太陽光発電の導入について

June 07 [Fri], 2013, 10:40
現在、私たちは不自由のない生活は技術力の進歩と膨大な資源に支えられています。
しかし、資源はいつか無くなります。

6in1ソーラーキットのようなおもちゃなどでも、自然エネルギーを作ることができます。

限りある自然を有効に活用するためにも、リサイクル活動をもっと広める必要があります。
使用済みとなった原材料を環境に適合する方法でリサイクルする活動は環境保護団体や各企業によっても行われており、太陽光発電の事業でも進められています。

太陽光発電のシステム自体は20年〜30年程は寿命が持つといわれていますが、構成するパーツは一定に機関で交換する必要があり、パワーコンディショナーやケーブル、接続器具などは、金属や半導体、ガラス、プラスチックなどで構成されているので、大部分が交換後に適宜リサイクルすることが可能で、セルについては殆ど劣化はすることは無く、半永久的に使用できます。

また、大規模な太陽光発電リサイクル工場の建設も進められています。
それらのリサイクル効果によって全体の供給が伸びれば、初期投資のデメリットも大幅に軽減され
以降の太陽光発電は価格が安価に抑えることも出来るようになるのです。

今後、リサイクルやリユースが進むことでエネルギーの消費状況も変化し、温暖化ガスの排出削減にもつながっていくかもしれません。

主婦の方で太陽光発電の価格を下げて導入する方法が詳しいサイトがあります。参考まで。

太陽光発電 【価格比較大作戦】 節約主婦の見積り公開中!

本当のエコを考えた時に、太陽光発電の導入は素晴らしいことだと個人的には思います。

子どもたちにもエコ意識が芽生え、勉強にもなります。現状では、変なお店で購入しなければ、10年以内に元が取れるでしょう。

もちろん私の家も導入していますよ^^
P R
月別アーカイブ