2014 所感

January 03 [Fri], 2014, 2:49
ブログは久しぶり。twitterにも書いたことをコチラにも転載。

思いつくこと、つぶやいて寝よう。90年代、ファッションのように音楽を聴いていた人たちは、今の華原朋美の歌声を聴いて何を思うんだろう。自分はあの頃、小室哲哉の才能と活動と音楽に惹かれて、彼のプロデュース作品に付くTKマークを探して歩いていた。

だけど、音楽を好きになればなるほど、方法論や見せ方だけじゃないことに気付く。見え方がいいことに越したことはないだろうけど、やっぱり音楽の本質を追いかけたくなった。
感じ方は多種多様、十人十色。自分の耳で、自分の感性を信じて、信頼できる人や物を見極める力を身につけたいと思った。

でも、なんだか世の中とのズレを感じる。むしろ世の中とは何だろう。多様化する世界の中で、どう物を考えて行くか、時代は考えに追いつかない程、早い長さで流れていることに気付いたのは、だいぶ経ってから。見落としていた美しい物に後で気付くばかり。

でも、そんな見落として来て美しい物が、さらに輝きを増して戻って来てくれる喜びも楽しむことができる、そんな素晴らしい時代に生きていられることも嬉しい。

いつからか追いかけることから探すことに変わっていた気がする。今年も、いろんな物事を、本質のあるものを探していきたい。

振り返ることを何度もしていた20代前半。むしろ前に進むことが怖くて後ろばかり見ていた。だけど、20代後半になってからは良くも悪くも大人になったのかな。忙しさに流されて、生活に流されて、振り返ることもさほどなかった。

ただ、ここにきて過去に向き合うきっかけが多かった。いいことも悪いことも。自分の人生、どう流れるかわからない。人生、どうなるかわからない。

だから、これまでよりはやっぱりワンステップ上に行きたい。そのために何をすべきか、探さなきゃ。仕事も生活も音楽も、全てワンステップ上に行かなきゃ。

てなことで、2014年は「探す」ことをテーマに頑張りますかね。

高校時代の日記なんかを読み返したり、昔のBlogの記事に触れる機会があったので、なんか今日は書いてみました。

MUSIC AWARD 2013

December 26 [Thu], 2013, 2:50
今年もいよいよ暮れて参りました。
毎年恒例の1年の音楽の総決算!
2週間くらいかけてちょいちょい書いた長文なので興味の無い方はスルーしてください。
今年も永井 宏さんの様式を拝借!一部改変!
では、いってみましょう!

☆今年買った・レンタルしたアルバムCDベスト10

I僕らの平成ロックンロール 2/高橋優
1曲目の「ボーリング」に共感してレンタル。衝動性みたいなものが言葉にも音にもあって、トゲトゲした気持ちを乗せてどこかへ飛ばすのにはもってこいだった。ただ、1曲目以外はどうだかなぁ・・・。

Hハウスウォーミング/YeYe
教授のオーケストラ公演の際に渋谷のタワレコに行って購入。渋谷タワレコかネット販売でしか売ってない限定もの。「Rainbow Connection」のカヴァーが良い。

GHyper Fleeting Vision/Mergrim
ハウスウォーミング購入時に衝動買い。エレクトロニカ。細かい音使いとかかなり参考になった。勉強用。

Fwatch the music/trf
久々に小室哲哉の音とコーラスが聴けたのが面白かった。「EVERYDAY」が90年代っぽいメロディとか構成で良かった。

Eうたびこ/青葉市子
思い返せばお正月の坂本龍一のラジオで聴いてすごくいいなぁと思ったんだっけ。最初は大貫妙子+坂本龍一の「3びきのくま」のカヴァーが入ってるくらいに思ってたけど、クラシックギター一本でこんなに奥深い音楽と透き通った歌声を響かせる、若いアーティストの存在感にビックリした。「奇跡はいつでも」「かなしいゆめをみたら」「IMPERIAL SMOKE TOWN」・・・どれもいい曲。

DHUE CIRCLE/YeYe
2011年にデビューアルバム『朝を開けだして、夜をとじるまで』から、上記のEPを挟んで、ついに2nd albumを出してくれました。Ustreamでデビュー前から何度か演奏を聴いていて、絶対これはいい!と思っていただけに、2ndも1stでわからなかった彼女の魅力がたくさん発見できた♪

CPlaying the Orchestra 2013/坂本龍一
ごく最近買ったアルバムが4位w。これは今年5月のオーケストラ公演のライブアルバム。自分が行った日のトラックがほとんど!長らく妄想していた「Castalia」「Aqua」のオーケストラヴァージョンが音源化されただけで満足。他にも「Amore」やもちろん「Merry christmas Mr.Lawrence」「Last emperor」も収録。ダイナミックかつ繊細なオーケストレーションで、たまらない。

BHeavenly Music/細野晴臣
心穏やかに耳に馴染む音作りで、そして低く温かい声でカーペンターズの名演で知られる「Close to you」とかもうのっけから心が緩む♪でも最後の「Radio Activity」のカヴァーはひりひりしていて、やっぱ音楽の神々は違うなぁ、と。分析し始めると奥が深過ぎてよく分かんなくなるw

AStranger/星野源
先日、完治したという一報が入って胸をなで下ろしましたが、リリース今年だったんだぁ。倒れる前に出来上がっていた作品ですね。冒頭の「化物」「ワークソング」がいい!シングル曲もいい!個人的に一番好きなのは「季節」。

@sakanaction/サカナクション
なんだかんだ言って、今年もこればっか聴いていたなぁ、という感想。完全にダンスミュージックにシフトしたような感じで嬉しいようなそうじゃないような・・・。という気持ちを蹴飛ばすくらい、いろんなダンスミュージックのエッセンスが詰まってる作品。でもバンドサウンドが完全に息をひそめた訳じゃないっていう、変なバランスで成り立ってる作品な気がする。捨て曲なし!「ボイル」「なんてったって春」がアルバム曲としては好き♪

☆今年買った・レンタルしたシングルCDベスト3

B地獄でなぜ悪い/星野源
DVD目的で買ったけど、相変わらず難しい曲作るなぁ、とか、それなのにポップな仕上がりって、スゴいなぁと。

AThoughts/LUNA SEA
久々にLUNA SEA!っていう曲を聴いた気がする。このスピード感、世界観が好きだなぁ。

@Voice/androp
ついに決定打となりそうな楽曲をぶっ込んで来たか!と歓喜したシングル。彼らのライブアンセムになりそう!これはライブで聴いてみたい!彼らのアートワーク、ライティング、そして演奏レベルの高さはもっと認知されてほしいな。

☆今年買った音楽DVDベスト3

B地獄でなぜ悪い 初回限定特典DVD/星野源
相変わらず特典DVDが濃い!濃い!

ALIVE DVD "one and zero" @Tokyo International Forum Hall A 2013.03.30/androp
昨年出たアルバム「one and zero」のツアーDVD。この人たちのライブはBDで出してほしかった。「Human facter」って曲の演奏時にバックに重なる映像とライティング、楽曲の展開がとっても良かった!

@SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction -LIVE at MAKUHARI MESSE 2013.5.19-/サカナクション
幕張メッセは前作「DocumentaLy」でちょっとトラウマだったから、今回は映像作品で楽しむことに。「バッハの旋律を夜に聴いたせいです」の原型を留めないremixとそのラップトップスタイルの変化が面白かった。やっぱ「夜の踊り子」と「ホーリーダンス」演出も含めてよかった。WOWOWでカットになったサカナクションの裏にあたる楽曲群がやっぱツボでしたね。「multiple exposure」〜「mellow」の流れとか最高だったなぁ。あと「ボイル」のサビ前のコーラスアレンジがライブならではで鳥肌が立った。

☆今年買った・レンタルした旧譜作品

「はっぴいえんど」/はっぴえんど
「GROOVE GEAR 2」/TM Network
「I(Ai) Off Course All Time Best」/オフコース

「はっぴえんど」、聞き逃していたんですねぇ。「GROOVE GEAR」はレア音源集。ポロっと入手できたんですが。オフコースはなんだか車の中でよく聴いていたなぁ。


☆ダウンロードトラックベスト3

BKizunaworld(2012_12_16 Shizuoka)/Ryuichi Sakamoto
AHappy End(2012_12_18 Akasaka ACT Theater,Tokyo)/Ryuichi Sakamoto
@Yae no Sakura(2012_12_19 Akasaka ACT Theater,Tokyo)/Ryuichi Sakamoto
おまけ:22世紀への架け橋/小室哲哉 VS ヒャダイン
何かとせわしなく、1月に出た教授のトリオ編成のライブ音源もゆっくり聴いた覚えがあまりない。その中でも印象に残っているのが上記3曲。おまけは最近出た色物w。小室哲哉が90年代に音源をプロデュースしたシンセサイザー「EOS B900」を使い、小室さんのファンだったヒャダインが愛用していた実機を持ち込んで作った曲。小室さんの声はしかしなぁ、こっちが勇気をもらえるw。


☆ダウンロードアルバムベスト

Ryuichi Sakamoto l The best of THREE live in Japan & Korea
このアルバムしかダウンロード購入してなかったんですねぇ・・・。
バリエーション豊かで曲数多し。てか、教授は自分のライブ音源は太っ腹販売してくれるよなぁ・・・。

☆今年再生の多かった楽曲ベスト5

D化物/星野源
CYes NO/オフコース
Bボイル/サカナクション
AINORI/サカナクション
@ミュージック/サカナクション

通勤の車内ではサカナクションが多かったなぁ・・・。オフコースもかなり聴いていた記憶が。でも星野源の「Stranger」も随分聴いていたなぁ。「季節」とかも再生回数多いぞ。

☆今年聴きそびれたアルバムベスト5

DJoy - schole compilation vol.3 -/V.A.
Cel esperanka/Serph
BLIFE ANEW/高橋幸宏
A0/青葉市子
@A WILL/LUNA SEA
「あー、聴きそびれたぁ!」という思いが強い順のランキング。LUNA SEAの新譜は早く聴きたい、でも青葉市子の新譜も・・・。@Aはほぼ同着っす。エレクトロニカの類いもあんまり聴けなかったなぁ。タワレコでどれを買うか悩みまくったのを思い出す・・・。

☆今年行ったライブベスト5

DSAKANAQUARIUM 2013 sakanaction
年度末という微妙な時期で本気で楽しめなかったことが悔やまれるんだけど、仙台でホール公演で聴くサカナクションは快適で自由に踊ってられました♪「mellow」とか「なんてったって春」とかのあまりテンポ早くないのに踊れる曲が、すごい気持ちよかった!

C小田和正「その日がくるまで」
思えば小学校の時に初めて音楽を意識して聴いた「ラブストーリーは突然に」を生で聴ける日が来るとは・・・(泣)
他にも「Yes-Yes-Yes」とか、挙げたらきりがない!しかし、客席飛び込んで走りながらあの高音出して・・・。超人!「Yes No」が「自己ベスト」収録のスローなアレンジだったのが、個人的には残念。オフコースのヴァージョンの方が好きなんだよなぁ。

Bレキシツアー〜今回は遺跡に行けるのですか?〜 仙台公演
手を振りすぎて筋肉痛になるでもなく、首を振って首がおかしくなる訳でもなく、笑いすぎて腹と喉が痛くなる、初体験の世界でした。しかし演奏力高し!笑いも音楽も濃かった!「狩りから稲作」「きらきら武士」「墾田永年私財法」などなど、楽しかったぁ。「LOVE弁慶」の「USHIWAKA」コールが腹抱えて笑ったなぁ。袴Tシャツゲットw

A細野晴臣×坂本龍一
下にも書くけど、WORLD HAPPINESS 2013のYMO不完全燃焼感を拭い去るどころではない、プレミアライブでした。YMO散開前は不仲だった2人が菜を連ねて公演をするのは初(数曲の共演は昨年が初)。まさかの2列目坂本龍一側で見れたんだけど、もう夢見心地でしたね。細野&坂本ナンバーに加え、ゲスト:高橋幸宏によって、生バンドYMO(ピアノ、ベース、ドラム)という夢の編成。何度も妄想したシーンが現実に!生演奏のYMOってのはないねぇ。名曲「RYDEEN」もピアノで披露!1日に教授のピアノソロ、細野さんの歌声、幸宏さんのドラムとYMOのナンバーが聴ける贅沢すぎるライブでした。

@Ryuichi Sakamoto Playing the Orchesra 2013
これは、1997年の公演を音源だけで知っていた身としては感無量と言わざるをえない公演でした。
よく考えたら生のオーケストラ聴くの初めてだったし。あの生音のスケールの大きさに、そしてなじみの楽曲から最近の曲がオーケストレーションされて響くわけですよ・・・。八重の桜のテーマをオーケストラで、そして続けて演奏された「Merry Christmas Mr.Lawrence」でも号泣でした。あと、ピアノコンサートではラストの曲として知られる「aqua」もオーケストラで、教授が指揮をして聴かせてくれました。沁みたなぁ・・・!

他に今年参加したライブは、WORLD HAPPINESS 2013、フェスティバルFUKUSHIMA 2013、YeYe HUE CIRCLE tourでした。ワーハピはYMO不完全燃焼って感じが大きいかなぁ・・・。スネークマンショーは貴重だったけど。清水ミチコさん、矢野顕子さん、幸宏さん、そしてレキシが全部持って行ったような印象w。YeYeの仙台公演は、やっと生歌が聴けて嬉しかった。初めての全国ツアーですごい小規模なライブ(カフェで!)だったから、貴重な体験だった。

☆今年行ったライブベストアクト5

I「Yes-Yes-Yes」/小田和正「その日がくるまで」
H「狩りから稲作へ」/レキシ@WORLD HAPPINESS 2013
G「セラピー」/矢野顕子@WORLD HAPPINESS 2013
F「ラブストーリーは突然に」/小田和正「その日がくるまで」
E「ボイル」/サカナクション SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction
D「RYDEEN」/細野晴臣×坂本龍一@ROPPONGI EX THEATER
C「Aqua」/坂本龍一 Playing the Orchestra 2013
B「mellow」/サカナクション SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction
A「Merry christmas Mr.Lawrence」/坂本龍一 Playing the Orchestra 2013
@「Yae no Sakura」/坂本龍一 Playing the Orchestra 2013

非常に甲乙つけ難いんですが、このような順位に。
オーケストラ公演の八重の桜のテーマで号泣したもんなぁ。
サカナクションの「mellow」はローテンポでも超気持ちよく踊れるので最高だった。
5位くらいまではほぼイーブンです。生バンドYMOの「RYDEEN」なんて妄想を、現実にやられると思わなかったw

☆今年ゲットした直筆サイン
8月15日のフェスティバルFUKUSHIMA。
3年連続で坂本龍一さんにお会いでき、今年はサインを頂戴しました!
家宝でしょ!家宝!

☆作詞賞
 サカナクション 山口一郎/「ミュージック」
歌詞という機能、形態だけでなく、歌詞カードを読むと「詩」としても楽しめる。こんなの書き上げてしまうんだから、この人はスゴい。毎度産みの苦しみが壮絶(汗)だけど、新曲も早く聴きたい、読みたい。

☆作曲賞
 坂本龍一/「八重の桜 メインテーマ」
自分の故郷を舞台にした大河ドラマを、自分が一番好きなミュージシャンがテーマ曲を書いてくれるなんて、なんという幸福だったんでしょう。毎週日曜日、教授の曲がテレビから流れる喜び。夏に坂本教授にお会いした時に「八重の桜のテーマ曲、書いてくれてありがとうございました」と言えたのもいい思い出。

☆編曲賞
 androp/「Voice」
バンドの演奏力の高さもさることながら、この曲の展開には唸った!シンセもいいバランスで入っているし、ベースがまたいい。ラストのサビのメロディの崩し方も秀逸!やられた!

☆ミュージックビデオ賞
 YeYe/パレード
1stとはがらりと雰囲気を変えて、長回しで撮影されたこのPV。素朴さが何とも言えないけど、構成も面白い。

☆アートワーク賞
 星野源/「Stranger」
青や緑の水彩絵の具を散らした様なジャケット、なんか好きだった。

☆新人賞
 きのこ帝国/海と花束
ナタリーのプッシュでPV視聴して、気になってるバンド。演奏は熱があり、ボーカルの落ち着いた声とのギャップというか、混ざり具合がいい。最近、張ってる声とかより、優しいというか、落ち着いた声の曲が好きだなぁ。

☆特別賞
 華原朋美
祝、復活!当時より全然歌声がいい!声が出てる!抑揚もすごい!小室哲哉との15年ぶりの共演には泣かされた。

☆ベストアーティスト賞
 サカナクション
アルバム、なんだかんだで今年ずっと聴いていたなぁ。幕張のライブBDも良かった。ただ少しリリースが少なかったのがねぇ。

☆大賞
 坂本龍一
今年も大変お世話になりました。Trio Tourの音源からオーケストラ公演、ワールドハピネス、フェスティバルFUKUSHIMA、そして年末の細野さんとのライブ。

◎今年重大音楽ニュース
・3年連続!坂本龍一がフェスティバルFUKUSHIMAに参加。今年はサインを頂きました!
・小室哲哉と華原朋美が15年ぶりにFNS歌謡祭で共演!
・YMOの演奏をまさか前から2列目で聴いた!
・自分のユニットseventh drop、アルバム制作と初ライブ!

◎総評
 今年はよっぽど音楽聴けなかったなぁ、と思いました。車の中かライブで聴いていた感じもします。
 でも、中身は充実していたなぁ。気になるアーティストはみんな新譜をだし、ワーハピや小田和正のコンサートで80年代を追体験できたし、教授や細野さんの音楽もガッツリ生で聴けたし。YeYeのカフェライブも初体験だったしね。
 今年の傾向としては、生楽器の音に惹かれていたような気もします。でもサカナクションをはじめ、ダンス系やエレクトロニカのアーティストの曲もけっこう聴いていたのかな。
 なんかライブ的には満足感が大きいんだけど、新しい曲と言うか、新しい衝撃みたいなものに関しては満たされない感じがあります。インパクトのある新人を期待したいなぁ。というか、自分のアンテナもあんまり機能していなかったか、とほほ。
 しかし、今年も振り返ってみると、長かった様な気がしますなぁ。
 今年はみなさん、どんな音楽を聴きましたかぁ!?

MUSIC AWARD 2012

December 28 [Fri], 2012, 15:43
さて、毎年お送りしております、私的MUSIC AWARD!
今年も炉炉さんの様式をベースに書きなぐってみたいと思います。

関係ないけど、最近BlogもFacebookも文量が多い!
ていうか、他の人が短い?

どうでもいいや、では行ってみたいと思います。

◎CDシングルベスト5

@サカナクション/夜の踊り子
A星野源/夢の外へ
Bサカナクション/僕と花
CTMNetwork/I am
D星野源/フィルム

次点は
E星野源/知らない
Fandrop/Boohoo / AM0:40 / Waltz
でした。
けっこうシングル買ってたのね今年。といってもサカナと星野源ですが。   
サカナクションのシングルは1曲目はもちろん良いんだけど、2曲目がスルメばかりでスゴい。
「ネプトゥーヌス」「multiple exposure」どっちも3連の曲だけど、本当にいい。
TMNetworkの久々の新曲も、小室哲哉渾身の一曲な感じで、特に歌詞が好き。

◎CDアルバムベスト10

@七尾旅人/リトルメロディ
A坂本龍一/THREE
Bレキシ/レキミ
C木根尚登/キネバラ
DYUKI/POWERS OF TEN

次点はaccess/Secret Cluster。
なんだかんだで車では「リトルメロディ」ばっかり聴いてました。
年末は「THREE」ばかり聴いていましたが。
仕事の行きは「レキミ」で帰りは「THREE」っていう。スゴい落差w
「キネバラ」は春頃によく聴いていましたね。
「子どもが生まれる!早く来い!」っていう状況で流れてたのもキネバラでしたね。


◎音楽DVD&Blu−rayベスト5
@サカナクション/SAKANAQUARIUM 2011 DocumentaLy -LIVE at MAKUHARI MESSE-
ARyuichi Sakamoto/Trio Tour 2011 in Europe
BTM NETWORK/TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-
C星野源/フィルムのビデオ(「フィルム」初回盤特典DVD)
D星野源/夢の外への中へ(「夢の外へ」初回盤特典DVD)

次点は
V.A./commmons schola: Live on Television vol. 1 Ryuichi Sakamoto Selections: schola TV
サカナクション/SAKANAQUARIUM 2012 ZEPP ALIVE(「夜の踊り子」初回盤特典DVD)
の2作。

ブルーレイは音も映像も本当にキレイだということを実感した年でもありましたね
サカナクションは昨年の幕張ライブ、あんまり体調よくなかったから余計アーカイブという意味でもよかった。
ニンジャーライトの活躍やオイルアート、バッハダンスなんかもちゃんと収録されててGood。

そして教授のEU Tourのブルーレイ。これは年末のJapan Tourでのパンフに同梱。
ていうかおまけな類いではなく、ちゃんとしたライブ全編を収録。
「Happy End」のアレンジがはっきり変わる前のバージョンを収録しているので、その違いが楽しめる。
今回のJapan Tourも映像化が待たれますなぁ。

あ、今年からCDに付いているDVDも加えております。
星野源のおまけビデオは70分というボリュームもさながら、編集も音楽も笑いも最高に盛り込んであって、かなり楽しかった。
似た様なことやりたくなるよね、これはw

◎ダウンロードトラックベスト10

@宇多田ヒカル/桜流し
A禁断の多数決/透明感
BFire Bird/ Yellow Magic Orchestra
CMOP OF HEAD/Retronix Symphony
DMEG/Still Love Her(失われた風景)[JPN VER.]

次点は壱岐尾彩花/GLOWING 久々の小室フルプロデュース!
「桜流し」はエヴァの公開日に突如情報解禁&デジタルリリースだったもんな。
これは本当にやられたな。この曲で見に行くの決めちゃったもんねw
禁断の多数決、アルバムも聴きましたが、やっぱこのトラックが飛びぬけて面白かった。
YMOの新曲は昨年のWORLD HAPPINESS 2011のライブトラック。
あの日にしか演奏されてないですね、今のところ。

◎ダウンロードアルバムベスト3

@yoshinori takezawa/Dream Line
ATotally Enormous Extinct Dinosaurs/Trouble
B該当無し

今年はあんまりアルバムでは買ってなかったんですね。
1位の「Dream Line」はダントツでした。Schole Recordの作品はこれからも注目したい。
特に「Corriente」って曲がとても良かった。


◎今年のライブベスト5
@Ryuichi Sakamoto Trio Tour 2012 Japan & Korea @ Akasaka ACT theatre -2012.12.19-
ANO NUKES 2012 Day 1 -2012.7.7-
Bロックの学園in東北 サカナクション @東北文化学園大学 -2012.10.21-
CTMNetwork / Incubation period day 2 -2012.4.25-
Dくるり×細野晴臣東北ツアー @仙台Rensa -2012.10.10-
E七尾旅人 リトルメロディツアー @郡山HipShot Japan -2012.10.19
Fサカナクション ZEPP ALIVE 2012 @Zepp Sendai 2012.6.8
GFOR THE REST 大学 LIVE アン・サリー/細野晴臣 -2012.4.1-
Handrop one-man live tour "angstrom 0.5 pm" -2012.10.25
I該当無し

今年は9回も行っていたんだ!
過去最高の年じゃないだろうか・・・。
先日のTrioツアーは高校時代以来待望の編成でしたので、もう本当に良かった。
NO NUKES 2012もYMOだけでなくクラフトワークも拝めましたし、the HIATUSもカッコ良かった。
サカナクションでZepp Sendaiは見納めに鳴ってしまいましたが、その後母校にロックの学園で来てくれるっていう嬉しい偶然も!
あと、中学校の自分が聞いたら腰抜かすと思う、初の™の武道館ライブ。生の小室哲哉のパフォーマンスに興奮。
何気に細野さんの演奏何回も聴けたんだね♪FOR THE RESTは今年だったんだって感じでw
七尾旅人さんのライブはもう音楽への喜びに満ちた感じがあって、また行きたい。
andropも初めて見たけどライティングとかも良かったけど、演奏がきちっとしていた印象。

星野源のライブとLa'cryma Christiの15周年ライブ、accessの20周年ライブと、あと今年はWORLD HAPPINESS 2012に行けなかったのが少し心残りですが。

◎ベストライブテイク5
@坂本龍一/Merry Christmas Mr.Lawrence@Ryuichi Sakamoto Trio Tour 2012 Japan & Korea
A細野晴臣/Gradated Gray@くるり×細野晴臣東北ツアー仙台公演
Bサカナクション/目が明く藍色@ロックの学園in東北
CYellow Magic Orchestra/Rydeen @NO NUKES 2012 day1
Dサカナクション/夜の踊り子@ロックの学園in東北

ライブテイクも挙げたらきりがないですな。
細野さんのベース弾きながらの「Gradated Gray」カッコ良かったなぁ・・・
あと、サカナクションが久々に、しかも母校の体育館でやってくれた「目が明く藍色」
YMOのRydeenもノリが年々増していくのに痺れますな。
TMNetworkの「Nervous」もカッコ良かったな。


◎私的音楽ニュース5

@坂本龍一さんと再会&奇跡の共演(と言っていいのか)@フェスティバルFUKUSHIMA
Aサカナクション山口一郎さんと握手&サインゲット!
B細野晴臣さんの神ベースを眼前で!
C七尾旅人さんと一緒に写真、からのリトルメロディツアーに行って最前で感動!
DLa'cryma Christiやaccessのメモリアルイヤー

なんと言っても今年も坂本龍一さんにお会いできたのが最高の思い出です。
けっこうお話もできたし・・・。
一緒にテレビに映り込んでて教授のピアニカと私はガットギターで共演みたいに見えるしw
そして、年末のコンサートではいつものイントロの前にTrioならではの付加された部分で
?となってからのいつものイントロに涙腺崩壊!完全にやられました。
来年の大河ドラマ「八重の桜」のテーマ、Trio編成で聴きましたが、ヤバいです。

あと、山口一郎さんとZEPP ALIVEの後にまさかのサイン会で握手&サインという幸運に恵まれました。
細野さん&くるり、七尾旅人のライブ、どっちも一番前で見れちゃうし、


◎今年リバイバルした音楽
・TMNetwork
まさか武道館ライブ行けるとはね。
SONY楽曲がiTunes Storeで解禁になったのも嬉しい出来事。
小室哲哉さんご苦労さまです。

◎今年一番私が印税貢献したと思うアーティスト
・サカナクション
シングル2枚とライブ2回ですが。

◎作詩賞
・サカナクション 山口一郎
このところ不動ですね。
特に「multiple exposure」の詩が良かったです。

◎作曲賞
・坂本龍一
教授に受賞なんて恐れ多過ぎますがw
「八重の桜」のテーマ、あれ鳥肌ものですよ。
あと、ライブで初演された「shizen no koe」も良かった。

◎編曲賞
・サカナクション
こちらもカップリングですが、「ネプトゥーヌス」のアレンジがたまらんです。

◎ミュージックビデオ賞
・サカナクション「夜の踊り子」
というか、他のMVあんまり見る機会がなかったです。
でも、このアイディアは本当に驚き。撮影大変だったろうなぁ。

◎最優秀新人賞
・禁断の多数決
今後の作品が非常に期待されます。

◎最優秀ベストアーティスト

・サカナクション
なんだかんだで今年もずっと聴いてました。
リリースが少なかったのは少し残念でしたが、シングルもライブも良かった。

◎総括
今年は本当に充実していましたね。
教授とサカナクション以外の音楽にも直に触れる機会が多かったです。
自分の中でエレクトロニカな音は一時期より影を潜めて、生音への憧れが強くなっていたり。
でもやっぱシンセ好きだよなぁ、みたいな瞬間があったり、今年はそんなバランスだったように思います。

さて、あなたの今年の音楽はどうでしたか?

Blueberry Soda Music Award 2011

January 06 [Fri], 2012, 0:47
さて、今年も年末の恒例行事。
のはずが、忙し過ぎて年をまたいでしまいましたwww
いや、少しこれ楽しみなんですよ!
一年を音楽で振り返るっていう、ね♪

では参りましょう!
Blueberry Soda Music Award 2011


◎CDシングルベスト5

@ルーキー/サカナクション
A「バッハの旋律を夜に聴いたせいです」/サカナクション
B猪苗代湖ズ/I love you&I need you ふくしま

本当にシングルって買わなくなりましたねー。
音源をまず、と思ってしまうので、忙しさと近くにCD屋が無いのが手伝って媒体であまり買わなくなってきてます。
そんな中買ったこの作品はやっぱり付加価値かな。
ジャケ、ブックレートのアートワークもいいね、サカナクションは。
ルーキーは震災でなかなか届かなかったな。ストーブの灯油をケチって帰宅後に布団にくるまってなにかこっそりと聴いていたような記憶があります。
バッハはチケット先行で幕張を楽しみました。
猪苗代湖ズは、これは買わなきゃでしょ。


◎CDアルバムベスト10

@DocumentaLy/サカナクション
AHoSoNoVa/細野晴臣
BPlaying the Piano from Seoul 20110109_8pm/坂本龍一
Crelight/androp
Dレキツ/レキシ
Emegaphonic/YUKI
FFlumina/Fennesz + sakamoto
Gワーキングホリデー/宮内優里
HCLOUD NINE/T.M.Revolution
IDegitalian is eating breakfast 2/Tetsuya Komuro

結局、今年も飽きずに聴いていたのはサカナクション。
チャリティソングじゃないのに僕を支えてくれた細野さんのアルバム。
もう相当昔に感じる、パブリックビューイングを自分の職場でやった教授の韓国ライブのパッケージ。
そして友人に勧めてもらったレキシのおじちゃんにandrop。
YUKIちゃんのアルバムもバランス良くて好きだな。
教授のコラボ作品も今年もよかったなぁ。特にFluminaは!summvs/alva noto + ryuichi sakamotoもよかったけど圏外。
あと、「for NIHON」っていう海外のエレクトロニカ界のチャリティコンピも良かったけど圏外。
T.M.Revolitionのアルバムも久々にらしさがあって良かった。
ここ数年の定番と新たな出会いがバランス良く、って感じかな。アコースティックも電子音もどっちもかなり好きなんだなぁ。ていうかそういう分け隔てが気にならなくなってきたのかな。もっと昔に今の耳になりたかったなぁw


◎音楽DVDベスト3

@SAKANAQUARIUM 2010 (B)©(D)/サカナクション
ATECHNODON LIVE / Yellow Magic Orchestra
BSAKANARCHIVE /サカナクション

サカナクション武道館は3枚組でkikUUikiツアー、ツアードキュメンタリーまで入ってて、武道館、地方公演(郡山ヒップショット)を体験していたので本当に見応えがありましたねー。
あと、YMOの1993年の再生ライブのDVD、個人的にかなり待望の作品だったので、嬉しかったな。
SAKANACHIVEもYouTubeでしか楽しめなかったサカナクションのMVをテレビで見れるだけでなく、高音質裏マスタリング、かつベストアルバム的な収録曲。しかも映像特典はあんまり前にでてこないメンバー(笑)のおしゃべりありで、とってもGood!「目が明く藍色」のMVは何度見てもいいなぁ・・・。


◎ダウンロードトラックベスト15

@Solitude (TONI TAKITANI)(live_2011_OCT_29)/坂本龍一
A1900(live_2011_OCT_29)/坂本龍一
BBamboo Music/yanokami
C読書 (feat. 星野源)/宮内優里
Dokt_/宮内優里
ETake Me Over/cut copy
Fthousand knives (live_2011_1_09pt2)/坂本龍一
Gundercooled (with MC Sniper)/坂本龍一
HTruth Flood/Kuedo
Iスローモーション/サカナクションJLights & Music / cut copy
K2x5: III. Fast (Vakula Version)/Steve Reich
L「Technopolis」〜“レイ・ハラカミに捧ぐ"〜
2011年8月15日『8.15世界同時多発フェスティバルFUKUSHIMA!』ライヴ版
Mtibetan dance (live_2011_1_09pt1)/坂本龍一
Nseven samurai-ending theme(live_2011_OCT_29)/坂本龍一トリオ

今年も教授のライブをダウンロードしましたね!
EU tourで追加された曲で特に嬉しかったのが「Solitude」トニー滝谷のサントラで一番好きな曲だったので!
あとは先行リリースや、一目惚れならぬ一聴惚れで購入したのが宮内優里さんのアルバム。
サカナのスローモーションは武道館で初披露だったのが形を変えてカップリング収録。震災でシングル届かなかったので、思わずダウンロード購入したな。
そのサカナクション山口一郎さんのおすすめで知ったcut copyにもハマりましたね。
あと、Kuedo。音使いが本物のテクノだなと。Hの曲はなんかYMOのwinter liveの「happyend」を彷彿とさせまして、似て非なる非常に良いトラック!

◎ダウンロードアルバムベスト3

@Playing the Piano from Seoul 20110109_8pm/坂本龍一
Aワーキングホリデー/宮内優里
BSeverant/Kuedo

ダウンロードトラックベストと同じかね。
あとエノラクインテットのYMOカバーも良かったな。
Kuedoのアルバムは聴きたいシンセの音がたくさん鳴っていて即買いだった。

◎今年再生回数の多かった楽曲ベスト10(新譜のみ)。

@スローモーション/サカナクション
Aルーキー/サカナクション
Bエンドレス/サカナクション
Ctibetan dance (live_2011_1_09pt1)/坂本龍一
Dスマイル/細野晴臣
E悲しみのラッキースター/細野晴臣
Fmerry christmas mr. Lawrence (live_2011_1_09pt1) /坂本龍一
Gくだらないの中に/星野源
Hthousand knives (live_2011_1_09pt1)/坂本龍一
I0404/fennesz + sakamoto

車の中で聴いてる方が多いので信憑性がないようなランキングですが、こういう結果に。
でも外れてないかな。「エンドレス」が1位な気もするけど。
「くだらないの中に」は名曲だな。今年はいい曲にたくさん会ったなぁ。

◎今年のライブベスト5

@PROJECT FUKUSHIMA
Aくるり/細野晴臣 東北ツアーencore
BWORLD HAPPINESS 2011
Cサカナクション SAKANAQUARIUM DocumentaLy 幕張メッセ
DLIVE福島 会津

やはり震災関係のコンサートが多かったな。
なにしろ現場在住ですので・・・。
PROJECT FUKUSHIMAの一日は忘れられないな。オーケストラFUKUSHIMAに参加。音楽解放区で初めて会った人とセッション。そして教授とお会いすることができ、教授と大友さん、和合さんのステージ。うん、あんな濃密な一日、そうないな。
あと、細野さんの唄にはずいぶん救って頂きました。直接生演奏まで聴けるなんて、本当に幸せな時間だったなー。細野さん出待ちに成功!
ワーハピとサカナ幕張はチケットを先にとっていて励みに頑張ったけど、仕事きつきつの合間で体調が万全じゃなかったのがとても心残りだなぁ。
ライブ福島は泣いて笑って本当に熱い一日だった。斉藤和義も聴けたし、レキシのおじさんがお城バックに4曲40分は爆笑爆笑!


◎ベストライブテイク5

@SAKANAQUARIUM2011DocumentaLy/サカナクション/ホーリーダンス
APROJECT FUKUSHIMA/坂本龍一・大友良英・勝井祐二・U-zhaan/TECHNOPOLIS
B東北ツアーencore/くるり・細野晴臣/風をあつめて
CLIVE福島・会津/レキシ/狩りから稲作へ
DWORLD HAPPINESS 2011/Yellow Magic Orchestra/TONG POO

記憶が結構ごちゃごちゃなもんで、印象的なもの、思いついたものから。
ホーリーダンスでニンジャーライトっていう照明大活躍!好きな曲を素晴らしい演出で楽しめた!
レイハラカミさんに捧げる教授のピアニカ(笑)と仲間達によるテクノポリス。あの温かい雰囲気は忘れられないなぁ。ハラカミさんはあそこにいたな。
そして、Rorokoriさんのお陰で行くことが出来た東北ツアー。初めて風をあつめてを生で聴き、もうクラクラだったなぁ。
ワーハピは暑くて暑くて死にそうだったけど、生で東風聴けて夢のようだった。コズミックサーフィン〜アブソリュートエゴダンスの流れも最高だった。アブソリュートは初演だもんな・・・。
LIVE福島のサンボマスターの「希望の道」斉藤和義の「歌うたいのバラッド」も忘れらんないっす!

◎私的音楽ニュース5

@坂本龍一さんと一緒に写真を撮ってもらい固い握手!
A細野晴臣さんに握手して頂き、サインをもらう!
Bレイハラカミさん急逝・・・。
C坂本教授と細野さんがそれぞれ「Smile」をカバー。
 年末にまさかの2人だけで共演!
DtwitterやUSTREAMでつながる音楽ライフは拡大中!

やはり教授と細野さん、それぞれにお会いしたのがデカイっすね!
家宝っす。
レイハラカミさんの作品は、これまで普通聴いていたけど、意識して聴いていなかったっていうか、聞き流してはいないんだけど、当たり前にふわっと聴いていたから結構ショックが大きかったな・・・。
今年もツイッターでもUSTでもいろんな音楽に出会えましたね。
YeYeっていうアーティストが一押しです!


◎今年リバイバルした音楽。

邦楽:LUNA SEA
洋楽:クイーン

ロスのライブ音源やチャリティライブ生中継など、非常に楽しませていただきました。
彼らの曲を聴くと、彼らに出会った高校時代にすっと戻れる♪
クイーンはWOWOWの洋楽主義っていう番組でちょっと興味が!
彼らの歴史を辿り始めたところです。

◎今年一番私が印税貢献したと思うアーティスト

サカナクション

CD/DVDともにね。

◎作詩賞

サカナクション/エンドレス

もがき苦しんでやっと紡いだ言葉の強烈な輝きと新鮮さというものを、これほど感じたことは無かった。これこれ!これよ!この気持ちというか、この感覚を言語化してくれてありがとう!というような歌詞でした。


◎作曲賞

サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

まさか曲に詩吟を織り込んでくるとは・・・。
予想外というか、背後から斬り掛かる的な斬新な発想に驚かされた。

◎編曲賞

Fulmina/fennesz + sakamoto

アルバム丸ごと。このスケープとピアノの溶け具合・・・。
前作のcendreも本当に好きだけど、こちらの深化にはビックリ。
どうやったらあんな音出せるんだっていう魅力に満ちている。
技術的にも音楽的にも。

◎ミュージックビデオ賞

サカナクション/『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

山口兄弟にやられたねー。あれは初めて見た時衝撃だった。一郎さん踊るんだ!?ってw
あのダンス、1人のときについまねてしまったwww
幕張ではかなり驚いたなぁ・・・!

◎最優秀新人賞

YeYe(イェイェ)

twitterで知り、USTREAMでそのほっこりした歌声に聞き惚れました。
年末にミニアルバムが出ました。おすすめです!
早くも新作が待たれますな!

◎最優秀ベストアーティスト

坂本龍一

シングルもアルバムも1位はサカナクションだけど、トータルで考えたら教授かもしれない。
1月のパブリックビューイング、8月の福島での演奏、EU Trio TourのiTunes配信、年末の細野さんとの共演・・・。こんだけ革新的なことやってんだぜ!


◎大賞

エンドレス/サカナクション

歌詞、サウンド、アレンジ、どれをとっても今の日本の音楽の最高峰ではないだろうかね。
純粋な音楽としてね。
こんな曲つくっても進化し続けてどこまでいくのか楽しみだなぁ、サカナクション。

◎総括
教授、細野さん、YMO、サカナクションと基本を押さえつつ、そこから星野源、宮内優里、androp、レキツなど新しい出会いも多かったなー。
あと、WOWOWでちょっと見てみよっかなっていうライブや洋楽アーティストを楽しむことが出来たのも大きかったなー。
震災の直後は本当に何かから隠れる様にこっそりと音楽を聴いていたような、そんな記憶がとても強い。でも音楽があったから乗り切れたことはとっても大きい実感として残っています。
多くのアーティストが、今、自分のやれることを、という気持ちでたくさんの音楽を残してくれた、そういう意味でも特別な1年だった様に思います(良し悪しはもちろんあるけど)

さー、みなさんはどうでしたか?
そして2012はどんな音楽に出会えるのか楽しみですね♪
NO MUSIC NO LIFE!

久しぶりに、が多かった

October 18 [Tue], 2011, 3:39
Blueberry Soda Decade Live 2011
"capture the DECADE"on Ustream 2011.10.16 15:00〜
http://t.co/9ofqWVI3

という挑戦をして、丸々1月、仕事と家庭と音楽をうまくバランス保ちながらやってたわけなんです。

ところが体調含めてバランスとこ言ってるどころではないままにバタバタと本番を迎えました。

回線がまずかったのか、気合い入れ過ぎて画質いいファイルで作ったためか、中継は途切れまくって、なんだか無理矢理最後まで走ったという感じでした。

ただBlueberry Sodaのメンバー全員で最後に話せて良かった。

10年の区切りはここで一段落。
ここからはユルく今まで通り進んで行きます。

Blueberry Sodaは僕たちの絆の名前だなぁ、なんてメンバーには臭くて言えないので、ここにこっそり書いておきます。

個人的には、ソロと新ユニットを進めます。
形になるのは来年だな。

あと、今回のリベンジもそのうちやります。
突発的に!

もどかしい夜に

July 27 [Wed], 2011, 0:30
時間がない。

あっても自分の体力回復に使ってしまって、好きなことができない。

元々、時間の使い方がヘタなもんだから、余計しんどいものがあるなぁ

今もブログ書いてる暇あるなら行事の計画立てろよ、ってとこですが。

新しい音も言葉もテーマも霞んでしまって、いつになったら形にできるんだろう。

コンピレーションの「for Nihon」も、一月近く発送が遅かったalva noto + Ryuichi Sakamotoの「summvs」もまだまともに聴けてない。

衝動買いした(後悔はしていない)宮内優里の「ワーキングホリデー」も車で聴くのがやっと。

無駄に体力を奪われない秋が早くくることを心からお待ちしてます。

iPhone初投稿ですが、タッチパネルのキーボードはよりミスタッチが多いな(汗)

もう少しでWorld Happiness 2011。

今年は例年以上に好きなアーティスト盛りだくさんで非常に楽しみ!

YMOはもちろん、fennesz + sakamotoも期待!

サカナクションはメインステージ確定のようなので、嬉しいですね!

嫁とも一緒に楽しめるYUKIちゃんのステージも楽しみだなぁー

テイトウワも幸宏さんの飛び入りに期待だし、星野源のとこで細野さんとデュエットなんて、期待は膨らむばかりだ!

星野源のときは泣くだろうな、自分(泣)

さて、目の前の人参を確認したとこで、頑張ろうかな!

うっす

久々に。

July 19 [Tue], 2011, 0:23
twitterばっかですが、久々にBlog書いてみようと思い立ちまして。

なんかもやもやしつつも、なんとか以前の様な生活にはもどってきまして。

以前、見えない恐怖のストレスには常に監視されているようですが。

実際、体調なんかに現れないと気付かないだろうな、人なんて。

余震も随分収まって来た様に感じますが、いつまた、という恐怖がついて回っているのも事実です。


本職が忙しくて、相変わらず音楽に向き合う時間は少ないですが、割とそっちも元に戻って来た様に思います。


しかし、言葉が出てこない。
詞が書けなくなってしまった。

あんなに強いインパクトのある出来事を受けて、その余波が未だに続いていて、しかもいろんな人がいろんな表現をしている中で、自分のやること成すこと、すべてちっぽけでくだらなく思えてしまう。

自分なりの表現なんて、そもそもできていたのか?

Blueberry Sodaだけでなく、新しいプロジェクトもやりたい気持ちはあっても、創作意欲のエンジンがかかってくれない。

なにかセーブをかけている、かけられているような、変な状態が未だに続いています。

自覚するまでにも時間がかかったのかもしれない。



今は10周年にかこつけて、過去曲と向き合っています。

そのうち、近いうちにまたUstreamでVirtual Liveやります。

既成のものとの対峙はまだできるみたいなので。


あと、そろそろ新しいプロジェクトの方も具体的に動きたいな。

秋にはリアルにライブとかやりたいなともくろんではいます。



ちょっとは元気になってきたような気がします。

暑さにごまかされてる様な気がしますが、World Happiness 2011をまず生きる目標に歩み続けましょう。

明日は「バッハの旋律を夜に聴いたせいです」をフラゲしなきゃ・・・。

BSDL 2011

April 16 [Sat], 2011, 22:43
生きてます。

こんな状況下にも関わらず、10周年記念ライブと称して仮想的にUstreamで生放送とかやってみました。
Blueberry Soda Decade Live 2011 on Ustream 20110416

お暇な方は是非!
5人くらい聴きに来てくれました。
お越し頂いた皆様、多謝です!

切り替えとちったり、MCが変な緊張となまりでぐだぐだだったので、今度はメンバーみんなと一緒にやりたいです。
そのためにも早くこの状況が落ち着けばいいんですが。

原発事故に際して

March 26 [Sat], 2011, 4:19
管総理へ。

福島市に住んでいます。
2週間経って状況が好転しないことに非常に大きいストレスと不安を抱いています。
原子力に関する専門家の意見を聞いて対応されていると会見でお話されていましたが、その専門家がどこの誰であるかを明らかにして頂きたいと思います。
パニックや混乱を恐れることはわかりますが、危機を正しく認識させてください。
また、利権に押さえつけられているのかは知りませんが、今まで警鐘を鳴らし続けていた研究者、学者がネット上では少しずつですがスポットが当たっています。
未曾有の災害とはいえ、今までの体制を作った専門家が側に居たのでは不安ではないですか?警鐘を鳴らし続けて来た有識者を是非側において事態に対応して頂きたいと思います。

事態が遅々として好転しないこと、情報が後手に回ること、風評被害を政府が煽っている様に感じられること、日本政府へ厳しい国民の判断がなされることでしょうが、この危機をなんとか真正面から乗り切って下さい。
それによって日本の未来も、民主党の未来も変わってくると思います。

_______________

というようなことを、首相官邸に送ってみた。
ちゃんと読んで対応頂けるものなのか・・・。

様々な情報をtwitterでつながっている人や著名人を通じて、自分を安心させるために収集していますが、マスメディアに出てこない情報がここにきてかなり出て来た。

・福島原発事故 メディア報道のあり方
 広瀬隆 http://t.co/Nc5eivD

・あとUstreamのVideonews
 http://www.ustream.tv/user/videonews.com

日本の電力は限られた電力会社が独占している。
つまり、利権の独占がかなり絡んでるよう。

その電力会社がマスコミのスポンサーなわけだからね。
正しい情報なんざ、ちゃんと報道されない訳だ。

それか、もしくは「言ったけど理解して対応を考えるのは国民一人一人の判断」
なんて最後に言うんじゃなかろうな・・・。

危機が身近に迫っていろいろ考えたり調べたりしている自分にも確かに責任はあるのかもしれないけど、日本の国家っていうのはずいぶん不親切で不誠実なんだなぁ。

かつて、侍がいた国はどこへ行ったのか。

早くも1週間、いや、まだ1週間か

March 17 [Thu], 2011, 23:29
この1週間、考えること、やること、なれること、悩むこと、様々あった。

電気が通っていたのが不幸中の幸い。

生まれて初めて支所に行って給水車から水をもらった。

渋滞を並んでガソリン給油すること2回。

食材を求めて店を回ったことも。
運良くすぐに買えた。

あと、仙台に住む妹がわざわざ食材を届けてくれた。
あなたの兄に生まれて本当に良かったと思った。

ほんの少し、身の回りのことだけでも見通しが付いたかと思えば、
原子力災害のニュースにおびえる毎日。

そうなんだ。
きっと生きてて初めてこんなにおびえたんだ。
しかも、敵は見えない。

仕事以外の時間はテレビ、ラジオ、ネット、様々な情報源をたどり、
情報を集めて、なんとか自分を安心させる作業ばかり。

うとうとしたときに、昔住んでいたアパートの窓から津波が見えて、
瞬く間に飲み込まれる夢を見た。
リアルな恐怖で目覚める。

あれに現実に被災し、亡くなられた方を思うと、言葉も涙も無い。
胸が詰まってふさぎ込むことしか出来ない。


でも、だ。
いつまでもおびえてはいられない。

これまでの自分が、いかに無知で無力だったか。
こんなに痛い程、文字通り痛い程思い知らされたのは初めてだった。


正直、もう世界が終わると思った。

自分がどんな死に方をするのか。
死ぬってどういうことか。
今まで死を考えて恐怖したこともあったが、
そのことに対して今は割と冷静な自分に違和感を感じたり。

でも、所詮想像の域を超える物じゃなかったんだ。
あの地震が、原子力災害が起きるまで。

よりリアルな生と死が、こんなに身近にある。

現実に直面したら、わりと冷静になれた。

今は自分のできることを、淡々とやるだけだ。
 施設の子どもたちを、自分の家庭を守り、友人を気遣うこと。
  苦しんでいる誰かのために出来ることを探し、実行すること。

そして、もう少し落ち着くことが出来る日が来たら、
自分が死なずに生き残った、生かされた理由を深く考えようと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blueberrysoda
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:4月2日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・アート
読者になる
music & art unitの
"Blueberry Soda"のリーダー。
音楽や仕事の話を中心に、
気になったことを気ままに
綴っていきます。