ご無沙汰。 

August 16 [Thu], 2007, 23:05
気づいたら8月も半分終わりです。
バイトの夏だったと思います。
友達にもちょこちょこ会えて、話せてよかったです。

原動力 

March 02 [Fri], 2007, 23:13
あなたの笑顔
それだけです

2007 

January 18 [Thu], 2007, 23:17
2007年になりましたが、まったく実感がないです。
年越しはレポートやってましたし、お正月もレポートやってました。
毎年恒例のイベントは、去年いろいろあったのでなくなりました。

何かしら、日々変化していくものですね。
気付かないほど小さなものが積み重なって、
気付いた時には大きなものになっているんですね。

風邪 

December 10 [Sun], 2006, 17:51
悪性の風邪ひいてます。やっかいです。
熱が39度を余裕でこしてくれちゃってます。
もー・・・

 

November 05 [Sun], 2006, 20:43
ここのところバイトが終わると真っ暗で、
ふと空を見上げるとぽっかりと月があるんです。
見ているときって何も考えることができないみたいです。

学校、バイトの毎日をおくっています。
病気は定着しつつあります。

頑張るなら100%やるしかなくて、そうじゃないと0%しかできないんです。
適度に頑張る、適度に休むというのがさっぱり分からないです。
やると100%なんで、とても疲れてしまうんです。
そうでないと、0%で何もできなくて身動きが取れなくなってしまうんです。

私は「皆」「普通」「一般的」という言葉が嫌いなんですが、
時々なんですが「病気じゃない人はどうなんだろう?」って思うんです。
どうすれば不安に押しつぶされず、衝動的にならないんだろうって。

0か100しかないと、100でやっていて辛いなって思って息抜きしなきゃ、
って思ったときには0になってしまうんですよ。
がらがらっと崩れていって泣いて泣いて、分からなくなって怖くて助けて欲しくて。
乗り越えるのは難しいんでしょうね。
なかなか大きな山を越えなくてはいけないみたいです。

静かな眠りが訪れますように。

台風一過 

October 07 [Sat], 2006, 17:27
神奈川は昨日、台風が凄くて電車が止まったり、
警報がでてたり、傘が折れること多発。
今日はすっきりと晴れています。
昨日は新月、十五夜さん。
今日は満月。
日が沈んだ空がとても綺麗です。
私の部屋の窓からは富士山、地元の山が見えます。
綺麗ですね。
ボーっと眺めていると自分がどこいいるの分からなくなる。
吸い込まれていくような。

笑顔 

September 17 [Sun], 2006, 21:40
笑顔を見たい、この人の笑顔を見たいと思う。
私は大切な人に、家族に、接する人に笑顔を見せたい。
なによりも何年も私につきあってくれている友人に見せたい。
無理して笑ってる悲しい笑顔ではなく、
本当に楽しくて嬉しくて笑っている私の姿を。

友人に携帯で写真を撮られました。
友人からもらった可愛いストラップを写メを撮っている姿を、
友人に写メに撮られました。
ストラップを撮ってる私の姿がとても嬉しそうで笑顔だったらしい。
「桂木の笑顔(^^」と言われました。

笑顔はいいよね。
見ていてやさしい気持ちになれる、嬉しい気持ちになれる、
あたたかい気持ちになれる、楽しい気持ちになれる。
けれど、私も時々やってしまうけれど悲しい笑顔。
悲しい笑顔は、自身も悲しくて相手も悲しくさせる。
無理して笑わないでいいから、無理して目を見なくていいから。
泣いてもいいから。

いい歳なのに、皆の前で泣いてしまうことがある。
けれど、泣いて泣いて泣きやめればそれでいい。
降り出した雨はいつかは止むように、いつかは空が見えるように、
いつかは太陽が見えるように、いつかはまぶしいと思えるように。

強くなりましょう。
雨が降ったならば、その雨を吸収しましょう。
太陽がでたのならば、その陽で成長しましょう。
私も、強くなります。
友人の支えとともに、私は成長していきます。

20歳がもうすぐ終わります。

もう一度ページをめくる 

September 07 [Thu], 2006, 19:13
やめていたこと、出来なくなってしまっていたこと、
そういったことにもう1度手を伸ばしてみている。
無理してやっているわけでもなく、
やりたいと思ったからやってみている。
何かでてくるもしれないし、何も出てこないかもしれない。
「何か」のためにしているのじゃなくて、
私は私の表現を好きなようにしようと思って動き出してる。
何も押さえつけることなく、
過去の自分と変わってしまっていることに恐れず、
今の自分をありのままに表現すればいい。

詩を書くのを再開し、絵を描くことを再開し、
ピアノを弾くことを再開し、歌うことを再開しました。

自分を縛り付けていたのは、自分自身だって気付いたのは最近。
誰かに何かに縛り付けられそうになったら、
上手に縛り付けられないようにすればいいだけ。
縛り付けられてしまって、束縛されてると思うと、
それはもう自分で「束縛」に「束縛」されてしまっている。
だから、息抜きをしよう。

大切な友人と話していて気付いたことです。
本当に不器用な私ですが、
私に色々気付かせてくれる友人の存在は大きい。

不思議だと思うことがひとつ。
私は泣けなくて、泣けなくて、でも泣きたくて。
そんなときがあって、泣けないことが悲しくて。
でも悲しいとも思えない自分が寂しい人間だと思った。
けれど、私を泣かせる人がひとりだけ。
なんでだか、知り合ってからその人だけが私を泣かせる。
その人には本当に感謝してるし、尊敬している。
私がここまで歩んできた道を見てきていて、
私の情けなくて最低な部分も見ていていて、
それでも今も「ここぞ」というときに助けてくれる人。
なんといえば言えばいいのか分からない感情。
情けないところばかり見せているのに、
なぜ傍にいてくれるんだろう。
本当に救われる、助けられる、頑張れる、私の生きる意味。

長月 

August 31 [Thu], 2006, 20:56
明日から長月、9月ですね。
残暑が続くみたいです。
8月も終わって、学生の特権の夏休みも終わりです。
結局なんだかんだ寝込んでしまいました。
やはり、毎年この時期は体調が悪くなるみたいです。
色々不安定さがあるんでしょう。

9月前半は試験期間です。
試験が終わったら、きちんと整理したいことがあるので、
こころの整理をして将来のことを、
これからのことを考えていきたいと思います。

つくづく思うのが、私は自然がないと生きていけません。
自然を感じられないと、どんどんダメになってしまう。
正直、私は今のこの環境にいて息苦しいです。
学校は都会ですし、人が人との中でしか生きてなくて、
自然を隔離しているのが苦しくて、息苦しくて。
それが私を苦しめている原因ならば、
私は外へ飛び出そうかと思います。

考えがはっきりとまとまったら、
いや、今からまとまっているとそれは困るかもしれないけれど。
きちんと自分のこころ、からだと向き合って考えた結果を導きだそうと思います。

8月28日 

August 28 [Mon], 2006, 23:42
誰かの真似をしてみるのはいいかもしれない。
「自分」という殻に閉じこもって、見ないふりをするよりは、
何かを見つけようとするのが大切なのかもしれない。
「すごいな、この人は・・・。あこがれるな。」
って思える人がいたら、私はその人ではないけれど、
それでも、その人の持つものや、悩むもの、
そうしたものを私も考えてみる。
私はその人じゃないから分からないことがたくさんある。
私は「自分はこういう人間なんだ」と割り切るのが、
最近どうも嫌いになってきた。
「自分」というのは大切だけれど、
それでいて「自分」を嫌いで自己嫌悪して、
それでも「自分」にしがみついているのは、
変われるものも変われなくなってしまう。

「自分はこういう人間なんだ」
「いいな。私もそうなれたらいいのに。
 なれないんだ。私は私だから・・・。」
そういう言葉をもう私は言いたくない、言わない。

将来への不安はあるよ。
いつ何があるか分からないし。
でも、私は今を生きていて、今が大切で。
「将来的なことも考えると、今はこうしたほうがいい」
って先生はよく言うよね。
でもね、私は何か自分が変われるのなら、
それにチャレンジしたい。
チャレンジして失敗したら、失敗をばねにする。
凹んで悩んで、それでまた前を向いて、考えて。
そういう人間になりたい。
そういう大人になりたい。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blank919
読者になる
Yapme!一覧
読者になる