改めてトラ目のファミリー 

May 20 [Sun], 2018, 11:11
さてさて、ちょいと僕のビリヤードの道具一式が更新されましたので、改めてご紹介させていただきます。


こちらが、現在のトラ目ファミリーです!


ドンッ!!






ちょいと拡大するとこんな感じ。




右側から
・EXCEED
・ハイブリッドプロ2
・EXPro
・ブラックジャックブレイク
・ディープインパクト(BJ用)
・アダム ブレイク
・ブラックジャックジャンプ
・エクステンション
になります。
主要なバットやシャフトにはトラ目のジョイントキャップを使用しております。

実はBJジャンプ用に作成したトラ目のシャフトもあるのですが、、、こちらは性能的に難アリのためお蔵入りしておりまして、、、(苦笑)


ですので、目下のところ「しっかりと飛んでくれるジャンプ用のトラ目のシャフト」というのを探しております。もしもこちらをご覧になられた方で何か情報をお持ちの方はお知らせくださいませm(_ _)m


それとですね、、、色々な方に言われるんですけど、キューケースはトラ目の物にしないのか?と(笑) これについては、、、そこまで具体的にはまだ考えておりませーーん!(笑)



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんのコメントもお待ちしています!

スリーファール 

May 17 [Thu], 2018, 14:18
先日のことです。

元々セスパの常連さんで、数年前に転勤で引っ越して行かれた若者NK君が、また転勤でこちらに戻ってこられたようで、久しぶりに撞きましょう、となりましてね。


以前こちらにいた時はSB級だったのですが、晴れてA級に昇格されたようで、いやー、ますます強くなってんだろうなーと思っていたのですよ。

結局5先テンボールを2回やって、1-5、4-5だったかな?くらいで負けたんですけど。


そのうち3回、、、

実に3回、、、


スリーファール取られるの巻。


もう1回言いましょう(笑)


スリーファールを3回取られました。

これは、球人生初です。そもそもスリーファールなんぞ1日に1回、どころか、数ヶ月に1回あるかないかくらいだったわけですが、この5先2回で一気に取られました(苦笑)

(これに関しては普段トーナメントに出ていないということや、相撞き相手が厳しくないということも大いに関係しておりますが)


ま、負けるのは仕方ないですよね。こちらはもう何年も試合とか出ていない、相手は試合とか大好き、どうしたって最近より一層チビり症になっている自分では太刀打ち出来るネタもないわけですから。


それにしてもスリーファール3回とは、、、


で、何がすごいって、手球と邪魔な先球とをビタッと付けるのがお上手。

先日このブログでも記事にしましたが、クッションに対して垂直・平行に近い角度で手球を邪魔な先球にビタッと付けられるとかなり厳しい。

加えて、ファールを取った場合に更にセーフティをかけられるようなところに先球を持っていくわけですから、尚更厳しいのであります。


色々勉強になった一方で、自分も少しは当てろよ!と思いましたとさ(笑)


ま、最近単に隠すだけだとジャンプで入れられてしまう、、、それどころかポジションまで取られてしまうこともザラですからね。セーフティの発想と手球のコントロールをもう少しでも上げないとなーと思ったのでした。


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんのコメントもお待ちしています!

NEWグローブ 

May 13 [Sun], 2018, 9:13
さて、昨日こんなものをゲットしました。





メッヅの新商品グローブです!

中身はこんな感じ。





左右兼用のようですね。

装着するとこんな感じ。





感想としましては、、、


かなりフィットしますね!!


今回のラインナップは、「S/M」「M/L」の2サイズ。

僕は男性にしては手が小さいので、この手の物を買うときはS/Mサイズにしております。

手の入り口からして少しきつめで、装着時点でかなり手が締め付けられる感じもします。このサイズは女性が基準になっているかもしれませんねー。

ま、それでも装着するとなかなかのフィット感で、プレイには違和感はありませんでした。

一部がメッシュになっているので、汗ムレも少なくてすむかもしれません。

僕はグローブの使い始めからフィンガーカットタイプを好んでいますので、そのあたりもありがたいところです。


これまでは1人練習の時はポイズングローブ、相撞きの時はオウルグローブと使い分けてましたが、今後はこの新メッヅグローブとオウルグローブとを使っていこうかなと思ってます♪


定価が2700円とそこそこしますので、、、コスパがどれだけいいか?耐久性はどんなもんか?などは今後の使用で確認してみたいと思います。



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんのコメントもお待ちしています!

セーフティ返し 

May 07 [Mon], 2018, 10:49
さて、先日とある動画で面白いセーフティ返しがありましたのでご紹介いたします。



こんな感じの配置です(各球の場所は大雑把です。あしからず。。)
手球とちょい浮きの2番との間に邪魔な球があります。左短クッションから入れに行くには9番がちょっと邪魔ですね。

まあ、だいたいの人は右短クッションから当てに行くと思いますが、、、

、、、

、、、

、、、


、、、


結果はこんな感じ。
(手球とか2番とかの動いたラインも適当ですので、あしからず(笑))





一瞬、ん??と思いますよね。

そうなんです、オーソドックスに行くと、だいたは「左」を捻りたくなると思うのですが、ここでは「右」を捻ってます。

2番に当たった後、分かれていくようにショットしているわけですねーー。

うむ、なかなか面白い(^^)♪



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!

シャフト1本分の距離 

May 05 [Sat], 2018, 15:02
こんにちわ!世間はゴールデンウィーク後半というところでしょうか。僕は毎年のことですが、この期間は実家に帰省して田植えの手伝いをしておりますので、遊びに行くという概念がありません(笑)


さて先日のことです。ホームに行きましたところ、かなり久しぶりに来られた強豪Aクラスの先生と相撞きすることになりました。

しばらくの間相撞きをした後、とてもためになるアドバイスをいただきましたのでご紹介します。


その日の僕の球撞き内容に関して、先生曰く、「まだまだ手球が遠い」、とのこと。特にハイボールでそういった場面がちょこちょこあり、そこからミスをしてしまっている、とのことでした。


そこで教えていただいたのが

「シャフト1本分の距離を意識するといい」

とのことでした。

この距離というのは、手球と先球との距離のことになります。


ナインボールをプレイするにあたり、ローボール(1番〜4番)においては、球の数もまだ多いので、見えるところで・・・とか、遠くても・・・といったところは多々あると。

ただ、ハイボール(5番〜9番)に入ってきたら、球の数も少ないのでなるべくシャフト1本分の距離に手球を近付けることを意識すると様々なことに対応出来る、とのことでした。


なるほどなーと。


確かに、球の数が少なくなっている状態においては、手球が近くにあればどうとでもなる場合が多いなーと思いました。

対戦している相手から見ても、手球が近く近くで処理されると、取りきられたなーという感覚になるとのことで、確かにーと思いました。


加えて。


それが故に、4番→5番の入りで意識を切り替えるとよい、とのことでした。

ローボールではそれを意識してもなかなか難しい場面が多いのでそこまで意識しないようにしていても良いが、取りきりの途中でハイボールに入るところからグッと意識するといいとのことでした。

極端な話し、4番→5番の入りで別ゲームになるくらいの感覚だそうな。

こういう考え方は今まで自分の中になかってので、聞いてて面白いなーと思いつつ、確かになーと共感しておりました。


さらに。


そういった観点から、普段の1人での練習で「6個取りきり」ってがいいよ、とのことでした。

4番〜9番のみを使用し、4番をフリーボールで入れるところからスタート。まずそこで5番にきっちり出すことを意識し、その後は6番、7番、8番、9番といずれもシャフト1本分の距離に手球を出しつつ取りきることを意識するそうな。

いやーー、、、僕はしょっちゅう1人練習で取りきりを繰り返してますが、ただ漠然と取りきることだけを目的にしてましたからねーー。これは今後そういった練習の際には是非とも意識してみたいと思いました。

曰く、「この確率が上がってくれば、負けないAクラスになれるよ」と。。


なお、シャフト1本分の距離より近ければ近いほどいいってもんでも無いようです。ある程度近いと今度はキューを利かせたいときに余計な力が必要だったり、そもそも両足が地面につかないフォームで撞くことになったりで、難しい面も出てくるとのことで、なんだかんだシャフト1本分の距離付近が一番色々なことをやり易いんだそうな。


(ちなみに、この時は話しに出てきませんでしたが、フリを考えると30度くらいが一番色々なことをやり易いフリのようで。合わせて考えると、30度くらいフリを付けて、シャフト1本分の距離に出していくのが最も効率的ということになりそうです)


シャフト1本分の距離、、、実際に手球と先球とを置いてみると、確かに撞きやすいなーと思うと思います。
意外と皆さん撞き慣れてる距離なのかもしれません。そう、、、センターショットの距離ですから!


実際のゲーム、組み立てにおいて、今後しっかりと意識してみたいなと思ったのでした(^O^)



↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんのコメントもお待ちしています!

2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ブラッドEX
» 新商品 (2018年04月21日)
アイコン画像ブラース
» 新商品 (2018年04月21日)
アイコン画像ブラッドEX
» 新商品 (2018年04月21日)
アイコン画像ブラース
» 新商品 (2018年04月21日)
アイコン画像H Y
» レボ レッド (2018年02月06日)
アイコン画像ブラッドEX
» レボ レッド (2018年02月06日)
アイコン画像HY
» レボ レッド (2018年02月06日)
アイコン画像ブラッドEX
» 土手撞き (2018年01月16日)
アイコン画像ブラース
» 土手撞き (2018年01月16日)
アイコン画像ブラッドEX
» 動画観戦 (2018年01月10日)
月別アーカイブ