起業の計画から実行までを解説したブログです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bloger42220
読者になる
2013年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
税理士に必要な事:計画と実行力 / 2013年04月23日(火)
40歳家族あり。会社からの給与は伸びず家族には年々お金がかかり。このまま会社に自分の人生をささげても良いのだろうか?大学に入り就職活動を続けても内定通知を得る事は無く。私は人に使われるのは苦手だ。自分には夢がある『この世界で一番になる!』

起業するには色々な理由があるかと思います。『社会への使命感の様なものがあり、結果的に起業する。』というのは素敵なお話しですが、会社を起す人には本音や建前も含め、聞いた分だけの理由があります。

会社法が変わり、資本金1,000万円以上、取締役3名以上という法律は昔のものとなりましたね。今では資本金は1円から、登記手続きも自分で行えば30万円前後で会社を立ち上げる事が出来るようになっています。

取締役数も制限は無く、代表取締役1名の株式会社も今では珍しい事ではありません。

さて、起業しても5年、10年、20年生き残る企業はどのくらいあるのでしょうか?起業前にそんな事を考えてみるのも大事ではないかと思います。長年、会社経営をされている創業者の方は、起業の頃に描いた計画を着実に実行し結果を出している人達が多いです。

中にはヒット商品を得て一気に成長した経営者の方もいますが、それを参考材料とはせず「自分の計画」に自信や信念を持ち、ぶれる事無く実行している方は事業年数を着実に積み重ねています。

もちろん時代の流れをつかみその流れに乗り、起業する事も大事な事ですし素晴らしい事です。ただ、そうした方ほど最初の段階で『10年後の会社のイメージ』が出来ていない事で衰退してしまうなんて事があるのも事実です。

そんな先の事を考えるとチョッと怖くなってしまい、決断出来ないなんて事もありますが、起業する事は責任も大きい事です。

「計画と実行力」は起業に必要な事なのは過去も未来も変わらない事だと思います。まずは5年後の未来を具体的に思い描いて起業してみると良いかもしれません。

人気税理士紹介ランキング【税理士紹介サービス比較.com】
 
   
Posted at 15:39 / 起業 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!