サンスターが販売中の電動自転車 

May 20 [Thu], 2010, 3:28
サンスター株式会社というと、歯ブラシや石鹸、リンス、洗剤などの日用品を扱っているメーカーという印象が強いかと思います。
実際、そのような商品を扱ったCMを多く見かけますし、そのイメージは間違っていないでしょう。
おおよそ自転車とは関係のないメーカーのように思えますが、実はこのサンスターでは電動自転車も扱っていたりします。

サンスター技研株式会社という部門において、サンスターは「intelligent-bike」という電動自転車を取り扱っています。
この「intelligent-bike」には専用のサイトを作っているなど、非常に力を注いでいる印象を受けます。

そのラインアップは、マウンテンバイクモデルの「DS-20Li」、スポーティーでアグレッシブなデザインが人気の「BX-20Li」、軽量でコンパクト、高い携帯性を誇る「AL-14」、スタイリッシュでスマートなデザインの折りたたみ可能なモデル「SP-16」などがあります。

これらのモデル名の数字は車輪のサイズを表しています。
それからわかる通り、サンスターの扱う電動自転車はほとんどが20インチ以下のコンパクトサイズのものです。
よって、サンスターの電動自転車はコンパクトな自転車を望む人に向けて製造されていると言えるでしょう。

このように、一つの分野に特化したメーカーというのは業界内でも珍しい部類に入ります。
コンパクトサイズの電動自転車をお求めの方は、サンスターの電動自転車に目を付けてみてはいかがでしょうか。

ブリヂストンが販売中の電動自転車 

May 13 [Thu], 2010, 3:27
自転車や車のタイヤの第一人者とも言えるブリヂストンサイクル株式会社ですが、電動自転車に関してもかなり力を注いでいるメーカーです。

ブリヂストンサイクルで扱っている電動自転車の名称は「アシスタ」です。
スタンダードモデルの「アシスタライト」を中心に、リチウムイオンバッテリー採用のベーシックモデルの「アシスタリチウム」、長距離乗車専用の「アシスタスーパーリチウム」「A.C.S.L.」、通勤や通学に最適な「A.C.L.」、耐久性に優れたビジネスモデルの「アシスタビジネス」、安定感抜群の三輪モデル「アシスタワゴン」、小径モデルの「アシスタリチウムコンパクト」、子供乗せ専用の「アンジェリーノアシスタ」「アンジェリーノアシスタSP」、スポーティータイプの「マリポーサE.A.mini」、カジュアルタイプの「ベガスE.A.」など、それぞれの用途に応じた、充実したラインアップになっています。

また、オプションも充実しており、安全設計のチャイルドシートやヘルメット、バッグ、カバー、バスケットなど、電動自転車に必要な道具を一式取り揃えています。

全国各地に販売店を取り揃えている所も便利です。

ブリヂストンと言えば、タイヤのイメージが非常に強い会社ですが、乗り物自体も非常に質が高く、できの良いものばかりです。
特に電動自転車に関しては、安心、安全を重視し、スピードの制御はもちろん、耐久性、耐水性にも力を注いでおり、無料で盗難保障をつけているなど、その心配りにはメーカーとしての尽力が伺えます。

サンヨーが販売中の電動自転車 

May 06 [Thu], 2010, 3:27
三洋電機ことサンヨーと言えば、家電製品を主に扱う電子機器メーカーとして非常に有名な会社ですが、電動自転車に関してもかなり優れた商品を扱っている事で有名です。

サンヨーの電動自転車は「エナクル」という名称です。
そのエクナルには、長距離走行モデルの「CY-SS263D」、坂道重視の「CY-SR273DB」、スポーティーな軽量モデルの「CY-SR273DK」が、それぞれサイズ別、カラー別にラインアップされています。

サンヨーは電気機器専門のメーカーなので、通常の自転車は扱っていません。
いわば、電動自転車専門という事になります。
よって、そのノウハウは電動自転車に特化するので、今後の発展が更に期待できると言えます。

このサンヨーの電動自転車の利点は、電気機器の専門メーカーが扱っているところにあります。
普通の自転車メーカーには電動の部分はやや専門外的なところなのですが、サンヨーの場合はこちらが本職なので、修理などを任せるにしても、安心して任せる事ができるでしょう。
メーカーとしての規模が大きいので、保障に関しても安心して良いですし、生産量も保障されています。

扱っているお店が多いのもポイントですね。
特に通販を利用する場合、大抵のインターネットショップサイトではエナクルを取り扱っています。
サンヨーの電動自転車が欲しいのに、売っていないというケースがかなり少ないので、希望のお店で購入できる可能性は非常に高いと言えます。

電動自転車を購入する場合、サンヨーのエナクルは必ず目に入る存在と言えるでしょう。

松下パナソニックが販売中の電動自転車 

April 29 [Thu], 2010, 3:26
松下の系列で電動自転車を扱う会社は、元々はナショナル自転車興行株式会社という名称でしたが、現在では「パナソニック サイクルテック株式会社」という名称になっています。

「パナソニック サイクルテック」の電動自転車は、業界でも屈指の品揃えを誇っており、その種類の多さには購入者を良い意味で迷わせてくれます。

「パナソニック サイクルテック」の電動自転車は「ビビ(Vivi)」と呼ばれるタイプが最も多く、スタンダードなモデルの「リチウムビビ DX」を筆頭に、「アルフィットビビ SP2」、「アルフィットビビシティ」などの多様性に優れた物や、坂道に強い「リチウムビビ EX」、コンパクトタイプの「リチウムビビ20」「フリッパー」「カジュアルビビ」、スポーティータイプの「EZ」「ハリヤ」、折りたたみ式の「オフタイム」、子供乗せ専用の「リチウムビビ チャイルド」三輪タイプの「かろやかライフEB」などといった、用途によって細かい選択が可能なラインナップになっています。

松下グループと言えば、日本で知らない人はいないと言っても過言ではないくらいの大企業ですし、そのブランド力に関しては今更語る事は何もないくらい巨大なのですが、電動自転車に関してもその影響力は絶大で、ヤマハやブリヂストンと共に、この業界をリードする存在として君臨しています。

電動自転車の購入を検討する場合、「パナソニック サイクルテック」の電動自転車を無視する事はできないでしょう。

ヤマハが販売中の電動自転車 

April 22 [Thu], 2010, 3:25
日本国内で一番最初に電動自転車を販売したのは、ヤマハ発動機株式会社です。
よって、ヤマハは電動自転車に関してはパイオニア的な存在として位置づけられており、そのブランドには絶大な力があります。

ヤマハの電動自転車の名称は「PAS」です。
このPASにはかなりの種類があります。

スタンダードモデルの「PAS」は使いやすさを重視しており、価格もリーズナブルです。
一般的な用途に利用する場合には、最も扱いやすいモデルと言えるでしょう。

同じくスタンダードモデルとして「PAS リチウム」という機種もあります。
こちらはリチウムイオンバッテリーを起用しているので、メモリー効果によるバッテリーの充電不足の心配は要りません。

耐久性や防水性、静粛性を重視した「PAS GEAR」は、非常にタフで積載力も高く、小型で軽量、高出力、更に大容量の「7.5Ahリチウムイオンバッテリー」を起用しており、凄まじいパワーを発揮してくれます。
業務用として、荷物の持ち運びなどに利用する場合に最適なモデルと言えます。

小径サイズのコンパクトな電動自転車がお望みの人には「PAS コンパクト リチウム」がオススメです。
20インチなので、置く場所にも困らなくて済むでしょう。

「PAS CITY リチウム」シリーズは、その用途によって何種類にも分かれています。
デザイン重視ならMやFを、機能性重視ならSを、スポーティーでコンパクトな物をお望みならXやCがオススメです。

他にも、三輪タイプの「PAS ワゴン リチウム」などもあり、その種類はまさに多種多様です。

電動自転車を購入するなら、ヤマハが最もスタンダードな選択と言えるでしょう。

電動自転車にチャイルドシートは取付可能? 

April 15 [Thu], 2010, 3:22
電動自転車は、よく子供の送り迎えをする主婦の方が利用するようです。
子供を乗せて走るのは結構力が要りますが、電動自転車なら楽に乗れるので、この層に非常に人気が高いという事でしょう。
原付ほど危険でもないし、運転免許証も要らないというのが大きいのかもしれません。

そんな電動自転車には、当然のように子供乗せ専用の電動自転車があります。
子供の送り迎えや、買い物に子供を連れて行くという人は、このタイプの電動自転車を選ぶのが好ましいでしょう。

では、間違えて普通の電動自転車を買ってしまったり、自転車を買った後で子供が生まれたりした場合には、買い換えなければならないのかというと、その必要はありません。
電動自転車には、専用のチャイルドシートが別売りで販売されているのです。

チャイルドシートは自転車に取り付ける事ができるので、子供乗りの電動自転車と同じように、子供を乗せて走ることができます。
前にも後ろにも取り付けられるので、自分のお好みの場所にチャイルドシートを設置する事ができるのも、非常にありがたいですね。

そのお値段は、1,000〜6,000円程度です。
幅があるのは、その形状と材質の違いです。
お子さんがまだ赤ちゃんの場合は、包み込むような形状のやや高いチャイルドシートを購入するようにしましょう。
ある程度お子さんが大きくなったら、値段の安い物でも大丈夫かと思われます。

ただ、一番良いのは子供乗せ専用の電動自転車を購入する事です。
このタイプの自転車は、最初から子供を乗せる事を前提にして設計されているので、子供を乗せても重心はしっかり安定したままで、店頭などの心配が全く要らないからです。

それぞれ、自分の事情に合った商品選びができるよう、良く考えて検討しましょう。

電動自転車の賢い選び方 

April 12 [Mon], 2010, 3:21
電動自転車は、決して安い買い物ではありません。
最もお求め安い値段の物でも50,000円台、高い物となると200,000円近くします。
よって、失敗した時のリスクを考えると、安易にどの電動自転車を選ぶか決めるのは難しいでしょう。

電動自転車の選び方としてまず挙げられるのは、やはり価格という事になるでしょう。
ない袖はふれないということわざ通り、持っていないお金で買い物はできませんから。
ただ、安ければ良いという安易な選び方は決してしないほうが良いかと思います。
安いから粗悪という事でもありませんが、値段の安さだけで選んでしまうと、痛いしっぺ返しを食らう可能性もあります。

そこで、注目すべきは製作しているメーカーです。
聞いた事のないメーカーの電動自転車を購入する事は、例え安くても控えた方が無難です。
特に、あまりにも安すぎる物は逆に危険です。
できる限り、馴染みのあるメーカーの中から選ぶようにしましょう。

選び方のコツとして他に挙げられるのは、できる限り情報を集めるという事です。
特に、インターネットのように情報を集めやすい媒体は是非利用すべきでしょう。
掲示板などの口コミ情報を見れば、その電動自転車にどのような利点があるか、あるいは問題点があるのかを知る事ができます。
ただ、中には悪質な書き込みがなされている所もあるので、できる限り雰囲気の悪くないサイトの情報を参考にするようにしましょう。

一番大事なのは、自分の用途をしっかりと把握し、それに見合う商品を選ぶ事です。

フルアシストタイプという電動自転車 

April 09 [Fri], 2010, 3:20
電動自転車には、通常の電力で漕ぐ力をアシストしてくれるタイプの物の他に、全てを電力で行うタイプの物があります。
それは、フルアシストタイプの電動自転車です。

フルアシストタイプは、アクセルを回すだけで勝手に自転車が動くという、自分で転がすのではなく自動で転がる車ですので、移動に使用する筋力は一切必要ありません。
よって、足に筋力が著しく弱い状態のお年寄りの方でも、自転車に乗る事ができるのです。

ただ、このフルアシストタイプの電動自転車は、原付と同等の扱いを受けるので、公道を運転する事ができません。
私有地のみの運転という事になります。

ただ、それだと購入する意味があまりありませんよね。
よって、ちゃんと公道を走る許可を得る方法はあります。
それは、合法化する事です。

合法化の処理を行う為には、まずミラーと反射鏡の取り付けです。
ミラーは右のみでOK、反射鏡は後部に設置する事になります。
もちろん、最初から付いているタイプであれば、あらためて取り付ける必要はありません。
また、電源を入れた際に、ライトが常時点灯しなければなりません。

これらの事を用意した後、今度は自分の住んでいる市町村の税務課に赴き、書類の記入を行います。
購入証明書と印鑑、乗り物の写真を用意して行きましょう。
写真は必要な場合とそうでない場合があるようなので、あらかじめ電話で確認しておきましょう。

これらの手続きを終えると、原付ナンバーが交付され、公道でも走れるようになります。
ただ、歩道は走れないので注意しましょう。

電動自転車のマウンテンバイク型  

April 06 [Tue], 2010, 3:18
自転車の中には、マウンテンバイクという種類のものがあります。
これは、山道や険しい場所などのオフロードにおいても運転できるような軽量かつショック吸収に優れた高性能な自転車の事です。
一般的にはスポーツタイプの自転車といった認識をされています。

では、そんなマウンテンバイクに電動で動くタイプの物はあるのかというと、実はあるんです。
マウンテンバイク型の電動自転車は、決して種類が豊富という訳ではありませんが、自転車が好きで長距離を走りたいという人や、スポーツに使いたいという人を中心に、ある程度の需要があるので、各メーカー開発を行っているようです。
有名なのはサンスターの「DS-20Li」やアクストの「MTBクルード」などですね。

今のところ、まだ有名メーカーがこぞって商品を販売しているというところまでは行かず、マウンテンバイク風のスポーツタイプ電動自転車が多いのですが、近い将来サンスターやアクスト以外の有名なメーカーも、マウンテンバイク型の電動自転車をどんどん開発し、販売する事になると思います。

というのも、近年、自転車を使ったスポーツがかなり人気を集めているからです。

クロスカントリーはもちろん、ダウンヒルやフォークロス、バイクトライアル、ダートジャンプといったマウンテンバイクを使った競技が若者を中心に流行の兆しを見せています。
それを競技として行うのは少し体力的に厳しいけど、是非体験してみたい、という人には、マウンテンバイク型の電動自転車がとても便利な乗り物になるでしょう。

電動自転車のサイズによる機能の違い 

April 03 [Sat], 2010, 3:18
電動自転車も、通常の自転車と同じくある程度サイズに幅があります。
自転車のサイズは通常タイヤを嵌めた状態における車輪の直径で表し、単位はインチを用います。
つまり、20インチというサイズの場合は、車輪の直径が20インチ(約50cm)という事になります。
なお、幼児用の自転車は12〜18インチ、子供用は20〜26インチ、大人用は20〜28インチが一般的なサイズとされています。

大人が乗る自転車の中にも20インチのような小さな自転車があるのは、小径タイプの自転車が大人にも人気があるからです。
それを受け、各メーカーが小径タイプの大人用自転車を開発し、現在では人気商品の一つとして女性を中心に良く乗られています。
特に折りたたみ式と相性が良いようです。

電動自転車も、その例に漏れず20インチの小径タイプの物が沢山販売されています。
コンパクトな外見が女性に受けているようで、置き場所に困らない事も人気の要因とされています。

ただ、小径の電動自転車には一つ問題があって、その外見同様バッテリーの容量もコンパクトなので、こまめな充電が必要になります。
もっとも、走行距離次第なところもあるので、ちょっとした距離を走る程度ならそれ程頻繁な充電は必要なく、問題と言えるほどの事でもないので、結局は用途次第という事になります。

小径の電動自転車を買い求めるのは、あまり頻繁に長距離を乗る必要のない場合にした方が良いでしょう。