男の大衆中華店のちゃんぽん 

February 24 [Fri], 2017, 9:29

中央区は渡辺通5丁目。天神からもほど近い好立地にある中華料理屋さん山庄。
昭和47年創業といいますから、けっこう老舗ですね。
カウンターだけのお店で、お昼時は男性客でいっぱい。がっつり系のセットメニューが人気でまさに男の大衆中華という感じ。

となりの人の鶏の天ぷらの大盛りぶりに気を取られながら、ちゃんぽん650円(税込)を注文。
ご主人が鮮やかな腕さばきで、あっちゅう間に調理。

いい感じで火が入った具材。白い器に、白濁したスープ。ホワイティで冬らしい佇まいに侘び寂びを感じると言うとオーバーすかね?

脂っ気の少ないスープは鶏ガラがメインと思われ、ひと言でいえばなんちゃあない系ですが、きちんと煮出したとわかるコクと深み。45年の歴史が垣間見えます。

カウンターには定食のご飯用でしょう、無料の辛子高菜とつぼ漬け風の漬物があります。
それを見て久留米の大龍ラーメンのように、これをちゃんぽんに入れて食べるとうまいんではないか?とひらめいて実践。

その答えは!!

企画倒れでやした・・・


*データ/麺:普通の太さ  スープ:なんちゃあないけどいい塩梅  魚介:イカ  もやし:太め  かまぼこ:赤い板付きタイプ、丸天

○2017ちゃんぽんカウンター/28杯

なんとも昭和なラーメンセット 

February 23 [Thu], 2017, 9:08

仕事で北九州へ行ってきやした。ランチは小倉北区は中島町の住宅街にある、老舗のイニシエ中華屋さん福龍へ。かれこれ1年ぶりくらいすかね。
となりのお客さんで、成人されてる息子さんと来ていたお母さんが、私が予備校の時からの付き合いやもんね〜、と言ってましたから、どんだけ歴史があるんでしょうか?

おすすめメニューというラーメン小焼きめしセット600円(税込)を食べてみました。
ラーメンは豚骨ではなく、どこから見ても思いっきり中華そばなラーメン。
けっこう大きな丼にたっぷり入ってます。驚くことにこのラーメン、単品で頼むと350円と値段も昭和で止まっとります。

紅しょうががデフォルトで乗ってるところがなんとも昭和っすね〜。
スープは鶏ガラメインでじんわり滋味テイスト。奥のほうでかすかに八角の風味が見え隠れ。
なんか自分でも作れそうなスープ(失礼)に思えましたが、いざやると出せない味なんですよね。

麺は太くて縮れた中華麺。札幌系で目にする麺ですが、この手のスープでは珍しいです。
ん〜、価格を含めて今どき福岡ではまずお目にかかれないラーメンですわぁ。

そしてセットの小焼きめし。「小」と言ってもノーマルの3分の2はあるんではなかろうか?という量。
パラパラの正反対、しっとりしていて、これはチャーハンではなく、ザ・焼きめし。
具もかまぼこが2種にミックスベジタブルが入って、まごうことなき昭和の味。
ラーメンと合わせてダブル昭和ですよ。

そんなお得なセットなのに、アフターにコーヒーを出してくれました。しかもインスタントじゃないやつ。
お客さんみんなに出していましたけど、儲け少なくなりません?

え?余計なお世話すか?

中華店の味噌うどんとは何ぞや? 

February 22 [Wed], 2017, 9:51

南区は大楠1丁目。住宅街の中にある北京料理店、平和飯店。
このお店、ながさらとか肉うどんとか焼豚うどんとかネーミングだけでは想像がつかないメニューがあるんです。

実は、まだ解明していないメニューがあと1つありました。
それが、味噌うどん
今までの傾向と対策で、名古屋名物の味噌煮込みうどんが出てくることはないことは想像がつきますが、はたして?

じゃん。味噌うどん650円(税込)
おお、てっきり味噌ちゃんぽんのようなのが出てくると思っていましたが、こうきましたか。
いわゆるジャージャー麺的な顔をしてますねぇ。
麺が全く見えないインパクトのあるビジュアルです。

具は細かく刻まれた豚肉、玉ねぎ、白菜、タケノコでいい食感のハーモニー。
濃いめの餡でとろみをつけられています。

「うどん」と付くものの、麺はちゃんぽん麺。
このお店の「うどん」が付くメニューの麺は全てちゃんぽん麺でしたから、推測するに「皿うどん」のうどんの流れか?

意外にも味噌味はあまりしませんが、深みのあるコクがあります。
どちらかというと味噌うどんというネーミングよりも、
中華ボロネーゼと言うほうがぴったりくる気がしたのは私だけでしょうか?

定食屋さんのまじめなちゃんぽん 

February 21 [Tue], 2017, 9:11

博多区は奈良屋町にある定食屋さん味処ふるさとでランチってきました。
お惣菜屋さんも兼ねているなんとも昭和な食堂で近所の会社の方々に愛されているって感じのお店です。

そんな定食屋さんですが、ちゃんぽん580円(税込)があるんですよ。
麺料理はこのちゃんぽんだけです。
まわりのお客さんが食べてる定食がめっちゃうまそうですが、チャンラーはブレずにちゃんぽんっ。
浅めの丼ですが、大きいのでけっこう量もあります。

具材は軽めに火が入っており、シャキ感があります。
脂っ気が少なく透明感も感じられるスープ。
この手の食堂のちゃんぽんってスープを業務用に頼りがちで、やっつけ系が少なくありませんが、ここはお店で煮出したと思われる鶏ガラスープ。
なんちゃあないと言えばなんちゃあない系ですが(失礼)しっかりとコクがあり、まじめに作った感がひしひしと伝わってきます。

インパクトの「イ」の字も、中華の「ち」の字もありませんが、これぞ正しい食堂のちゃんぽん。
なかなかありそうでない味だと思いやす。

ご飯とおかずで勝負する定食屋さんでありながら、既製品でなく、オリジナルののぼりにちゃんぽんの文字を入れるあたりに、ちゃんぽんに対する本気度を感じるのは私だけでしょうか?

え?お前だけ?

*データ/麺:普通の太さで扁平麺  スープ:じんわり鶏ガラ  魚介:なし  もやし:ちと太め  かまぼこ:赤い板付きタイプ、ちくわ

○2017ちゃんぽんカウンター/27杯

塩味キリリなちゃんぽん 

February 20 [Mon], 2017, 9:47

中央区は薬院。城南線通り沿いにある長崎亭薬院店でちゃんぽってきました。
お昼時は行列ができる人気店です。
ここのお店は福重の本店に比べ、なぜかスープの塩分が濃くて中年のオヤジとしては健康のことを考えて避けておりましたが、健康のことを考えるならそもそもちゃんぽんを食うな。と自問自答をした結果行ってきやした。

さすがは専門店。ちゃちゃっと出てきたちゃんぽんは600円(税込)
いつもと同じ顔をしているのはさすが。

ジャストな感じで火が入った具材。調理ロットが4人前だったせいか?私のところにイカが入っていなかったのがちと残念。まあ、これも運がなかったと思いましょう。
ほどよくオイリーで鶏ガラ強めのスープは、あいかわらずキリリと塩分が効いてます。
調理するとき味見をしていましたから、やはりこのお店ではこの塩分濃度がデフォルトなんでしょう。

麺は福岡ではよく見かける春吉の張源洋行のもの。コシがあって噛みごたえのある麺はスープと好相性に思います。

しかし、いかんせん塩分が濃いですにゃ〜。
普段は入れませんが、ここのちゃんぽんには絶妙に合うと言われる紅ショウガをオン。
確かにショウガの酸味で中和されていい感じで食べる事ができましたが、

よく考えたら、その分さらに塩分を摂取してました〜。

*データ/麺:普通の太さで扁平麺  スープ:キリリと塩味系  魚介:今日はなし  もやし:太もやし  かまぼこ:ピンク

○2017ちゃんぽんカウンター/26杯

ペヤングとペヨング 

February 19 [Sun], 2017, 10:22

ときどき無性に食べたくなるもののひとつ、カップ焼きそば。
先日スーパーでペヤングの焼きそばが99円(税抜)だったので、買って帰ってよく見たら、ペヤングではなくペヨングでした。
パッケージがくりそつだから、そりゃ〜も〜違えますわよ。
どっかの国のパチモノかと思いきや、作ったのは同じまるか食品なのでペヨングはペヤングの廉価版、日清で言えばカップヌードルとスープヌードルの関係性と同じなんでしょう。
実はカップ焼きそばって、私が敬愛するマルタイでは一切作られていないんですよね。
なので、強いて言えば日清焼きそばUFO派でした。しかしUFOはスタンダード商品にもかかわらず数年ごとに味や具をリニューアルするので何か馴染めないんです。
そこでペヤンガーと呼ばれる熱狂的な信者を持つペヤングの焼きそばですが、私の住む福岡では手に入るようになったのはここ数年、ずっとノーマークだったんですがいい機会です、世間的には今さらという感じはありますが、ペヤングとペヨングを食べ比べてみました。

まずはペヨング。液体ソースにかやくはキャベツのみ。あとはふりかけとスパイス。
パッケージにはレギュラーと書いてあり、麺は106グラム。カロリーは456kcalです。
具材の袋にペヨングではなく、ペヤングと印刷されてて詰めの甘さがいいですね(笑)

いざ、実食。うん、普通に美味しいB級なソース焼きそばです。

では、本家ペヤング。スーパーで158円(税抜)で購入
パッケージにはBIGと書いてありますが、麺は120グラムとペヨングより14グラム増です(ちなみに日清UFOは100グラム)カロリーは544Kcal。

こちらもかやくと液体ソース。ふりかけとスパイスは同じものです。
かやくには何やら謎の肉が入っています。

実食。麺の食感は同じに感じます。麺の多さの違いはあまり感じませんかね。
肉も存在感があまりない(失礼)のでペヨングのしょぼさはないような。
違いはソースの違いか?ペヤングのほうがコクや深みがあるすかね。しかし、私のバカ舌のせいか?大きな差別化は感じない気がしました。
私がペヤング信者ではないのと、貧乏性なのでペヨングのほうが50円安かったし(これ大きい)お得な感じがしました。

しかしペヤンガーにとって、

この微妙な違いが大きな違いなんでしょうね。

路地裏のマニアックなちゃんぽん 

February 18 [Sat], 2017, 10:07

中央区は今泉の細〜い路地に午前中から午後3時までの間、マンションの柱に現れるちゃんぽんの文字。

そのビルの一番奥。昨年久留米から移転してきたちゃんぽん・皿うどんのお店、古4季でちゃんぽってきました。

女将さんがちゃちゃっと作るちゃんぽんは790円(税込)
私にとって高額なちゃんぽんではありますが、妥協ないこだわりがそこかしこに。
器からして高そう。指で弾くと、コ〜〜ンといい音が響きます。

具材はいい感じで火が入っております。
豚骨と鶏ガラのブレンドらしいスープは、長崎マナーで濃すぎず、薄すぎずのいい塩梅。
そしてフレッシュの殻付きあさりが5個。これがいい仕事をしていて、イカとはまた違ったシーフードの深みを加えています。

麺にもこだわっていて、佐賀の製麺所から取り寄せているそうです。これも長崎ぽいちょっとぽそっとした食感でいいですね〜
いや〜、とてもよくできたちゃんぽんなんですが、やっぱり貧乏な私にとって780円はそうそう食べられるもんじゃありません。

と、思っていたら、にゃにゃ〜〜んと!お得なチケットがありました!!

ちゃんぽん6杯分で3900円(税込)、すると!

1杯650円(税込)と、断然お得ですわよ、奥さん。

*データ/麺:ちと細め  スープ:豚骨鶏ガラブレンド  魚介:殻付きあさり、イカ  もやし:気持ち太め  かまぼこ:ピンク

○2017ちゃんぽんカウンター/25杯

天神地区最後のイニシエちゃんぽん 

February 17 [Fri], 2017, 10:27

中央区は天神。福岡市の再開発構想で立ち退きが噂される天神地区最後のイニシエ中華店、北京料理の新生飯店に安否確認に行ってきやした。
店内を見渡すといつも通りの大盛況。閉店のお知らせもなく一安心。
昨年閉店したとなりのビルも取り壊される気配はありませんから急には進まないんでしょうか?とりあえずよかったです。

つうことで、ちゃんぽん580円(税込)この立地で600円アンダーは頭が下がります。

しかも、このマウンテンな盛りですよ。これに200円プラスのチャーハンセットを付けて食べてる人が多いですが、皆さんよく食えるのう。私がヘタレなだけすか?

白濁してプチ濃厚めなスープは豚骨というより白湯系。いわゆる昔ながらの中華店のちゃんぽんスープ。
それに仕上げに入れられたごま油がわずかに鼻をくすぐります。
個人的に「ごま油抜きで」とオーダーしたいところではありますが、お客さんが多いので1杯だけの調理に未だかつて巡り合ったことがありません。顔を覚えられてるわけでもないし、これからも無理でしょうなぁ。
小さめに切られた具材は柔らかく煮込まれた系。

それが麺とのいいコントラストになってます。
柔らかい麺とシャキ感のある具材とのコントラストもいいですが、柔らか具材とコシ麺もまた良し。

いや〜、ちゃんぽんは奥が深いですね〜

え?今ごろ気づくなって?

*データ/麺:普通の太さで扁平麺  スープ:プチ濃いめの白湯スープ  魚介:イカ  もやし:太め  かまぼこ:ピンク、丸天

○2017ちゃんぽんカウンター/24杯

昭和のディープなちゃんぽん 

February 16 [Thu], 2017, 9:32

博多区は大博町。なんとも昭和なイニシエ中華店の貴龍軒。
先日食べた、ど昭和なラーメンが後をひいており、ちゃんぽってきました。
中華店な店構えですが、うどんやそば、丼ものもあって食堂的な立ち位置のお店です。

近年、メニューが値上げされた模様ですね。値上げ幅がわかりやすすぎです。

30円値上げになったちゃんぽん。それでも530円(税込)ですから激安といっていいでしょう。
前回来た時は奥さん一人でしたが、今日はご主人の調理でした。

低価格ながら横から見てもこの盛りの良さ!素晴らしいっ!

強火でぶわ〜〜っと炒められたとわかる具材。かすかにオイルで薄化粧されており、シャキ食感が楽しめます。
黒めのスープと相まって、いかにも昭和なちゃんぽんな出来栄え。

麺を持ち上げると見え隠れするミックスベジタブルのコーンとグリーンピース。ああこれがイニシエでなくて何がイニシエだろうか。
ラーメンと同じ、ライトめな豚骨ベースですがしっかりとコクがあり、さらに味○素がいい仕事をしています。これをおかずにしてご飯が進むちゃんぽんですね〜

なのですが、腹一杯です〜

*データ/麺:ちと細め  スープ:イニシエ豚骨  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:紅白、ちくわ  ・コーン、グリーンピース入り

○2017ちゃんぽんカウンター/23杯

やっぱり好きなイニシエちゃんぽん 

February 15 [Wed], 2017, 9:21

中央区は春吉2丁目。春吉小学校前にむか〜しからあるイニシエ昭和な中華屋さん、中華山ちゃんでちゃんぽってきました。
換気扇からのちゃんぽん臭に誘われるように入店。
カウンターだけの店内はオヤジ率100%。人のことは言えませんが、オヤジはホントこの手の店が好きですね。

さて、ちゃんぽん600円(税込)大きめの丼にたっぷり入っています。

具材はちと煮込んだ系で柔らか食感。
きちんと飾り包丁が入ったイカの身に丁寧な仕事ぶりが伺えます。
丁寧なのはそれだけではありません。中華の命と言えるスープですが、ここのは丁寧に煮出したであろうと思われる透明感があり、きっちりと奥行きのあるダシテイスト。
なんちゃあない系と言ってしまえばそれまでですが、これは金華ハムと干し貝柱が入った高級中華店のスープと引けを取らない(個人的にですよ)と思えるほどよくできていると思います。
ちゃんぽんでスープは最後まで飲まない私ですが、ここのはいつも完食してしまいます。

麺は奥さんが湯通ししたものをご主人がスープで煮込む連携作業。
優しめのスープに優しめの食感の具材、そして優しめの麺。これはこれでいい感じでバランスがとれていると思います。

がっつり濃厚豚骨のインパクトちゃんぽんもいいですが、このようなちゃんぽんに安らぎを感じるのは私がジジイになったからでしょうか?

え?その通り?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:じんわりコク鶏ガラ  魚介:イカ身  もやし:太め  かまぼこ:紅白、ちくわ

○2017ちゃんぽんカウンター/22杯
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像yasu
» 路地裏のマニアックなちゃんぽん (2017年02月19日)
アイコン画像Yassy
» 路地裏のマニアックなちゃんぽん (2017年02月18日)
アイコン画像yasu
» しばしお別れ? (2017年02月12日)
アイコン画像Yassy
» しばしお別れ? (2017年02月12日)
アイコン画像yasu
» PAFピックアップ (2017年02月10日)
アイコン画像Rockin Komackyこと GLOBAL GARAGE ROCKIN' ROLL BAND THE GOLDEN BALL'S PAST GUITARLIST
» PAFピックアップ (2017年02月10日)
アイコン画像yasu
» 揚げちくうどん (2017年01月31日)
アイコン画像おざしきとど
» 揚げちくうどん (2017年01月31日)
アイコン画像yasu
» 元祖博多ちゃんぽん (2017年01月30日)
アイコン画像まこさん
» 元祖博多ちゃんぽん (2017年01月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる