ハヤク 

August 01 [Wed], 2007, 22:22
ハヤクシナイト・・・・・

お願い早く来て

じゃないと捕まってしまうょ

あと一ヶ月の時間が

きっともっと二人の距離を離すんだ

ハヤクシテ。。。。

心と気持ち 

June 29 [Fri], 2007, 2:17
他人を気にするなんてね
どうしたことだろう

なんだか焦りがとまらない
みんなにはちゃんと世界があって
そこでそこにいるべき人たちと
上手に共存できていて

ふと 自分のことを考えてみると
自分は今も昔もこの場所に
人を入れ込むことができなくて

なんで もっと素直になれないんだろう
と思ってきた

でもそれも彼と出会ったころは
彼さえ居れさえすれば
どんな孤独にも耐えられるなんて思ってきたんだけど

最近なんか すごく 孤独感
感じてる

なんでだろう

だれもいない訳じゃないのにね

でも仲間はいないのかな

自分のことでムキになってっくれる人何て

きっとこの世の中
そんなに多くない

だけどそれでもその少ない人たちを

みんなは
見つけながら
支えあいながら
少しづつ将来に近づいていくんだろうね

じゃぁ 自分のトキは・・・・

ずっと止まってしまったままなのだろうか。

あぁ焦る焦る。

どうすればいいんだろう


人の前で取り繕うのがうまくなっていけばいくほど
生きていくことの辛さを実感する毎日です

正直 楽しいことってそんなに多くない
正直 刺激って何か分からない
正直 優しさとか信用できない

正直 人と居るのがすごく苦手です

きっとこれが一番リアルな自分に近いのかな

もう息苦しいのは限界

どうしようどうしよう

悪魔の微笑み 

June 22 [Fri], 2007, 1:29
きっとどんなに辛いことがあったって

会えると思ったときの喜びが

悲しみと辛さも悔しさも

すべて拭い去ってしまうんだ


きっとこの先も
あんな風に睨まれたとしても

アタシはあなたから離れることなんかできないわ


夢も希望は愛も
すべてはそこにある

そう分かった20日の夜だった

5年間の時間のなかで
あなたを知った時間はきっと
1日もなかったように思える

もう被害者ぶるのは終わりにして
本気であなたを捕まえに行くわ

あなたはここに来てくれないから
でももうあなたにはじっとしていられる時間なんでないはずなのよ

次の未来がそこまで来てるから



あなたが最後の人を見つけてしまう前に

あなたの夢のなかで私が消えてしまわないように

ただ傍にいて欲しい

夢と恋
どちらかなんて選べないけど
あの悪魔の笑みだけには負けない
何があっても

全てを好きにさせてあげるわ

夏の本気な恋はもう始まってしまったわ

とにかく今夜は強く強く願うわ

ユメとリアル 

June 16 [Sat], 2007, 22:37
 頻繁にユメに見るようになっていた

あの人はいつも変わらない あの顔で笑う
自分もつられて笑ってしまう

出かけている場所はいつも違っていて

まだ行ったことないとこまで二人で出かけている


そんなユメを頻繁に見るようになってから奇跡がおきた

もうすぐ会える 会いに行くんだ 唄いながら

これから 

June 08 [Fri], 2007, 1:49

新しい季節の始まりは たくさんの出会いを運んできます


これから頑張って一つずつ夢を叶えていこうと思う

少しずつ少しずつ


頑張ってあの人に見つけてもらえるように

意地でも目につくとろこに出てやるぞ!!!

素直に言えるように 

June 06 [Wed], 2007, 1:28
                                   せめてこの場所だけでも
                                   素直になれるように・・・・


昨日 大好きな人との別れを決めました
そう  決意したのは私です
そう  話を切り出したのも私です

                              相変わらずの空気の読めなさには
                              DVDだってフリーズしちゃいそうな勢いで
                              私だって本当はでんぐり返しでもして
                              彼女のように時空を行き来したくって


頷いてしまった、たった3秒は
私と彼の間に城壁を築き
まるで自分が異国人のように思えて

城壁はただのガラクタにしか映らなかった


立ち尽くすこのカラダが 育ちきれない節々に負担をかけ
まるで 自分が木枯らしにでも吹かれたような
枯葉のような気分になり
地に葉が着くころには
自分の心のなかには大きな水溜りができていて
枯葉がじわりと濡れてしまったのを感じた


                     こんなに広い世界、自分が守れるものは限られていて
                     アタシだって本当はレンジャーになりたいんだけど
                     あんなに強くはないからいっぱいは守れない

本当に守ってあげたいと想う気持ちが
自分の背中を押して
だけれど守れない自分に
愚かさを容赦なく突きつける

                                              
                            辛いことばかりじゃないよ
大好きだから
ずっとずっと大好きだから

あなたの夢の中で私を写して欲しかった
もっと向き合って欲しかった


こんな混沌にいたって
誰も濁る景色を見つけられない

いくら俯いていたって
目が合う人は誰もいない

もしもあなたがここにいてくれるなら きっとこぼれる前に拭ってくれたのに


                        ごめんね

隔たり 

June 03 [Sun], 2007, 20:09
自分たちの思いが
もっと自由に動き回れたいいのに

うちらが気合入れるときこそさ
ことは複雑の方向へ向かっていっちゃうんだよね

何でだろう?笑
そうそう笑えちゃうくらいにw

恋愛は障害があるほうが盛り上がるなんていうけどさ

分かるよ その気持ち

でも今の状況はあまりにも裏腹すぎると思いません?
あなた方が指す指針はこちらで間違えないんですか?

って質問してみたいわ


夏だってまだまだ見当つかないしさ
律儀に完璧セットを提出したって流されてしまうしさ
もうこの年齢じゃ学生とは呼べないじゃない?

それを全部知ってのこの状況なら
ある意味彼らの意思ははっきりとおっしゃってる気がするけどね笑

せめてスタートラインに立たせてくださいましよ

square 

June 02 [Sat], 2007, 4:49
守るべきもの あの人の存在

もう5年も好きになったままで

近づけない距離を感じてる

あなたと言うには 少し遠く照れくさい


後2ヶ月で 夏が来る

見落としちゃいけない あの娘
きっと彼の中の波動は 少しずつ
リズムとなって 伝わっていくだろう

透明人間 

June 02 [Sat], 2007, 4:44
透明人間

きっと彼は透明人間が嫌いじゃない
好きな訳じゃないけど


少し憧れを持っているのかも

同じ人には分かるんだ きっと

彼はまるで 透明人間
誰も気付やしないさ

でも群集に紛れると
彼の姿はカタチを成してしまうんだ

もっと見たくなる
彼の姿

どこまでもすり抜けて

ブログ 

June 02 [Sat], 2007, 4:39
私にとってこのブログの意味は
これから夏までの自分自身への整理の場所としての掲示板

それから夏までの軌跡が残したい思いから始める

夏までの時間はおよそ2ヶ月

それまでとりまく心境変化並びに現状変化を記していきたい

今まであまり開けることのなかった恋愛という枠に

向き合っていきたいと思う
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:blacktetraism
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる