葉酸は染色体異状も軽減する

October 14 [Wed], 2015, 15:09

葉酸には染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素のひとつであると知られています。



とはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しい、なんてこともあると思います。
無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば理想的な量の葉酸を補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。


治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が挙げられると思います。
原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。


男性、女性、両方が早めに検査を受けると解決への糸口となるでしょう。葉酸は加熱によって失われやすいため、食材を調理して摂取しようと考える場合にはちょっとしたコツがあります。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。
とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。
どうしても加熱の必要がある時には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱を通す程度にした方が良いです。


しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時はサプリを利用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。
言うまでもありませんが、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してください。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。


ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blakoqbvp
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/blakoqbvp/index1_0.rdf