他人の人生だけど・・・ 

2007年03月10日(土) 1時00分
前回書いた30代独身女性のお話の続き。

最近体調を崩し気味の彼女。
仕事中に具合が悪いとこぼしている。
会社も度々欠勤。(まだ入ったばかりだから有給はない)
当然、「病院へ行ったら?」
と周囲に言われる。でも頑なに拒み続ける。
その理由がお金が無いから。だそうだ。
他人の人生とはいえ、お金の使い道間違ってるだろ?
初期の内に病院へ行っておいた方がいいだろうに。

もうすっかりこの職場は辞める気でいるから
仕事も覚える意欲も失っているみたい。
折角積み上げた物を自分で壊すんだね。

彼氏の親は、アパート経営したり、娘に新車買ってやったり
ちょっとした裕福らしい。
自分もそれに便乗して、色々買って貰いたいらしいが、
娘は可愛くっても嫁が可愛いかどうかはビミョウだろ?
彼氏に
「自分にもっと貢いで欲しい」
ってアンタ30も半ばのさほど美人でもない借金持ちの女と
正式に結婚してくれると言ってくれるだけでもありがたいと思えよ。

自業自得 

2007年02月08日(木) 23時01分
お金は大事。
お金が無くっても愛さえあれば大丈夫なんて思ってはいない。
だけど、お金の事ばかり気にする人もどうよ?

「お金がない」が口癖の派遣。30代半ば独身一人暮らし。
親も一切援助ナシだから、カツカツなんだなと
最初は応援モードでした。
でも段々それが彼女の自業自得によるものなのが
見えてきた。
正社員・派遣とずっと働き続けてきたら、イヤでも
仕事のスキルはあがっていくのが普通。
しかし、彼女はずっと事務職をしていた筈なのに、
機械が苦手といい、未だにコピー機の操作も
おぼつかない。PCのタイピングすらのんびり。
事務職初心者の後輩派遣にどんどん追い抜かれている。
どうやら、半年未満で転職をひたすら繰り返して
きたらしい。ちょっとでも嫌な事があれば、すぐ辞める。
派遣会社って、実は横の連携が悪いから、どんどん派遣会社
変えていけば、働くところはなんとかなったらしい。
あちこちでブラック入してるらしい。

だから、どこでも何も身に付かず、年齢だけ重ねて
しまったのだ。

仕事の能力が低いから時給の高い仕事にはつけない。
長期で入ってもすぐに辞めるから、有給もないので、
休む時も全て欠勤扱い。
同じく長期で入ってもすぐに辞めるせいで、
保険とかも自分で全額支払い。
すぐに辞めちゃうから、定期券だって買わずに
切符通勤。

カジュアル不倫 

2007年01月19日(金) 18時26分
前回の日記の続編情報が入ってきましたよ!

職場の女の子、彼氏に同棲しない?と誘ったらしいんです。
彼氏に
「まだ付き合って半年だし、結婚とかまだ考えられないから」
と同棲を断られたそうで。
本人は
「結婚とかそこまで言ってないのに。そんな言い方されるなんて」
とお怒り。
まぁそこまではいいとして
後日談。

「だって私まだ離婚してないし、もうすぐ別れる予定だけど。」
えっ。
彼氏といつの間に結婚してたの?
という表情をしていたら、別居中に今彼にナンパされて
結婚してるけどいい?と話して了承の上、付き合いだしたらしい。

それって、彼氏じゃなくって
不倫相手ですよ・・・・・・・

すごくカジュアルに話すから驚いたよ。
いやいや彼女は、彼氏の話はするけど、
友達の話とか家族の話とか一切しないけど
恋愛命タイプなんだなぁ〜と思ったら、別居中で
家族から逃げてる身の上だったとは

今子供できたらどうするんだ?
生暖かく見守ろうっと

年齢制限 

2007年01月14日(日) 1時40分
以前に比べて、全体的に、
年齢より行動が幼い人が増えてる気がする

同僚、26歳派遣。
通信制の大学に通いながら、一人暮らし。
なぜか家賃が高いといいつう、レオパレス住まいにこだわる。
他の人も、探せばもっとあるよと言ってるのに。
何故?
それに全てが中途半端っぽい。
一度大学でたけど、それと全く異なる学部に入りなおして
更にそれと接点の無い仕事をしている。
君は一体どうしたいんだ?
でも一生仕事は続けるらしい。
彼氏はいるけど、結婚は考えてないらしい。
26歳なんだから、ボチボチ土台を作らないと
30代になって、自分が困るのに。

彼氏もまた、もう30歳なのに
バンド活動を頑張っていて、ライブが忙しいらしい。
昼はサラリーマンをやってるらしいけど。
30歳男性といえば、以前は一人前の男で、
そろそろ一人の女を決めるかどうか悩む時期だった
のに、遊ぶ方が楽しいんだね〜

どっちも子供である意味お似合い?



門限 

2006年12月05日(火) 14時07分
正直、驚きました
30代半ばになっても、「門限があるから」と言って、
5時までに帰らないと、という人間がいることに

土曜日なんですけどね、会ったんですよ、知人と。
共通の趣味で知り合って、よくよく聞いたら近所だったから
じゃあこんなに近いなら会いましょうかという話になって。
メールの文章や電話ではしっかりした感じだなぁ
とは思っていたけど、固いを通り越してますよね
貴方、いつの時代の人間ですか?
と思いましたよ。
いや、今時の女子高生の夜遅くまで彼氏といちゃこらも
どーかと思うけど、こっちもかなりおかしいですよね。
平日は仕事があるから、もう少し遅くても大丈夫らしいけど
休日は母親の買い物に付き合わないといけないから
遅くとも5時には帰宅しないといけないんですって。
飲み会とかは勿論1次会で終了らしい。

「もう30歳過ぎてるし、結婚したーい」とおっしゃってるけど、
折角の休日なのに、3時半頃から、門限があるからと、
ソワソワする彼女と付き合いたい人って稀じゃないのかな。
なのに、本人は「恋愛した上で、好きな人と結婚したい。」
だもんな〜 彼氏と愛を育む時間を、先ずは作ろうよ〜。
お母さんの買い物はお父さんにお任せしてさ〜。
(彼女は両親、兄、本人の4人暮らし)

結婚する気がないとか、したくない人はともかく、
結婚したいのに、してない人って、やっぱり
どこかヘンなのかな・・・と思ってしまいました

貴重な私 

2006年11月23日(木) 13時49分
遅刻の常習犯の友達がいた。
いつもいつも遅刻。
彼女は比較的、便がいい所へ住んでいるので、油断もあるのだろう。
だが、根本的な考え方の問題の方が大きかったように思う。
「待たされたら、私の貴重な時間がもったいないでしょ!」
あの〜。毎回待たされる私達の時間はもったいなくないの?
学生時代はともかく、社会人になったら、少しは治るのかしら
と思ってもそうではなかった。
「職場は大丈夫?遅刻してないの?」
とたずねると、
「ほとんどギリギリ、遅刻もしてるよ」とのこと。
「そんなんで大丈夫なの!?」
と聞き返すと、みんなオジさんとかしてるから、私なんてマシな方よ」
と言われてしまった 
まぁ色々な職場があるもんだ。
それから数年、流石に彼女の職場もそんな悠長な事は
言ってられなくなったらしい。
それが彼女としては気に食わないらしく、大激怒。
今まで、それで通用していたのに、自分達世代から大損だ!
というのが彼女の理論。
今までの貴方の会社がおかしかったんだよと諭されても
私カワイソウ、上の年代の人達は逃げ切れてるのに、自分達だけ
ひどい目にあっていると思い込んでいる。
唯一貴重な私。
その私から権限を奪うなんて許さないその姿勢。
間違えを決して認めないその姿勢。
こういう人じゃなきゃ、人生って勝てないのかもなと思った
負けた事もないし、負けた人の痛みも微塵も理解できない。
踏みつけるだけの人生。

順番 

2006年11月19日(日) 23時01分
久しぶりに聞いた、学生時代の後輩の話
後輩とはいえ、もう30歳過ぎてしまった彼女。
その子が「40歳過ぎの高齢で初産だと、リスクが多い」
というTV番組を見たそうだ。
「取りあえず、子供だけでも生んどいた方がいいかな・・・」
と感想を漏らしていたらしい。
しかーーし!
世の中には順番という物がある。
彼女はそもそも結婚していない。
いや、それ以前に彼氏がいない。
いや、そのもっと以前にニートなのだ
就職活動は一応したものの、たった3社に断られただけで
「もう就職活動なんて、イヤー」
といって止めてしまい、そのまま卒業。
それから数年、このままじゃいけないと、動物好きの彼女は
トリマーを目指して、バイト開始。
しかし、そのバイトは、薬品が体質に合わないため、やもえず
半年で終了。職歴以上。
私ももう10年以上彼女とは会っていないのだが、
世の中には順番という物があるだろう。
トリマーに関しては確かに可哀想だったなぁと思う。
でも、同じ理由で美容師やトリマーを諦めた人はそれなりにいると
思う。彼女は一つの挫折を何年も引きずり過ぎている。
自分すら養えない人間が、子供を生んでどうするんだ
まずはフルタイムとは言わないから、短時間バイトからでも
始めれー




年相応 

2006年11月12日(日) 19時10分
知り合いのお姉さん。
お姉さんと言っても、自分が十分オバサンの年代なので(苦笑)、更に年上の方なので
立派なオバサン年齢なのだが。
40代になっても、独身だから、まぁ、お嬢さんといえば、お嬢さんなんだが、
それが流石に痛々しい。
高卒で大手企業に就職してから、その会社一筋。
会社を退職してしまった私から見たら、その事だけはエライと思う。
しかし、お姉さんは、超箱入り娘なのだ。
10代〜20代で箱入り娘さんというのは、むしろ、私的に好感持てる。
しかし、40代で、その「可愛らしい娘さん感覚」と持ってらっしゃるのを
見ると、「少しは成長されたらいかがですか?」
とツッコミたくなる
お姉さんは高校時代まじめ一筋で、バイト経験もないから、
その大手企業しか働いた事が無い。
名前を書けば誰もが知ってる会社だけど、すごい男尊女卑企業。
女は絶対出世しない。一応今の時代に対応して、出産後も戻れるが
本音は若い女の子しか要らない、そんな会社。
お姉さんはその会社の男としか付き合ったことも無い。
家も一度も出たこともなく、ずっと親元暮らし。

地域柄? 

2006年09月20日(水) 21時53分
友達の友達。
それも、友達が追っかけをしていた頃の追っかけ友達だそうで
会った事も話したことも無い人なんだけど。

某地方に住んでいる、既婚、子供は一人。結婚と同時に退職で、専業主婦。
旦那さんとは見合い結婚だが、某地方では結婚しないのは許されなかったらしく
年齢的に諦めて、愛無く結婚。
とりあえず、追っかけは休止中だけど、友達には、その追っかけ時代から
よく遊んでいたら間柄だったので、今でも連絡がくるらしい。
現在離婚寸前らしい。
まぁ、これ自体は仕方が無いと思う。
問題はこの先。
離婚したら、実家に戻るつもりらしいのだが、その実家というのが以前虐待に
あった現場だそうだ。
虐待をしていた家族は亡くなって、残りの家族はその虐待の事実を知らない
らしい。本人ももう当人は亡くなったのだから、公にはしないつもりらしい。

これは都会の人間の考え方なのかもしれないが、
何故、自分で働こうとしないのだろう。
自分が暴行を受け続けていた現場にわざわざ戻るなんて。
子供を抱えて生活するためだから仕方が無いとはいえ、何で、自分が折角
持っている知識や能力を生かして、生きていこう、とは思わないんだろう。
確かに実家に依存した方が金銭的には楽だろうけど、
都会では、需要のある資格だから、貧しいかもしれなけど子供と二人で、
生きていく選択肢もあるのに。
田舎を捨てられなかったのは祖父が彼女を溺愛してたかららしい。
その祖父はもう亡くなったそうだから、もう、田舎を捨ててもいい時期じゃないの?
いや、むしろ、子供のために、捨てた方がいいんじゃないの?
祖父から夫へそして、実家へ。
彼女の人生は依存そのままに聞こえた。
実家が亡くなったら、今度は子供に依存するんだろう。

旦那の文句を言ってる暇があったら、子供との生活費を稼ぐために、少しでも
働けばいいのに。
仕事は苦しいことも多いけど、救ってくれる時もあるのにね






勝ち組?負け組? 

2006年09月06日(水) 19時58分
昨日、一生懸命書いたのに、反映されなかった
本日はカイロ行ってきました!
今まで色々試したけど、ここが今の所一番上手だと思う
店がすごーーーく狭いのが難点だけど。

カイロ行ってきて、体がほぐされた後、家に帰ってお風呂に入ってゆっくり
寝れたらどんなにいいだろう。
しかし、私には晩御飯の支度とアイロン掛けのお仕事が待っているのだ。
私のダンナさまははたから見たら、優しいし、収入では勝ち組に入ると思う。
しかし!
いくら、収入が良くったって、私にはさほど関係ない。
だって、毎月5万しかずーーーーっと貰っていないから。
それもこれでもUPしたんだよ。
最初はナシだったもん。
ボーナスなんて、今まで一度も一円も貰ってないよ。
彼のたーーくさんあるおこづかいの中に、私と遊ぶお金もかなり占めている。
もうね、私ね、海外旅行は連れて行ってくれなくっていいから
それよりも、生活費下さい。
5万じゃ食費と雑費だけでオーバーですよ。
私のパンツ1枚買えませんよ。

世間では私は勝ち組の男を捕まえたように見えるだろうけど
実際は私がガチガチに働いてもちーーーっとも楽じゃ有りません
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blogiroiro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる