計画中 

2016年07月25日(月) 12時30分
ええとですね、、、


とあることから話が発展しまして、、、


現在、「ある計画」が進行中です。


僕の球ライフをグッと変えるようなことを計画してます。


どうにもこうにもここ1年くらいは色々なことでモヤモヤしてましたので、、、そのあたりをスパッと変えて気分一新を図ろうかと考えております。


・・・が、だいぶ話は具体化されてきましたが計画通りに進むか頓挫するか分かりませんので、、、


1週間後をご期待ください(笑)



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!



5個取り切り_13 

2016年07月24日(日) 8時00分
さてさて、ちょいと難解な配置をどうぞ・・・


「5個取り切り_13」





6番は、クッションからちょい浮きで、8番穴前ですが、6番は直接右上コーナーには入れられません!


(そういえば、本家の5個取り切りがついに復活されましたね!)


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


<追記>

ちょっとですねぇ、、、思いついたのが、、、こんなのとか、



こんなのなんですけどー。。。




なんだかんだで実行するのが難しいですよねぇ。。。特に6番のイレ。。。7番に何とかつなげても、8番も穴前で入れるのはいいですけどダシが、、、一番効率的に取れる方法を教えてください。。。


EXproシャフト 

2016年07月22日(金) 14時11分
さて、木曜日の夜です。まずはいつもの通り、帰宅して日課となっている体重計に乗ります。

・・・ついに当面の目標達成!!(笑) 6キロ減に到達しました!
ここからはこれを維持しつつ次はトータル8キロ減を目指します!(^^)!


ということで意気揚々とセスパへ!


と、行きたいところだったのですが、時は少しさかのぼって夕方です。
仕事を定時前に早退しまして整形外科へ。右足の踵がどうにも痛くなってきたので診てもらいました。レントゲンを撮ってもらったところ幸い骨には異常なく、アキレス腱の付け根の炎症ではないかという診断となりました。テーピングと塗り薬と湿布と飲み薬で様子見とのこと。うーーむ、困ったもんです。早く治らないかなー。

ダイエットのためと思い、散歩の時間を増やしたことが原因かも?などと言われましてね。いやはや動く時間は減らした方がいいかもとも言われたのですが、、、ビリヤードの時間は減らしたくない!!(笑)



とかなんとかそんな出来事を経て夜にセスパへ。


前日いい感触を得た「先球の軌道をイメージする」というのをさらに検証してみようと思っておりました。

入店して少しだけ1人練習をして、その後OTさんと初めて相撞きすることに。ナインボール5先のセットマッチを3回ほどやりました。


いやーーー、苦労しました(苦笑)

なんなんでしょうかね?前日良かったイメージもそこまではっきりせず。ストロークも安定せず。台のコンディションも湿気のためか難しく。もろもろ頭も集中力も体力も使って途中から右足の踵もどんどん痛くなるわで大変でした。

何故にこうもうまくいかない?入らない?良かったイメージが再現できない?などと思い始めてしまうと、いやはや。

最近では、1人練習の時に掴んだいいイメージが、相撞きになるとあえなく破綻するというのが、パターン化されてしまっておりますなぁ。。。

自分の球撞きのベースが1人練習になってしまっているからかもしれませんねー。1人練習の時にいかにいい感じで撞けるか?ってのを基準にして求めてしまっているのかもしれませぬ。。。だから相撞きになるとそんなにうまくいくわけないので、やっぱりよくないかなぁ?という方向に思考が傾いてしまう。。。

相撞きをベースにして球撞きに取り組んでいった方がいいなと改めて感じたのでした。



その後、7番隊隊長がついにUJの「EXproシャフト」をゲットしたとのことで、試し撞きさせてもらったり、他のA級さん達と色々撞いてみてあーだこーだ意見を話したりしました。


短時間撞かせてもらっただけですが、手ごたえ抜群で、バットとの相性もあるんでしょうけど非常にいい感じなのがすぐ分かりました。


※ここで注意です!
誰かのキューやシャフトを試し撞きさせてもらっている時ってのは、往々にして「これイイ!」と思ってしまいがちです。他人の物ですから、錯覚や先入観があるのに加えて、だいたいの場合は気持ちよく撞いて試しているため、当然気持ちいいショットが基準になりますので、イイ!と感じやすくなっております。疑ってかかるか、プレッシャーのかかる状況下を想定して試してみるように僕は心がけております。それくらいの方が冷静に見れてちょうどいいです(笑)


タップも「斬plus S」が初期装備のようですが思ったほど柔らかくもなく、打感全体も良かったように感じました。あの短時間のイメージでは、「スピンが凄いノる」「カーブが少なそう」「押しのパワーがあってラインがきれい」といったところを感じましたねー。引きについてはまだ「R」がほとんどついていなかったため不明。また試し撞きさせてもらう機会があれば試してみたいと思います。


まあ、、、トータル的な感想を一言で申しますとね、、、



僕も欲しい!!!



ですよ(笑)


まあ、あの性能はあのエクシードのバットに合っているから尚更良さそうだなーっていうのは感じますし、自分のバットに装着した際にそこまでいいと感じられるかどうかなんて全然わからないわけですが(^_^;)


購入するとしたら、やっぱりWJを購入してジョイントチェンジ?重さは105〜110gくらいのものを選んで、、、みたいな妄想を膨らませるだけにとどまらず、あるお店に早速問い合わせを入れてみたり、、、気づいたら僕もEXproユーザーになっているかもしれませんよ?(笑)



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


先球の軌道 

2016年07月21日(木) 15時05分
さて、懲りずに水曜日の夜もセスパへ行って来ました。最近は珍しく数台空いていて、すんなり入れることが多いですな。

終始一人練習してました。なんだか右足の踵が痛くて、休み休みの球撞きでした(^_^;) こりゃあ、本格的に整形外科にでも行かないと行けないかなぁ。。。


相変わらずストロークが定まっていないので、今の自分にはどういうストロークが合っているのか色々試しながらバラ球撞いたり取り切ってみたり土手撞きや左フリを撞いてみたりとやってました。


結局その点に関してはよくわからないままでしたが、、、なんとなく「脱力」することが大事だよなーと改めて感じました。力を抜いてグリップも自然にして、あまり狙いに固執しすぎて頭(顔)が下がりすぎないように、、、

なんというか、フォーム・ストローク全体的にリラックスした状態で撞くって感じでしょうかね。これはこれで良かったです。

プレッシャーのかかるような場面では難しいような気もしますが、、、最近めっきりそんな場面もないので、まあいいかな(笑)



そんな中、ふとTwitterを見ていたときに「先球をイメージして撞いたら良かった」といったようなツイートがあったのを発見しました。


お!これは良さそうだぞ!と思い立ちましてね。早速試してみたのです。


以前、「先球のスピードを意識する」ということを課題としていた周期が僕にもありまして、無理に強くとか弾いてしまうようなショットを減らし、安定感を出す試みだったのですが、印象が良かったのは覚えてます。


今回はそれに加えて、「先球のポケットへの走り方、スピード〜いわゆる『軌道』」をイメージしてショットする、というものです。


構えに入る前に、これくらいのスピードでこういった走り方でポケットに落ちていく、といったような先球の軌道をしっかりイメージしてから構えに入ります。


するとどうでしょう!


体がそのイメージした通りに先球を走らせようとするためか、無駄なく素直に撞けるような気がしました!


当然、イメージした通りの軌道を辿って先球がポケットされれば、入るし、入り方もイメージ通りなわけですから、ポジションも出しやすい、ということになります!


これはいいイメージをいただいたなぁとフォロワーさんに感謝感謝です♪


しかも!


これのいい効果はこれだけにありませんで。


先球の軌道をしっかりイメージ出来ていれば、ヘッドアップ防止効果にも繋がるようです。

どういうことかと言いますと、先球がこう走るというイメージが出来ておりますので、ショットへの不安が少なくなるというのが一点。

ショット直後にイメージした通りの軌道で先球が走り出したかどうかを、無意識的に確認する「タメ」が生じるというのがもう一点かと思われます。

後者は、以前僕がヘッドアップ対策として取り組んでいた「先球がポケットされてから次の行動に移る」ということに通ずるものがあるような気がしました。


以上のことから、「先球の軌道をイメージして撞く」というのには、一石二鳥の効果があるように感じられました☆素晴らしい(^O^)!


ちなみにですね、、、


穴前の球に関しても同様で、ポケットのさらに奥へどういった軌道で走っていくかをしっかりイメージすることによって、厚み間違いとそれによるダシの全然違う!ってのを減らせることにも繋がりそうです。

穴前の球はダシミスしやすいですからねー。僕は昔から比較的穴前の球は上手いね、と言われる方でしたが、さらに安定させられそうです!


んーーー、ではセーフティの時も同様に上手くいくか?ってのもありますが、、、この日はそこまで検証出来ませんでしたので、また後日。




といった具合に、収穫のありそうな練習でした。あとは毎度毎度そうなんですけど、相撞きでどうか?ってところも試していきたいですねー。



自分としては、これまでずーーっと、普通のショットであれば「的球から目を離さない」というのを意識してきたわけですが、往々にしてその時意識していたのは「厚み」のみです。


構えに入るときにしっかり厚みを見て入り、そして今見ているその厚みに手球を運ぶ、そして手球がその厚みにヒットするまで目を離さない、、、そこまでの意識だったわけです。

不調になればその厚みに不安が出る、その厚みに手球を運べるかどうか不安が出る、そんな感じになっていたわけです。

今回、先球をイメージした軌道で走らせようとして撞くと、そこまで構えに入るときも、準備ストロークの際も、厚みにこだわることなくショット出来たような気がしたので、これは新しい感覚でした。


今後検証を続けてみて、やっぱり元の方がいいかなという判断になる、もしくはそういう周期が来ることもあるかと思いますが、考え方・イメージのバリエーションが増えることは有益なことだと思うので、大事にしたいなと思ったのでした。


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!



4本のUJ 

2016年07月20日(水) 11時43分
昨日火曜日の夜にセスパに行ってきました。なんせこの三連休、一度も球撞いてませんので、久しぶりな感じです。


この日の球の内容に関しては、からっきしいいところもなかったので特になし!!(苦笑)

あ、、、この日は細かい「当てダシ」はことごとく上手くいったな。。。でもそれだけだ。。。ストロークも気持ち悪いわ、土手撞きもイマイチだわ、入る気もあまりしないわ、うーーん、マズイなぁ。。。




さて、ここからが本題です。結構マニアックな話になると思うので、面倒な方はスルーでお願いします(笑)


7番隊隊長が、ニューシャフトを購入予定とのことで、重さやバランスについてあーだこーだ話しておりました。ここ1年くらいで僕がさんざん検討を重ねてきた経験より、「重さよりも振りやすいバランスが大事だ」とか「性能云々よりやはりバランスだ」というのが僕の持論になっております。

そこで、現在の隊長のハイブリッドプロU(118g)に対して、どれくらいの重さの物を購入すべきか?という話になったのですが、僕的には何本かあるならすべてバットに装着してみて、一番振りやすいと思うものを選んだ方がいいですよ、とアドバイスしました。

(僕のブラッドワースのような特殊ジョイントでは出来ないが、汎用のUJ(ユナイテッドジョイント)なら簡単にできる)

しなしながら、当然そんなことは販売店に直接出向いてでもないと出来ないでしょうから難しく、「なんだかんだで一番重いものを選んでもらう方が良い」という話になりました。


そんな折、たまたま来られていた常連さん(僕は知りませんでしたが、隊長はご存知の方)が、なんと!ななななんと!!UJのハイブリッドプロUを3本も所有されているというではないですか!!!


ということで重さ比較が始まります(笑)


その方も重めを好むらしく、重いシャフトがずらっと。
それぞれ、123g、123g、126g(メインで使用)でした。

それで、それぞれのシャフトをとっかえひっかえ隊長のバットに装着して重さがどーだとか振りやすさがどーだとか検証してみました。


当然僕が気になるのは「バランス」です。


そこで、その4本のUJのシャフトの、“シャフト単体”のバランスポイントを比較してみました。そうしましたところ、、、


4本ともほとんど同じ!!!


では、なぜか?と考えます。


そもそも、120g前後というのが僕にとって「だいぶ重い」という印象です。僕の使用しているシャフトの重さは96g〜106gくらいですから。ではその重さの差はどこから来るのか、、、?

そうですね、「ジョイント」ですよね。

UJは金属が埋め込まれておりますので、その部分で15g〜20gくらいあるものと思われます。

そうなると、重さというものはそのジョイントの部分に集約されるのではないか?と考えました。シャフト単体、バットに装着時、いずれも大きく寄与してくるのはジョイントの部分。。。そうなることによってシャフト単体でのバランスの個体差がほとんどなくなるのではないかと思われました。


僕の使用しているような木ネジのジョイントでは重さが集約される場所がないため、個体によってバランスポイントに差が出てくるのかもしれないなーと感じました。(当然、木ネジの同じシャフトを並べて比較したわけではないので正しいかどうかは分かりませんが)


では、それら4本のUJのシャフトをバットに装着して、キューとしてどうか?と見たときには、やはり重いシャフトを装着した場合にはやや全体的に重く感じますし、隊長のシャフトを装着した場合にはやや軽く感じました。こういうのは、オープンブリッジで握り込みをした際に手首に来る負担などで感じることができるのですが、やはり多少違いました。

しかしながら、「振りやすさ」にはそれほど差がなかったように感じました。これは素晴らしい。これもおそらくジョイント部に重さが集約されているためではないかと考えました。


ということで、UJであれば、前述のとおり、シャフトを購入する際にその個体ごとの「バランス」はほとんど考える必要がなく、「重さ」だけに着目して注文すればいいのでは?となったわけです。



・・・

・・・

・・・まあ、あれですよ?

僕は専門家でもなんでもないし、見当違いなことを言っているかもしれませんので、気にしない方はまったくもってスルーしていただいた方がいいような内容ですけどね?(笑)


といったようなことから、今後もし自分がキューを変えるようなことがあったなら、、、


UJとはユニロックとか、金属ジョイントの物にでもしようかなー、なーんて思ったのでした。
やっぱり汎用品はいいですよねぇ〜(笑)


道具研究への道は、まだまだ続く・・・


かも?


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!


2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ブラッド
» 5個取り切り_13 (2016年07月25日)
アイコン画像Fumy
» 5個取り切り_13 (2016年07月25日)
アイコン画像ブラッド
» EXproシャフト (2016年07月24日)
アイコン画像ラキア
» EXproシャフト (2016年07月23日)
アイコン画像ブラッド
» 4本のUJ (2016年07月22日)
アイコン画像7番隊隊長
» 4本のUJ (2016年07月22日)
アイコン画像ブラッド
» 4本のUJ (2016年07月21日)
アイコン画像7番隊隊長
» 4本のUJ (2016年07月21日)
アイコン画像ブラッド
» 5個取り切り_12 (2016年07月19日)
アイコン画像なすみそ
» 5個取り切り_12 (2016年07月19日)
月別アーカイブ