プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ラウド太郎
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
2007年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
今日は土用の丑の日だよ! / 2007年07月30日(月)
今日は比較的涼しく過ごしやすい一日でした。この涼しさは9月、10月って感じ。「もう祭の季節やがい!」とこっそり思いました。

さて今日は屋台紹介という体裁を取らず、神社の祭紹介という感じで行きたいと思います。

湊神社(姫路市的形町)

練り合わせ(児島&福泊)


ここは10月13日、14日にあります。練り合わせが激しいです。ガチコン!と音が鳴るぐらいの勢いで合わせます。びっくりします。



                        山登り (南山河)


この祭の見所の一つである山登りです。山頂に御旅所があって、八幡神社があります。この坂はけっこう急です。去年児島(練り合わせ写真の点前の地区)が山登り太鼓を打ってました。リズミカルで登りやすそうでした。



                   駅前練り(点前が地で奥が北山河)

この祭のフィナーレを飾るのは的形町駅前での練りです。電飾がキラキラして綺麗です。ここでは終焉の美を飾るがごとく渾身の練りが見れます。

的形町の祭は激しい祭ですが、どこか暖かみのある祭です。それがなにであるかは見にいくとわかります。



私は福泊がお気に入り。あっさりとした上品な屋台です。太鼓もテンポが速く、かっこいいです。松原八幡神社の木場によく似ています。やっぱりとなりの地区にあたるからかな?


 
   
Posted at 20:42/ この記事のURL
コメント(0)
最近暑いな〜 / 2007年07月30日(月)
なぜかサンテレビ(兵庫県を中心に関西圏で視聴可能)で陰陽座のヨーロッパライブがしていました。
音楽は正統派メタルですが、歌詞は純和風という組み合わせが特徴なバンドですね。


それはさておき好評シリーズ(?)の播州祭屋台紹介を始めましょうかね。


須行目
(宍粟市一宮町)


宍粟市一宮町にある伊和神社の秋祭りに登場する屋台である須行目。
この伊和神社のとなりにある「道の駅いちのみや」に常設展示してあります。むっちゃデカイです!
展示してある時はなぜかはわかりませんが幕と伊達綱が祭りの時と違います。誰か教えて!
ちなみにこの「道の駅いちのみや」の飲食コーナーの定食はかなり種類が豊富です。みなさんもお試しあれ。
須行目の特徴、っていうかこの神社の祭に関して言えるのですが、デカイのに軽々と練ります。しかも練り子は腹から声が出てます。かなり勇ましいです。練り方もちょっと変わっていて、いろいろな技を持っているみたいです。それは毎年違うパターンのようです。私が見に行ったときは網干風のチョーサーっぽいのをしてました。スゲーよ!マジで!



またこの屋台は狭間という彫り物が凄いですよ!この彫り物の作者は久保経一氏という明治ぐらいに活躍していた方だそうな。ワイルドかつ繊細!まさに激渋!!!実際に見てもらいたいですね。





こんな感じで練り合わせもあります。迫力が抜群です。右から安黒、須行目、伊和、東市場です。


神社の木が雰囲気も生い茂っていてなんだか神秘的です。さすがは播磨国一ノ宮です。


屋台のクオリティー、練りの迫力、道の駅のメニューの豊富さ、素晴らしいですね。一度は見ておきたい祭です。







 
   
Posted at 01:09 / 祭り / この記事のURL
コメント(0)
さっそくブログってみるか! / 2007年07月28日(土)
さて、手始めに地元の祭をご紹介しましょう。播州の祭には屋台が付き物です。屋台というのはりんご飴やらたこ焼きを売っているものではなく、播州地方の祭りを彩る花形の出し物であります。

このブログをご覧のみなさまにこの花形スターである屋台の数々を独断と偏見でご紹介いたします。

この紹介で興味がふつふつと湧いてきたあなたはぜひこの播州まで足を運んでいただきたいです。大抵10月にやってます。男気溢れる荒々しい祭です。気をつけて見物してください。

                 
                  松原屋台
 
                                  (姫路市白浜町)



播州地方最大の秋祭りである「灘のけんか祭り」。この祭では10万人ほどの観客で賑わいます。この祭の神社の名前である松原八幡神社の名を冠した松原の屋台の紹介から始めたいと思います。


白木状態の松原

松原屋台はなんといっても屋根の形が良いです。上品です!



                                 金具も多からず、少なからず良い感じですね。



刺繍も秀逸ですよ!


松原屋台は本当に上品です。荒々しい中にも女性的な美しさがあると思います。

次回はどこの屋台がでてくるかお楽しみに!!!







 





                            





 
   
Posted at 19:54 / 祭り / この記事のURL
コメント(0)
ブログルイ戦闘開始! / 2007年07月28日(土)
はじめまして。ラウド太郎と申します。
日常の生活からサブカルチャー的なもの、地元の祭(兵庫県播州地方)を紹介したりしていこうと思います。どうぞご期待下さい。



 
   
Posted at 19:42 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
 Powered by yaplog!