イヴ けいた | ローテーション

October 26 [Wed], 2011, 11:39
横浜の三浦は9回先頭打者に イヴ けいた 安打を許して交代。完投こそ逃したものの、5勝目で今季の最終登板を締めくくった。

 昨季はわずか3勝。今季も前半は不調だったが後半調子を上げてきた。「壁を一つ越えたかなという気がする。自分では手応えをつかんでいるので、来年は頭から(先発 イヴ けいた ローテーションを)守れるようにしたい」と、37歳のベテランは巻き返しを誓った。

イヴ けいた | ゴマの風味とチーズ

October 24 [Mon], 2011, 17:53
荒川秋ケ瀬取水堰近くに出没しているゴマフアザラシ「あらちゃん」そっくりのかわいいパンが登場−。さいたま市浦和区の浦和ロイヤルパインズホテルは、「 イヴ けいた ちゃん」をモチーフにした「ゴマあらちゃんパン」=写真=を1階ペストリーショップ「ラ・モーラ」で1個120円で20日から販売する。

 黒ゴマとパルメザンチーズをパン生地にブレンドし、ゴマの風味とチーズのコクをマッチさせている。パン生地の突起であらちゃんの手を表現するなど、同ホテルの鈴木謙介シェフらが工夫を凝らした。

 同ホテルでは関連企画「あらちゃんを見に行こう! 宿泊プラン」や「 イヴ けいた ちゃんの写メでワンドリンク」も同時に始める。

イヴ けいた | 第三者委員会

October 20 [Thu], 2011, 14:56
何とも曖昧な内容だ。九州電力が玄海原子力発電所の再稼働をめぐる「やらせメール」問題でまとめた最終報告書は、第三者委員会が認定した古川康佐賀県知事の関与に触れず、問題の発端について見解をはっきり示さなかった。

 社内処分は役員報酬の減額にとどまり、いったん辞意を表明した真部利応社長は続投する。

 説明を避けては信頼回復は望めない。福島第1原発事故の不十分な情報開示などで電力会社の説明姿勢をみる目が厳しくなっていることを、認識しているとは思えない。他の原発の再稼働やエネルギー イヴ けいた 政策にも影響しかねない。

 九電の第三者委は古川知事が同社幹部と面談した際に、発電再開を認める意見が増えることへの期待を述べ、その発言がやらせに決定的な影響を与えたとした。

 だが九電は第三者委の事実認定を採用せず、具体的な反論も避けた。真部社長は「見解の相違」と言うが、何のために外部の目を入れたのかわからない。枝野幸男経済産業相は九電の最終報告書を「理解不能」と強く批判した。

 原発をめぐる一連のやらせ問題は実態の解明が十分とはいえない。国主催のシンポジウムで国が電力会社に「やらせ質問」を要請した例は、5社・計7件が明らかになっている。しかし自治体による催しについて調査する動きは北海道などを除き広がっていない。

 佐賀県が2005年に開いたプルサーマル説明会でやらせ質問があったとされる件では、県が事実関係を調べ始めたが内部調査だ。客観的な調査ができるだろうか。

 電力会社、国と自治体が一致して原発を推進してきた地域では、3者にもたれ合いが生まれ、説明責任を軽視するようになったのだろう。それがやらせの温床だ。

 だが原発の安全神話が崩れ環境は一変した。十分な情報開示がなければ電力会社の計画も イヴ けいた 自治体や国の施策も受け入れられない。

 やらせ問題の中途半端な幕引きは原発再稼働を遠のかせる。九電に限らず徹底調査が求められる。

イヴ けいた | 夢

October 19 [Wed], 2011, 15:02
夢をかなえた人には、共通点がある。その分野で揺るぎない自信を持っているだけではなく、自分の人生を語る時、 イヴ けいた とても生き生きとしていて、聞き手に元気を与える。最近、相次いでそんな人の講演を聴く機会があった▲一人は熊本県知事の蒲島郁夫さん(64)だ。家は貧しく、学校では落ちこぼれだった。高校を卒業して、農業研修生として渡米する。いったん帰国後、米ネブラスカ大に入学し、豚の精子の研究で修士課程を修了した。ハーバード大では政治経済学で博士号を取得する。日本に戻って筑波大と東大の教授を務め、08年の県知事選で当選した▲蒲島さんには三つの夢があった。政治家になること、小説家になること、阿蘇の大草原で牛を飼うこと、である。その中でも難しそうだった夢を見事に実現したわけだ▲「人生の可能性は無限大で、120%の努力で期待を超えることが大事。逆境の中にこそ夢がある」。度重なる苦難を乗り越えてきただけに、その話は心に響いた▲もう一人は昨年のノーベル化学賞受賞者で米パデュー大特別教授の根岸英一さん(76)だ。ノーベル賞を取ることは宝くじに当たるようなものかもしれないが、努力を積み重ねることによって、少しずつ確率を高めていく。そのうえで、個別指導してくれる師を自ら見つけ出すことが大切だという▲ イヴ けいた 2人とも大学で教えた経験を持つだけに、若い人たちへの期待を何度も口にした。今の若者は内向き志向が強いといわれるが、どんなことでもいい、まず夢を持ち、それに向かって一歩を踏み出すことから始めようという2人のメッセージをぜひ受け止めてほしい。

イヴ けいた | 秘蔵

October 18 [Tue], 2011, 13:59

「暮しの手帖」を創刊した伝説の編集者、故花森安治に「女だけの政治」と題する一文がある。戦後しばらくして書かれたが、もはや男の政治はダメだから女に任せてみよ、という論旨に古さはない▼いわく「(昔から)政治は男のやるものときまっていた。そして男たちは、ああでもない、こうでもないといろいろやってきたが、どうやってみたところで、戦争は次から次へとくりかえされるし、世の中の不合理は、すこしも改まらないのである」と。そんな花森がうなずくような、今年のノーベル平和賞だった▼贈られる女性3人のうち、エレン・サーリーフ氏(72)は西アフリカのリベリアの イヴ けいた 大統領。独裁やら汚職やらで「男たち」が荒廃させた国を立て直してきた▼約27万人が内戦で死に、失業率は85%、識字率4割という出発点から6年前に走り出した。汚職撲滅のために財務省の全職員300人を解雇し、同省や司法、商務などの大臣、警察トップに女性を起用した。「剛腕」とはたぶん、こうした人のことを言う▼自身、投獄された経験があり、その姿勢は「非暴力」に根ざす。「非暴力は人間に委ねられた最大の力である」とガンジーは言った。現職政治家ゆえ毀誉(きよ)も褒貶(ほうへん)もあろうが、現実を変える手段としての非暴力のパワーを信じたい▼ノーベル平和賞は栄(は)えある賞ながら、逆説的だ。不幸や不条理が大きいほど賞は注目され輝きを増す。受賞3女性の「銃なき闘い」が、平和賞不要の平和な世界につながるよう イヴ けいた 願う。

イヴ けいた | 恋歌

October 17 [Mon], 2011, 18:31
万葉集の相聞歌では、やまと言葉の「こひ(恋)」を表すのに「孤悲」を当てた例が30首ほどあるという▼歌人佐佐木幸綱さんは「恋する『われ』は一人ぼっちなのだ。古代人の恋に対する感覚を率直にあらわしている」と読み解いている(「万葉集のhttp://cyani6n8be.exblog.jp/"> イヴ けいた <われ>」角川選書)▼時は下り江戸末期、美貌の尼僧を突き動かした思いは、まさに「孤悲」とも呼ぶべきものだったのではなかろうか。後に良寛との相聞歌などを収めた「はちすの露」を著した貞心尼が五里(20キロ)の道を歩き、70歳の良寛を草庵(そうあん)に訪ねたのは、貞心尼30歳のときだった▼彼は詠む。<秋萩(はぎ)の花咲く頃(ころ)は来て見ませ/命またくば共にかざさむ>。−萩の花咲くころまた訪ねてらっしゃい。私が元気なら花を髪かざりに共に楽しもう。彼女は応える。<秋萩の花咲く頃を待ちとほみ/夏草わけてまたも来にけり>。−秋まで待てずに、またお訪ねしてしまいました▼この「年の差」恋物語は、渡島管内七飯町在住の作家新井満さんが当欄宛てに送ってくださった新井さんの新刊「良寛と貞心尼の恋歌」( イヴ けいた 考古堂)に教わった▼同封の手紙には「ケータイもPC(パソコン)もない時代に生きた二人の、ゆったりとおおらかで、激しくそして切ない恋歌を詠んでおりますと、新鮮な感動を覚えます」とあった。新井さん、心に染みる「秋の風」、いただきました。2011・9・29

イヴ けいた | 初となる地方選挙

October 13 [Thu], 2011, 15:23
◆【アラビア語紙】サウジ:建国以来2度目の地方議会選挙

2011年09月30日『アル=ハヤート』

【リヤド:フサーン・アブー・サラーハ】

サウジアラビア国民にとって建国以来2度目となる地方議会の誕生が目の前に迫っている。こうした中、国内各地で有権者の出足がさまざまとなった投票日を経て、5323人の立候補者は明日の開票結果を今か今かと待ち侘びている。

地方議会選挙における投票所への出足は午前中には鈍かったが、投票終了前の数時間の内に複数の地方、特に北部と南部の各県において比較的好調となった。反面、その他の地方では低調が続いた。

首都リヤドでは投票日を感じさせる光景はみられず、市街では通常通りの動きがみられるだけで、投票所にも目立った動きはみられなかった。最大の港町ジェッダでも同様で、投票所は静けさに満ちていた。候補者や監視員、選挙委員会のメンバーらは、出足が低 イヴ けいた 調に終わった理由として、サウジの公的な休日が木曜日であったことを挙げた。選挙総合委員会は明日の土曜、国内各県・地域に割り当てられた285の地方議会を構成する816人の候補者の名前を公表する予定だ。

一方で首都の西方300kmに位置するアフィーフ県の投票所は、投票所の入り口に大勢の有権者が殺到したために麻痺状態に陥った。同県の選挙委員会の要請を受けて治安部隊が救援に駆けつけるまでの4時間、投票の停止を余儀なくされ、投票時間は当初の予定の夕方5時から夜10時まで延長された。

また、部族や政治信条に基づいた連合に対する警告があったにもかかわらず、複数の県で部族単位の動きがみられ、特に同国西部のアッ=ターイフ県と南西部のビーシャ県ではその傾向がいっそう目立ったようだ。目撃者によると、有権者が集団となって投票所に押し寄せて自らの部族出身の候補者に票を投じたことで、一種の無秩序状態と違反行為がみられたという。

他方、「地方議会選挙を監視する国民評議会」は声明を発出し、「中部地域におけるさまざまな選挙区で監視員を通じて任務を遂行した」と述べた。同評議 イヴ けいた 会は監視員として500人以上の弁護士や技師のボランティアを各投票所に派遣し、監視員に対しては投開票において監視任務を遂行するための必要事項の指導が実施された。また同評議会は声明で「今回初となる地方選挙での監視任務は、選挙プロセスに対する更なる信頼と信憑性を生み出すことになろう。また監視員はあらゆる違反行為を監視し記録するのだから、改善すべき点や違反事項がもしあれば、それは明確となる」と述べた。

サウジ人有権者数は120万人に達する一方、候補者数は5323人に上る。これは、候補者1人当たり225人の投票者が存在し、5323人が地方議会における816の議席を争い、1議席当たり平均7人の候補者が存在することを意味する。

(翻訳者:川上誠一)

全文・原文を読む→http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/src/read.php?ID=24125

気抜けないフランス=ブラン監督に苦い過去―サッカー欧州選手権予選

October 12 [Wed], 2011, 15:50
来年ポーランドとウクライナで共催されるサッカー欧州選手権の予選が大詰めを迎える。11日で各組リーグ戦が終了し、自動的に本大会出場とな イヴ けいた る残り6チームとプレーオフに回る8チームが決まるが、D組首位のフランスにとっては、最後まで気を抜けない戦いになりそうだ。
 残り2試合で2位ボスニア・ヘルツェゴビナとわずか勝ち点1差。7日の試合はともに弱小が相手のため、D組1位の座を懸けて1差のまま11日の直接対決(パリ郊外)にもつれ込む公算が大きい。
 ブラン監督にはかつて小差を逆転された苦い過去がある。フランスは1994年ワールドカップ米国大会予選で、残り2試合で勝ち点1を奪えば突破という状況から敗退した。イスラエルに逆転負けし、ブルガリアとの最終戦では後半終了間際に勝ち越し点を奪われた。それだけに、 イヴ けいた 当時代表DFだったブラン監督は、欧州連盟公式サイトで「われわれは数字の計算はしない」と話し、目前の2試合に集中しようとしている。
 昨年9月の予選初戦でベラルーシに敗れた後は、親善試合も含めて13試合負けなしと好調だが、FWベンゼマ、MFリベリ、DFサニャら主力の多くを負傷で欠く苦しい状況。ブラン監督は「重圧をプラスに変えなくては」とチームを鼓舞している。 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えら ともき
読者になる
2011年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる