フローリングは素材で選ぶ

February 16 [Sat], 2013, 8:51
洋室の床はフローリングで作られていますが、このフローリングの素材は「合板」と「無垢」に分けられています。フローリングを選ぶときはそれぞれのメリット、デメリットを理解して施工依頼することが重要です。合板とは何枚かのベニヤ板を接着剤で重ね合わせ増強し、表面に天然の木材の素材を貼り合わせたものです。合板フローリングのメリットとしまして、コストが安く済み、素材が伸び縮みしないという点が挙げられます。また、メーカーによって汚れがつきにくいものや防水性を高めたもの、床暖房に適応したものなど、様々な品質改良を施せることも大きな魅力の一つです。一方、無垢フローリングのメリットとしまして、その名の通り、天然の木材を使用し、単層の板で作り上げられたものですので、木そのものが持つ温かみによって、冬でも断熱性にすぐれ、夏では湿気を吸収し、快適な温度に調節してくれます。どちらにもメリット、デメリットはありますので、施工計画を立てる際によく理解しておくことが大事です。
カテゴリアーカイブ
P R