ピアス

February 16 [Tue], 2010, 4:21
最近、ピアスをあけました。

本当はハタチ過ぎたら空けようと思ってたんだけど
痛いのがダメなチキンなので
空ける空けるといい続けて早3年
ほんと、やっと空けました笑


友人に手伝ってもらって
夜中に大騒ぎしてあけました笑
今は、シーツや服、お風呂のときや髪を洗うときに
引っ掛けないように慎重に生活しています。
穴が安定しちゃえば痛くないんだろうけどね。


で、先日母と電話したときに
ピアスのことを報告しましたが
「じゃあ今度こっちに帰ってきたら、ピアス買ってあげる♪」
となにやら楽しみにしてらっしゃいます。
ま、前々からピアス見かけては
「あんたまだピアス開けてないの?」
と言い放っていた母58歳です
若いなあ、脳内。


仕事の関係で髪を暗くしたので
別の何かで新しいことしようと思ったんです
年末〜一月はパーマ、
二月はピアス。
今度は何しようかなぁ。

半年ぶりです

January 30 [Sat], 2010, 8:05
更新もままならないまま年を越してしまいました…
お久しぶりのさくらです。
この半年程、夜勤生活をしていました。
すっかり身体を壊しました笑
一月頭からは仕事探しをしつつ
ちょっとのんびりしています。


この半年間で
実生活にも、精神的にも
色々変化がありました。

まず、貯金はできませんでした。
留学どころではなく、毎日生活するので精一杯
でも仕事で得たものは多く
たくさんのことを学びました
気長に考えることにしました
私はまだ23歳で、海外に渡る機会などいくらでもある。
無理しないで少しずつお金をためて
余裕のある状態で行けばいい。
半年でどうにかしようとした自分も甘かったな笑
またひとつオトナになりました(アレ?

初めてパーマをかけたとか
元彼の帰国とか
まあ色々ありまして
またちまちま書いていこうと思います。

あ、パーマは一ヶ月でとれました泣
まあ予想通りというか、これでも保った方というか…

最近の色々

August 07 [Fri], 2009, 19:29
なんだかブログを書くのも久しぶりです。

すっかり夏真っ盛り、
でもあんまり夏っぽいことできてない。
でも新しいお仕事はやっと軌道にのって、
やりがいも生まれ、上司とも協力して頑張っています。
バーの仕事もあるので、ほとんどお休みはありませんが
今はそれでいいか、と思ってます。


ほんとは、したいことたくさんあるの。
買い物もしたいし、
プールも行きたいし、
カラオケも、飲み会もしたいし、
勉強もしたいし、旅行も行きたい。
でも、今はできない。
ストレスいっぱい、でも止まれない。
今は止まらない。
実家にも甘える財力は無いし
弟はこれからお金がかかるし
あたしはひとりで立って歩かなきゃ。



先日、大阪に転勤していた知人が
東京に戻ってくるということで、
物件探しに付き合いました。
少し年上の男性で、転勤中も東京に来るときは
よく飲みに行ったりする仲です。
お互い、飲み友達という感じで気楽で良いです。
急な連絡だったので、前日夜勤だった私は
結局徹夜で、大阪からやってきた彼と合流して
丸一日、物件探しに同行しました。


営業職で、車で高速に乗って毎日移動する関係もあり
小奇麗で、駅も遠すぎず、駐車場が近くにあって…と
結構厳しい条件もあり、なかなか良いところは見つからず…
色んなタイプの部屋を見せてもらったのですが、
6件も内件して決まらず、翌日持ち越し。
3件目あたりから、
「さくらならどこでも楽しく暮らします」
と言い出す始末笑
いや、色んな部屋見れて楽しかったですよ、ほんと。
自分が探すと、条件絞れてるので、
似たような部屋を2〜3件みて決めちゃうんですが
例えば条件が「1K、風呂トイレ別、築浅」とかじゃなくて
部屋の外の条件ばっかりだったから、
部屋の内容はバラバラだったんです。
昼飯もすっ飛ばして不動産やさんに居座った挙句、
中野区のさくらの家も見に来ました笑
急なことで掃除などまったくしてなくて、
散らかり放題でしたが、
さくらの部屋は割りといい部屋をラッキーに見つけたし、
このへんは安くていい部屋が多いのも特徴なので
参考にはなったみたいです。
うちまで見たところで、時間はもう夕方6時。
徹夜で朝も昼も食べてなかった私に、
彼は牛角で焼肉を奢ってくれました笑
その後、知り合いの家に泊めてもらうとのことで別れました。

翌日は仕事だったので付き合えませんでしたが、
後日私が住んでいる所の二駅隣に越してきたと聞きました。
頻繁にご飯のお誘いがあるのですが、
仕事が立て込んでて一度も応じられてないです…
めげずに誘ってね。今度は行きたい笑


そんな話を友人に言うと、
「ほんと付き合い良いよね」とか
「よくできるね」なんて言われるんですが
ぶっちゃけ、徹夜だし疲れてるし行きたくなかったよ笑
でも、さくらは最初は嫌でも
なんとなくその状況を楽しむ能力があるのか
最後には楽しかった、と言って終わることが多いので
自分が出来る限りは、付き合ったり
協力したりするように努力しています。

その精神ができあがったのは、たぶん
中2のときの短期留学。
何もかも初体験の毎日、刺激的な日々。
でもそれはきっと、現地の人にとってはあたりまえの日々で
外国人にとってはかけがえのない「体験」の日々
体験できるときに、体験する。
チャンスは一つも逃さない。
逃したら次がある保障はない。
そう、子供心に学んだ私は
帰国後、出来うる限りのお誘いには応え
資格や技術なども、出来うる限り習得するように努めるようになりました。
それは必ず糧になるとわかったから。
無駄な経験なんて無い。
無駄な知識なんて無い。
無駄な繋がりなんて無い。


誰かに親切にしていれば、きっといつか
何かの形でごほうびがあるかもしれない。
ないかもしれない、でも
「情けは人の為ならず」というように
ごほうびを請求するわけじゃなくて
情けは自分を成長させる何かと考えて
機動力が売りです!とばかりに
フットワーク軽めでやっています。



でも、ひとつだけ希みを言うのなら



そろそろ、シアワセな恋がしたいなぁ、
と思うのです。


友達が、シアワセな恋をしたり
家庭を築いたりしているのを見てると

うらやましいなぁ、と思います。


きっと、そういうのをたくさん重ねて
引きずるだけ引きずったら
次の恋が見つかる、のかな。


無性に、手を繋いで歩きたい、とか
一緒に眠りたい、とか
名前を呼んで欲しい、とか
最近、思います。



なんかいいことあるといいな。

父65歳

July 07 [Tue], 2009, 10:17
7月6日は父の誕生日でした。


今年、65歳になった父は
私が産まれたとき42歳
弟が産まれたとき50歳でした。
還暦もとうに越したというのに、
やれ仕事だジムだ飲み会だと
白髪ひとつない頭に筋肉質な体
全く年寄りに見えないひとです笑
整備士として工場を切り盛りし
まだ中3の弟を社会人にするまで
現役を貫く気満々です。


私は、たぶん父親似。
声や器用貧乏なところは母に似たようだけど
頑固で血の気が多くて声がでかくて
一度決めたことは絶対曲げない
負けず嫌いで人と同じが嫌い。


両親ともそうだけど、
子供が大好きで
もっと結婚が早くて収入があったら、
我が家は間違いなく大家族だっただろう。



両親が、同級生の親と比べて
遥かに歳が上だということを、
小さい頃からわかってて
ああ、私早く独立しなきゃ。
ああ、私早く結婚して子供作らなきゃ。
「間に合わない」かもしれない。
そう、ずっと思ってきました。


そして先日、実家に帰ってるとき
結婚・出産した友達のお子様の写真を見せた瞬間
とても優しげに微笑んだ父の顔を見て

ああ、このひとはもう
「おじいちゃん」と呼ばれる歳だった
などと再確認してしまった。


だから、破天荒な娘の我儘は、今年で終わり。
留学して帰ってきたら、
誰かいい人見つけて、結婚するよ。
きちんと働けて、子供が好きで、
暴力振るわない人なら、いいよ。
お見合いでも何でも。
留学先の国にいる彼は、多分無理だろうから
ソレも含めて、今年でけりをつける。



だらだらするのは私の性に合わない。



それで、自分は幸せなの?
って、友人に言われた。


それはわかんないけど…
親孝行は、親が生きているうちでなければできないんだよ。
私は、両親にきちんと孝行したい。
孫を抱かせてあげたい。
まして、弟はそれこそ「間に合わない」かもしれないから
きっとこれは私が産まれたときから、
そして弟が産まれたときに
私が授かった使命。
自分の生活や、恋愛に没頭してるだけじゃダメなんだ。



犠牲になるとは思ってないです。
お見合いだった両親は、
それでもお互い想いあって支えあって
母方しかいない祖父母とも仲が良くて
そういうふうに、育むのが家族だと思うから
きっと、幸せな家庭を望んでいれば
きっかけなんて何でも大丈夫。



大丈夫。
わたしは、
お父さんとお母さんの子供で、
トシの姉ちゃんだから。
幸せになる方法は、たくさん知ってるよ。



お父さん、誕生日おめでとう。
女の子だからって、男に負けない根性と
まっすぐ前を向いて堂々と生きる精神と
子供を慈しむ心を貰いました。
貴方が元気なうちに、きっと可愛い孫をお見せします。
何人でもね笑



だから、何人でもずっと抱っこできるように
長生きしてね。

自分で作る

June 29 [Mon], 2009, 4:22
最近、今まで「買って」いたもの、「外食」で食べていたものを、自分で「作って」みることにしています。
何でも。
ただ、特殊なスパイスがいるとか、別の調理機材がいるとか、あまりにも手が掛かるものは除いて、ね。
お金と労力はなるべくかけない方向で。


毎日飲むアイスコーヒー。
ホットは淹れてたけど、アイスコーヒーも深炒りのものを淹れて、冷やすだけ。ガムシロップも、ディスペンサーを買って、グラニュー糖を溶かして手作りしてます。
スーパーで買ったって、1リットル120円くらいはするものが、自分で作ったら、豆代と砂糖を合わせても70円くらい。


ファミレスでよく食べてた、チキンステーキ。
鶏肉は、もも肉をフライパンで焼き目をつけて、あとはオーブンで3分加熱。柔らかくて、しっかり火が通る。
ソースは、玉ねぎをすりおろしてにんにくを入れて、煮きった酒・みりんにいれて、塩・こしょう・しょうゆ。
これでガーリックソースになる。
トマトソースでもいいし、大根おろしで和風もいいよね。
ファミレスのランチなら600円前後くらい?
もも肉150円、ソース類入れても200円くらいかな。



漬物も自分で漬けるし、やり始めるとどんどん楽しくなる笑
ひじきを煮たり、アイスティーも飲みたくなったら葉っぱから淹れる。



節約というより、もっと大きな理由で始めたんですが
自分が普段食べてるものを、なかなか食べられない環境におかれたら、どうするんだろう。って、思ったから。
留学を目標に動いていますが、行き先はアジアで、炊飯器も売ってる国。
日本食のレストランもあるし、日本人の経営してるお店だってある。
でも、自分が生まれてからずっと食べてきたもの
(例えば、母親がよく作った料理とか)
や、自分が普段、コンビニで買ってしまうもの
(コーヒーや、とろろそば、冷やし中華)
そういった、身近な食品が、無い国。
屋台の食べ物は美味しくて安いし、
しばらくは困らないかもしれない。
でも、ふと「いつもの味」を食べたくなったら、
きっと自分で作るしかないんだと思う。


去年、彼を訪ねてその国にいったとき
市場に連れて行ってもらった。
同じマンションの、中国人の女の子は、
故郷の料理を作ってくれると言った。
急遽、彼と私で「日本料理」を作ることになった。
そうはいっても、煮込んだり、漬け込む時間は無かったので
ぱっとできて、日本にしかない味。
気候の違う国で育った、姿形の違う野菜たち。
彼はあまり使い物にならなかったので←
手触りと、茎の色と香りで、
「小松菜らしき葉っぱ」と、
「やたら長いけど皮は柔らかい茄子」を探し出して購入。

小松菜(らしきもの)を茹でてみたら、香りも味も小松菜でした。
よかったー笑 (日本の小松菜より、ちょっとパワフルな大きさと形をしています)
茹でて冷ました小松菜(仮)を、だしの素と醤油であえたお浸し。これは私の母直伝。

彼のキッチンは、砂糖も味噌もお持ちでなかったので…
お土産に持っていった、お湯で溶かすだけの、生みそ汁と、グラニュー糖を溶いて、茄子と一緒に炒めて、茄子みそ炒め。
これは甘くて、中国人の女の子にも大好評でした。
味噌汁のもととグラニュー糖でよくやったよ私…
結局彼は何もしなかったw


中国人の子は、辛味の効いたスパイスで鶏肉を蒸したものと、野菜の入ったスープを作ってくれました。
辛かったけど美味しかったw



そんな体験を経て、
「海外でも日本食は作れる」ということと、
「しかし、同条件で作ることは難しい」ということを知りました。
綺麗に洗って、サイズを揃えて、野菜の名前と値段がディスプレイされていて、安全を謳う日本のスーパーで、買い物をして料理をする。当たり前だと思ってたことが、通用しない。

市場の屋台で、籠に無造作に積まれた野菜は、それが何なのか名前も書いてないし、買う分だけ取って渡して、重さを量って値段が決まる。鮮度も大きさも量も、自分で見て判断する。

その時は、焦って大変だった記憶ばかりだけど、
今思い返せば、すっごく面白かった。
あんな環境で料理を作るなら、毎日楽しいだろうと思った。
そしたら、まずは自分が「誰かに作ってもらってた」ものを、作れるようになろうと思った。



留学したら、現地でたくさん友達を作って、日本料理を作ってあげたい。
それにはまず、何が「日本独自のもの」で、「現地でどれだけ本場レベルのものが作れるか」が大事。




凝ったものも、高級なものも作れない。
でも、
自分が食べて育ってきたもの
自分が毎日でも食べたいもの
それくらいは、自分でできるようになりたいと思う。

年2回のビックウェーブ(違

June 20 [Sat], 2009, 17:42
昨夜、久しぶりに
もんのすごい頭痛に襲われましたorz
元々、偏頭痛持ちですが、
ここまでの痛さは年2回くらい、かな。


夜、寝る前に飲んだ頭痛薬は全く効かず、
どんな体勢でも頭が痛くて
こりゃいよいよ何か病気なんだろうか、
明日は病院に行こうかと、痛さで眠れないまま考えて
やっとうとうとしたものの、やはり痛さで起きた時には
暑いのに、寒くて
変な汗を全身でかいて
無理矢理朝ごはんを食べて、また薬を飲んで
やっとのことで効いてきた薬
仕事までにはなんとか回復しました。


いやーすごかった。
んでよく考えたら、今社会保険から国民健康保険に切り替えてるので
保険証無いorz
病院かかれんのやった…



この頭痛、一度調べたほうがいいのかしら。
ただの偏頭痛ってわかればそれでいいんだけどね。

ダイエット

June 06 [Sat], 2009, 15:30
最近、夜の食事を減らすダイエットしてます。

夜は、その後活動するでもないから、
そんなに食べなくてもいいらしい。
でも抜くのは無理だから、野菜スープ具沢山で。
豚汁とか、ポトフとか、春雨スープとか。
野菜が5品以上入るようにして、
お肉と炭水化物は入れない。
あとはヨーグルト。寝てる間に腸を掃除してくれるらしいですね。
これでけっこうお腹いっぱいになるんですが
お腹すいてても寝られるようになったので笑
というより、食欲より睡眠欲が上回るというか笑
そのかわり、朝と昼はガッツリ食べます。
あと3キロ落として、大台突破を計りたい!
運動すると筋肉になって体重が減らない、筋肉質な私。


で、先日は、とりもも肉で、新作作りました。
ファミレスでよく「チキンステーキ」ありますよね。
あれのガーリックソース。
玉ねぎすりおろして、にんにくと醤油。
某大型レシピサイトで見つけて、やってみました。
とり肉は焼き目だけつけてレンチン。
お店のってむね肉だけど、もも肉のほうが美味しいから…
いやぁ大成功!あたしもうファミレス無くても平気!笑
ファミレスで頼むメニューって、「家で食えないもの」だから
お店のよりうまい。自分の味覚判断だが笑


腹の肉減らして…水着着られるからだにしなきゃ笑
健康的に痩せる!

じいちゃん

June 02 [Tue], 2009, 3:28
じいちゃんの具合が良くない。
覚悟はしておいて、と
今年に入ってからはずっと言われてきたけど



父方の祖父母は、父が10代の頃に亡くなった。
だから、私は母方の祖父母しか居ない。
ばあちゃんは、6年前に亡くなった。
それから、じいいちゃんは元気が無くなって
心臓も肺も悪くて、ペースメーカーも入れてる。
去年までは母方の実家に住んでて
今年の年明け、足が不自由になって、施設に入った。
施設に何度か遊びに行ったけど、
車椅子に乗っていたけど、起き上がって話すことはできた。
先月、体調を崩して入院してから
まだ退院できていない。


つい先日、母から電話があった。
「もう、あんたは会えないかもしれない」
翌日休みだった私は、飛んで帰ってお見舞いにいった。
その翌日は仕事だった為、日帰りでバタバタして
実家にも、「今日帰るから、一緒にお見舞い行く」と
当日の朝連絡したくらいだった。
会いたい、たった一人のじいちゃん。
手遅れになってから後悔したくなかった。
会えるときに会っておきたかった。


朝早く帰って、午後一番で、家族みんなでお見舞いにいった。
じいちゃんは、もう食べることもできないらしくて
ガリガリに痩せて、目もくぼんで
酸素と点滴に繋がれて、横になっていた。
意識もはっきりしないのか、応答したり、しなかったり。
もう寝る、と言ったし、あまり長居しても疲れさせるだけなので
すぐに切り上げて帰ってきた。
冷たい手を握って、「またくるね」と言うと
かすかにうなずいてくれた。
でも、その直前には、母に向かって
「早く死にたい」と言った。
戦争にも行った、昔堅気のじいちゃんは
みんなの世話になって、生き続けるのが申し訳ないのかもしれない。


じいちゃんが施設に入ったのは、
実家のおじさん夫婦が、介護を放棄したから。
うちがもっと物理的に広くて、バリアフリーにできたなら
引き取って面倒くらいいくらでも見たのに。
父は、早くに両親を亡くしてるから
母の両親である祖父母を、自分の親のように扱っていた。
祖父母も、自分の息子のように、気兼ねなく用事を頼んでいた。
私がうんと小さくて、まだ結婚とか、よくわからなかった頃
父も、母方の祖父母の子供なんだと思いこんでいた頃があった。
それくらい、父と祖父母は仲が良かった。


小さい頃からよく祖父母に遊んでもらっていた、私と弟は
祖父母が大好きで、
外孫なのに、内孫の従兄弟より一緒にいた時間が長かったくらい。
(内孫のいとこ達は、早くに家を出て滅多に帰ってこない)
8人いる孫の中でも、たぶん一番可愛がられた。
いつもにこにこして、私が好きなお菓子を用意して待ってたばあちゃん
物静かだけど、やっぱりいつも笑って、
帰る時には畑で取れる野菜を何でも持たせてくれたじいちゃん。
ばあちゃんは間に合わなかったけど、
じいちゃんには、成人式も、卒業式の袴も見せてあげられた。
外孫の年上の従姉妹は、結婚して子供が生まれて
じいちゃんはひ孫を抱くこともできた。
できれば、私もウエディングドレス姿とひ孫を見せてあげたかった。
でも、もう無理かもしれない。



おじさん夫婦は、たまに洗濯物を代えにくるくらいで
お見舞いに顔を出すこともあまり無いらしい
だからか、優しかったじいちゃんは少し変わってしまった。
自分のことはほっといてくれ、と拒絶する。


いまなら時間がある私が、毎日お見舞いしたいと思っても
きっとじいちゃんは嫌がるだろう。
孫に何もしてやれない自分を、
管に繋がれた自分を恥じるだろう。



今はもう、母くらいしか顔を出しに行かない。
他の親戚は、ばあちゃんのときのように
あとから後悔するんだろう。
母は、私が飛んで帰ったことをとても喜んだ。
じいちゃんが喜べない代わりのように、
何度もありがとうと言った。



私にできることは何だろう。
極力会いに行くことくらいしか、できないけど


管に繋がれてても、寝たきりでも、何でもいいよ
じいちゃんが生きてさえいれば、何でもいい。
少しでも永く、生きてて欲しい。
孝行できるじいちゃんは、じいちゃんしかいないんだから

うどん

May 29 [Fri], 2009, 7:07
さくらは、身内にはわりと有名ですが
麺が好きです。
特に、蕎麦、うどん、そうめん等
日本の麺がすき。


子供の頃、小食だった私は
麺類ならつるつるとよく食べたので
母親が色んな味付けで蕎麦やらうどんを食べさせました。
風邪ひいたときも、お粥が嫌いなので
おじやか、煮込みうどん。
夏は暑くてご飯を食べる気がしなくて
お昼は蕎麦かそうめん。


パスタやラーメンは飽きるけど
うどんと蕎麦は飽きない。


今、一番行きたいのが
北海道に次いで、香川。
誰かさんの出身地だからではなく笑
どうでしょう班が大好きな四国で
どうでしょう班が「うまい!」という
うどん屋巡りをしたい笑


あまり全国規模ではないけど、
私の実家は埼玉県内では知られる
うどんの町なんです。
そこらのおじさんが、みんなうどんの打ち方を知ってて
お祭りがあると出されたり、
赤飯の代わりに配ったり。
だからうどん屋さんもそこそこ多くて
よく食べたなぁ。
小学校の同級生のうちがうどん屋、ってのも何件もありました。



彼が足しげく通っていた
町田の蕎麦屋さん。
もうちょっと近かったら、毎週食べにいくのに。
讃岐うどんを出すのだけど、
かまたまとかぶっかけとか、すごくおいしい。



そんなことを書いてたら、おなかすいてきた笑
もらい物の乾麺だけど、うどんにしようかな。
冷たくしてぶっかけにしよう。
おしい、ネギがなかった泣



いつか、もし彼に香川を案内してもらうことがあったら
間違いなく、「うまいうどん屋」とリクエストするだろう。

リフレッシュ

May 27 [Wed], 2009, 7:03
一ヶ月のリフレッシュ(?)を経て
6月から仕事始めます。
この歳でまたこの仕事に就くとはおもわなんだ…


私にとって、今は「効率的」が最優先。
できれば、10月くらいには出発したいんだよね…
年末には帰らないと、親にも悪いしじいちゃんも心配だから
年末に帰る、って考えると、10月を逃したら年明けかな。
ああでも、向こうにいっても準備期間とかあるんなら、
少し早めに行ったほうがいいんだろうし…
あ、ちなみに今住んでるアパートはそのままにしたいので
維持費をどうするか悩んでたのですが、
友人が住んでくれることになりましたw
ありがとう、設備は好きに使って良いからね笑
実家は私の部屋が存在しないので、引き払ったら
また実家の近くにアパート借りるハメになるので、
それならこのままのほうが都合はいいんだな。


今夜から、ほぼ毎日予定が入ります。
昨日は丸一日休みだったけど、もうそんな日無いなぁ笑
効率が全てですので、休みいらない。
まぁ、新しい仕事が週5で、夜のバーが週2だから実際無いけども
運動不足なのか寝すぎなのか、最近足腰が痛くて大変です。
働かないとね。
そうそう、最近蕎麦で生きてたのですが、
昨日久々に鶏肉食べました笑
生姜醤油で炒めたのと、照り焼きの二種類作って。
麺類しか受け付けない体になりましたが…
蕎麦も新メニュー作らないと飽きるかな、そのうち
でも、家事もままならなくなるか…
練馬の駅前の開拓を頑張ります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さくら
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年6月3日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像さくら
» うどん (2009年05月30日)
アイコン画像かだ
» うどん (2009年05月29日)
アイコン画像さくら
» 人間という生き物 (2009年03月06日)
アイコン画像さくら
» ぶた祭り (2009年03月06日)
アイコン画像tora
» ぶた祭り (2009年03月03日)
アイコン画像
» 人間という生き物 (2009年02月27日)
アイコン画像オオノ
» 人間という生き物 (2009年02月27日)
アイコン画像さくら
» ただしいこと (2009年02月24日)
アイコン画像
» ただしいこと (2009年02月23日)
アイコン画像さくら
» ただしいこと (2009年02月22日)
Yapme!一覧
読者になる