地球が静止する日を観て 

January 11 [Sun], 2009, 17:22

キアヌリーブスが出演するから、そこそこ期待して観にいきましたが、すごく残念な映画でした。


人類が進歩するにつれて進む環境破壊を止めるべくクラトゥ(キアヌ)が宇宙の代表として


地球に来て、地球を救うために原因である人間を滅ぼそうとする様でテーマは良いのですが、


環境問題の他に人類は変わることが出来るかというテーマも含まれていて、こっちが非常に


無意味になっていました。


だって、結果人類は何も学んでいないし・・・


キアヌは一体何をしに来た?という感じでした。


いい場面といえば、地球で生活できるように身体を一から造り変えてやって来たというのが、


以外と新しい感じがしました。


まあそれぐらいで後はなんとも・・・


突っ込みどころはたくさんありましたけどね。


期待を持たせて、箱を開けると空だったみたいな・・・


本気で暇な時に見るぐらいかな。


★新着洋画人気DVD情報キャッチ★