決めました 

2006年11月05日(日) 16時23分
今、何か妙にすっきりした気持ちです。
久しぶりかなって思います。
それは、何かテニス頑張らなきゃって思える試合を見えたから。
自分自身がテニス本当に本当に好きって改めて分かったから。
試合の応援してて、心から試合がテニスがやりたかった。
今日の試合、他校が本当に驚くぐらい上手くなってて、私達の高校は負けてしまいました。
けど、これではっきり見えました。
この前の県大会。私達は1回戦を突破出来たけど、やっぱり実力は、この程度しかないんです。
やっぱり、私達の練習では、気持ちではここが限界だって。
負けてよかったのかもしれません。
これは、昨日書いた気持ちとかでは、ありません。
本当に本当に応援したし、勝って欲しかったです。
けど、きっと県大会に勝ったことで少し自分の力を過信して、県大会でも通用するのかなって思い違い
をしてたかもしれないから。それは、チーム全体として。

みんな強かったなぁ・・・

だから、春にもう1度戦って、ちゃんと倒したいなって思えました。
あんな試合がしたいから。あんなプレイがしたいから。
春に向けて本気で、もう1度気持ち切り替えて頑張ろうって。

もう弱気にならない。

そして、勉強面でも、もう妥協しない。
部活を言い訳にしない。
絶対、頑張る。

その為に、絶対テストで1番取る。
1番取れたら、それに向かってちゃんと努力出来たら
絶対テニスでも優勝出来る。

テニスは、ペアや仲間とやる。
だから、励ませ合えるし、頑張れる。

でも、勉強は一人だし、いろいろ言い訳にして嫌いな事から逃げてたら
テニスでも最後には、逃げちゃうと思う。
大事な所で弱気になったり、ミスしたりしちゃうと思う。

この前の模試も。最後の方とか、本当に集中力がなくて、問題とか全然解くこと出来ませんでした。
テニスは、そこまで、はっきり結果に表れないけど、やっぱり自分は集中力が足りないし
甘いって思います。

だから、テニスも勉強も頑張るために
テニスの試合はしばらくないから、テストで1番取る。

ここで、いろんな好きな詩や詞があるけど、今1番自分に合ってる詩を今後の目標として
載せます。

どうせ苦しむなら
苦しむ限界までいってみる
どうせ痛むなら
痛む限界まで耐えてみる
どうせ淋しいなら
淋しさの限界までこらえてみる

だけど、そのままでは
絶対に終わらない

必ず立ちあがる
必ず夢を
成し遂げてみせる


今の私は、はっきりいって、テニスも勉強も最悪。
でも、中学のときも、高校でも、乗り越えてきた。
中学で怪我して、プレイ出来なくて試合出れなくて
辛くて、何度下を向いたことか。
高校1年の時、何度県大会など逃し
涙したことか。

もちろん夢は、優勝、県大会ベスト8
勉強面では、今はとりあえず1位をとることかな。
最終的には、今頭で考えてる大学に合格すること。

誕生日の3日前か・・・
少し早いけど17歳になる私の決断。

底からはいあがった人間こそが本当に強いんだ。

自分の人生、自分の限界までやりたいことやって
楽しい、幸せなものにしよう。

他人なんて関係ない。
自分は自分。他人は他人。

夢を持ち続ける自分でありたい。

見失った思い 

2006年11月04日(土) 16時46分
昨日で県大会が終了し、春までは一段落がつきました。ただし、自分の中では、迷いが生じていて
しっかりと前を向けない。今の私は、テニスも勉強も思い通りに出来なくて、正直毎日が不安に過ぎていく。
どうして、あなたはそんなにもテニスに夢中になれるの?
私だって本当はテニスしたいよ。今日の自主練習も、すっごいすっごい行きたかった。
でも、今この不安定な心でテニスをしたらいけないと思うんだ。
テニスが好きだから、真剣だからこそ、こんな中途半端な気持ちでやりたくない。
何で、こんなにも勉強もテニスも人間関係も全て上手くいかないんだろう・・・

今、私は素直に他人の成功を喜べないよ。ある人が言ってた。自分が順風満帆で上手くいってる時は
他人の成功を素直に喜べるって。ただ、自分が上手くいってないときは同じ人の同じ成功に対してなのに素直に喜べないんだって。
県大会。ベスト8に入れない位置ではなかったのに。というより、入りやすい本当にいい位置だったと思う。だけど、自分の気持ちの甘さに負けてしまいインドアへ行けなかった。悔しくて悔しくて。
次の日も、次の日も、その悔しい気持ちを忘れたくて走った。だけど、心は晴れない。
だから、同じ中学の子のインドア行きも、男子の3位の素晴らしい結果に関しても素直におめでとうって
いう気持ちになれなかった。
明日、私達は出ないが大会があり応援に行くことになっている。
だけど、今、はっきりと言える。絶対にみんなが勝っても喜べない。
反対に負ければいいって思う。だから、明日、みんなが勝つ度、自分の心は沈んでいく気がする。
応援なんて行きたくない。
私は、本当に心が小さいよ。大きくなんてなれないよ。
絶対に明日は、喜べない。
チームメイトなのに・・・って思うかもしれないけど
今、私はチームメイトなんて思わない。
あの人と一緒にテニスなんてしたくない。
そして、先生と話したくない。話なんて聞きたくない。
嫌い。

私はどうすればいい?
どうすれば、大きくなれる?

誰か教えてほしい。

どうしたらは、私の心は強くなれる?

試合 

2006年10月29日(日) 15時22分
試合。なぜか全く緊張しない。不思議なくらい。

そして、試合中何も感じない。

なぜだろう?

私は、あの2試合、ただペアとプレイすることだけが楽しかった。
だから、勝ちたいとは思ってたんだけど、この時が永遠であればいいと感じていた。
終わる瞬間が怖かった。
いつまでもこの楽しさを失いたくない。
この楽しさを失う瞬間にむしろドキドキしていた。

1試合目。この試合が終わったら、次の試合はあるのかなって疑った。
団体戦が1回戦勝ち抜けるのか自信がなかった。

それを、仲間を信じることが何よりも大切で、それを自分達で勝ち取らなきゃって思いもある。
まして、キャプテンが信じ切れなかったら、チームはおわってしまうだろう。

だけど、私はあの人を信じれないんだ。

だから、試合の最中、とにかく長く試合がしたかった。
別にミスしても構わない。自分の最高のプレイを、あの人とやれるなら。
もちろんミスして構わないなんて本気で思ってない。
だけど、あんなに大きくダブルフォルトしてしまったのは気持ちの何処かが原因だろう。











いっぱい頭で思いがある。でも、それを思い出し、言葉にするの疲れちゃった。
多すぎて、対応しきれない(笑)
試合のことも、明日のミーティングも事もいっぱいいっぱい書きたいのに。

だから、今はちょっと休みたい。

また整理が出来たら、ちょっとずつ言葉にしていきたい。

溢れ出す思い 

2006年10月29日(日) 14時38分
あの日、たくさん泣いた。涙を見せたくないと思い我慢すればするだけ一気にそれが溢れるかのように流れてくる。そして、友達に助けてもらった。
あの日、まだ決意が固まらなくて、でも大会前だから練習がって思いもあった。
部活が気になって何も手につかない。
なんとなく先生を探していた。言いたい事も決めてないのに。
でも、見つからなかったんだ。だけど、何となくここに来るような気がして・・・
そしたら思いがけず本当に会って。
結局、自分の奥深くにある事は、自分の本当の気持ちは何も言わないまま一言二言。
先生は、全く私の気持ちを理解してくれない。あの先生だったら理解してくれるかな。
その前の日に帰りたまたま会って話したあの会話の方がずっと私を励ましてくれた。
何で、あんなにも気持ちを分かってくれないの?
県大会だよ。私がどれだけ待ち望み、手に入れたかったかあの人には分かんないのだろうか?
出たくないわけないよ。どんな理由があろうと絶対出たいよ。
だから、反対にあんな事言われると悲しくて悲しくて、それ以上その場に居たくなかった。
そして、離れた瞬間、その思いが一気に流れ出た。
やっぱり、私は本当にテニスが好きなんだね。
そう思った。
部活を辞めるとか、試合に出れないことが本当に辛く感じるもん。
でも、それ以来、あの人と距離を置きたい。
監督との信頼関係がなければ、絶対に試合に勝てないから、
技術面を教えれなくても、それなりについてきた。オーダーも全て信頼して任せたんだ。
だけど、今は会いたくない。
あの人には、ついていけないと心底思う。

あの後、少し落ち着いてからコートに向かった。一人でいる事が嫌で、誰かと話したかった。
誰かじゃない、今の私を支えてくれるのは、ペアだけだった。
だから、話したいという一心でコートに行った。
話すことは全然分かんなくて、頭も、もう働かなかった。
だけど、一緒にいたかった。
コートには、先生がいて、どうしても顔を会わせたくないから迷った。
どうやって、ペアに会おうか・・・
そしたら、その後コートの外で打ち始めたから、会いに行った。そして部室へ。
言葉は出てこない。だけど、ペアがいてくれるだけで本当に安心して
そして、一言が本当に嬉しくて、私の手から伝わってくる、あなたの全てが本当に本当に嬉しかった。
しばらく話した。


私は、あなたのためだけにラケットを持ったんだ。
あなたが居てくれたから。

その後、またいっぱい泣いた。
だけど、あなたが、ずっと手を握って側に居てくれたから前を向けたんだ。

次の日も。

何も言わずに待っててくれて、笑ってくれて。

あの日のことは悲しみと迷いで頭が混乱している。
夜も家に帰ったらすぐに、ベッドに入って、迷いながら、泣き疲れていつのまにか眠ってしまって。

だから、あんまり覚えてない。あなたの優しさやあなたが私にくれた全てを。


ううん、多分覚えてる。だけど、あんな思いを言葉で表現することが出来ないと言った方がもしかしたら正しいのかもしれない。

だから、ここでは、その思いをほとんど語らなかった。

だけど、心から思える。
この人なら信頼し続けることが出来るって。

そして、言葉に出来ないほどの「ありがとう」って気持ちが溢れてくる。

この語ることが出来ない、頭で理解出来ないくらいのこの思いは
試合で現そうと思う。プレイで、勝つことで返したい。

きっと、あなたがずっと握りしめてくれた手の感覚がラケットを動かしてくれる。
緊迫した試合で、私の心をずっと支えてくれるはずだから。

きっと、大丈夫。

言い訳・・・ 

2006年10月21日(土) 16時04分
今日は合同練習がありました。
何か、そこで改めて自分とそして、自分のチームの甘さが思い知らされた。

いっぱい悩んでやっと自分の進む道が見えたと思ったのに・・・。
テニスを全力で取り組み、絶対勝ちたいって、そう思えたのに・・・。

私では、このチームでは県大会を戦うことは出来ない。
本当は、私はチームの中で1番自信を持てていないのかもしれない。
自分が弱いことを知られるのが怖い。
だから、練習するんだ・・・。
それを隠すために。補うために。
そして、キャプテンとして、練習中に声を出すことが怖い。
中学のことがあったから。
本当は嫌で嫌で仕方がない。
でも声は出さなきゃいけないんだ。

今日の合同練習。
何となく、先生の思ってることが分かる。
中学から散々言われてきた。
ここでは、こうするべきだ。
ここでは、こうするといい。
技術のことじゃない。精神的に・・・
そして、声の出し方、返事、教えてもらう態度。
全てが、中学からのままな気がした。

でも、あの時みたいに怯えずにそれに向かっていける自分がいる。
何となく、それを実行できる自分が・・・。
でも思うんだ・・・
自分のプレイってこんなんでいいかなって・・・
私が1番手なのかな・・・?って
みんなの方が上手いかもって。

それで自分を見失ってしまうんだ。

やっぱり私はキャプテンとして、みんなを引っ張り、県を目指す資格なんてないのかも。


また、気持ちが揺らぐ。誰かに背中を押してもらわないと前に進めない。
1歩進めない。


どうせ勝てないなら、県で勝てないなら、優勝出来ないなら
テニスやめちゃいたい。

こんなメンバーとやっても、つまんない。

こんなことやってる間に、トップ大学目指してる人はいっぱい勉強とかやってるんだろうな・・
って思っちゃう。
自分は本当に中途半端だ。
テニスを真剣に取り組む訳でも、勉強をちゃんとやる訳でもない。

言い訳を積み重ねて積み重ねて
全部逃げてるだけ。

どうすればいい?


でも決意したんだ。前にテニスと勉強を両立させるために
今度のテストで1番取るって。
2番でも3番でもない。

1番。

今までみたいに遊ばずに、本当に限界に挑戦して、勝ちとろうかなって。

そしたらテニスでも優勝出来るそんな気がするから。

でも、すでに今日その決意は揺らいでしまった。


本当に少し自分の周りじゃない、ちょっと外の世界へ出ると
そこには本当に大きくて未知の世界が待っている。

自分の小ささを感じる。

みんなは今日何を感じ取ったんかな?

疲れた。面倒だなって思ってるだけなんじゃないかな。


自分のテニスが・・・進む道が見えたと思ったのに
もう少し見つめなおしてみたいと思う。

今は、とりあえず県大会で1勝でもするために頑張り
県大会でもう1度、県のレベルと自分達を自分を見て
その時に揺るがない決意をしようと思う。

全てが終わった時に・・・


県は、日本は広いな・・・

でも受験は全国。まさしくインターハイって言ったほうが実感わくかな。
それを勝ち抜くのは本当に本当に本当に
大変だ。
結局、どの道へいっても大変ってことは確実だよね。

今日言われた。勝ちたいなら勝ちたいだけの努力がいるって。

自分を見失わずに努力し続けたいよ。

そして、私はやっぱり、県よりも日本よりも、もっともっと広い
世界をみてみたい
そう感じた。

自分を見つめて 

2006年09月30日(土) 22時57分
私は本当にたくさんの人に支えられている。
やっぱり、あなたと、そして仲間と部活続けて勝ちたい。
これが素直な気持ち。
こんな最高のペアがいて、逃げたらきっと後悔する。
後悔しない今を過ごしたい。

勉強を部活も、自分の限界まで頑張ってみたい。

今日は、ぐっすり眠れる気がする。
そして、翌朝、起きたら新たな1歩を踏み出そう。

この決意はもう揺るがない。
みんなという仲間がいてくれる限り。

私は、真直ぐに生きていこう。

誰よりも強く。


人の繋がり 

2006年09月30日(土) 22時55分
人の言葉は、本当に一人の人生を変えてしまったりするものなのでしょうか?
私には、まだそれが真実なのかは分からない。
でも、人の言葉というものが、どれほど大きく大切なものか分かった気がするんです。

やっぱり、私は弱い人間なんです。どうしても、相手を目の前にすると自分の考えが言えない。
頭では、いっぱいA分かってて伝えたいことがあるのに、上手く言葉に出来なくて・・・思ってもないこと口にして逃げてしまうんです。

昨日の夜は、なかなか眠れませんでした。何か、明日会うと思うと怖くて不安になって・・・
何となく考え事してました。
その人は、決してそんな人ではないから、怒ったりもしないし、きっと話しかければ普通に笑ってくれると思うんです。でも、それだったら、何て言ったらいいんだろう・・・
何となく自分自身が許せなかったんです。
昨日、部室でその人は、私に「何で怒ってるの?」って言ってきた。
私も話したかった・・でも、私は話しかけられない。
でも、その人は、話しかけてきてくれたんです。多分、早く着替えて帰れたはずなのに、私を待っててくれたのか・・・部室の人数が減るまで。
こうやって、ぶつかってきてくれる、あなたは私よりも何十倍も強いよ。
夜、何度もいろんな光景が頭を巡ってました。そして、何よりも辛く、何やっても集中出来ない。
大切な人を失うことを本当に心は敏感に反応する。

今日はT高校と練習試合。「ごめん」って言葉が、いろいろ話したい思いがあるのに隣にいても、言えなくて、試合直前に・・始まってからかな・・・目も合わせないままに一応「ごめん」って思いは言った。

そのまま、何となく試合は始まるけど、心は上の空。ボールの動きに試合に集中しきれない。
結局、試合が進み、時がたつにつれて、あなたと試合してることが苦しいぐらいに辛くて
関係は更に悪化しちゃて、話さないまま・・・
自分勝手にプレイして、試合は終わっていった。

そんな感じで2試合。相手は3・4番手っていうところで、そんな調子でも勝った。
次は、2番手・1番手か・・・
勝てないなって思った。といっても、2つとも1度は勝ってる。でも、こんな2人では勝てない。
あなたと、こんな試合をして、負けを作りたくなかった。
だから、ペアを変えよう・・・って、あなたも何となく、それに応じた。
それが本心でないと分かりながらも、あなたのその言葉を言い訳にしてペアを変えた。

それから、私は他のペアの子と組んで試合した。いつもとは違う新鮮な感じでいて楽しかった。
本当に楽しくて、心の底から、1本のポイントに対して喜び、悔しがれた。
そして、心の中で、あなたが居なくても勝てるということを感じたかった。あなたの1本に私は頼りすぎてるのかもしれない。後衛の力は大きい。前衛は後衛がボールをつなげてくれない限り、出番は少ないから。すなわち、後衛は、自分の力と、それなりの前衛がいれば勝てる。でも、前衛の私にとって、後衛の力は不可欠。1本をつなげてくれる後衛がいなければ、勝利は見えてこないから。
だから、私は不安を感じていたのだ。あなたというペアがいなくなった時に、困るのは確実に私だから。
あなたは、勝てるかもしれないけど、私は勝てるのか・・・

結局、自分の力が、どうとか分からなかった。でも、感じたことは1つ。どんなに楽しくても、試合に勝てたとしても、あなたとペアじゃなきゃダメということ。試合をやらなくても分かってたけど、やっぱり試合をやってみて、あなたという存在が私の後ろでどれだけ安心感を与えてくれていたことか。

試合をやっていて、あなたならここで決めてくれる、このボールは必ず取ってくれるとか分かるんだ。
今日も、他の子と組んでも、いっぱいそんな場面はあるけど、ほんの少し違う。

初めてだ・・・こんな気持ち。

中学はペアは先生が決めていたし、誰とでも関係ないって。こんなにも楽しくて、大切なももだって気付かなかった。ソフトテニスは本当に楽しくて奥が深いよ。



それで、結局口で伝えられなかった言葉を夜メールしました。
あなたからメールが来るまでは落ち着かなかった。
でも、メールが来て、読んだら、嬉しさや・・・そんな言葉では言い表せれない、いろんなものが込み上げてきて泣いちゃいました。人の言葉や、ほんの少しの温かさに触れたとき、人間というものは、大きくなれるのですね。

ペア 

2006年09月29日(金) 21時35分
私が今、1番大切にしている人は誰なのか・・・私は、この頃本当にペアの大切さが心の底から分かる。ソフトテニスはダブルスだから、絶対に一人では勝てない。もう一人いるから、そして、その人が支えてくれるから私は勝てる。
ミスをしたカバーしてくれる、そしてポイントをとったら一緒に喜ぶ。
もう試合が始まったら、自分は自分のものだけではなくなる。二人で一人なんだよ。
だから、最も信頼してる。そして、ボールを共に追いかけれる。

今、部の中で1ペアが少し関係が上手くいってないみたい。ペア組んでて、確かに1度も意見を違えずやれるなら、それもいいかもしれない。でも、それは本気でやってない証拠かなって思う。
だって、上手くなりたいなら、試合でより勝ちたいなら、プレイに関してや、練習態度など全てを含めてペアと話し合ったり、衝突したりするのは当然だと思うから。2人がいつも調子良く、同じように上手くなるなんて難しいから。たまには、ペアに不満もあるはず。
ましてや、ダブルスの競技において、試合直前に怪我も結構きつい。怪我したくて、したわけではないし、怪我した本人も、1番辛くて責任も感じるはず。でもね、ペアに当たる訳にもいかないし、頑張ってきた試合への思いをぶつけられない思いも本当に分かる。
だから、私は、特に試合前1週間や2週間、本当に健康に気をつかい、何よりも万全な体調で試合に臨めるように心掛けている。
今回、私達の部活では、怪我で2ペアが試合棄権、一人が団体戦不参加という形になった。
少し、淋しい結果だと私は思う。

でも、今、自分も気持ちの整理ができてなくて、ペアと言葉を交わすことが出来ない。
本当に部活・・・というかテニスかな、大好き。授業中、早くボール打ちたいってずっと考えてるんだ。
それに、後輩とも最近、本当に仲良くなれて、毎日が楽しくてたまらない。
本当に後輩達やみんなと囲まれて過ごす日々は心地良い。
だけど、だけど・・・テニス続けてくことに不安がない訳じゃない。
いつも、楽しいって思う純粋な気持ちの裏には、不安で怖くてどうにも出来ない心が隠れてる。

でも、やっぱりダブルスの世界で、自分だけ勝手に辞めるってことなんて出来ないもんね。
心が揺れる・・・。

想像してた。
もし、今の私のペアが他の子と組んで試合出て勝ってるところ。
というより、本当にペア変えてみたりもした。

心は正直だよね。嫌だって思う自分がいる。他の子と組んで試合してる姿なんて見たくない。
私のペアはあなたじゃなきゃ、ダメなんだよ。私は、あなたと勝ちたい。

新人戦の時、私は、泣いたっていってった。
本当に、全てが分かんなくなって、一人ぼっちになった気分で、暗闇に迷い込んでいた。
仲間がいてくれて1度は立ち直ったけど、またあの時泣いてしまった。
その時、あなたが、「大丈夫だから」「ごめんね」「ウチがついてるから」って言ってくれた。
手を握りしめてくれた。それが、本当に温かく、あの時の感触が今でも手に残ってるみたい・・・。
その手が、私に一筋の光をくれたんだよ。
それにね、ピンチの時手を合わせて「大丈夫、次取ろう」って言うと何か安心して次は取れるって感じるんだ。

やっぱり、ペアは私の全てだよ。

私のペアは他には考えられない。

最近、いろいろ悩んでて、今も悩みが絶えない。

でも今は、ただ、あなたと一緒に試合が出来ればいいと思う。

明日、「ごめんね」ってちゃんと伝えよう。

そしたら、私は本当に心から楽しくテニスが出来る気がするから。

思い出の中に 

2006年09月24日(日) 14時25分
昨日で3日間にわたった新人戦が終わりました。
結果は、団体3位・個人3位
結局、優勝までの道のりはまだ遠かったというか・・・自分のせいというか・・・
でも個人の3位というのは、頑張った方だとは思う。145ペア中の3位何だから。接戦の試合もあったけど、勝ち進み、準決勝で優勝チームに負けました。

でも、それまでの道のりは遠かった。
何回、涙を流し、挫けそうになり、テニス辞めたかったことか。
プレッシャーやチームメートとちょっとあり前日、前々日は練習もほとんどやらなくて
ずっと心の中で負けていいって団体なんて負けたいって言いきかせてた。
だけど、そんなふうにしか考えられない自分がもっと情けなくて、辛かった。

前日、後輩と話して少しは落ち着いたものの、練習行っても何かギクシャクしてて、やっぱ来ない方が良かったって思った。そこに立ってるだけで辛くて逃げるように帰ったから、家でも何か気分があがらなくて、明日試合行きたくないなって、試合負ける・・・ってずっと一人で思ってて。

でも、試合当日には全て忘れようって、試合に集中しようって思って、普通に過ごし、練習前の練習も
しっかり打った。もう大丈夫だって思った。

でも、1回戦。優勝候補であるT高校と対戦した。試合1セット目はとり、2セット目はとられた。
3セット目もとられても、まだ私の心は平然としていた気がする。
いつもなら、心臓がばくばく動き始める頃かもしれない。それは個人とは違う、団体の重みがあるから。
次につなげたいという思いがあるから。でも、今日の私は、いつもと違っていた。
心のどこかで、ふと、次につなげても本当に団体戦勝てるのかなって・・
途中から、コートから逃げたかった。この雰囲気、この私の気持ち。
‘試合には勝てない’
集中・優勝って心で何回繰り返しても、この心のわだかまりが消えない。全て、忘れたつもりだったのに、やっぱり、ばらばらの心で勝てる程、甘くはない・・・。

試合が終わった時、私は泣いた。
試合に負けたのもある。でも、試合に集中しきれずに、仲間を信じれずに、あんな試合しか出来なかった、自分がどうしても許せなくて・・・ずっと泣き続けた。
みんながいる。対戦校もいる。だから、こんな所でこんな姿見せたくなかった。
仲間の試合が続いてる。応援しなきゃ。
でも、涙はとまらなくて、立ってることが出来なくて座ってしまった。息が荒い・・過呼吸を起こしているって思った。荒い息遣いの合間に声をあげて泣いていた。
自分が自分でないみたい。コントロール出来ない。生まれた赤ん坊がただ何かを求めて泣いている感覚はこのようなものなのか。今までの事、辛かった事、この試合の事、全てを思い出し、全てを忘れるようにただただ、泣いていた。過呼吸で息することが苦しいはずなのに、まだ息をしてる・・・だったら反対にこの呼吸が止まって欲しいと、どっか行きたい、死にたいって思った。
でも、友達が側にいてくれて、どれぐらいたったのだろうか・・・やっと過呼吸がおさまり、涙も少し途絶えた。
最後まで試合を見届けなきゃ。応援をして、団体の勝利に少しでもつながないと・・・そう思って、最後応援した。結果は1−2。負けた。
自分が自分さえ勝っていれば、優勝出来たかもしれない。私があんなにも望んでいた優勝。
それが、誰のせいでもない自分のせいで手に入らなくなってしまった。
私は何をやっていたのだろう?何で私はここにいるんだろう?
そう思うと、また涙が出てくる・・・手足がしびれてくる、また過呼吸になりかけてる・・・
次の試合、棄権したかった。

でも、戦いたいって思う自分が、ここにいる。そん手がラケットを動かすんだ。だから、戦った。
団体戦も個人戦も。

楽しかった。今こうやって、家で過ごしたり、学校にいる時よりも、テニスをし戦っていることが好きなのだ。やっぱり、テニスしたいなって思う。それが、何かに夢中になって生きていくことが私の人生の真のあり方なのかもしれない。
中途半端じゃない。1つの事を全力で、誰にも止められないまま走り抜ける。
それが自分なのかもしれない。


今、まだ寝ているみたい。まだ夢の中。目が覚めると、試合前の自分がいるんだ。
優勝を目指して、全力で戦おうとする自分が。



でも、もう全て終わったんだ・・・
キャプテンとなり、新チームとなり、目指してきた1つの大きな大きな大会が。



ううん、違う。
今、始まったのかもしれない。
次は、県大会があるから。勝負はこれからだよね。
仲間を信じて、そして私は私の、そして私達のテニスをしていこう。

願い 

2006年09月22日(金) 21時37分
昨日は部活抜け出してきて、今日も行かなきゃってことは分かってるんだけど、行く勇気がありませんでしたでも、主力メンバーの後輩が怪我して試合出れなくなちゃったんですけど・・・その子が私の所に来てくれて、いっぱいA話聞いてもらいました。その後輩も中学の時、キャプテンやってて、いろいろ私の話も理解してくれて、私の気持ちも悟ってくれて・・・話してくうちに、やっと少しだけ楽になって・・遅刻した部活に、一人で行きづらかったので、後輩と一緒に部活行きました。
みんなも、事情分かってるから何も言わないけど、やっぱり何か心細くて、最後の方はもう辛くて泣きそうで・・・必死に堪えてました。ラストに試合やったけど、もう立ってだけで精一杯で、動けないし・・・ペアと声をかけ合うことも出来ませんでした。こんなキャプテンはきっと最悪だけど、私にはこれしか出来なかった。コートに立つことが嫌で怖くて、こんなにも一人ぼっちに感じたことなかった。
まだ、明日勝つ気が起こらない。あんなにも優勝したいって思ってたのに、負けてもいいって心の何処かで思う自分がいる。負けても許してしまいそう。

でも、先輩にも今日話し聞いてもらって、メールもらって・・・
ペアの子も明日ゎがんばろうねぇってメールくれて・・・
たった、そんなけの言葉だけど今の私には嬉しかった。そして同時に重い言葉だった。

私は一人じゃない。みんながいるから、私のこと分かってくれる人がいる限り、私はあきらめたらいけないんだ。先の事は分かんない。テニス辞めたいって思うかもしれない。
でも、明日は全て忘れてコートに立たなきゃいけない。
コートに入ったら、全てを忘れてボールだけを追うんだ。

勝つ。絶対勝つ。
優勝する。

2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blue_sky_wing
読者になる
Yapme!一覧
読者になる