職場の法律について

January 06 [Mon], 2014, 17:34
■労働基準法

就職したら会社でただ働くのではなく、事業主と対等であるという気持ちを持つことが大切です。

あなたの労働の対価と引き換えに報酬をもらうというプライドを持ちましょう。

労働者が人間としての誇りを持ちながら、生活ができるように決めたルールがあります。

これを労働基準法といいます。



■労働時間

労働基準法により、労働時間は1日に8時間を越えてはいけません(休憩時間を除く)。

1週間では、40時間を超えてはならないとなっています(一部の業種を除く)。




■有給休暇

有給休暇について、6ヶ月を継続して勤務し、8割以上を出勤した人には10日が与えられます。

1年増えるごとに1日ずつ増え、最長20日間の有給休暇が与えられます。

基本的に好きなときに取得できますが、会社の都合により、時期を変更させられる場合があります。



■賃金

賃金は、現金で直接労働者に手渡しをすることが原則になっています。

しかし、現在では銀行振り込みによる賃金の支払いが一般的になっています。

臨時ボーナスや賞与を除いて、毎月1回以上に決まった期日に支払うことが決められています。

多くの人が知らない「非常払い」の規定について。

出産・けが・病気・災害など非常時の支払いが必要な場合、労働者は賃金を請求できます。

すでに働いた労働の賃金を給料日前であっても支払ってもらえるものです。

困ったときの非常手段として覚えておきましょう。



■差別

労働条件の中で、賃金・労働時間などは、労働者の国籍・社会的な身分などで差別的な取り扱いをしては行かないことになっています。

男女同一賃金も明記されています。



■労働組合

労働者たちが労働条件の改善・その他経済的地位の向上を目指すことを目的とする団体をいいます。

労働者個々の力はとても弱いものです。

そこで、団体で行動して事業主と対等に交渉しようというものです。

政治運動や社会運動を目的としている団体は労働組合とは認められません。



■男女雇用機会均等法

仕事の募集・採用・職場配置・教育訓練・昇進・福利厚生・退職・解雇などの男女差別をなくそうという法律です。

一定の職業を除いて、男子のみという募集や採用はできなくなりました。

また、結婚・妊娠を理由に女性の解雇を禁止しています。

しかし、女性を取り巻く現状は厳しく、就職・昇進・昇給などの差別が残っています。











  • URL:http://yaplog.jp/bluesky2548/archive/22
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bluemoon
読者になる
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる