眼を開けたまま、みる夢は 

2006年09月10日(日) 22時00分
信じている。
あなたが選んでそうしたいと思ったことなら、
絶対悪いものなどではないのだと。

好きなことして、思ったようにしててよ。

柵の中 

2006年09月02日(土) 22時51分
わたしは、昔から怖がりで
知らない場所に行きたいなんて、ちっとも思わなかったし
傷つくことなんてひとつもなかった。

走って! 

2006年04月18日(火) 8時04分
大事なものは、全部胸に抱えて、背をかがめて走ってきた。
どうか、どうか、誰も見ないで。
けれど、
どうか、誰か見つけて。

掬いとって 

2006年01月27日(金) 12時47分
はやくしなくちゃ。
はやく
でも、そうっと
取りこぼさないように
(そして、取りこぼされないように!)

ブラックオパール 

2006年01月22日(日) 12時50分
とてもとても背が高くて、長い黒髪に黒い目をした高貴な人と会った。
ひたい飾りにはめこまれた、大きな一粒の宝石の横に、親愛の情をこめてキスした。

好きじゃない 

2005年09月08日(木) 10時13分
9月が好きじゃない理由
・夏が終わったんだといちいちいろんなシーンで思い知らせてくること
・そのくせにいつまでも暑いこと
・だんだん冬になっていくのを感じるのがすきなのに、それにはまだまだ早すぎること
・空の青さ加減

毎年、(子どもの頃からずっとそうだけど)
夏休みはゆるゆると始まって、半ばを過ぎると
落下するみたいにすばやく終わってしまう
 ストン、と
まるで何もなかったみたい


早く寒くなればいい

大切なものを大切と言えること 

2005年09月04日(日) 10時24分
今更ここへ還ってくることになろうとは、
という気持ちと
今まですっかり忘れてたなんて、薄情な、
という気持ちが同時にある。

そんなに憧れをもっていたとは思ってなかったけれど、
今から思えば、ほとんど恋に近い思いだったんじゃないかとさえ考えられる。

進んで行きはする。
後戻りなんて、ありはしないのだから。
でも絶対捨てたりなんてしない。
全部大事に持ってる。

ホラティウスのことば 

2005年08月30日(火) 10時32分
農夫は川が流れ尽きるのを待つ。
しかし川は滑りゆき、とこしえに流れゆく。

最後 

2005年08月29日(月) 7時47分
今朝は空気が澄んで、空は雲ひとつなくどこまでも高く透きとおっているようだった。

もう夏は終わりだ。

一時預かり 

2005年08月28日(日) 16時07分
くれとまではいわない。

それはいわないのか、いえないのか。

せめて預けて。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blue_horizont
読者になる
Yapme!一覧
読者になる