カメラ片手に 南信州阿智村へ感動の旅 NO.1

September 30 [Sat], 2017, 7:59
 ▼二日間、長野県に旅をしていましたのでブログをお休みしました。今日から再開します。どのような旅をしたのか、写真と拙い文章で書く予定です。おそらく1週間から10日くらいの連続シリーズになりそうです。

 初日に向かった阿智村は長野県の最南端の人口が4000人程度の自然豊か、なによりも平和で静かな小さな村ですが、いざ行って見て驚かされました。この村には先の戦争で、消し去ることができない、とても大きな悲惨な歴史を正確に伝えていました。学校教育で学ぶこともない隠された侵略戦争の一面、それはあまりにも暗く、悲惨な農民達の過酷な運命です。戦後の今も続いています。この村だけでなく、戦争末期、日本各地に同じ運命を負わされた貧しい人達が27万人もいました。主に貧しい農村の次男や三男達です。知られていない歴史をありのままに伝えている記念館が、この阿智村にあります。詳しくは後のブログで書く予定です。どうぞお読みください。

 ▼今日のブログは、東京は大雨になると予報で言われていたので、不安な気持ちでの出発でしたが、大雨にならず、1時間後には青空が出始めました。チャーターバスの経験豊かなガイドさんは、明るい話題で車内を和やかに盛りあげてくれました。さすがにプロです。旅の善し悪しはガイドさんの腕にかかっていると言ってもいいでしょう。ガイドブックの朗読調でなく、自分の言葉で話しかけていますので、ストレートに伝わります。第一回目のきょうは東京から長野県最大の湖・諏訪湖までの様子をスナップしました。明日は阿智村のスナップになるでしょう。


中央道の山梨に入ると晴れてきました。



談合坂SA 到着







コーヒーショップでひと休み




自分のバスが間違えないよう、目印に大きなイチゴ
ガイドさんのちょっとした気遣いです。



いつもバスがいっぱいの駐車場



見慣れない自衛隊の警備(MP用)車両



車窓から見えた太陽光発電装置





刈り入れ前の稲穂





諏訪湖PA手前で雨が強くなってきました。
本当に、旅の雨っていやですね〜


 夜、晴れたら、天空の星を観察する予定なんです。これでは見られる可能性はなさそうですね。何年か前の南信州旅でも、楽しみにしていた星の観察がすっぽかされたことがあるんです。『星に願いを』は今回も叶いそうにありません。

カメラ片手に 1860回目のブログは私が今言いたいこと

September 27 [Wed], 2017, 9:57
 ▼明日から一泊二日の予定で長野県南部の阿智村へ旅行します。好天に恵まれますと夜空に輝く星の観察ができます。環境省が認定した「星空が輝く場所」のひとつですから、楽しみにしています。曇り空でしたら、美肌の湯と呼ばれる昼神温泉にゆっくりつかります。昨日も書きましたが、温泉の湯がトロリとしていますので、肌がスベスベになります。洗顔にも効き目があるそうです。第三は、峠を越えて木曽路に入ります。江戸時代の宿場を訪ねます。宿場の雰囲気を写します。ということですので、明日と明後日のブログはお休みさせて頂きます。個人旅行でしたら、時間にゆとりがあるので、モバイルパソコンでブログを書けるのですが、団体旅行ですと、無理のようです。軽量で高性能の最新パソコンを試してみたいのですが、おあずけです。

 ▼今日のブログで1860回目になりました。内容の一貫性のなさに自分でも呆れています。続けていけば、自分の知らなかったことの多さに気づき、勉強になるかと思い、ただそれだけで思いついたことを「そこはかとなく書きつくれば、おもしろかりけり」と兼好法師の徒然草みたいになっています。恥ずかしながらたいした中味ではありません。

 ▼今日は自分でお祝いしようかと、明るい話題を用意していましたが、とてもそんな気分になれなくなりました。この数日、怒りをこめてムカつきたい気持ちが噴火寸前の火山みたいになっています。真っ赤なマグマが煮えたぎっています。黙ってるわけにはいかないので、今日は、思い切って噴火することにします。私の意見に同感される方は多いはずです。実は昨日の朝日新聞夕刊「素粒子」のトップを見て、「そうだッ もう黙っていられるか!」と即決しました。



 ▼一昨日の9月25日夕刻、安倍首相は緊急記者会見を開き、28日(明日です)の国会開会冒頭で国会解散をすると宣言しました。なぜ、首相の施政方針演説や各党の代表質問もなく国会を召集し冒頭解散をするのか、そこの説明がまったくありません。

 先の国会が閉会した6月23日、安倍首相は記者会見で、初めに8秒間頭を下げ、こう話しました。安倍首相の一語、一語かみしめるように神妙な顔で話した言葉の重みを、国民は彼の真摯な反省から出た言葉だと思ったに違いありません。会期が閉会中であっても野党の要求があれば誠実に応えていくという首相の言葉を信じました。今年の通常国会は森友・加計疑惑が何一つ解明されぬまま、悪質な隠蔽で国民が欺され通しでした。記憶にない、記録はない、会ったこともないとごまかしが公然と国会で行われました。疑惑の発信源は首相官邸です。首相付の側近達が揃って国民騙しに精を出していました。彼ら公務員は国民に奉仕するのが仕事ですが、そうでないことが見え見えでした。官邸のボスは首相です。国民は疑惑が解明されない限り、安倍首相を信頼できません。首相による前代未聞の個人的親交のある人物に特別な計らいが行われたのではないかと、国民は真実の解明を望んでいます。国民の財産がどう処分されたのか、その真実を明かすよう求めます。

 ところが、安倍首相は9月25日の記者会見でこう話しました。びっくり仰天、我が耳を疑いました。本気で言ってるのだろうかと・・


どうか拡大して、しっかり読んでください。
「ていねいに説明する努力を重ねてまいりました」
いったい、いつ、どこで、誰に向かって説明したのでしょう?
明らかに大嘘です。国民を欺しています。
このような嘘つきは首相の資質ゼロです。



 ▼6月23日、国会が閉幕した日、安倍首相はこう述べました。果たしてこの通り実行したでしょうか。安倍首相は言ったことを忘れてしまったのか、それともそうしたと思い込んでいるのでしょうか。欺されてるのは国民ですから、そんな人を首相にさせておく政党に反省を求めます。地元ではそんな人に投票したのは間違いだったと痛感してもらいたいのです。そんな議員ばかりなら小選挙区制を廃止して中選挙区制に戻すべきです。小選挙区制の弊害が政治を堕落させ、棄権数を増やしてしまいました。国民の投票が正しく反映されるように改めるべきです。

















 ▼政治家の最も大事にすべきものは「言葉」です。平気で嘘を言うような人は、政治家に不適格です。そんな人達を金輪際、議員に選ばないで欲しいのです。来月の総選挙では安易に自民党候補に投票しないで欲しいのです。公約ですら信用出来ないし、公約になかった事までを平気で立法成立させています。20名程度のお友達内閣で閣議決定すれば法律になってしまうのですから、そんなことは絶対に許せません。安倍首相は先の総選挙や都知事選挙でも無責任で品格を疑う発言を繰り返し、国民や都民から大きな反発を受けました。まったく下劣で、政治家の品格などまったく感じられません。平気で嘘を言うような人を首相にするのは国民にとって大きな不幸です。彼には議員になる素質が備わっていません。

 ▼地元選挙区では先祖代々政治の名家であっても、人柄や内面は必ずしも受け継いでいるとは言えません。政治家に相応しい人間教育です。根幹は育ち方次第です。国民なんか馬鹿だから、いくらでも嘘でだませるもんだと叩き込まれていたとしたら、世襲制ほど大きな弊害はありません。自民党には議員に不可欠な資質がない輩が目立ちすぎます。悪質議員が起こした事件が続出しました。彼ら全員は自民党安倍総裁公認で当選した人達です。安倍首相は知らん顔です。そんな人達を選んだ選挙民は次回からもっと人を見る目をしっかりしてくださいよと言いたくなります。選挙民が誇りにできる立派案人格者を選んで欲しい、郷土の恥曝しになるような人を選ばないで欲しいのです。今度の選挙で安倍政権が信を得られるかどうかが大きな鍵になっています。棄権は何も変わりません、決して良くなるとは思えません。安倍政権を支持するという事になってしまいます。










 安倍首相は、「国難突破選挙」だと名付けて、選挙の目先を消費税増税の使い道と北の核の脅威をあげていますが、消費税は2年先のこと、国会で話し合えばいいことです。北の核問題は防衛費の増額を正当化させ、憲法九条に含みを持たせています。どちらも国民の不安を煽ってるだけのこと。消費税を10%にしても暮らしが良くなる見通しなどありません。アベノミクスの効果(全国の津々浦々にまで経済効果を行き渡らせると安倍首相は断言したまま、その結果(物価の2%上昇)が見えていないし、安売りのデフレが続きっぱなし。国民の懐状態が良くなっていない現状です。就業者数が増えたと言っていますが、豊かな暮らしにはなっていません。私は、安倍首相の掲げた言葉は国民だましで、本音は国民の疑惑追及を逸らす(突破)ことにあると思えます。詐欺師は口先ひとつでたやすく騙します。言ってる言葉に真実がなければ政治家とは言えません。



カメラ片手に 美しい星空を見に行きます

September 26 [Tue], 2017, 13:12
 ▼環境省が認定している「星空が最も輝いている場所」に選ばれた長野県阿智村へあさってチャーターバスで出かけます。村のスキー場が休業中の春から秋にかけてゴンドラで15分、1400mの天空へ導いています。

 阿智村は、すべすべした美肌になると評判の温泉でも有名です、長野県の最南部にあるので、名古屋から中央高速道を利用すればいちばん近い温泉でもあります。数年前、阿智村の隣りにある下條温泉に泊まったことがありますが、トロリとしたお湯が肌をやわらかく包み込むのに驚かされました。毎日入っていたらスベスベ、ツヤツヤの美顔になるかもしれません。阿智村の昼神温泉が有名ですが、PH9.7のアルカリ泉質は美肌効果があるそうです。

 この二つに期待しながら友人達と年一回のバス旅です。夜空が晴れていれば、星月夜が期待できますが、ちょっと心配です。お天気次第になるでしょう。阿智村の手前にある駒ヶ根市にも連泊したことがありますが、駒ヶ根高原のホテルの窓から中央アルプスの山や千畳敷カールがハッキリ見渡せました。川沿いの道を行けるところまで散歩したり、熊が出没すると注意書きのある山道を歩き回って、静かな露天風呂につかったり、贅沢な時を満喫しました。いちばん感動したのは、深夜、ふと目覚めて窓の上を眺めると、ビックリするほど無数の星が輝いていました。春先でしたので、北斗七星や北極星がすぐに分かります。ホテルの外へ出て360度の天空を眺めたいのですが、フロントを驚かせたりしないかと思い、遠慮しました。空気が綺麗だと星が輝くんですね。


 ▼ネットから阿智村の星空を探し、転記させていただきました。下条温泉でもホテルの若女将さんの解説で星空鑑賞を楽しみにしていましたが、惜しくも曇り空で断念・・・♪♪ハーレルヤ、ハーレルヤ 今年こそ♪♪










 


昨夜、私の部屋から見た三日月

カメラ片手に 郊外型ショッピングモール

September 25 [Mon], 2017, 14:02
 ▼モノレール立川北口駅から上北台行きに乗って二つ目「立飛駅」で下車すると、目の前に「ららポート立川・立飛」があります。三井不動産と土地の所有者立飛が共同で作ったショッピングモールです。三階建てですが、面積が広くて、中が縦横の市街路のようになっています。目的のお店を探してたどり着くまで、不慣れだと苦労しますが、通りに面したお店を覗きながらぶらぶら歩くのも楽しいものです。若い人向きの店やおしゃれなウインドウを眺めていると時が過ぎていきます。そんなショッピングモールの雰囲気をスナップしてみました。



立川北駅 全駅がホームドア完備、安全です。
どこかであった、線路上に飛び降りてレールに寝転び、
動画をアップした愚か者など無理だし、いません。



立飛駅を降りるとすぐモールに続きます。







所々にある吹き抜けの明かり取り



建物の中に商店街がある感じ



男性用帽子専門店



ブランドバッグ専門店





香りに誘われて入りたくなります。
好みの豆をお土産に買いました。







横文字のお店ばかりなので困る人もいるでしょうね。





三階店内平面図
私が歩いたのは、この四分の一だけでした。




 ▼今度は時間をかけて店内くまなく歩いてみたくなりました。おしゃれな洋品のお店が多くて、女性には目の保養になりそうです。デパートとは違う雰囲気で、騒音やBGMもありません。たまに案内のアナウンスがある程度で何よりも静かですので、疲れを感じません。買い物に集中できるのが最高にうれしいのです。


 ▼先週、横田基地の一般公開で見られなかった米空軍の新鋭爆撃機、ボーイングのB-1Bが9月10日に青森県の三沢基地で一般公開されていました。国内初だと思います。狙った地上と地下の目標全てを完全に破壊し尽くす強力な能力を持っています。レーダー監視から察知されないステルス機能まで完備され、低空飛行で攻撃できると言われています。北朝鮮が最も恐れている爆撃機です。なぜ、グアム島を射程内にしたミサイル実験に拘るのか、その理由がグアムに駐在するB-1Bにあると言われています。話し合いすら拒否するようでは経済的封鎖でも平和にはほど遠く感じられます。へんてこなヘアスタイルは、正常な指導者とは思えません。権力を誇示するための方法なのでしょうね。狂気の沙汰です。国際的な場で主張すらしないでふんぞりかえってる独裁者が地球を滅ぼす原因を作っています。ロケットマンを崇拝しているかのごとく振る舞うロボット国民が惨めに思えます。


三沢基地での公開









カメラ片手に ハーレイがいっぱい

September 24 [Sun], 2017, 8:47
 ▼まさか軍用機の公開でハーレイ・ダビッドソンが見られるとは思ってもいませんでした。横田基地一般公開の会場の中心部にハーレーが並べられていたのですから、ちょっとした目の保養になりました。中にはHONDAのバイクもありましたが、アメリカ人はバイクと言えば、待ってましたと言わんばかりにハーレイのそろい踏みです。同じ車種がなく、みな違ってるのに驚きました。バイクの排気管(マフラー)はたいてい2本ですが、ハーレイは4本です。ガソリン食いですね。一度でいいから高速道をドドドッと重低音を響かせて走ってみたくなりました。私の車免許は自動二輪からスタート、そして車へと・・・バイクに乗る爽快感は捨てがたいものです。ただし、真冬以外なら。

国内でもハーレイ愛好会は少なくありませんが、以前、ある高速道でアメリカ警官のような服装のハーレイが横一列になって道をふさいで走ってるのを見ました。後ろには車の列が道路の空くのを待っています。これではマナーが悪いですね。車線を我が物顔で独占してるので嫌な気分になりました。


趣味のバイク愛好会「Green Knights」



記念品売り場 女性会員もいました。




































▼バイクのメーターを見ますと、最高240kmになっています。せいぜい120km出せれば十分です。高速道は80kmですから、安全運転が第一ですね。


手を取り合って踊っているふたり



楽しそうに見つめ合ってます







巨大な格納庫内はアトラクションの会場です

カメラ片手に 旅客機から軍用機に変身

September 23 [Sat], 2017, 12:33
 ▼横田基地の一般公開の印象を書いて、今日で一週間になりました。そろそろ次の話題にと考えています。今、昭和記念公園のコスモス祭りが開催中ですので、早くコスモスの撮影に行きたいのですが、あいにく灰色の空だったり、集中豪雨があったりしますので、天気予報を見ながら決めかねています。コスモスは秋空でなければさっぱり映えません。一面に咲きそろった「コスモスの丘」は麓から見上げても、丘の上から見下ろしても、素晴らしい写真になります。まだ早いかもしれませんが、来週早々、一度下見に出かける予定です。休日なら若い女性達やこども達で賑わいますので、花と人物の面白いコラボになりそうです。


 ▼横田基地で公開されていた軍用機の中で、とてもスマートで旅客機みたいな飛行機が二機ありました。一つは米海軍の対潜哨戒機、P-8Aポセイドンです。軍用機とは思えないスタイルです。これは現役で使われているボーイング737を改造したもので、15機が世界中に配備されています。外観上、変わった所はなさそうですが、唯一違うのは客席の窓がまったくないということです。水中の潜水艦のエンジン音をキャッチして分析するのが任務ですから機内の両壁面はコンピュータ機器がズラリと並んでいます。






















 ▼もう一機、航空自衛隊の展示にありました。KC-767給油機です。こちらは旅客機ボーイング767を改造した物で4機が常時日本の上空を飛んでいます。外国機の領土侵入を防ぐために警戒飛行しているジェット機に燃料を補給するのが役目です。時速550kmの速度で飛行中機体の後部に伸びてる給油管をモニターで操作しながら燃料を補給しています。世界では他にない給油装置なのだとか。機内は客室と貨物室の二層で人員と貨物輸送にも使われます。では・・・燃料はどこに?答えは両翼内部のタンクにある燃料を分けて補給しているそうです。自衛隊では大きな機体ですが、いちばん大きな飛行機はご存じでしょうか? それは安倍首相が年がら年中、頻繁に使ってる政府専用機ジャンボです。かならず、もう一機が数分遅れで飛び立っています。緊急時用の予備機だそうです。ハッキリ言って無駄!税金の無駄遣いです!アメリカの押しつけで買わされたのでしょうか。
















カメラ片手に 横田基地一般公開スナップ集から

September 22 [Fri], 2017, 7:26
 ▼ニュースで名前を知っていても、なかなか実物を見る機会がありません。毎年一回、秋に開かれる横田基地の日米友好祭には新しい軍用機が公開されています。今年初めて見たのはこれでした。


無人偵察機 グローバルホーク
24時間飛行可能、常時上空から偵察してるかも





 ▼横田基地には輸送機が主力で戦闘機は配備されていないようです。昨年まで戦闘機が何機種か展示されていましたが、今年は一機もありませんでした。おそらく、こういう時勢ですから、他の基地で戦闘配置についているのでしょう。会場を歩いて気づかされるのは、若い米兵達が友好を盛り上げようと、笑顔で写真に応じていることでした。心の中には一触即発の危機感があるかもしれませんが、表には出さずに、親しげに接していました。


 終戦と同時に横田は米軍の管下に置かれ、72年が経過しました。自民党の強行採決で日米同盟が決められ、予算でも防衛費が突出しています。沖縄県民の基地反対の声を聞き入れず、さらに大きな永続的基地負担を強いています。香港は100年に及ぶ英国支配から完全に中国に返還されました。日本の在日米軍基地は100年後に返還される保証などありません。基地を維持するための巨額の費用は日本国民が負担してるのですから、他人事では済まされません。
























横田基地には自衛隊の基地もあります。
すぐ近くに自衛隊入間基地があるのですが・・・




自衛隊機の向こうにグローブマスターが見えます。



 明日は、US NAVY(米国海軍)の民間旅客機を改造した対潜哨戒機などを紹介します。






カメラ片手に 秋深く、戦時色に染まりつつ

September 21 [Thu], 2017, 7:22
 ▼今朝は気持ちよい秋晴れです。珍しく富士山がすっかり見渡せますが、山肌の赤茶けた色まで捉えることができません。もう少し冷え切った大気になれば鮮明に見えるはずです。なんとかして朝日に映える赤富士が見られるといいなぁと願っています。山麓の河口湖町や御殿場市なら堂々とした赤富士が見えてるはずです。東京からですと無理なのは仕方がありませんね。


from my room



 ▼今日は横田基地に配備されている米空軍ヘリと輸送機のことから取り上げることにします。立川市にある陸上自衛隊立川駐屯地では毎日ヘリの飛行訓練をしていますが、横田基地の米軍ヘリは自衛隊とは違う一回り大きな機種です。先週の基地一般公開で展示され、会場でデモ飛行を何周もしていました。後部ドアを開けたままの飛行ですので、3〜4名の乗員が振り落とされないかとヒヤヒヤしながら見ていました。展示では救助用に使われているとアピールしていました。戦場で怪我した兵士を運ぶ金属製のバスケットまでありました。手足がもげたり、大量出血してることもあるでしょうから、人体に合わせた金網の籠です。説明を読むと、『核兵器輸送の安全監視』と書いてありました。
核兵器を移送する際、上空から見張る任務にも使われているのです。戦闘用ヘリではないので、対地ミサイルなどの武装はされていませんが、怪我した兵士を救助するために戦場へ飛行することもあるので、操縦席には計器類が二組(TWIN)並んでいます。民間のヘリでは見られない作りです。















つり上げ用ワイヤーが装備されていません。
レスキュー専用ではなく、多用途ヘリでしょう。









 ▼尖閣諸島の占有権について日中間の摩擦が目立つようになった頃、横田基地に落下傘降下部隊が常駐されるようになりました。他国の軍隊が同盟国日本(*安倍首相が強引に日米同盟強化を決めた)を侵略した場合に備えて、どこへでも降下できるようにしています。二機編隊で訓練風景を公開していました。










▼今年、新しい消防車が展示されていました。大きな運転席の先頭に消火用ノズルが突き出ています。大型機が増えると消防車の能力も高くなっています。民間空港でもこのくらいの消防車が必要かもしれません。













続きは明日、書きます。

カメラ片手に 地球上のどこまでも

September 20 [Wed], 2017, 7:51
 ▼米空軍最大の輸送機がC-17グローブマスターです。60トンの戦車や多数の兵士達を積み込んで地球上のどこにでも輸送することができるモンスター輸送機です。日本では横田基地(または嘉手納)に常駐し、ハワイにも常駐しています。ハワイの空港は軍民共用なので、見たという方がいるかもしれません。毎年9月中旬の日米友好祭にはハワイから飛来しています。どでかい機内に入れるので、長〜い行列になっています。*昨日のブログでも紹介


横田基地の奥にある駐機場にありました。
300mmの望遠撮影







数年前、立川市の我が家の真上を旋回していました。
こんなことはありませんので貴重なスナップです。













見上げるような尾翼まで17メートルの高さ







機内は余計な物を省いた倉庫みたいな感じ
旅客機なら総二階のキャビンができます。




コックピットに上る階段



四つのエンジンの翼は安定性と浮力を出しています。










主翼両端にあるウイングレット
飛行中の燃費が節約できます。




飛行機も基地も、どちらもばかでかい
日本人立ち入り禁止の基地は外国なんですね。
武装した警備兵と軍用犬が常時巡回しています。




コックピットに入るには1時間半も待たされるので
ネット上の写真を借用しました。







二階コックピット裏の小窓から撮影と思われる






 明日はスナップから会場風景を選びます。どうぞご覧ください。

カメラ片手に 横田基地友好祭のスナップから

September 19 [Tue], 2017, 9:04
 ▼ここ数年アメリカ空軍の極東戦略の実際を垣間見ようと横田基地で開かれてる日米友好祭に出かけています。事故が多いことで話題のオスプレイは昨年まで連続して内部も展示されていましたが、今年は出品していません。そして・・・自衛隊や米空軍の主力戦闘機が何種類も展示されていたのが、今年は一機もありません。常時臨戦態勢にあるのでお祭りどころではないのかもしれません。そして、もう一つ、自衛隊で使用しているヘリコプターが一機も出ていません。ヘリで出されていたのは、米空軍の救助用ヘリ一機と海兵隊の大型ヘリ一機だけです。それ以外は例年と同じでした。

今年、一番期待していたのは、グアム島のアンダーセン基地に配備されている爆撃機、B-1Bが初公開されるので、ぜひ実物を見たいと思っていましたが、台風の影響で取りやめになりました。北朝鮮が最も恐れている爆撃機で、北の抑止力としてミサイル攻撃の目標にしています。どちらにしても、地球が滅びかねない核戦争の引き金になるかもしれません。軍事力で平和を維持するのは、とっくに限界を超えています。話し合いしか解決の道はないでしょう。安倍首相はニューヨークの国連総会で何を呼びかけるのか、「圧力と対話」だと言いますが、対話が先行しなければ、解決の糸口がありません。北の臆病者の独裁者は自らの口で全世界へ自分の思いを訴えるべきです。演説口調の好戦的アナウンサーには耳にたこができ、辟易させられています。韓国政府は暗殺部隊を編成するとまで態度を硬くしました。日本ではJアラートだとか、昔の避難訓練の真似事を始めました。ミサイルは、とっくに日本上空を通過してるのにどんな効果があるのかさっぱり分かりません。話を戻しましょう。

 ▼毎年、ハワイの米空軍ヒッカム基地から巨大輸送機グローブマスターが横田の友好祭に参加しています。この祭でいちばん行列ができます。コックピットに入れるので長時間並んでいます。機内で、やっと次は自分たちの番が来るという若夫婦に話しかけると、1時間半待っていた(立ちん坊)そうです。わずか1分そこそこの見学ですので、私は会場内をたくさん見てみようという意欲の方が勝っています。グローブマスターの広い機内は満員です。記念品を現地ハワイの隊員達が販売しています。いちばん人気はロゴマークが入ってるTシャツです。混み合ってる機内をフアィンダーを見ないで、だいたいの見当でシャッターを押してみました。


行列と比べて輸送機の大きさが分かります。




























パトロールしている警備兵たち
二人乗りのミニ電気自動車です。




カメラに気づいて手を振っています。



 ▼明日もグローブマスターの写真と話題が続きます。どうぞお楽しみに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ブルースカイ
読者になる
花や風景の美しさ、人の暮らしなどを撮りだめした写真アルバムから気の向くままに紹介します。立川から見える朝夕の富士山もお楽しみください。上の写真は立川から見た冬の日没時のダイヤモンド富士です。 暮らしの中での思いを綴った私の現代版徒然草のつぶやきをもご覧ください。 http://twitpic.com/photos/blueskytokyo blueskytokyo twitpic (検索) お問い合わせは  ugn69345@nifty.com
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 新しいスタート (2018年02月19日)
アイコン画像n
» カメラ片手に 新しいスタート (2018年02月19日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 雪解けはいつ? (2018年02月11日)
アイコン画像
» カメラ片手に 雪解けはいつ? (2018年02月11日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 二度目の雪 (2018年02月02日)
アイコン画像
» カメラ片手に 二度目の雪 (2018年02月02日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 身も心も温泉でホッカホカ (2018年01月29日)
アイコン画像ブルースカイ
» カメラ片手に 雪が溶けそうにありません (2018年01月29日)
ヤプミー!一覧
読者になる