覚えておくべきロスカットのやり方

August 09 [Tue], 2016, 20:33


FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。

投資を少しでも知ればわかりますが、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。

損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのはトレイダーとして投資に向き合い続けられるかどうかというところで一番重要な鍵を握る点となるでしょう。


損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、絶対にそれを特例を作らず絶対に守るようにします。

多くの手法が存在するFX投資ですが「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。

サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、片方を売却し、片方を購入することで利益を得るという仕組みです。


スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、要領が分からないうちはどちらも儲けを出すのは難しいかもしれません。

何はともあれ、仕組みとオーダーの方法を知っておいてください。

FX投資を自分の勘だけで進めてもそうそう利益はあげられないでしょうから、基本のチャート分析スキルは必須となります。


操作性にすぐれた、扱いやすくて見やすいチャートソフトやアプリも多いですし、それらをうまく利用することで、いつどのように売買を行うかを見極めるのがよいでしょう。

それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、テクニカルなものについてもいろいろと、広く知っておくと必ず役に立ちます。

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使用してみることです。


バーチャルトレードですからどう転んでも懐は痛みませんし、その業者でFX取引に使用するツールそのものの扱い方を学べるのは大きいです。

性急に手持ち金を注ぎ込んでFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。


FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかを丁寧に吟味してください。

投資用の口座開設は手間のかかるものではありませんが、数多く口座開設すると管理をするのが面倒になります。

最初の口座開設でキャッシュバックと謳うキャンペーンに惹かれないで、その人に適するFX業者を取捨選択しましょう。
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/blackdiary104/index1_0.rdf