止血作用は、田七人参のもっとも基本的な薬効

January 19 [Mon], 2015, 15:30
止血作用は、田七人参のもっとも基本的な薬効

根本的に血症を治す
「高という十四、五歳の子供は、吐血がひどくて、医者にかかっても効果があがれず、急に危険な状態になりました。そこで、昔の人がのこした処方をみて、田七人参の粉末だけを1日10gを三回に分け、服用させましたところ、その当日には吐血は、ただちに止まりました。」
「すでに二ヶ月も吐血が止まらず、症状は旨の中心が締めつけられるようになって、痛みを訴え、飲食も少なくなってしまいました。医者の処方で、一時的に吐血をやめても、お血を取り去ることが出来ず、さらに症状が重くなるばかりの患者でした。この例では、田七人参粉末をせんじて、1日二回、一回につき2gを湯で服用させました。四回服用したあと、また、吐血があり、その血の色は黒紫が多いのですが、直後、胸を締め付けられるような痛み、熱などが減少し、さらに服用の後、一回だけ吐血し、まもなく完治しました。」


結晶を伴う病気や怪我を改善する田七人参

止血作用は、田七人参のもっとも基本的な薬効で、古来から秘薬として用いられてきました。ここで具体的に各種の結晶について、詳しく解説します。 吐血の種類としては、消化器官の病気により起こるのが一般的です。たとえば、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、およびその各部分に、がん腫ができた時などに吐血が起こります。また、その他の吐血といいますと、月経の代償としての場合と、ヒステリーおよびてんかんの時などに起こります。 吐血というのは、これらの胃潰瘍、十二指腸潰瘍などからの部分に出血したものが、口から吐き出されたものをいいます。 これらの吐血に対して、田七人参がどのように作用するのかといいますと、血液の凝固時間を短縮せしめて出血を早く止めます。また、すでに出血してしまった血液に対しては、すぐに溶血を黄水化してしまいます。 黄水化してしまうといいますのは、お血をもすみやかに消失させてしまうことで、まさに驚くべきことなのです。お血とは、血液が何らかの原因によって、滞留することをいいます。この作用によって、出血した血液は、すみやかに止まり、また、すでに出血した血液は消失して、お血として残りませんので、平常通りの各機能をはたすことができるようになります。 中国の文献から例をあげます。



田七人参・三七人参-中国雲南厳選された5〜7年根(12〜40頭)の田七人参は有機無農薬100%保証!中国から直送!高級薬膳・漢方生薬の二十年の信頼老舗「万隆堂」!


田七人参のサイト>>

在宅ワークのデメリット

July 23 [Wed], 2014, 14:23
在宅ワークのデメリットを注視せず、在宅ワークのメリットばかりに目を奪われてはいけません。一部の在宅ワークには確かに大きく稼げる可能性のある仕事もあることはあります。けれど結果が出なければ収入ゼロも確実にありえるという、在宅ワークのデメリットをしっかりと知識の中に入れておかなければならないのではないでしょうか。もっと在宅ワークについて考えてみましょう。在宅ワークをする人は納期を厳守するなど、自己コントロールができる必要があります。在宅ワークでは経費を自分で負担するというデメリットもあります。会社に勤めていれば当たり前に支給されていたパソコン、ファックス、名刺、電話、資料調達などの経費もすべて自分もちになるのです。成果が重要視されるのが在宅ワークです。仕事を依頼されたら、期日までに納品できなければならないのが在宅ワークなのです。やはり、締め切り期日までに依頼物をこなすペース配分が必要です。空いた時間で仕事ができると思っていても実際はなかなか難しいものです。もし締め切りに間に合わないようであれば、自分の生活スタイルを犠牲にしなければなりません。また、在宅ワークは収入が不安定なこともあげられます。ある期間仕事が多い時があったり、とても少ない期間があったりします。これは仕事を発注する企業側の都合なので仕方のないことです。この不安定な部分が在宅ワークの大変な一面です。でもこれをデメリットと取るかどうかは自分の考え方によるのではないでしょうか。
マカ
田七人参
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31