男児ご出産おめでとうございます。 

September 06 [Wed], 2006, 8:27
紀子様、ご出産おめでとう御座います。
「初の女性天皇の話題」が持ち上がった頃を懐かしく思いつつも
心よりお慶びを申し上げます。

ドール 

August 31 [Thu], 2006, 23:16
スーパードルフィー並にリアルで可愛いグレーテルを購入します。

10月下旬なのだけれど、とっても楽しみ!!!

嫌いな言葉 

July 31 [Mon], 2006, 18:46
生理的に嫌な言葉ってあるんだ。

「キモイ」「○○じゃね?」

綺麗な日本語だとか薀蓄をたれる気は無いけれど、どうも
この2つは特に嫌いだな。

QUEENにハマってみる 

July 20 [Thu], 2006, 11:46

QUEENはCMでも流れているし皆、知っているよね。
去年、買ったベストヒットを今は車内でエンドレス。特に好きな
Killer queenの歌詞を載せるね。正しいはず、多分…。

↑欲しいならクリックでAmazoneへ。

「Killer queen」
She keeps Moet and Chandon in her pretty
cabinet 'Let them eat cake' she says, just
like Marie Antoinette.
A built in remedy for Khrushchev & Kennedy
& anytime an invitation you can decline
Caviar and cigarettes well versed in etiquette
Extr'ordinarily nice

She's a killer queen gunpowder gelatine,
dynamite with a lazer beam
Guaranteed to blow your mind... (anytime)
Recommended at the price Insatiable an
appetite (wanna try?)

To avoid complications, she never kept
the same addressIn conversation, she
spoke just like a baroness
Met a man from China went down to Geisha
Minah
Then again incidentally if you're that way
inclined
Perfume came naturally from Paris (naturally)
For cars she couldn't care less, fastidious &
precise

She's a killer queen gunpowder gelatine
Dynamite with a lazer beam, guaranteed
to blow your mind (anytime)
Recommended at the price, Insatiable an
appetite (wanna try?)

Drop of a hat she's as willing as a playful as
a pussy cat
Then momentarily out of action, temporarily
out of gas
To absolutely drive you wild, wild She's out
to get you
She's a killer queen gunpowder gelatine
dynamite with a lazer beam, guaranteed
to blow your mind (anytime)
Recommended at the price, insatiable an
appetite (wanna try?)


歌詞と裏腹に穏やかな音楽だ。

取り返しがつきません 

July 17 [Mon], 2006, 19:46

これってどうするの?


















こうするらしい…。

歩行者優先の疑問 

July 10 [Mon], 2006, 18:40
車を運転していると、交差点で右左折する時って
あるでしょ?
で、その右左折する横断歩道に歩行者がいたら止まり
ますわな?そこまではいい。

けれども、歩行者たるご老人が「ひ!止まって下さって
すみません急いで渡りますから!」
みたいな感じで
急ぎ足になってしまう場合が多くて「うわ…、なまじ停止
しない方が良かったんだろうか…」と罪悪感にかられる

皆さんはどう?

COME ON TO MY HOUSE 

July 07 [Fri], 2006, 17:55
物語メシとは何ぞや?
つまり、小説やドラマ、映画、漫画などに登場する食事
事。例えば、読んでいる本にラーメンが出てきたら、突然
ラーメンが食べたくなる時ってあるでしょう?
そういう訳で、物語メシを自己流に作って食べた感想等を
ちょこちょこ書いていく事にする。

栄えある第一回は故・森瑤子の「デザートはあなた」の
一話に登場する牛の胃袋のポモドーロ風味煮込み
材料:牛の胃袋(手に入れ難いので豚モツで代用)200g
ホールトマト1〜2缶・コンソメスープの素1〜2個・一味唐辛子
にんにく数片。(濃い味が好みなら醤油など調味料)

@鍋にお湯を沸かし、沸騰したらコンソメスープの素を入れて
豚のモツも投入。
A茹ってモツの色が変わったところで、あくを取り除きホール
トマトを入れる。同時に、たっぷり一味唐辛子を入れる。
B1〜2時間、モツがとろける程やわらかくなるまで煮込む。
また、味が薄かったらコンソメスープの素を足すか、醤油で
味を調えてできあがり。熱々のところをいただく。

感想:辛味と酸味で美味しい!今度は牛の胃袋で是非に
試したい。トマトに拘るなら、お湯ではなくトマトジュースで
煮込むとなお良い。