ずーーーっと放置していましたが 

2010年05月25日(火) 21時49分
またヤプログ復活 

ブログタイトルも変えてみました。

ピンキーリングを楽しもう!」


ピンキーリング着けてるとお守りのようで、
安心できるんですよね。

だから、ジワジワと広めたいなと思いまして 

タイトルを変更しちゃいました。

今日の気づき 

2005年04月19日(火) 11時06分
本日ヨガの日。
今日のメニューは、代謝アップヨガ。 
仙人のヨガとも言われているそうです。

けっこう腹筋プルプルして、効いている!という感じです。
じわっと汗も滲みます。

私、左足でバランスを取るのがニガテなようです。

ヨガをはじめるまで、知りませんでした。

自分の身体なのに、知らないことって多いですよね。

ヨガを通して、もっと自分の身体を知りたいと思うようになりました。

今日はグッスリ眠れそうです。

奇跡から生まれた天然ダイヤモンド --- ジュエリーのお話 

2005年04月18日(月) 11時00分
ダイヤモンドが生まれるのに必要な条件。
 ☆数十億年もの歳月
 ☆地下100〜200キロの深さで燃えたぎる高温(マグマ)
 ☆巨大な圧力。 
  (新幹線なみの速さで地上に急上昇できないと、ダイヤモンドにはなりません。 圧力ないと炭素のままです)

奇跡的な条件が揃って、初めてダイヤモンドが生まれます。
その中で、宝石としての価値があるのはごくわずか。

こんな状況で生まれる石だからこそ、永遠の輝きなのかもしれません。

ダイヤモンドは日本で見つかるのか?

残念なから上記の条件が起こりえる場所がなく、現在の知識から判断すると「日本ではダイヤモンドは見つからないはず・・・」という結論に。


宝石クイズ!! 3択問題が10問 

2005年04月16日(土) 10時58分
今日は、『宝石クイズ』です。 3択問題が10問。 
この機会に宝石に詳しくなって下さい! 

では、クイズ・スタート!!
---------
Q1
和名が「ざくろ石」なのは?

1.ルビー
2.アメジスト
3.ガーネット

---------
Q2
とても稀少なレッドベリルの鉱床として知られるユタ州にある山脈の名前は?

1.キャーキャー山脈
2.ワーワー山脈
3.ピーピー山脈

---------
Q3
比重(重さを比較した値で、同じ体積で比較します)を小さい順に並べると?


1.シルバー<プラチナ<ゴールド
2.ゴールド<シルバー<プラチナ
3.シルバー<ゴールド<プラチナ

---------
Q4
緑柱石。薄い緑色ならグリーンベリル、濃い緑色なら?

1.ぺリドット
2.アクアマリン
3.エメラルド

---------
Q5
トルマリン、ショールといったら何色?

1.青
2.緑
3.黒

---------
Q6
透明のベリルをなんと言いますか?

1.ヘリオドール
2.ゴシェナイト
3.モルガナイト

---------
Q7
やや茶色がかったオレンジレッドの上質なシトリンをなんと言いますか?

1.アメトリン
2.マディラ
3.ルチレイテッド

---------
Q8
鉱物学的には全く同じであるコランダム、赤色だったらルビー、その他の色だったら?

1.トパーズ
2.エメラルド
3.サファイア

---------
Q9
和名が「尖晶石」なのは?

1.スピネル
2.ルベライト
3.カルセドニー

---------
Q10
多少の傷はつき物の真珠。この傷はなんと呼ばれている?

1.真珠のしみ
2.真珠のえくぼ
3.真珠のほくろ


答えは当店発行のメールマガジン「ブルームーン通信」にてお届けいたします

特技を思い出す 

2005年04月13日(水) 10時57分
テレビを見ていると、「すごい特技を持ったワンちゃん」が出ていました。

花咲かじいさんのポチのように、ワンちゃんが「ワンワン」と吼えると、その近くには必ず四つ葉クローバーが見つかるんです。

すごい!!と思いながら、思い出したことがありました。

店主ナカも、『よつば探し』が得意なんです。

テレビを見ながら、「ワンちゃんに負けないわ!」と本気で思ったくらい(笑い) 

不思議と見つかるんですよ。 パッと目に入ってくる感じです。

GWは実家(北海道)に帰省するので、よつば探しを楽しんでこようと思います。

特技を思い出させてくれたワンちゃん、ありがとう!

宝物 母から譲り受けた指輪  その指輪は・・・ 

2005年04月12日(火) 1時19分

画像の指輪は母から譲り受けた、わたしの宝物の一つです。

早くに亡くなってしまった祖父が、母にプレゼントした指輪。

母は若い頃、家を離れて働き、お給料の一部を家に仕送りしていました。

祖父はそのことをとても気にかけていて、ある日「一緒に買い物に行こう」と貴金属店に行き、指輪を買ってくれたのだそうです。 姉や妹に内緒でです。

母はとても嬉しくて、ずっと宝物にしていました。
(今でもその話をするときの母は、とても嬉しそうな表情になります)

そして、「お母さんにはもう派手だから・・・」と18歳の頃に譲り受けました。
祖父の形見です。 大事に大事にしまっていました。




ある日、気づいてしまったのです。 ニセモノだという事に。


模造品だという事はショックだったのですが、

<大>祖父から母への想い。 その大事な指輪を私にくれた気持ちは『本物』

私にとっても、母にとっても宝物です。


 

何故、この話をブログにアップしたかといいますと、昨日の日記に書いた「日本のジュエリー100年」展

まさに母から譲り受けた指輪とそっくりなものが展示されていたのでした。

昭和30年〜
当時、一般の女性にとってカラフルな指輪をつけることは最高のお洒落でした。 模造石もありました という旨の説明と一緒に・・・

日本のジュエリー 

2005年04月10日(日) 1時15分
日本のジュエリー100年展に行ってきました。
場所は、東京都庭園美術館。 本日が展示最終日でした。
最終日なので、激込み覚悟でしたが比較的ゆっくり鑑賞することできました。(皆さん桜を見に行ったのかもしれませんね)

名前のとおり、日本のジュエリーをテーマとした展覧会。

帯留め、かんざし、印籠、懐中時計、シガレットケース、ネックレス、指輪などなど。
目玉のティアラ(大正12〜13年)はほんとうに豪華で美しい。
ローズカットのダイヤモンド(16世紀から20世紀の初め頃まで流行したカット法)が光を受けて虹色に煌きます。

おもしろいなと思って見ていたのが『文明開化かんざし』。ラッパ、シルクハット、アンブレラの文明開化を象徴するものをうまくチャームにして、かんざしに仕上げてありました。 その遊び心がたまりません。

江戸時代は、かんざしの先に「耳かき」がついているんですね。

細工の凝ったジュエリーがありました。
平戸細工・・僅か0.数mmの18金の線を使い、指先の熟練した技だけで作り上げる繊細なもの。 いま私たちが見ても、ため息でる美しい細工でした。  その技法は現在に受け継がれています。

作品そのもの以外には、デザイン画なども展示されていました。そのキメ細やかなデザインに、驚くばかり。


美しいものをたくさん見ることができ、幸せに過ごした休日でした。

ゲルマニウム製品 価格差の謎 

2005年04月08日(金) 23時53分

今、すごく注目されているゲルマニウム。

ゲルマニウムの効果を調べてみると・・・

一定の温度で電気が流れる性質を持っている。
その温度は、ちょうど体温ほどで十分に作用し、体内に流れる生体電流のバランスを整えてくれ、不調を緩和してくれる。

食品にも入っているんですね
 ・朝鮮にんじん 250〜320ppm
 ・アロエの葉 77ppm など

ゲルマニウムのブレスレットが注目されていますが、何故価格がすごく違うのでしょう?

ゲルマニウムは高価なので、たっぷり使っているものは必然的にお値段もアップします。

実は、私も安価なゲルマニウムブレスレットをお試し中でした。

「実は、効き目が分からないんだよね」と私
「分かるはずないよ。 それ、ほとんどゲルマニウム入ってないもの」

何ですと!! 

成分分析の結果の結果を教えてもらうと・・・ 
ゲルマニウム検出されず(涙)

その理由は・・・

すごく微量のゲルマニウムを大量のエポキシ(樹脂のことです)に入れて、ブレスレットに接着します。

すると・・・ エポキシに対してのゲルマニウムの量が、とっても少なく成分検査してもゲルマニウム反応が出ない・・・という事があるのだそう。

成分検査で反応が出ないほど、微量のゲルマニウムが入っているという事です。

店主ナカ、がっくり。

今度こそ、自分の体でゲルマニウム効果を体感しようと思い、成分検査でゲルマニウム反応が出るブレスレットを購入しました。

画像は、ゲルマニウム原石です。

人気ですファイブ・ドッツ(サンタマリアアフリカーナ) 

2005年04月05日(火) 0時00分
新商品ではないのですが、最近とても人気の指輪をご紹介いたします。
Blue Moonオリジナルリング『ファイブ・ドッツ(サンタマリアアフリカーナ)』です。

サンタマリアアフリカーナは、
モザンビーク産のハイクォリティ・アクアマリンで、色濃く少しグレイッシュな色が魅力のアクアマリンです。

小粒ですが上質のアクアマリンを5つ並べて留めました。
石を際立たせたかったので、爪は1つの爪で2つの石を留める「共有爪」です。 
色・照り・透明感にこだわって、石をセレクションしています。

手前みそなんですが^_^;、本当にかわいいんですよ(笑)
いつも「あー、かわいい」と呟きながら検品しているので、職人は笑っています。 

ターコイズ・ピアス入荷しました 

2005年04月03日(日) 22時10分

流行中のターコイズ。
ターコイズアクセサリーというと、シルバーと合わせたものが多いですね。

『上品&さりげない存在感の大人テイスト』のターコイズピアスが欲しいと思い、作ってしまいました。


地金はK14ホワイトゴールド。

海・空を感じるターコイズは、しずく型(ペアシェイプ)。 つるんと丸みを帯びたカット。(カボションカットといいます)

ターコイズの周りをホワイトゴールドがグルリと囲んでいて、つるんとカットされた石の可愛らしさを強調しています。

ブルーのしずくに寄り添うのは、グリーンガーネット。
キラキラ感強く、何ともいえないライムグリーンの輝きの石を選んだのがBlue Moonのこだわり。

4月10まで期間限定! おトクプライスでお届けいたします。

ターコイズは幸運と成功のシンボル。
しかも、自分で買うより、人からプレゼントされたものの方がより高い幸運をもたらすと言われているます。

この際、おねだり大作戦もアリ?
(私は自分で買っちゃいましたけど・・・・ね)