もつ鍋屋さんの創作ちゃんぽん 

March 25 [Sat], 2017, 10:27

イニシエ好き保守派チャンラーの私。ニューウエーブ系ちゃんぽんを食べることはまずないのですが、ときどき食べたくなる天神3丁目のもつ鍋屋さん、四番館の創作ちゃんぽん。


なぜなら安くてB級だから。

ランチちゃんぽんはワンコインぽっきりの500円(税込)、数量限定です。

福岡にもつ鍋屋さんはたくさんありますし、ちゃんぽんと具材が共通するものが多いのですが、意外と出す店はないんですよね。
まあ、もつ鍋のシメにちゃんぽん麺を入れて食べるので必要ないっちゃあ必要ないんでしょうけどね。

厨房から炒める音が聞こえないことから、調理は中華鍋で具材を炒めず鍋での煮込み調理と推測しています。
丼からほわんと鼻にくるミルキーな香り。見た目もまるでカフェラテのよう。
これも推測ですがもつ鍋のスープに牛乳をブレンドしてるんじゃないかと思います。
甘めのもつ鍋スープと相まって、B級ワールド炸裂!

麺はもつ鍋のシメと共用でしょう。
いやぁ〜、インパクトありますわ。

これに、注文を受けてから作るおにぎりが付いての500円ですから安すぎ。

欲を言えばミルク抜きの醤油系ちゃんぽんを食べてみたいのですが、ムリですかね?

え?500円でゼイタク言うなって?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:ミルキーB級もつ鍋  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:紅白、丸天  ・ニラ入り

○2017ちゃんぽんカウンター/44杯

久々の元祖 

March 24 [Fri], 2017, 10:34

今までの人生で間違いなく一番食べているラーメンと断言できる、長浜の元祖長浜屋
近年、長浜御殿ばかり行っていたので久々です。
初めて食べた時は1杯250円だったなぁ(どんだけ昔やねん)と、券売機500円をポチ。
以前は自動オーダーが通ってましたが、もうそれは遠い昔の話。お店のスタッフも知ってる顔は1人もいません。

麺の硬さを聞かれ、ナシナマでオーダー。
なんか薄そうなスープの顔をしてますなあ。ではゴマを時計回りに3回半、コショウの底をポンポンポンと3回。
どばっと掛けても、あいかわらず効きが悪いコショウですねえ(失礼)

見た目通り、ライトなスープ。そしてお兄ちゃん、元ダレを入れる時手がすべった?と言いたいくらいの濃い塩分。
さらに、元祖の肉は調味料。と言われる通り、肉の塩分で後半さらに濃度が増してゆきます。

ありぃ?麺の粉っぽさがなくなって、なんか上品な口当たり。
重箱の隅をつつく訳ではありませんが、久々に来るといろんなところに違いを感じます。

「まずうまい」という表現がぴったりなのはここだけではないでしょうか?

それでも、これが元祖のいいところ。ある意味おみくじ感覚です。

今日は「小吉」すかね。

白菜ちゃんぽん? 

March 23 [Thu], 2017, 11:38

中央区は大宮。ロイヤルホストの裏にある老舗中華料理店、福楽園でちゃんぽってきました。
地元の人に愛されてるお店って感じです。

ご主人がチャチャっと作るちゃんぽんは520円(税込)
中央区でありながらこの価格設定はすごいです。なのですが、特製ちゃんぽんにするといきなり300円アップの820円、これには手が出ません。

いい感じで火が入った具材。
食べやすい大きさに切られています。

スープの表面には豚骨スープでよく見られるマクハリー現象が。
この白濁したスープ。もともと濃厚系ではないスープですが、今日は特にライトに感じます。
考えながら食べていると、葉ものがキャベツではなく白菜ではないか!
おそらくライトテイストなのはそのせいではなかろうか?

個人的にはちゃんぽんに白菜は合わない気がするのですが、入っちゃってるものはしょうがありません。
それに明治時代中期、ちゃんぽんを考案した長崎の四海楼。
当時健康状態がよくなかった中国の留学生のために栄養がある食べ物を、と季節の食材をたくさん使って作られた。と言われていますから、白菜が入ることもあったんじゃないでしょうか。
それにしても、この白菜はイレギュラーなのか?レシピ変更なんでしょうか?

それとも、今までも白菜で私が気づかなかったのか?

だったとしたら私はそうとうバカ舌ですね〜

*データ/麺:普通の太さ  スープ:白濁豚骨  魚介:なし  もやし:太め  かまぼこ:ピンク

○2017ちゃんぽんカウンター/43杯

福岡で唯一の小浜ちゃんぽん 

March 22 [Wed], 2017, 0:36

ちょっくら用事があってJR博多駅へ。
ここへ来たら行っとかんといかんでしょう、と博多阪急地下のフードコート、阪急うまか食堂へ。

ここ、ここ。日本3大ちゃんぽんのひとつ、小浜ちゃんぽんが福岡で唯一食べられるお店、鉄蔵へGO。

お昼時というのもあってそれなりに待ってちゃんぽん648円(税込)が出来上がりました。
フードコートなので具材をIHの鉄板で炒めて、さらに鍋に入れてスープと煮るという変則調理で調理ロットは3杯みたい。まあ致し方ないですね。
微妙に仕様が変わるようで、以前はかまぼこがなく、上に水菜が乗っていましたが、またかまぼこに戻ってます。

それはいいのですが、エビが少にゃ〜い。
サイズはひと回り大きいものの、以前は10匹近くあったのが3匹ととほほ。
まあ、6年くらい前に開店して以来1度も値上げしてませんし、この価格を維持していくには仕方ないのでしょうが、小浜ちゃんぽんはここでしか食べられないので値上げしてでもエビが多いほうがいいと言ったらわがままでしょうか。

そのせいか?気のせいか?スープもややライト。

でも待てよ。調理ロット3杯だったので、たまたま私の分だけエビが少なかったのかも。

そう思いたい、いや、そうであってほしい、そうよね?

*データ/麺:普通の太さ  スープ:シーフートテイスト白湯スープ  魚介:殻付きエビ、イカ、あさり  もやし:太もやし  かまぼこ:ピンク   ・えのき茸がちょびっと

○2017ちゃんぽんカウンター/42杯

格安豚骨ちゃんぽん 

March 21 [Tue], 2017, 9:19

安くてうまい店を知りたいなら、タクシー運転手に聞け。という言葉がありますが、タクシードライバーの多いお店、博多区は対馬小路の関東軒でちゃんぽってきました。

うまい、安い、B級。と3拍子揃ったちゃんぽんは480円(税込)と驚きの500円アンダー。
家族経営で、この日はお母さんと息子さんの連携で作ってました。

野菜もたっぷり、小さめに切られた具材はやや煮込んだ系。
脂っ気のないスープはラーメンと共用の濃いめの豚骨。
いつ来てもブレのないテイストですが、今日のはスープの入れ替え直後なのか?けっこうライトめ。
それでも普通のちゃんぽんよりは濃厚ではあります。

ちと細めな麺ですが、この手の太さの場合ヘロい食感になりがちですが、スープで煮込んでもしっかりとコシが残ってます。
そして、見え隠れする味○素テイスト。
ちゃんぽんは決してグルメな食べ物じゃなく、安くてお腹いっぱいになれる料理なのだよ。という声が聞こえる気がするのは私だけでしょうか?

え?お前だけ?

*データ/麺:ちと細め  スープ:プチ濃厚豚骨  魚介:イカ  もやし:ちょびっと太め  かまぼこ:ピンク、丸天

○2017ちゃんぽんカウンター/41杯

マルタイ長崎ちゃんぽんデラックス 

March 20 [Mon], 2017, 10:02

カップ麺のちゃんぽんは数え切れないほどありますが、世界初のカップちゃんぽん(と思う)にして、個人的にこれを超えるものはないと思う、マルタイの長崎ちゃんぽん。
このちゃんぽんの何が優れているか、といえば、ちゃんぽん臭までが再現されてるところだと思います。
これだけでも十分うまいのですが、さらにグレードアップさせたマルタイ長崎ちゃんぽんデラックスを作ってみました。

用意したのは手羽先。これをニンニクとショウガを入れてスープをとります。

こんなに濃厚ゼラチンのスープがとれました。

カップ麺ですが、あえて鍋で調理します。
麺の食感が抜群に良くなるとです。

でけた。さぞうまかろうと思いきや、けっこうスープがしつこいすかね。
濃厚ではあるのですが、もともと濃厚なスープなので、劇的な変化は感じません。
手間とお金がかかったわりには企画倒れな結果に。
やはり、カップ麺はそのまま食べたほうがいいということですね。

ならばと、醤油とみりんで味付けし、ちゃんぽん麺でなんちゃって中華そばにしたものの、今度はコクが足りなさすぎ。
なかなかうまくいかんのが麺料理の奥深さか?

○2017ちゃんぽんカウンター/40杯

町の食堂なまじめちゃんぽん 

March 19 [Sun], 2017, 11:08

博多区は上呉服町にある老舗のうどん・そば屋さんふじ松。
うどん・そば屋さんと言っても、チャーハンやカレー、焼きそばとかもあるので町の食堂といったほうがいいかもしれません。
目の前にマイフェバリットなうどん屋さん、みやけうどんがあるのでなかなかハードルが高いのですが、ちゃんぽんモードだったので入ってみました。

けっこう速いスピードで出てきたちゃんぽんは570円(税込)と、なかなかに良心価格。
見た目も美しいです。

具材はいい感じで火が入ってます。
もやしは切られているものが入っていて、さりげないこだわりが見てとれます。
うどん・そばを出すお店ではスープは和風になることが多いですが、ここのはスタンダードなちゃんぽんテイスト。
でも、奥〜のほうで、ちょびっと和風だしが見え隠れしている気が。
中華屋さんではない、この手のお店はさすがにちゃんぽんのスープを1から作ることはないでしょうけど、ほのかに鶏ガラの香りがして、手を抜いとらんばい。という声が聞こえてくるようです。

つるりとした食感の麺は福岡ではよく見かけるタイプ。
なんちゃあない系と言ってしまえばそれまでですが、やっつけちゃんぽん、略してやっちゃんではなく、ちゃんとしたちゃんぽんを出したい!というこだわりを感じるのは私だけでしょうか?

こだわりといえば、伝票に「ちゃんぽん」でも「ちゃん」でもなく、
「ぽん」と書くのもこだわりなんでしょうね。

*データ/麺:普通の太さで扁平麺  スープ:いい塩梅の食堂系  魚介:イカ  もやし:太め 
  かまぼこ:ピンク、丸天

○2017ちゃんぽんカウンター/39杯

田川のもやしそば 

March 18 [Sat], 2017, 12:26

仕事で田川市に行ってきました。
かつて炭鉱で栄えた田川の中心地、後藤寺のランドマークだったバスターミナルは老朽化のため取り壊されるそうで今や廃墟。
子供の頃、親戚がいたのでここでジョーズの映画を見たのが懐かしく思い出されます(どんだけ昔やねん)

田川名物に数ありますが、中でも今まで食べたことがなかったのが、このもやしそば。
のぼりに「フッコー直伝」とあるのは、ここのもやしそばは(有名な?)フッコー食堂のレシピのようです。
で、もやしそばとは何ぞや?中華そばにもやしが乗っているのか?日本そばにもやしが乗っているのか?はたまた何なのか?

出てきたのは簡単に言ってしまえば、もやしソース焼きそば。
これが、にゃ〜んと330円(税込)と安っ!!
もやし焼きそばというと日田焼きそばを連想しますが、全く別モノです。

中華そばっぽい細麺で、炒めているものの、麺には焦げ目はなし。もやしは今時珍しい極細もやし。
よ〜く見ると玉ねぎや豚肉がちょびっと入ってますがメインの具はもやしです。
薄めのソース味で、カウンターのソースを掛けて自分の好みの濃さで食べるのが正しいのでしょうか?
私のDNAに入っていない味なので、まあこんな食べ物なのか。という印象でしたが、田川で育った人にとって若い頃学校の帰りにおやつ代わりに食べていた、かけがえのないソウルフードなんだそうです。

ところ変われば、いろんなもんがあるんですね〜

インパクトみそちゃんぽん 

March 17 [Fri], 2017, 9:47

城南区は神松寺にあるイニシエ中華店、さつまラーメン長尾店。
個人的にある意味、昨年のインパクトちゃんぽんオブザイヤーだったみそちゃんぽんを食べに行ってきやした。
チェーン店でありながら、内装の決まりはないようで、思いっきり昭和なイニシエぶり。
壁に貼ってある、一番古い食品衛生模範店のシールが1977年でしたから最低でも40年の歴史があるようです。

みそちゃんぽん600円(税込)。今どきみそラーメンでも700円はする時代ですから、お得ですね〜

ゆで卵の具合もいい感じじゃないですか〜
スープはここのみそラーメンと共用と思われる濃いめの濃厚味噌。
セントラルキッチン製でしょうが工場チックではなく、むしろ私好みのB級テイスト。
具材は軽めの火の通りで食べ応えがある食感です。

さて!インパクトが爆発する自家製のニンニクの醤油漬けを入れますか。
フタを開けると、これがまたすんごいニンニク臭がします。
満員電車の中でやったらパニックが起きるかも(な、こたあないか)

ニンニクをどんっ!ついでに唐辛子をぶわっ!!

うひゃ〜たまらん!これがB級でなくて何がB級であろうか。
会議やデート前には決しておすすめできません。


さすがは世界の味。

*データ/麺:ちと細め  スープ:濃厚系味噌  魚介:なし  もやし:普通の太さ  かまぼこ:赤い板付きタイプ  ・ニンニク醤油漬けでB級爆発

○2017ちゃんぽんカウンター/38杯

中華あんかけかた焼きそば弁当 

March 16 [Thu], 2017, 9:19

福岡なら3歳児でも知っているお弁当チェーン店、ほっともっと。
お弁当屋さんだから当たり前でしょうが、サイドメニューのミニうどんを除くと麺メニューがないんですよね〜

なので、ついつい敬遠しておりましたが(そんなに麺好きか?)期間眼底メニューで、中華あんかけかた焼きそばなるメニューがあったんですね、知らなんだ。
しかももうすぐ終了とのことで、あわてて買ってみました。
お値段は640円(税込)。中華店でこれより安いお店がありますから、けっこう強気な価格設定すね。
中華丼よりも50円高いです。

イカ・豚肉・白菜・玉ねぎ・人参・きぬさや・きくらげ・かまぼこと具材がたっぷり8種類。味の決め手は、丁寧に炊きだした鶏がらスープに、オイスターソースやイカの風味を加えた、魚介の旨味たっぷりの本格中華あん!ということです。
この手の皿うどんは白湯系スープが多いんですが、醤油テイストはあまり見かけません。

デカいイカの身にデカい豚肉スライス。さすがは高額商品、気合が見てとれます。
麺はセントラルキッチンの工場で作られた揚げ置き麺。揚げ物メニューがあるとはいえ、さすがに麺までは店で揚げないんですね。
お味はいたって上品。大きな感動はありませんが、誰もこの味に文句は言わないでしょう。

皿うどんといえば、ウスターソース。
ちゃんぽんにソースは邪道派ですが、皿うどんにソースはアリ派の私。
これにも麺ソースなるものが付いています。
しかし、醤油テイストにソースをかけるのはいかがなものか。と悩みましたが、やっぱりあると掛けたくなる性格。

結果は、好みの問題ですが、やんなかったほうがよかったです。
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像yasu
» 白菜ちゃんぽん? (2017年03月24日)
アイコン画像たんたん
» 白菜ちゃんぽん? (2017年03月23日)
アイコン画像yasu
» 記憶のないラーメン (2017年03月11日)
アイコン画像tsubobana
» 記憶のないラーメン (2017年03月11日)
アイコン画像yasu
» ギターの木材の未来 (2017年03月10日)
アイコン画像まこさん
» ギターの木材の未来 (2017年03月09日)
アイコン画像yasu
» 中洲でデフレラーメン (2017年03月01日)
アイコン画像おざしきとど
» 中洲でデフレラーメン (2017年03月01日)
アイコン画像yasu
» 中洲でデフレラーメン (2017年02月28日)
アイコン画像かにさん
» 中洲でデフレラーメン (2017年02月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる