今日 

April 08 [Sat], 2006, 0:28
はなかなか平気だった。
昨日はちょっと緊張してたけど。
試写を見に行く途中、隣の島のKさんと一緒に行ったのだけど、
思いのほか緊張してたのか、上着を脱ぐとひじ近くまで汗がびっしょり。
無意識中なので、心の準備をしたくともできない。

天敵 

April 05 [Wed], 2006, 0:24
お腹が痛い。
と思ったら生理になった。
今日も朝から延々とオファー。
オファーの電話が一番緊張する。
最近ことばをうまく話せないときがあって、
慌てないよう一語一語くぎって言うようにしないと、
自分でも何て言っているのか分からなくなる。
ふとベトナムのことを思い出す。
ここ最近思い出す事はなかったのに、
ちょっとしたはずみで思い出す。
そのはずみが何なのか無意識なので分からないけど。
もしもう少し早く決断をすれば、今頃ベトナムで子ども産んで苦しむこともなかったのだろうか。。。
Aさんをたまに脅威に思う事がある。
彼女は何の悪気もなく、きっと何でも手に入れて行くのだ。
カレの話を聞いたときも思わずゾッとしたし。
「〜じゃん」ということばが耳障りだ。
なのに突然会話に敬語を織り交ぜる。大抵ため口だけど。
私は誰に対してもはっきりものを言えない。
やっぱり生理のせいか。
気持ちがとんがってしょうがない。
ペットボトルの水のせいか、コップのせいか、くさい。

春の嵐 

April 04 [Tue], 2006, 0:18
3月30日、初めて心療内科へ行く。
いくつかアンケートに答え、いざ診療へ。
簡単に悩みを伝え、治療方法について考える。
私はまた前みたくどうしようもなく落ち込むのが怖くて、
ここに来たのだが、
先生は自分は魔法使いではないし、医者としてまだまだみたいなことを言う。
これもカウンセリングの一環なのかよく分からないけど、
診てもらう私にとってますます不安というか、
心を開く事なんて到底できないと思った。
でも会社の人の紹介だし、悪い態度はつけないと、
とりあえず薬をもらって、病院に行けるときに行くことにした。
その日の夜初めて薬を飲む。
次の日、どう変わったか分からない。
4月1日の夜もう一度飲む。
次の日Aさんと仕事があるから。
彼女は前回の仕事から苦手意識が出て来てしまって、
ひとりの人間としては好きなんだけど、
なんだか自分のことを見透かされているようで、
思い過ごしかもしれないけど、ものすごく不安な気持ちにさせられる人。
その日は何とか持ちこたえられた。
そして今日。
午前中電話をして緊張して汗をかいたけど、ドバってほどでもなく、
とりあえず安心してゆっくりとした気持ちで仕事ができた。
でも夕方スタッフを決めるとき、
Kさんからきついことを言われるんじゃないかと思って、
一瞬心がざわめきたった。
夜はAさんとご飯へ行き、帰り別のグループに合流していっぱいだけ飲んだ。
そのあと一旦会社に戻り、また飲みの席に戻ったんだけど、
Aさんの「あれ、戻って来たんだ」という一言に、
外しかけたボタンをまたとめなおし、
やっぱり帰るといって帰って来てしまった。
私が戻って来たとき、Aさんだけじゃなく、
Aさんの反応のせいだったかもしれないけど、
なんとなく流れている空気が変わった気がして、
自分はそこにいるべきではないと思ったし、
なんだか悲しくもなったし。
これも単なる思い過ごしかもしれないけど、
こんな暗い気持ちじゃ楽しく飲めるはずもなく、
まわりにも迷惑をかけるだけ。
久々にこんなに不安な気持ちになった。
生理が近いせいだからだろうか。。。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blueriver
読者になる
Yapme!一覧
読者になる