中途採用面接 

July 12 [Thu], 2007, 0:07
本業は休暇を取り、某株式会社の面接を受けに行ってきました。
面接の感触としてはそれほど悪くない感じ。
ただ、へたをすると年収が150万くらい下がってしまうのが痛いところでしょうか。

なにはともあれ、先方からの連絡待ちという状況なので、これ以上のことを考えてみても仕方がないのですが、少なくとも年収450万円〜500万円以上はほしいところです。

夏季賞与 

July 10 [Tue], 2007, 0:10
インターネットバンキングで確認すると、夏季賞与の入金がありました。
明細表をみる限り、決して高くはない金額ですが、それでも夏のボーナス一括払いで購入したもの(英会話の受講料、iPod、バドミントンラケット)がかなりあるので、正直ベースで言うともう少しいただきたかったというのが本音です。

まあ、このあたりの地域の中では、支給額は高めなのがせめてもの救いなものですが・・・。

3級FP技能検定士試験結果 

July 04 [Wed], 2007, 23:49
3級FP技能機能試験検定の合格発表日でした。
結果は、午前の学科が39点、午後の実技が31点と、無事に合格ラインに到達。
同時に送られてきた技能検定合格証書をみながら、2007年9月9日に実施する2級FP技能試験の受験&AFP登録目指してやってやるぞという気持ちになりました。

日商簿記試験結果(3級・2級) 

June 22 [Fri], 2007, 23:44
本日は日商簿記検定試験の合格発表日でした。
かすかな期待に胸がドキドキしていた3級は、見事に玉砕。
午前の結果を受けて棄権した2級試験については、結果は言わずもがな。

公認会計士試験の勉強により、簿記の基礎的なところはかなり押さえてきているので、これは秋(2007/11/18)にリベンジするしかないでしょう。

秋は3級・2級の同時受験といくか、それとも強気に2級・1級で受験するかは悩みどころです。

日商簿記検定 

June 10 [Sun], 2007, 21:42
受験してきました。

午前中は3級の試験。
見事に玉砕してきました。

一応、2級も同時受験の予定でしたが、3級の結果が無惨に終わったこと、多忙のため2級にむけた勉強がろくにできなかったこと、疲労がピークに達していることを考え、午後の受験は控えてそのまま帰宅しました。

ある程度は勉強していたので、3級くらいなら一発合格は可能だと甘い考えでいたのが悪かったのでしょう。
自分の未熟さを思い知らされました。

今後は会計士の勉強もはじめながら、秋の試験でリベンジを誓います。

3級FP技能検定試験 

May 27 [Sun], 2007, 22:19
ろくに勉強する時間もとれないまま、受験してきました。

社団法人 金融財政事情研究会発表の解答速報で自己採点した結果、非常に微妙なラインにいます。

午前の学科試験は、60問中、39問正解。
午後の実技試験は、15問中、9問正解。

資料によると、合格ラインは、午前で60点満点中36点以上、午後で50点満点中30点以上。
単純に正答率のみ比較すると、午前はクリア、午後がギリギリセーフといった状況です。

2007年7月4日の合格発表まで、期待と不安でいっぱいです。

受験票到着(FP3級) 

May 14 [Mon], 2007, 23:53
FP技能士3級試験の受験票が届きました。
きがつけば、試験まで2週間を切っています。

最近は過去問などみながらのんびり勉強を進めているのですが、これがなかなか難しいです。若干、法律も絡んでくるので、年齢がいくつ以上のときにはこうなるとか、こういったときは特例がありますとか、そういったものがたくさんあり頭が混乱してきます。

社会人になってからこのような試験勉強はあまりしていなかったから、仕方がないといえば仕方がないんですが、でももうちょっとできるんじゃないかという自分と闘っています。

何のためにモノをつくるのか 

May 10 [Thu], 2007, 23:10
SEという職業には、良い意味でも悪い意味でも「変な人」が多いような気がします。

かたくなに自分の非を認めようとしない人、なんでも人に押しつけてしまおうという考えしか持っていない人、言っていることが常に矛盾している人など、様々です。

基本的に、私達SEは、お客さまから受けた製品をつくって出荷します。この製品の受注から出荷の間には、派遣や客先常駐で協力会社さんを利用したりするわけですが、形はどうあれ、ユーザにとっては「良いものをより求めやすい価格で」つくってくれるのが一番です。

ただし、ビジネスでやっている以上、瑕疵担保責任というものがついてきます。契約形態にも依るのですが、ひとことで言ってしまえば、バグや仕様の齟齬がでてきた際、誰が責任をとるのかということです。
この関係もあってか、「ユーザにより良いものを提供する」という本質的な考えを失っている人が多数いると思います。

もちろん、スケジュールにしても、資料の作成にしても、作業が滞りなく進むのが一番です。しかし、実際はどこかでアンバランスが発生し、一部の作業が停滞してしまうこともあるでしょう。このとき、「すかさず弱者の弱味につけこんでいく」タイプと、「1日、2日の遅れは誤差の範囲内なので、協力するので全体の遅れを取り戻していこう」と考えるタイプに二分されます。
私はどちらかというと後者です。
あくまでも主役は発注元である「ユーザ」ですから。

納期が迫ってくると、全体的に精神的なゆとりがなくなってくるとは思いますが、そんなときこそ、プロジェクトリーダーなりがどっしりと構えていれば、それほど大事にはならないような気がします。
私は「責任のなすりつけあい」を行っている現状に、すくなからずもモチベーションの低下を招いています。

適正 

May 08 [Tue], 2007, 22:09
プログラムを書くことよりも、 ネットワークやらなにやらの環境構築のほうが私には向いている気がしています。

最近はそれほどではありませんが、大学生の頃、特に学部4年になり、研究室に配属となってからの日々は、今となってはかけがえのない経験をさせていただきました。
Active DirectoryでWindows 2000 Serverを軸とした環境をつくったり、そこにLinuxの環境を混在させたり、はたまたLinuxで自宅サーバを立てたり、そのためにppxpの設定で行き詰まったりと、すべてが懐かしい思い出です。
フレッツISDNがでてきて、常時接続の環境が整ってきたのもこの頃でした。

それ以前はといいますと、テレホーダイに加入し、23:00〜8:00の間は友人たちとチャットをして過ごして翌朝は眠い目をこすりながら講義を受けにいくという日々。
ほぼ全国的に常時接続の環境が整いつつある今となっては、想像もつかない生活でしょう。

そう思うと、今ある環境を最大限に活用し、それを生業とするのが正しいのかなと考えるのでありました。

自己紹介 

May 05 [Sat], 2007, 0:00
社会人になり、今年で5年目のSE(システムエンジニア)です。
本業に励む一方で、簿記やファイナンシャルプランナー等といった資格取得を目指しており、最終的には公認会計士試験合格を目標に掲げています。

公認会計士試験は、さすが三大国家資格というだけあり、生半可な気持ちでは合格できないでしょうが、少なくとも2008年には短答式試験に合格し、翌年には論文式試験にも合格したいという思いでいっぱいです。

まずは基礎がためということで、2007年05月27日(日)には3級ファイナンシャルプランナー技能士、2007年06月10日(日)には日商簿記検定2・3級ダブル合格を目指します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:black3
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる