br ○アルギニンの心臓への効果br 体内でアミノ酸アルギニンは、酸化窒素に変化する

January 19 [Mon], 2015, 11:12


アルギニンは心臓に有益である可能性があることから、最近注目を浴びている。

アルギニンが豊富な食べ物は、赤身の肉、魚、鶏肉、小麦の胚芽、穀物、種実類および酪農製品である。しかし、アルギニンは心臓にどのような効果があるのか、また、副作用の可能性があるのだろうか?
○アルギニンの必要性
アルギニンはL-アルギニンとしても知られているが、体内でさまざまな機能に関わっている。その中には、
・創傷治癒
・免疫およびホルモンの機能維持
などがある。自然の補助食品として、アルギニンは心臓に効果をもたらす可能性があるということで特別な注目をひきつけている。
○アルギニンの心臓への効果
体内でアミノ酸アルギニンは、酸化窒素に変化する。酸化窒素は、血管を弛緩させ血液循環を促進する強力な神経伝達物質である。
アルギニンが、動脈血栓、胸痛または狭心症および冠動脈疾患の症状を改善する可能性がある。しかし、現在のところ、アルギニンの長期利用がコレステロールや心臓の健康に与える影響についてのデータは存在しない。
アルギニンには動脈を弛緩させ血流を改善する可能性があることから、巨人倍増不全にも効果がある可能性も指摘されている。
アルギニンのその他の健康効果としては、高血圧を下げる、間歇的な脚痙攣を持つ患者の歩行距離の改善などがある。しかし、専門家が確信を持って推奨できるほどの科学的研究は十分とはいえない。
また、アルギニンに関する研究の全てがアルギニンの効果を前向きに捉えているわけではない。2006年の研究で、心臓麻痺の治療で標準的な治療法との組み合わせで使った場合、アルギニンは効果がなく、有害の可能性があることが示唆された。
○アルギニンの健康補助食品の安全性について
実験では、3ヶ月までなら小さな副作用はあるが安全に使うことができている。





出典:Doc. MD
クランベリーの効用ナッツ類の効用キトサンの効用セサミンの効用と副作用キシリトールの効用と副作用
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:バイアグら 購入方法
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bkshiysn/index1_0.rdf