新駐日韓国大使、前外交通商部第1次官が内定

August 10 [Thu], 2017, 0:37





 【ソウル21日聯合ニュース】韓国の李明博(イ?ミョンバク)大統領は21日、新しい駐日韓国大使に申ガク秀(シン?ガクス)前外交通商部第1次官を内定した。青瓦台(大統領府)の洪相杓(ホン?サンピョ)弘報(公報)首席秘書官が伝えた。
 申氏は1977年に外交通商部に入り、1986年には在日本韓国大使館で勤務した。2009年からことナイキ エアマックス-マーキュリアル スーパーフライ 初めまで同部の第1次官を務めていた。
 洪首席秘書官は申氏について、「アジア関連業務と多国間外交に経験が豊富な外交官で、韓日のさまざま懸案を効果的に処理し、両国関係を未来志向的に発展させることができる適任者」と起用の理由を述べた。
 李大統領はまた、駐中国大使に李揆亨(イ?ギュヒョン)前ロシア大使、駐国連大使に金塾(キム?スク)前国家情報院第1次官を内定した。

【関連ニュース】
?駐日韓国大使、教科書の独島明記で松本外相に抗議
?日本の松本外相、駐日韓国大使の抗議訪問を拒否
?駐日韓国大使が被災地を初訪問、職員ら激励
?東北沖地震、駐日韓国大使館が徹夜で非常勤務
?駐日韓国大使「韓国文化財返還は時間の問題」