昭和テイストのちゃんぽん 

June 28 [Tue], 2016, 10:09

梅雨だからあたり前と言ったらそれまでですが、雨が降ってしろしか(博多弁)ですね。
なので昨日は仕事場から一番近くでちゃんぽれるお店、上人橋通りにある老舗食堂、お食事処Dい門に行ってきやした。

ちゃんぽんはオドロキの500円アンダーの450円(税込)
ちと少なめですがこの価格です、文句言っちゃあいけません。

具材はちと煮込んだ系。豚肉はデカいのが2枚!上質なものが使われているのでしょう。柔らかくて甘みがあります。
スープはお店で煮出したであろう滋味系な鶏ガラ。そして隠しきれない隠し味のウスターソースが効いていて、まさに昭和テイスト!

そしておっちゃんの手がすべったのか?コショウがビシビシ効いています。ひゃ〜

ふと、カウンターに目をやると、イカ魚醤なる調味料が。なんでそんなもんがあるんやろ?

ならば、あると掛けたくなる性格。
気持ちを抑えきれずにやっちゃいましたよ。
やられるのを覚悟して食べてみましたら、

意外にもアリでした。

期待値が低いといい方向に行くんですかね?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:鶏ガラ昭和テイスト  魚介:イカ  もやし:普通の太さ  かまぼこ:赤い板付きタイプ、ちくわ

○2016ちゃんぽんカウンター/127杯

豚骨ラーメン店の男ちゃんぽん 

June 27 [Mon], 2016, 11:10

博多区は川端商店街。飾り山も出来上がり、もう夏も間近ですね〜

せっかく来たので中洲の人気屋台、一竜の暖簾分け(?)店、元祖中洲屋台ラーメン、Iち番一竜に行ってみやした。
このお店、13時を過ぎるとちゃんぽんが食べられるんです。

忙しい時間帯はちゃんぽんは時間が掛かるようでそれなりに待ちます。
その間、無料の辛子高菜をちびちび。ご飯が進みそうなお味ですねぇ。

さて、ちゃんぽん650円(税込)
ネギがぶわっと掛かって博多ラーメン屋さんらしいビジュアルでやす。

山はさほど高くないように見えますが、ラーメン丼にたっぷり入ってけっこう量がありますよ。

うわ!きゃべつデカっ!!
今まで死ぬほどちゃんぽんをちゃんぽんを食べてきましたが、これは最大サイズ。

具材はちょっと煮込んだ系で柔らかめな食感。
多めに入っている豚肉は、単品メニューの豚キムチ炒めなどに使われるのと共用でしょう。よくあるスライスではなく、分厚くてけっこうコリコリ食感があります。
スープはラーメンと共通の豚骨スープ。私のバカ舌ですのではっきりわかりませんが、隠し味で味噌が入っているような、いないような?(どっちやねん?)
いずれにせよ、デカい・濃い・多い。これは男前な男仕様のちゃんぽんだと思います。

札幌ラーメンくらいの細い麺は生麺でしょう。しっかりとしたコシと具材との食感の違いが面白いです。
方向性は吉塚のはいどや薬院の赤星な感じでしょうか。

明治時代中期に長崎で誕生したちゃんぽんですが、ある意味、博多的な最終進化系を見た気がするのは私だけでしょうか?

え?お前だけ?

*データ/麺:細麺  スープ:がっつり豚骨  魚介:なし  もやし:細め  かまぼこ:紅白  ・ネギどっさり

○2016ちゃんぽんカウンター/126杯

ニューオープンのちゃんぽん専門店 

June 26 [Sun], 2016, 17:03

中央区は六本松の交差点から路地に入ったところに最近オープンした博多ちゃんぽん店、「8」と書いてEいと、と読むそうです。
目の前には山盛り系の威風堂々がありますし、すぐ近くには濃厚系の人気店一鉄、食堂系の成冨屋があるという激戦区、いや、激ちゃん区。
なかなかのチャレンジャーだと思います。

スープは焼きあご、鶏ガラ、とんこつだそうです。そうですか、焼きあごを合わせましたか。

メニューはちゃんぽんと焼きめし、餃子のみ。
デフォの博多ちゃんぽんは650円(税込)
赤い丼に入ったちゃんぽんは初めて見ました。

食べやすく小さめに切られた具材はジャストな火の通り。
脂っ気のないスープは万人受けするニュートラルなテイスト。焼きあごと醤油の元ダレのせいか、奥のほうで和風な感じも見え隠れ。

丼は派手ですが、ちゃんぽんは派手さはなく、まじめに作ってます感がありますねえ。

ランチタイムはなんと!ご飯が無料!セルフでザーサイも食べられます。
これはお得ですよ!ガッツリ食べたい人は威風堂々とどっちにするか悩むでしょうなぁ。

オープンキャンペーンなのか餃子無料券もくれましたよ。

ところで、店名の「8」はどこから来てるんでしょうかね?
ちゃんぽんにも住所にも何もかぶる数字がないんです。あ〜、気になるっ!

え?お店の人に聞けって?

*データ/麺:普通の太さで扁平麺  スープ:焼きあご・鶏ガラ・とんこつのいい塩梅  魚介:イカがちょびっと  もやし:普通の太さ  かまぼこ:紅白、丸天  ・きぬさや入り

○2016ちゃんぽんカウンター/125杯

鹿肉担々麺 

June 25 [Sat], 2016, 10:26

博多区は美野島。日本初のジビエ中華料理店、Fく鹿坊。
前回食べた鹿肉面が今年上半期一番のインパクトがあったので、今回は担々麺狙いで行ってきました。

ほどなくしてやって来た、担々麺はオドロキのワンコイン500円(税込)ぽっきり。

見た目のインパクトは鹿肉面のほうがありますかね?
味付けされた挽き肉は鹿でしょう。ちと少なめですが濃いめの味付けで豆豉とかも入っていますがスパイスは感じず、わりとオーソドックス。
ひねりがないと思いきや、意表を突いてキャベツやニンジンの千切りが乗ってます。
ラー油が元祖長浜屋の「ベタ」位の厚さでスープの表面を覆っていますが、辛さはさほどではありません。

鹿肉面は平打ち麺でしたが、これは博多ラーメンと同じ細麺でさりげないこだわりを感じます。
まあ、普通に担々麺ですね(担々麺だからあたり前ですが)

ワンコインという格安ながら、サービスでアイスコーヒーを出してくれました。

これは日本で一番安い鹿肉担々麺じゃないでしょうか?

え?その前に日本中探しても鹿肉担々麺はここしかないって?

赤どんちゃん10倍 

June 24 [Fri], 2016, 10:09

昨日お昼は仕事先でケイタリング。
出前専門店のSくらざかというところから赤どんちゃん780円(税込)を注文しやした。
赤どんちゃんとは、キムチ味のちゃんぽんで麺がうどんというもの。
それなら「キムチチゲうどん」やろうもん。と突っ込みを入れたくなりますが、お店のホームページでは「うどん麺のちゃんぽん」と書いてあるので、ちゃんぽんと言う事で。

ちなみに、辛さを2倍から最大の10倍まで増してもうれしい同一金額。
前回、弱気の5倍を食べたので、今日は男の10倍で!
ご丁寧に七味唐辛子が1つ付いてます。

さあ、かかってこいや〜
辛いもんバカが受けて立ちますよ。

うん。辛いっす。辛いけどちゃんとスープの味わいもわかります。辛けりゃいいっちゅうもんじゃないですもんね。
麺は○凍麺でしょうが、まあいたしかたないところ。出前で茹で置きの麺だと箸で持ち上げられないくらいヘロヘロな場合もありますもんね。

ちなみに、辛さ10倍に七味唐辛子を掛けても、辛さには変化は感じられませんでした。

そうか!こういう事を、

焼け石に水と言うのですね。

*データ/麺:うどん  スープ:チゲテイスト  魚介:イカ、えび、あさり  もやし:太め  かまぼこ:赤い板付きタイプ   ・キムチたっぷり

○2016ちゃんぽんカウンター/124杯

凶悪にカスタマイズちゃんぽん 

June 23 [Thu], 2016, 10:06

中央区は天神のど真ん中、天神ビブレ地下1階にある私が愛してやまない名代Rーメン亭でちゃんぽってきました。

今年も冷し中華が始まってました、もう夏なんですね〜

さて、ちゃんぽん580円(税込)天神地区で600円アンダーとは素晴らしい。
まあきれい。フードコーディネーターが盛ったような見事な盛りつけ。ちゃんぽんに対する愛、略してちゃん愛を感じます。
スープと麺を一緒に煮込む調理法で、忙しい中このようなキレイな盛りつけをするのはそれなりの技量がいると思います。

いつもの、ちょっと煮込んだ系の具材。
鼻を近づけるとほわんと香るちゃんぽん臭。これぞB級ちゃんぽん。

ラーメンと共用のとろみを感じる濃厚とんこつスープ。
コク、キレ、コシ。今年のホークスの和田のようにブレのない抜群の安定感。文句なし。

さて、たまには思い切って、
凶暴な暴れるちゃんぽんにカスタマイズしてみましょうか。
まずはニンニクをどかん。

で、激辛の辛子高菜をどど〜ん。
ちゃんぽんに辛子高菜は入れない派ですが、これは香辛料というポジティブな考え方をしてスープでしゃぶしゃぶ。
スープの色がまたたく間に担々麺のような色に変化。うわ〜これはエグイ辛さでやす。
70年代のドラマ、非情のライセンス(誰も知らん?)の天知茂風に言えば、
これは凶悪なちゃんぽんだ。ですね。

非情のライセンスと言えば、天知茂の歌うテーマ曲昭和ブルースをYou Tubeでお楽しみください。

いやあ、これほどテンポの遅い曲も珍しいですね〜。

え?ちゃんぽんと関係ない?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:濃厚とんこつ  魚介:イカゲソ  もやし:太め  かまぼこ:ピンク、丸天  ・ゆで玉子のデザート付き

○2016ちゃんぽんカウンター/123杯

夜の濃厚ちゃんぽん 

June 22 [Wed], 2016, 10:04

う〜、仕事が遅くなりました〜。と家に帰る途中RPMこと六本松にさしかかると…

梅雨の夜空にはためく赤いチャンポンののぼり。

もうすぐ23時というのにI風堂々、六本松店が開いてますよ。
それは、ちゃんぽって行け!という事か、と勝手に解釈。
夜はラーメン居酒屋という形態で営業されてるようです。

そういえば夜に来るのは初めてですね〜。
ほどなくして運ばれて来たちゃんぽんはお昼と同額の600円(税込)

あいかわらずデカい盛りですわぁ。
福岡に二郎系ラーメンが爆発的に流行しないのは、この手の大盛りちゃんぽんのお店が少なくないから。という説もあるようです。

盛りが男仕様なら、具材も男仕様。デカく切られたキャベツ。

そして、びっくりしたのはスープ。
ラーメンと共用の豚骨スープなのですが、昼間に食べるのより断然濃い!濃い!濃い!
ずっと炊いているので煮詰まったのか?ブレなのかわかりませんが、トロみがあるけっこう濃厚な豚骨。ついでに塩分も濃い!

こんな夜遅くにがっつり食べて、がっつり脂肪を給油して、がっつり塩分摂取。

ひゃ〜〜。

*データ/麺:細め  スープ:がっつり豚骨  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:ピンク、ちくわ

○2016ちゃんぽんカウンター/122杯

坦々ちゃんぽん 

June 21 [Tue], 2016, 9:05

中央区は舞鶴にある餃子・中国酒菜、K坊。
atagoさんからここの坦々ちゃんぽんがおすすめとの情報を頂いたので行ってきやした。

中華らしくないウッディで落ち着いた店内は女性客が多いです。なるほど、女子はこんなお店を好むのか。

ご主人は福岡で初めて博多皿うどんを出した老舗中華店、福新楼で10年以上腕を振るわれた方だそうです。
ならば博多皿うどんを食べたくなりますが、ちゃんぽんバカはブレずに坦々ちゃんぽん680円(税込)

前回厨房をガン見した時、1つの中華鍋を使ってちゃんぽんと坦々ちゃんぽんをほぼ同時に作られてたので、坦々ちゃんぽんはあと足し調味料系か?と思ってましたが、どうもそのようです(違ってたらすみません)
ジャストな具材の火の入り方、スープもたっぷり入ってます。

ちょっともっちりとした弾力のある麺もいい感じ。
自家製であろうラー油がいい辛さを出していて美味しいです。
芝麻醤は入っていないと思われますが、豆乳なのか?牛乳なのか?クリーミーさがあるスープにゴマ風味が加わって、なんとなく担々麺ぽく感じる不思議。

このちゃんぽん、安易にピリ辛ちゃんぽんではなく、あえて坦々ちゃんぽんというネーミングにするところにこだわりを感じるのは私だけでしょうか?

え?お前だけ?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:坦々チックなクリーミー白湯  魚介:イカ、小柱  もやし:なかったような  かまぼこ:なし  
・ニラ入り

○2016ちゃんぽんカウンター/121杯

深夜のデフレラーメン 

June 20 [Mon], 2016, 10:15

昨日何気にテレビを見ていましたら、思わずまじかーー?!と叫びそうになりましたよ。
ラーメンの縮れ麺とストレート麺、どちらがよくスープが絡むか?という企画です。
そんなの簡単じゃん。グルメ番組でも、グルメサイトでも、
「スープによく絡む縮れ麺が…」って言ってるじゃないすか。
もう何千回と目にしてますよ、日本の一般常識の1つでしょ?

が、検証実験をしたら、実はストレートのほうがスープがよく絡むんですと。
今まで縮れ麺がスープに絡みやすいイメージが出来上ってたんでしょうかね?
これからは「スープによく絡む縮れ麺」とあったら突っ込みを入れたいと思います。

つうことで、ストレート麺のスープの絡みを改めて検証するべく(?)六本松のデフレ博多ラーメン、Kら木屋へ。

ラーメンは相変わらずお安い290円。
税込みなので消費税増税が先送りされてほっとされてるんじゃないでしょうか?

チャーシューもペラいながらちゃんとしています。この価格ですんで文句言っちゃあいけません。
カップ麺で300円近いのも珍しくない昨今、このクオリティは凄い企業努力だと思います。

へえ〜、こっちのほうがスープに絡んでるんですか。

やはり縮れ麺のほうが絡むイメージがあるんですが。

思い込みって恐いっすねえ〜

町の中華食堂ちゃんぽん 

June 19 [Sun], 2016, 13:40

中央区は港2丁目。町の中華屋さんといった表現がぴったりのお店、Tん萬21でちゃんぽってきました。
ニラレバ炒め定食が有名で、換気扇からのニラレバ臭に誘われるように入店。

チャチャっと手際良く作られたちゃんぽんは600円(税込)
調理をガン見しておりましたら、炒める時間はほんの少しの煮込み系ちゃんぽんでした。

小さめに切られた具材はいい感じで火が入っています。
スープは定食に付いてるものと共用のもの。透明感があって鶏ガラメインと推測でき、弱火で丁寧にじっくり煮出したとわかるテイスト。

派手さは全くないですが、見事ななんちゃあない系(けなしてるわけではありません)中華食堂のちゃんぽんに仕上がっています。
なんか誠実さが伝わってくるお味ですねえ。

誠実さはこんなところにも。時計の下にはわざわざ、
この時計は正確ではありません。の張り紙が。

実際10分ちょっと進んでいましたが、時刻をあえて合わせないこだわりが何かあるんでしょうかね?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:じんわり鶏ガラ  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:ピンク  ・ニラ入り

○2016ちゃんぽんカウンター/120杯
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像yasu
» 黒豆カレー (2016年06月27日)
アイコン画像前田智恵子
» 黒豆カレー (2016年06月26日)
アイコン画像yasu
» お好み焼き屋さんのちゃんぽん (2016年06月15日)
アイコン画像atago
» お好み焼き屋さんのちゃんぽん (2016年06月15日)
アイコン画像yasu
» 肉肉そば (2016年06月12日)
アイコン画像Rockin Komackyこと GLOBAL GARAGE ROCKIN' ROLL BAND THE GOLDEN BALL'S PAST GUITARLIST
» 肉肉そば (2016年06月12日)
アイコン画像yasu
» 日本初の量産型チューナー (2016年06月10日)
アイコン画像Rockin Komackyこと GLOBAL GARAGE ROCKIN' ROLL BAND THE GOLDEN BALL'S PAST GUITARLIST
» 日本初の量産型チューナー (2016年06月09日)
アイコン画像yasu
» 御殿で週末泥酔ラーメン (2016年06月04日)
アイコン画像Rockin Komackyこと GLOBAL GARAGE ROCKIN' ROLL BAND THE GOLDEN BALL'S PAST GUITARLIST
» 御殿で週末泥酔ラーメン (2016年06月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる