3拍子揃ったちゃんぽん 

May 30 [Mon], 2016, 12:30

博多区は対馬小路。タクシー運転手やブルーカラーな仕事の方が多い中華系食堂、Kん東軒。
この日も、先客6人は私を含め、オヤジ率100%!なぜ私が行くお店はオヤジなお店ばかりなんでしょうか?
前回行った時、息子さんが調理したちゃんぽんは麺をスープで煮込まず、茹でただけだったので、調理法が変わったのか検証してきました。

カウンターに座るとマヨラーにはたまらん光景が広がってます。

この日もちゃんぽんの調理は息子さんが担当。出来映えはいつもと変わらずいい感じ。
さりげないことですが、調理中、丼にお湯を入れて温めていて、ちゃんぽん愛を感じます。

盛りもいいですにゃ〜、これでワンコイン以下の480円(税込)とは素晴らしい。
さすが家族経営だからこそなせる企業努力と感心します。

具材はいつものちょっと煮込んだ系。食べやすく小さく切られたキャベツ。最近ではめったにお目にかからない細いもやし。
そして、ラーメンと共用の濃いめの豚骨スープ。今日のはちょいっと髄ぽさも感じられます。
まさに、多い!安い!B級!と3拍子揃った私好みのちゃんぽん。

で、肝心の麺はどうだったかというと、従来通りスープで煮込んでいました。

前回のはまぼろしだったのでしょうか?

謎でやす。

*データ/麺:普通の太さ  スープ:濃厚系とんこつ  魚介:イカがちょびっと  もやし:細もやし  かまぼこ:ピンク、丸天

○2016ちゃんぽんカウンター/106杯

イニシエ中華店のイニシエちゃんぽん 

May 29 [Sun], 2016, 12:48

中央区は清川2丁目。ロータリーの近くにあるイニシエ中華料理店、O森亭。
赤いのれん、出前用のカブ、なんもかんもイニシエ昭和。
ひさしぶりにちゃんぽってみました。代替わりしたのか?調理をしているのは息子さんでしょうか。

昔からのシステムも健在。注文をすると、冷や奴、大根のなます、たくあんの3点セットが無料で付いてきます。たくあんを見るとなんかご飯を頼まないといかん気になりますなぁ。

ちゃんぽんはこれまた昭和価格の550円(税込)

野菜は気持ち煮込んだ系。仕上げにブラックペッパーが気前良く振られています。
スープはラーメンと共用と思われ、ここのは中華そばのような醤油味なので豚骨感のない鶏ガラテイスト。
味付けは濃いめで、ご飯に合いそうですが、へたれオヤジゆえムリムリ。

絵に描いたような中華食堂の味。ん〜、まさにイニシエなちゃんぽんですね〜

創意工夫を重ね新しいメニューを開発してゆく事もいい事でしょうが、昔ながらの味を守り続けるのも素晴らしい事じゃないでしょうか。

とはいいつつ、ここのちゃんぽんを初めて食べたのはほんの数年前。実は昔の味を知らないんですけどね。

*データ/麺:普通の太さ  スープ:イニシエ昭和  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:ピンク

○2016ちゃんぽんカウンター/105杯

天丼屋さんでうどん 

May 28 [Sat], 2016, 9:33

鉄板メニュー店でひねくれオーダー その2
お客さんの大多数が頼む看板メニューがあるお店で、あえて違う料理を注文するひねくれものの企画です。

中央区は天神2丁目。国体道路沿いにある天丼Tんや天神店。
となりにはうどんウエストがあります。

店名に偽りなし。ほとんどのお客さんは天丼を召し上がっています。

丼とのセットでミニうどんやミニそばがありますが、実はうどん単品でも注文する事ができるんですよ。
うどんならとなりで食えよ。と言われそうですが、そこがひねくれものたる所以です。
それにこのお店はロイヤルホストの系列なので期待できますよ。

かけうどんではちと寂しいので、レンコン天80円をトッピング。
もちろん天ぷらは揚げたてでやす。

麺は○凍麺でしょう。でもとなりのうどん屋さんだって同じですからね。
きっちりとエッジが立って、いい食感です。
すめも、かつおと昆布でしょう、きっちりダシが効いていてちゃんと美味しいす。

誰も興味ないでしょうが、七味唐辛子は創業約400年の老舗、やげん堀のもの。原価掛かってます。

ひねくれオーダーとはいえ、となりのお店にはないレンコン天うどんが400円(税込)で食べれるのって魅力じゃないすか?

定食屋さんの本気ちゃんぽん 

May 27 [Fri], 2016, 10:27

中央区は大手門。らるきいや一幸舎といった有名店がありますが、その行列を横目に目指すは渋く佇む定食屋さん、お食事の店、Fみちゃん。
おばちゃん3人で切り盛りされていますが、どれか1人が文ちゃんなんでしょうか?

ほとんどのお客さんは定食メニューを食べてますが、なぜかちゃんぽん650円(税込)があるとですよ。

しかも、この盛りのよさ!麺が見えまっしぇん。

小さめに切られた具材。キャベツは早生きゃべつでシャキ感が残っていていい感じ。

この手のお店のちゃんぽんスープは既製品のスープを使いがちですが、ここはお店で煮出したと思われる鶏ガラスープ。
ほどよくオイリーで醤油テイストがキリリと効いていて、やっつけ感がなく、本気モードが伝わってくるお味。
スープを使う料理はこれしかありませんし、どーしてもちゃんぽんを出したい!ちゃんぽんを出さずにいられない!という熱い想いを感じるのは私だけでしょうか?

え?お前だけって?

*データ/麺:ちと細め  スープ:鶏ガラ醤油  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:紅白、丸天

○2016ちゃんぽんカウンター/104杯

焼き鳥屋さんの味噌ちゃんぽん 

May 26 [Thu], 2016, 9:45

中央区は今泉。ビックカメラとなり、西鉄今泉ビルの飲食街の中にある昭和な焼き鳥屋さん、Jュジュ。
ランチ営業は月・水・金の週3日だけ。13時ちょい前に行ったのですが私の分で材料が切れたようでランチ終了。なかなかハードルが高うございます。
メニューは味噌ちゃんぽん、皿うどん、焼きめしの3種のみです。
この前、味噌ラーメンや味噌ちゃんぽんは冬の食べ物と自分で言っておいて、またのこのこと来ちゃいました。
店の雰囲気とメニューから想像つくようにオヤジ率100%でした。まあ私もその一人ですけど。

ご主人が丁寧に作る味噌ちゃんぽん600円(税込)今どき味噌ラーメンが700円も800円もする時代、お得感ありますね〜。
厨房の関係でしょう、味噌ちゃんぽんの調理ロットは2杯のようでピーク時に行ってしまうとそれなりに待たんといかんです。

ほどよく火が入った具材。後乗せされたグリーンピースが郷愁を誘います。

やっぱ味噌にはコショウじゃなくて唐辛子でしょう。と、しゅばばばばば〜っと。

相変わらず安定感のあるお味。サッポロ一番デラックス的なテイストで、特にインパクトがある訳ではありませんが、普通に美味しい味噌スープ。

それにしても、まだ梅雨前ですが外は28度で食べたら汗だく。やっぱ味噌ちゃんぽんは暑かです〜

え?味噌じゃなくてもちゃんぽんは暑いだろって?

*データ/麺:普通の太さで扁平麺  スープ:普通に美味しい味噌テイスト  魚介:イカ、あさり  もやし:太もやし  かまぼこ:ピンク  ・グリーンピース入り

○2016ちゃんぽんカウンター/103杯

意外にも福岡なちゃんぽん 

May 25 [Wed], 2016, 10:15

博多区は駅前3丁目。オフィスが多い立地にある中華家庭料理、Gん中縁。
中国の方の経営のお店のようです。
何度となく申しておりますが、ちゃんぽんは明治時代長崎で生まれた郷土料理(作ったのは中国の人ですが)なので中国の調理人が作るとたまに、これ、ちゃんぽんちゃうやろ〜?みたいなものに遭遇する事があるので、私はついつい敬遠しがちです。

でも、メニューを見ると、パリパリ焼きそばや皿うどん、冷し中華といった日本的中華メニューもあり、これならやられる事はないだろうと踏んで入店。
5人いらっしゃるスタッフは全員中国の方のようで、大きな声で中国語がバンバン飛び交っていて、けっこう異国気分が味わえます。

ほどなくして出来上って来たちゃんぽんは650円(税込)
あたり前ですが、ちゃんとちゃんぽんの顔をしています。

気持ち浅めに火が入った具材。
大きめのキャベツは芯も容赦なく入っています。

運ばれてくる時、スタッフのお姉ちゃんが派手にぶっ掛けたコショウ。けっこうスパイシーっす。

スープは鶏ガラがメインのようで、気のせいかウスターソースの風味もするような?、味○素テイストも見え隠れしていて、これは長崎ちゃんぽんというより、中国的解釈なしの普通に福岡の中華屋さんな安心できるちゃんぽんです。

内心、ちょっと恐いもの見たさで中国的アレンジをちょびっとは期待していたのはここだけの話ですけど(笑)

*データ/麺:普通の太さ  スープ:なんちゃあない中華系  魚介:エビ、あさり  もやし:太め  かまぼこ:紅白

○2016ちゃんぽんカウンター/102杯

福岡で唯一の小浜ちゃんぽん 

May 24 [Tue], 2016, 9:35

この春オープンしたKITTE博多。有名ラーメン店もいろいろ出店し、なんかちゃんぽん店もあるようなので、のこのこと出掛けてみましたら、なんだ、○ンガー○ットか。それならあっちこっちにあるのでまたの機会に。
もう完全にちゃんぽんモードになっていますから、そうなると代替案はあの店この店になりますかね。

つうことで、1杯のちゃんぽんをどっちで食べるか?うろうろしながら無駄にエネルギーを使って悩んだ挙げ句、博多阪急地下フードコートへ。
うわ、かなりおばちゃん率が高いです。私でさえ若手に見えます。

目指すは長崎は雲仙の小浜ちゃんぽん愛好会加盟店、Tつ蔵。

先にお会計を済ませて、番号を呼ばれると取りに行くシステム。
さほど待たずに出来上ってきた小浜ちゃんぽん648円(税込)

このお店の特徴の殻付きの小エビ。
ん?なんか数が減った?まあ開店以来値上げもしていないし、何かと原材料が高騰している昨今、しかたないところでしょうか。

そのせいかどうかわかりませんが、気のせいかスープもちとライトになったような。
それでもシーフードエキスは効いていて、なかなかな優等生なスープ。
フードコートのIH調理ゆえ、鉄板で具材を炒めたのち、鍋でスープと麺と一緒に煮るというイレギュラー調理ながら頑張ってると思います。
小浜ちゃんぽんは日本3大ちゃんぽんのひとつでありながら、福岡で頂けるのはここ1軒しかありませんから貴重です。

もし、この店がなくて、小浜までちゃんぽんを食べに行ったとすれば博多〜長崎が特急で往復9400円、長崎〜小浜がバスで2900円、ちゃんぽん700円とすれば、1杯13000円!もしちゃいますよ。

ありがたや〜、Tつ蔵。

*データ/麺:普通の太さ  スープ:シーフートテイスト白湯スープ  魚介:殻付きエビ、イカ、あさり  もやし:太もやし  かまぼこ:ピンク   ・えのき茸がちょびっと

○2016ちゃんぽんカウンター/101杯

中国帰国者の作るちゃんぽん 

May 23 [Mon], 2016, 11:26

早良区は西新商店街。パチンコ屋さんの横の細い路地を入ったところにある中国帰国者手造り料理店、Bん里長城。

怪しげな(失礼)階段を上がった2階にあります。

チャンホン?

つうことで、チャンホン500円(税込)とはお得感アリアリ。
厨房から炒める音が聞こえなかったところをみると煮込み系のちゃんぽんでしょう。
ワンコインなれどデカいエビがどーんと2匹!
デカいキクラゲは中国系のお店ではよく見かけますね。
もやしが入っていないのも珍しいですな〜

脂っ気のない上品な白湯テイストです。ほかにスープ系料理はないのでベースにはアレが使われているのでしょうか?まあ深く考えない事に。
麺は煮込まれてヘロ食感(笑)

各テーブルには、水餃子用でしょうか?デカいニンニク醤油が置いてあります。
よく言えば上品なお味、悪く言えばインパクトのないお味なのでこれをスプーン3杯くらい掛けると、あらびっくり。見事なB級テイストに変身。

ちなみに、グリーンと赤の3色カマボコになぜかイタリアンな雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?

え?お前だけ?

*データ/麺:細め  スープ:上品ななんちゃあない系  魚介:デカいエビ  もやし:なし  かまぼこ:トリコロールカラー  ・きぬさや入り

○2016ちゃんぽんカウンター/100杯

野菜山盛りちゃんぽん 

May 22 [Sun], 2016, 10:50

中央区はRPMこと六本松。ラーメン居酒屋のI風堂々、六本松店。

どかんと野菜山盛りちゃんぽんが名物で、体調がいい時でないとなかなか来れないお店でやす。
ガッツリ系なのでお客さんはメンズ率がやたら高く、男っ気ムンムンの店内。

ほどなくして出来上って来た野菜山盛りちゃんぽん600円(税込)とお手頃価格。

ネーミングに偽りなし。野菜が山盛りです。
野間の大ちゃんラーメンにはちと量は及びませんが、なかなかの盛り。

具材は気持ち浅めの火の通り。もやしのシャキ食感がいいですねぇ。
スープはラーメンと共用のほどよくオイリーな豚骨。
ちょっと濃厚系で醤油の元ダレがキリリと効いていて男前なちゃんぽん。逆を言えば野菜が多いとはいえ、ダイエット中の女子にはおすすめできないちゃんぽんといえますかね。

最初っからわかっていたとはいえ、完食するのはやっぱり苦しいもんがあります。

なのですが、プラス100円で替え玉や大盛りもありますから、強者がいるんですね〜。

やっぱもう若くはないっすにゃ〜。

え?今ごろ気づくなって?

*データ/麺:細め  スープ:がっつり豚骨  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:ピンク

○2016ちゃんぽんカウンター/99杯

回転焼き屋さんのちゃんぽん 

May 21 [Sat], 2016, 11:10

東区はJR箱崎前にある回転焼き屋さん、Iろは。
店の前を通りかかるとちゃんぽんののぼりがあるじゃあ〜りませんか。

入り口には回転焼きとたこ焼きの焼き器が。
ほかにもイカ焼き、お好み焼き、焼きそばと粉モノパラダイス。
ちなみに回転焼きは九州や関西での呼び名。全国的には今川焼き、大判焼きのほうがポピュラーな名称だそうですね。
じゃあ、回ってないのになんで回転焼きなんだよ?と突っ込みそうですが、回転焼きは、もともと円形の焼き板に丸型が並んでいて、その焼き板の中心にレコードプレーヤーのように軸があって手前で焼きやすいように板を回転させたことから回転焼と呼ばれるようになったそうです。

まあ、甘いものはほとんど口にしない私は回転焼きのうんちくはどうでもいいので(笑)ちゃんぽん550円(税込)を頂いてみます。

浅めの丼ではありますが、なかなかにいい盛りしとります。

炒める音がしなかったのでどうも煮込み系調理のようでした。
具材はいい感じでシャキ感が残っています。

焼きそば用の麺なんでしょう。ちょっと細めでソースが絡みやすいぼそっとした食感。
スープを使うメニューはこれしかないので、ベースにはアレが使われていると思われ、万人受けする優等生なお味。
奥のほうですこ〜しだけウスターソーステイストがしてさりげない主張を感じるのは私だけか?

それにしても回転焼き屋さんにもちゃんぽんがあるとは、福岡の人はホントにちゃんぽん好きなんですね。

え?お前に言われたくない?

*データ/麺:ちと細め  スープ:こなれた万人受けテイスト  魚介:イカ  もやし:太もやし  かまぼこ:赤い板付きタイプ

○2016ちゃんぽんカウンター/98杯
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像yasu
» 中国帰国者の作るちゃんぽん (2016年05月24日)
アイコン画像花田秀次郎
» 中国帰国者の作るちゃんぽん (2016年05月23日)
アイコン画像ハセガー
» 中国帰国者の作るちゃんぽん (2016年05月23日)
アイコン画像yasu
» 野菜山盛りちゃんぽん (2016年05月23日)
アイコン画像ハセガー
» 野菜山盛りちゃんぽん (2016年05月23日)
アイコン画像yasu
» 天神地区最後のイニシエちゃんぽん (2016年05月18日)
アイコン画像Yassy
» 天神地区最後のイニシエちゃんぽん (2016年05月17日)
アイコン画像yasu
» 居酒屋の家庭的ちゃんぽん (2016年05月16日)
アイコン画像komaQ
» 居酒屋の家庭的ちゃんぽん (2016年05月16日)
アイコン画像yasu
» ざるうどんの季節 (2016年05月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる