老眼と飛蚊症の関係について

March 11 [Wed], 2015, 20:08
「老眼」の中の代表的な症状の中に「飛蚊症」があります。
飛蚊症は、原因は肌のシミやシワ、髪が白くなる。のような眼球の老化現象です。
「網膜剥離」などの網膜の病気以外ですと老化現象ではありません。

飛蚊症とは、
実際はないのに、視界にゆらゆらとホコリ、糸状のものや、球体のものが見えてしまう症状で、明るいところや白い壁を見た時にハッキリ見えます。老化現象ですが、若いときからなってしまう人もいれば歳を取ってもならない人もいます。
飛蚊症は「老化現象」なので特に治療は必要なく、基本的に進行もしないため、放っておいても問題はないのですが、一時になる時になって仕方ない、うっとおしいですよね。ですが眼科にかかったとしても「慣れるから我慢して」としか言われない場合もあるようです。

飛蚊症にも様々な原因や種類があるようですが、
その中でも最も多いとされているのは、
老化やストレス、眼の酷使によって伴う「生理的飛蚊症」と呼ばれるものです。
網膜の病気の時は急に見えるホコリのようなものの数が増えたりします。
老眼や飛蚊症にならない為には、目を酷使しすぎないことや、ちゃんと目を休めたりすることが大切です。
飛蚊症の治し方
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうbls8o1q3
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bls8o1q3/index1_0.rdf