■ いや放置しすぎだから ■ 

2006年06月10日(土) 11時50分
なんと一年という期間放置されてました。
よく存在しつづけたなぁ、これ(笑)
生活のことをつれづれなるままに書いていくかも

久々にブログ 

2005年10月16日(日) 12時58分
どうも、管理人です。

久々に書き込もうかーと書きました。

RO復帰、だいぶ元気がでてきました。

最近身内でブログ作成がはやってるようなので、ちょこっと更新再開w

たまーに詩もやりたいですが、当分なしの方向で。

追記は、第3次スパロボαの進み具合。

■ 未来の箱舟 マクロス ■ 

2005年03月31日(木) 17時05分
BS-11チャンネルの春アニメ特集でマクロス3本だてということで喜びながら見ました。

マクロスといえばアーケードのシューティングゲームと、スパロボαでしかお世話になってない関係があるため、見てくれ(特にYF-19かっこいい!)が好きだけどメインストーリーを知らないという状態でした。

宇宙空間でああいう戦闘機が飛んでるのはどうかと思うけど。

某リ・ガズィ乗り曰く「飾りをやられてくらいで!」みたいなことをいえないひ弱さにビックリ。

モロいっす、初代バルキリー・・・。

かと思うと、ファイアーバルキリーはなんかめっぽう硬い。なんて技術力の差なんだか(笑)

今回の追記はマクロス感想集。

■ 流れ先に 君は… ■ 

2005年03月28日(月) 21時09分
ウルトラマン見忘れ。ズガーン。

ジュネッス・ブルー見たかった。気になってガンダムまで鬱ですごした。

ああ、なんてオタクな俺。それはどうでもいい。

種運命はなかなか良かった。

すばらしい。種はすばらしい! だって回想の映像がほとんどなかったから!

フリーダムはやはり最強のようで。主人公を含めてオーブ・ザフトをきりきり舞い。

アスラン、キラを追いかけすぎたせいで一人だけレベルが違うやん…。

まぁ種発動キラvs発動なしシスコンが合間見れば当然ですか。

バルトフェルド隊長も活躍したか微妙な描写。やっぱりこの無能いらないって。

苦渋の選択のオーブのおっちゃんに合掌。あんなガキに命令されるのはつらかろうて…。

今日も時間ないのでここまで。最近お前そんなのばっかだな。

■ 日々是怠慢 ■ 

2005年03月25日(金) 19時04分
すいません更新二日忘れてました。

ラグナロク・オンラインしだすとどうもこっちの方面を忘れてしまう。

キャラのほうはレベル84のSTR>VITBSをがんばってます。

VIT68+6とやわいですが、撲滅力をあげるために今後はAGIをあげることになりそうです。

今日は勉強三昧。ネタもないのでこのへんで( ω)

■ 晴れ後曇り ■ 

2005年03月22日(火) 20時07分
何故か読者が増えたのはSEEDとウルトラマンという話題のせいですか?

よくわからない現象に微笑むしかなかったです。

Anotehr.Century's.Episode初期化。そりゃあんまりだよ。

データ破損なんて久々なことでしたので。

しかし最初からはじめるとそれはそれで楽しかったり。

エステバリス・スバルカスタムvsヤテンコウ。燃え燃えのシチュエーション。

ラピッドライフル性能2段、ディストーション出力3段階改造はなかなかよいです。

ユウ・ブレンみたいな改造方法ですが楽しいのでオススメ。

個人的にはゲシュペンストも活躍させたい。

A.C.Eプレイヤーとしては5本指にはいるゲシュペンスト使いと自負してます。

A.C.Eは大会とかないんですかねぇ。やってほしいです。

(*本日は詩なし)

■ 男なら誰かのために強くなれ ■ 

2005年03月20日(日) 12時55分
ウルトラマンネクサスの主題歌の一節。

個人的にネクサスはセブン・パワードに並んで好きな作品です。

久々に子供向けから脱却したシリアス路線がたまらなく好きです。

コミカルな面では情報屋のおっさんが受け持ってくれてるおかげで、作品自体を「やや重い」暗さに保ってくれてる感じが良いです。

というかネクサス、今の若者向けだ、という感じがします。

ウルトラマンで育った親父世代のための作品というより、今苦境を戦う若者たちへのメッセージとしてのウルトラ作品。

そこには今希薄である「絆」というものの再確認をこめていいます。

作中でも何度か伏線として存在していた見えざる言葉でしたが、今週でついにその言葉の発言シーンがでてきました。

役者さんの評価が個人的にA~D評価でB-なんですが(特にウルトラマン役)

それを差し引いてもなかなか味のある作品です。

ストーリー自体も西洋文学に登場する悪魔に魅入られた魔術師「ファウスト」と、ファウストを魔術師に仕立て上げる「メフィスト」というキャラクターに基づいてること

さらに「黙示録」にもそった内容。なんか序盤からなかなかいい味。

今週のネクサスでついに人間が怪獣を撃破。「ウルティメイトバニッシャー」という名前です。

かっこいいような、そうでないような。(笑)

変形合体したハイパーストライクチェスターを見てると、「ゴジラVSデストロイア」のスーパーXIIIを彷彿します。

今回は過去例がないくらい戦闘シーンにCGが活用されていたりと、圧巻な感じなんですが・・・・。

一個一個の動作の繋がりが切られているため、感動シーンでも戸惑いのほうが先にきてしまう。

せっかく転換期なのだから、せめてこの話は2話にするか、特別45分放映してもいいんじゃないのか? というくらいでした。

来週はついに「ジュネッス・ブルー」登場。

はたしてウルトラマンになったのは新しい「選ばれし者」なんでしょうか? それとも……。

■ 頑駄無 ■ 

2005年03月19日(土) 20時00分
ガンダムSEEDディスティニー(通称種運命)は今週でようやく親友と再会。

まぁぶっちゃけていいますと、

イイトコもっていきすぎですよね前作主人公。

なんか戦闘中突っ込んでくるのがお好きなご様子。

昔からですが、もしかして趣味なのか。 もしそうなら早めの改善を渇望。

ついに来週はアンドリュー=バルトフェルド駆る専用ムラサメ出陣。

どうでもいいけど、この性格だけは良い元無能司令官はなんなんですかね。

というかギャー! オーブの艦隊指令のおっさんがカガリを強制結婚させようとしたアホたんと同じ艦に乗ってる!? 

もしかしてもう出番なし? 煤i ̄□ ̄||)

できればそれだけはご勘弁願いたい。あのおっさんかっこいいねん。(何

最後まで生きててほしいなぁ。

むしろメインを前作であれだけ殺さなかったんだから、この人殺すなら怒りますよ?


それにしてもグフの活躍は後少しだけとのこと。もったいことです…。

■ 飛翔する、黒き翼よ 星となりて ■ 

2005年03月18日(金) 21時53分
「イリアの空 UFOの夏」という作品をご存知でしょうか?

もし知らないなら、今から本屋に直行。買いましょう。

ライトノベルだからと軽視してる方。他の作品でも言うかもしれないけど、これだけは見るべき一品です。

ボーイ・ミーツ・ガール風な作品であるのに、後半になるにつれ崩れていくイリアの心。

少年として葛藤する主人公など、現実に生きる非現実に遭遇した彼らの活躍には賛否両論が巻き起こっています。

アニメ版ではついに一度も出なかったブラックマンタの勇姿があらわれました。

謎の動力機関”ディーン・ドライブ”のせいで、戦闘機フォルムであるのに横に飛ぶ、調整用の尾翼もないのにグルっと空中で回転。 

もうまんまUFOやん!(爆)と言い切れる回避運動。機動力は高い。さすがに地球を無補給で一周できる機体だけはあるなぁ。と感じました

名のとおり真っ黒いので良かったです。小説版ではなかった活躍があるのか、期待です。

■ 我ヲ追フ敵機無シ ■ 

2005年03月17日(木) 15時59分
日本帝国海軍(旧日本海軍)の偵察機"彩雲"の操縦兵が残した有名な一言。

後5ヵ月後の8月 日本は戦争に敗れました。多くの犠牲とともに。

東京大空襲の影もほとんどない時代なんですけど、ふと身の回りを見ると「戦争が起こっても不思議じゃないなぁ」と感じるときがあります。

たとえば戦争を題材としたアクション映画が純粋にヒーローものとなれば、戦争の怖さなんて恐らく感動に消されると思うんです。

米映画「パール・ハーバー」は零戦(旧日本軍主力戦闘機)が撃墜されますが、当時の日本の戦闘機技術からすれば、真珠湾攻撃で撃墜された機体は皆無であったはずです。

既にアメリカは、戦争の怖さなんてどこへやら、なのかもしれません。

それはもちろん間違いかもしれませんが、戦争賛成派なんてものは、つまりそうなんじゃないんでしょうかね。 と思うわけです。

個人的に戦争なんてしたくないし、徴兵だって嫌ですよ。たった数十年前まで、武力で抗争を続けてきた種族が、変わるわけがないとは思うけれど。

けど結局今も昔もかわらない歴史のエンドレス。だから今を最善に生きるしかないんでしょうね。

2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像純白のふくろう
» ■ 未来の箱舟 マクロス ■ (2005年06月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bluesphere
読者になる
Yapme!一覧
読者になる