ
そのニュースは映像つきで、まるで映画でも見ているかのようでした。



かなりの明るさの帯が画面左から右へ。
その瞬間に爆発したかのような閃光。
実際に見たことがあるわけではありませんが、
その光り方は、まるで原子爆弾が落ちたかのような光でした。


実際に今日のニュースで見た限りでは、
その威力は、広島に落とされた原爆の30倍にもなると言います。
だからと言って光も30倍と言うわけではないのでしょうが、
一瞬の光は、全ての物を真っ白にしてしまったような、
そんな万時の光り方でした。

そしてけが人は1,200人以上になると言うことで、
実際に地球上へ落下したわけではなく、
高度20〜25kmの上空で爆発したらしく、
もしもこれが地上に落下していれば、こんな被害では済まなかったので、
怪我をした方はお気の毒ですが、
これだけで済んだのは、良かったのかもしれません。



隕石と思われる物体は、重さ1万トンで、直径は17mにも及ぶらしく、
テレビでは、『ジェット旅客機○○機分』などと説明していましたが、
その大きさは実際にどれ程のものか想像し難く、
時速6万5千キロで大気圏に突入したらしいのですが、
それでも、建物の被害だけで31億円になる被害が出ているのを見ると、
その恐ろしさだけは伝わってきました。


被害のほとんどは、その衝撃波による被害で、
場合によっては1分と言う時差が生じて、光を見たことから、
「何が起こったのか?」と窓に近付いたところで、窓ガラスが割れ、
怪我をしたケースもあるようです。

実際にあの立場に立ってみれば、
今まで経験したことがないことから、絶対に外を見てしまうだろうし、
野次馬根性を起こしてしまうのも仕方のないことです。


残念ながら今は白内障で悩まされていて、はっきり見ることができません。

白内障については↓
http://contexis.com/

だから、そのような行動には出ないかもしれませんが、
はっきりと見えるようなら、間違いなく真っ先に窓に近付いていた筈です。
そしてガラスの破片で怪我をしていたでしょう。


地球上に落ちてこないものを流星と呼ぶらしく、
今回の物体は、実際に墜落はしていませんが
「隕石でいいの?」と疑問に思っています。








P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はるr3v7
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる