Let Myself go 

2007年08月29日(水) 1時10分
今日が8/29で、もう9月になるんだ!
記録的な猛暑だのなんだのって言われてた夏が、終わろうとしている。
その証拠に夜外にでるともう寒い。半袖はちょっと厳しい。
こうして秋に移り変わって行くんだね。やっぱり夏は短い。

夏はお日様が眩しくて、みんな遊びたくって、
なんだか訳もなく楽しくて、だから夏が過ぎて行くこの時期になると少し切なくなる。
今年の夏はどうだったかな。
振り返ると働いていたイメージしかなくて、毎日忙しくしていたけど、
それでも得たものもたくさんあって、私はまた次のステップに移ろうとしてる。

今後の事や未来を考えると、漠然とし過ぎていて、
適いっこない途方な何かと対決しているようで、呆然と立ちすくんじゃう時もあるけど
そんな時こそ気をしっかりと持って自分を見据えていなきゃいけないんだ。
気を確かに、根拠の無い自信でもいいから少しでも持って、
ぐらつく2本の足できちんと立って、背筋を伸ばして顔をあげて、
冴えた顔つきで怯まない。躊躇だってしない。
迷っている暇は無いから。もう後には引けないから。
そういう時は気の利く、気分を高揚させる様な音楽を聴いて、
心の底からこみあげてくる感情を笑顔に出して
前だけを観て、自転車をぶっとばせばいい。
そうして今は毎日出勤しています。
またダルい一日が始まると思いながらもシャツの襟を立てて、サロンを巻いて
声を張ってホールに声を響かせて
お客さんが来る度、面倒くせーって思いながらも接客スマイル顔に貼付けて
あっちこっちと走りまわって、たった20分程の休憩を何よりの楽しみとして
そんなココは私のいる場所じゃない。こんな事、している場合じゃない。
そう思いながらいつも最後にはたっぷりとした疲労感と共に退勤しています。
だから変えるんだ!私の生活を!
けれども決してこんな生活が無駄だった訳でもなく、
学んだ事もあって、たくさんの人に出会って
だから残り少ない出勤を疎かにするんじゃなく、私にできる仕事をして恩を返そう。
あと少し。頑張れるんだ。

最近よく聴く音楽があります。
っていうか、最近に限らずもう高校生位から、迷ったり不安になったり将来の事を思うと
気づけばきいている曲。「Let Yourself go, Let Myself go」
Dragon Ashの結構古い曲なんだけど、一時流行った(?)から有名っちゃ有名な曲。
実はDragon Ashもうすぐベストがでるらしく、
数ヶ月前にDJの方の仕事で、コメントのせたいんで是非って言って
「あなたが選ぶDragon Ashの1曲」みたいなアンケートをレコード会社の人からもらった。
Dragon Ashはホント良い曲が多くて選びきれないっていうのを言い訳に
結局提出しないままになっちゃったんだけど、
でも選ぶならこの曲だってずっと決めていたんだ。
「陽はまたのぼりくりかえす」も捨てがたかったけど。
この曲を聴くと俄然やる気が湧いてきて、前に進むしかないって思う。
いつも背中おしてくれる。そんな1曲。


行くあても無く漂うのではなく 見据えた夢目指して舵をとる
かすかでも確実に前進 大切なのは前に出る姿勢
恐れからくる一歩の遅れ それがもたらす致命的なLOSS
悩む前に体で反応 勇気あるものが持ちうる本能

駆け抜けろ時代を 未来へと進め 空気を吸って
振りほどけ恐れを 大地を踏みしめ歩きだそう

また1から始まりそうだよ 

2007年08月24日(金) 23時14分
そういえば、去年の春に短大を卒業して長かった学生生活を終えました。
学生の頃からFMのDJという仕事をしている自分はスーツを着て就職活動もするコトなく、
そのまま卒業して、自分のやりたい事と違うという事に気づきながらも、
仕事と言える程もない収入のままなんとなくDJを続けてきた。
途中かけがえの無い大恋愛の末、失恋したり
将来への不安や、失恋や、家庭内の問題で鬱病にかかって
何もできなくなったり、薬を飲んだり、挫折を味わったり、10`近く体重が減ったり
色んな事があったなぁって、最近振り返ったりします。

去年の9月から飲食のバイトをDJと掛け持ちで始めて、忙しかったけど収入はあった。
今年の4月からは実家にはもう居れないと思って、急に一人暮らしを始めた。
それからは自分が収入を得て生きて行く為に、休む間もなく必死で働いてきた。
でもふと、こんな生活をいつまで続けて行くのかなぁ…
とか、このままじゃ絶対ダメだ!って思うようになって
ついに、ようやく、長かった何かとバイバイする事にしました。
来月いっぱいで今やっている仕事をどっちも辞めて新しい生活を始めます。
実際貯金という物が1円たりとも無い状況だし、
仕事が決まんなかったらリアルに生活していけないっていう不安もかなりあるし、
今やってる仕事、DJなんか誰でもなれる職じゃないし、
飲食の方だって社員にならないか誘われたり、十分に仕事を評価してもらっていて
どっちにも未練がない訳ではないし、馬鹿だなとかもったいないとか言う人もいる。
そういうの考えだしたらきりがないけど、それでも、リスクを覚悟の上で
今しかないんだって思って決めました。ってか、やっと決めれました。
だから今はちょーーーーーーーーーポジティブ!
っていう言葉は実際自分には似合わないんだけど、
まぁポジティブとまではいかないんだけど、実際かなり前向きな傾向にあります!
やるっきゃない!みたいな。やってやろーじゃん。って。
やりたいなって思うコトもあるしね。
それにやっぱり楽しく生きたい!もう21歳だけど、まだ21歳だよ。
仕切り直すにはまだまだ間に合うんじゃないかなって。
このままこんな生活続けたってキラキラできないし、
なによりも自分らしくいられないと思いました。
私は私の人生にとことんこだわって生きていきたいです。

ちなみに次は花屋の仕事をしようかと思っています。
そう言うと花屋になりたいんだって勘違いする人もいるけれど、
私の今の夢はショップを開く事です。
そのショップっていうのは、パッと見なんの店かわかんないような。
中に入るといつもセンス良い曲が流れていて、
花が売っていて、服が売っていて、雑貨が売っていて、店内で流れてるCDが売っていて、
週末は音楽聴きながらお酒が飲めるイベントが開けるような。
成功すれば、規模を広げてその店プレゼンツのパーティーを定期的に開いたりもしたい。
色んなジャンルのフライヤーもバシバシ置きたい。
色んなカルチャーシーンを交差させて、
その店に行くと必ず何か新しい情報が得れるようなコミュニケーションの場にもしたい。
そうしてアンテナ張った男の子や女の子に馴染みの店にして口コミで広げて、
札幌のカルチャーシーンにとって唯一無二のショップを楽しみながら作りたい。
それは一人では作りえないものなので、私は花。
賛同してくれる仲間を増やして、A君はアパレル、Bちゃんは雑貨、C君は店の統括。
みたいに何人かでこのショップを経営してみたい。
他のジャンルが他のジャンルにもたらす刺激や影響や作用は必ずあるはずで、
まだまだ需要の少ない『花』も、その力を借りていちカルチャーシーンに乱入させたい!
その為にも私はまず『花』というジャンルを極めるべく、下積みから始めます。
こんなの夢だし、夢を語るのは簡単で、不可能かもしれないし、
何年かかるか、へたしたら何十年かかるかもわかんないけど、
でもやってみたいなって思う事には変わりないから、その一歩の為動いてみます。
とりあえず、5・6年は花屋やりたいな。30歳頃にはそのショップやりたいね。
って言って案外あっさり結婚しちゃうかも。

でもこれが私。
いつだって洒落た事、したい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:*:.sato.:*
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年2月25日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-特にダンスミュージックが好き♪
    ・アート-って言えば幅広いけど、絵・映画・読書・音楽なんでも!
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント