矢吹の今村

March 20 [Sun], 2016, 23:15
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、適切な摂取が必要です。
なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。
なぜならサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。
ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。
葉酸の過剰摂取によって、胃腸が影響をうけるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。
他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。
胎児がげんきに成長するために最も重要なはたらきをするのが葉酸です。
食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリで摂ることが望ましいです。
いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、一般的には「妊娠前から授乳期のオワリ」までだといわれているのですよね。
妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味において持とても大事な栄養成分ですから、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み初めて、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。
葉酸摂取は、妊婦にとって多くの効果が期待できます。
とくに先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は忘れてはいけません。
妊娠する可能性がある方は、母子いっしょに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。
毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。
サプリでしたら定期的な葉酸摂取が難しくないですから一番簡単な方法だと言えます。
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において大変重要なはたらきをする栄養素が、葉酸です。
赤ちゃんが健やかに育つように、たとえばサプリメントなどを活用しながら十分に葉酸を摂取するように心がけてください。
理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。
野菜(不足がちだといわれていますね。
でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)だけで十分に摂取できるかというと、大変だと思います。
足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。
妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食べ物から摂取する場合、調理にはちょっとしたコツがあります。
葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニュー(栄養バランスに気をつけて考える必要があるでしょう)を選ぶのがいいでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
熱をとおす必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニュー(栄養バランスに気をつけて考える必要があるでしょう)は避け、熱はとおす程度にした方が良いと思います。
いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸のサプリメントを活用するのが簡単ですから、おススメです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミズキ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ble8ut4oraveeg/index1_0.rdf