2018年01月22日のつぶやき 

January 23 [Tue], 2018, 0:00
  • これからもっと近くでいれるよ 君が歩いた道を一緒に いつの日にも絶やさぬ愛を ふりそそぐよ 包み込むよ マジに思うよ 誇りに思うよ 愛があるから トキに険しく 長い道のりも 君とならば 生きていける気がしてるよ (everlove) Posted at 11:35 PM
  • 鳴り止まぬ鐘に告げられるのは目覚め、君の無い現実 未来と引き換えに君を願えば辿り着けるでしょう 鳴り止まぬ鐘の響く丘まで君と記憶と眠らせて 形を無くしても二人は永遠に愛し合えるでしょう (Lost November) Posted at 11:06 PM
  • この丘に雪積もる頃、迎えに行くよ 待ち焦がれた春にはもう会えないけれど (Lost November) Posted at 10:36 PM
  • 雨にうたれ 君を抱き締め 叫んでいた 「愛してる 愛してるよ」 柔らかな笑顔のまま 静かに目を閉じた そうこの手は もう離さない 涙声で 「愛してる 愛してるよ」 たった一言 簡単な言葉なのに なぜもっと早く言ってあげなかったのかな? どうかこの指輪を受け取ってくれませんか? Posted at 10:06 PM
  • 外は雨 あの日と同じ夜の雨 ”時間が忘れさせてくれる”のはウソらしい 戯れる君 あしらう僕 拗ねる君 気がつけば 君といた日々 思い出して 「私の事愛してる?」が君の口癖 ごまかす僕 イタズラに笑う 君が好きだったんだ (イエス) Posted at 09:35 PM
  • それでも、 くちづけを数えたら、絶対君を好きになる。 終わった恋なのに。 キスの味、忘れちゃう、だから最後に少し。 優しくしてよ。 (MEMORIES) Posted at 09:05 PM
  • 思い出を数えたら、もっと君を好きになる。 優しすぎる嘘も。 不意打ちのキスしてよ。それだけで許すから。 どこか行かないで。 私はいつでも、君を追いかける。 都合がいい時、声かけて。 (MEMORIES) Posted at 08:35 PM
  • 朝焼けに隠れながら 小さく小さく寄り添った この次の春が来ても あの日の二人は戻らない いつの日かこれで 良かったと何気無く想うのだろう セピアに残った感情を押し殺し歩き出す (SEPIA) Posted at 08:06 PM
  • 想いあったはずなのに 厭きれるほど遠すぎて 変わらない二人の距離 舞い散る冷たい花 会いたいのに会えなくて 会えないから夢をみた 時が経てば 心まで 僕等は解り合えた? (このは) Posted at 07:35 PM
  • 「愛してる」って言うくせに 嘘が溢れている そんなこの世界の行方を 君と そう君と 見てみたいと思ったんだ 浅い眠りの中 汚れないまま風に乗って 君に届け (Rem_) Posted at 07:05 PM
  • 冬が過ぎれば次には 春が来てしまうだろう その頃の僕はどんな 風に変わっているかな? だけど僕の恋は ずっと、そっと、 きっと 続いてゆく 季節が変わっても 君の笑顔変わらずに Pearl White Memories (PEARL) Posted at 06:35 PM
  • 繋いだ手 素直に絡めて ギュッてしてよお願い 今ならね 素直に言えそうよ ”夏!恋人たちを大胆に” ごみ箱 放り込んで 君の好きになろうかな 夏風邪よりも性質が悪い (夏恋) Posted at 06:06 PM
  • 初めての食事の誘いや バースデイ返事のありがと 喧嘩のあとのごめんなも 鍵つけたの二度見どころじゃない この好き 全部伝えれば 流れはきっとスムーズで 空回り疲れてもやっぱり 逢いたい (夏恋) Posted at 05:35 PM
  • ねえ 君がくれた 痛みさえ 離したくはないよ ねえ 愛は手を差し伸べ もう 待っていてもダメさ ねえ 君がいつか この僕を 愛せなくなるなら ねえ この胸を忘れて そう 君の好きな場所を ねえ 張り裂けそうな この胸で 君に今 愛を誓うよ (Ne) Posted at 05:05 PM
  • 一通の招待状が今 僕の部屋に届いたよ 突然で困惑して 祝福できない (Missing you) Posted at 04:35 PM
  • それは初めて感じた微熱 こんなに誰かを想い あきれるほど好きになるなんて もう少しだけ早くfeeling you 想いは打ち明けられぬまま でも君の前自分らしく 振る舞えないでいたと思う (Missing you) Posted at 04:05 PM
  • 君の照れた笑顔に 僕は夢中になった 時を忘れるままに 語り合っていたよね ある日澄んだ瞳を 見つめ僕は想った その手を伸ばす未来に 僕がいられたら 出逢ったあの日が 想い出になっても 二人でいよう (誰の為でもなく君に…) Posted at 03:35 PM
  • 聖なる夜 静かな夜 何よりも白く その”過去”も”未来”も Virgin air 壊れて消えた 追い越してく Virgin air "Untill I can do" "Holy night",icy"Holy night…" (白い闇) Posted at 03:05 PM
  • 底無しの闇 底無しの無力 繰り返せない 想いがこぼれていきそうで キミの”気高さ”僕のこの”弱さ” 汚さないように おとさないように 濁った雨の下 傘もさせずにいるよ 凍えた真夜中 今も ひとつめの 雪 掌におちて小さくなるまで ずっと 見つめていて (白い闇) Posted at 02:35 PM
  • 舞い上がる風は 激しく 無防備なココロ 吹き抜け かき消す 答えを彼方へ… 素敵な夢はいつでも残酷なほどに素敵で 目覚めは冷たい太陽 (冷たい太陽) Posted at 02:06 PM
  • 雨音がさらっていく ざわめきは時に僕に優しく 吸い込まれそうな 灰色の空に想い重ねて 戸惑いを止めて こんな小さな真実を笑って ”痛み”を越えれば それは きっと果てしなく優しく (冷たい太陽) Posted at 01:35 PM
  • キミとある世界を、キミのいる不自由さを、 キミのふれた僕を 焼きつけて (瞳をあけてみるゆめ) Posted at 01:05 PM
  • 視線そらした部屋の片隅に もう、探しものはないでしょう? 他人を知るコトのヨロコビは脆く 誰のためでもなく強く僕を動かしてる (瞳をあけてみるゆめ) Posted at 12:35 PM
  • 春を待つ花の儚さは淡く、 誰のためでもなく強く あたりまえみたいに 星の降る夜空を、雪の舞う街のなかを、 唄う華の影を 跳びこえる It's a one and only your smile よじれるまで笑え 瞳あけてゆめみて、 声あげて (瞳をあけてみるゆめ) Posted at 12:05 PM
  • Skype、LINEやってます。 知りたい方メッセください。 Posted at 12:02 PM
  • 飾り澄ました街の片隅で今日も、 キミの側 眠ったフリをしてる 瞳を閉じてみるユメに何ひとつ もう、望むことはないでしょう? ひどく温かなキミの腕のなかには、 置いておきたい気持ちがあるよ ココロ閉じてみるユメに闇雲に もう、縋ることはないでしょう (瞳をあけてみるゆめ) Posted at 11:35 AM
  • 蝉の声がする。 それは、陽炎と揺れて 見え隠れ。僕を、逆撫でる。 深く「キミ」のなかに生きて いつかナイフを 向けるのかな? 浅く流れる傷痕は ただのブザマな「標本」 透明な「現在」 僕を連れ去って。 透明な「現在」 皆、連れ去って。 (空蝉) Posted at 11:06 AM
  • めぐりくる悲しい予感を カラダは 覚えているみたいだね すくんだ気持ちよ いまは走れ 春、花をさらう風、 葉をつけた桜、木漏れ日。 アスファルト、桃色の銀河 続く坂道 いつかどこかで路が 分かれ迷っても きっと この花が咲くたび キミを想い出せるだろう。 (桜花、繚乱。) Posted at 10:35 AM
  • たのしいこと うれしいこと 大きければ 大きいほど この後の痛さは とても 計り知れないものだろう それでもよかったと 笑うことも できそうにないです。 あしたのこと見えずに ボクはただ、キミを見つめていた (桜花、繚乱。) Posted at 10:05 AM
  • ひとりには慣れたなんて、 疑いもせず想った。 強さは、強がりのまま 穴あきのココロはそのまま 遅かれ早かれ あんな悲しさが 待っているのは 百も承知なのに キミに出逢い キミを見つめていた いつか来る終わりの予感に すくんだ気持ちを 眠らせたなら (桜花、繚乱。) Posted at 09:35 AM
  • 「優しさ」と「裏切り」闇とまぎれこむ 失くした夜に独り 切なく声、枯らして 頬をつたう雫は何を僕につたえてるの? そして すべて枯れ果て嘘に染まり トケテイク… (Cry for the moon) Posted at 09:05 AM
  • 曖昧にしたいでしょ? キミの不幸が愛しい 「ホント」のフリの 「まんなか」で腫れ上がる アカノタニンを欲しがる 「ホント」のキミを あしもとに散らばる過去は異物 (black box) Posted at 08:36 AM
  • Ah Will you stay with me 風が過ぎ去るまで もう誰よりもそばに Forever Love Forever Dream これ以上 歩けない Oh Tell me why Oh Tell me true 教えて 生きる意味を (Forever Love) Posted at 08:06 AM
  • Ah 全てが終わればいい 終りのないこの夜に Ah 失うものなんて 何もない 貴方だけ (Forever Love) Posted at 07:35 AM
  • 何処に行けばいい 貴方と離れて 今は過ぎ去った 時間に問い掛けて 長すぎた夜に 旅立ちを夢見た 異国の空見つめて 孤独を抱きしめた 流れる涙を 時間の風に重ねて 終わらない貴女の 吐息を感じて (Tears) Posted at 07:05 AM
  • 乱れた愛に流され おまえは全てを失った 身体貫く叫びで おまえの心壊してやる 錆付いた言葉投げ捨てて 張り裂ける心を解き放て 降りしきる雨に背を向けて 息づく奴らに言葉はない 埋もれた時に戸惑う おまえは悪夢をさまよう 血の気震わすNoiseで おまえの心壊してやる (X) Posted at 06:35 AM
  • 一人きりの自分がいた 暗い迷路の中 自分の居場所さえも まだ分からずに 行き場所も分からずに 明日さえ怖がっていた 冷めた瞳のまま だけど今は 擦り切れたこの夢を 抱きしめて (WISH) Posted at 06:05 AM
  • ねぇ本当は誰も ねぇ愛せないと言われて 怖がりの キミと出逢い やっとその意味に気づいた 傷つく為 今二人 出逢ったなら 悲しすぎるよ 心から キミに伝えたい きっとただ本当のキミの姿を求めて (I for You) Posted at 05:35 AM
  • 今吹き荒れる 嵐の中 そう抱き合って 確かめ合って 失うものなど 何もなかったはずだね 手を伸ばさなきゃ あの光さえつかめない What will it take for you 君が望む様に 僕も望んでる (STORM) Posted at 05:05 AM
  • キミに描く夢を見ていたい きっと巡り会える その時まで きっと 切なすぎる 切なすぎる 思い伝えたら 愛しすぎた 愛しすぎた 僕が分かるはず 眩しすぎる 眩しすぎる 時に あなたと出会いたい (BELIEVE) Posted at 04:35 AM
  • 揺れて揺れて今心が 何も信じられないまま 咲いていたのは my rosy heart 揺れて揺れてこの世界で 愛することも出来ぬまま 哀しい程 鮮やかな 花弁の様に (ROSIER) Posted at 04:05 AM
  • 冷たく透き通る瞳のキミに何処か魅せられてゆく 刺激を今求め続けて クールな素振りもできぬまま 耳元で君が囁いて 聖なるこの夜を切り裂いた 「罪深き二人なら 愛し合える…」 (G.) Posted at 03:35 AM
  • 捕らわれた 人々は 禁断の 赤い実を齧る 思い出せない アダムとイブの誤ちが 歴史のフィルム 終わらせていた 仕掛けが 終わる その目が閉じる時 ネ・フ・テ・ュ・ス もう戻れない ア・ヌ・ビ・ス 「月の光の下 終る」 (TIME IS DEAD) Posted at 03:05 AM
  • 何も変わらない今だけど 一人歩きに疲れ 貴方に伝えたい想いばかりが氾濫して動けない 歌声は届かない貴方までは 閉ざされた手の平に私は居るの? 閉ざされた手の平に私を呼んで 朧げな月の光集めて 閉ざされたその胸に深く沈めて。 (MOON) Posted at 02:35 AM
  • 踊らされた 黒焦げの日々 ”目を閉じて もう 今は” 消せない影が 見忘れていた 時の終りを 声も出せずに抜け殻を残せば… 目の前に宿る 太陽さえも 堕ちて来そうで何処か怯えていた The truth must out (SLAVE) Posted at 02:05 AM
  • 傷だらけの天使よ 翼を広げて 連れて行ってくれ もう一度だけ 伝説の夜に 革命を拾った それは 時が… 傷ついた羽根に 光が宿ったら 連れて行ってくれ もう一度だけ 伝説の夜に 革命を拾った それは 生まれたばかりの… それは 眩いばかりの… (乱) Posted at 01:05 AM
  • せつない人よ 叶わぬ願いよ なぜこの胸から愛は生まれて行く? 咲き乱れた花は揺れて 沈んだ大地に降り注ぐ 愛を時は奏でて想いはあふれる 途切れそうなほど透明な声に 歩き出したその瞳へ 終わらない未来を捧げよう (虹) Posted at 12:35 AM
  • いつでも いつでも 甘い 甘い 笑顔にとけていたい 運命が僕をつかんで あたりはかすんでくけど ふさがないで 聴こえるだろう あの場所が呼んでる かわいた風をからませ あなたを連れてくのさ honey so sweet 限りない夢を この両手につかんで (HONEY) Posted at 12:05 AM
  • http://twitter.com/mutsumi1126
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:唯翔
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる