映画『TRON』の予告編リメイク!オリジナル&『TRON Legacy』予告編と見比べ! / 2010年04月06日(火)
今年12月、IMAX 3Dで公開予定の『TRON:Legacy』。上の動画は、そのオリジナル版である『TRON』の予告編をリメイクしたものです!一瞬、ディズニーがプロモーション用に作ったの?と思ってしまうくらいかっこいいんですが、あるTRONファンの方の作品だそうです。

ちなみに、オリジナル『TRON』の予告編はこちら。なんかリメイク版のほうがかっこいい気がするんですけど、どういうことでしょうか?


(miho)

【4月5日13時12分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000305-giz-ent
 
   
Posted at 08:47/ この記事のURL
『TRICK』イベントで仲間、阿部らが来場!佐藤健、夏帆も大興奮 / 2010年04月06日(火)
今年で10周年を迎えた「TRICK」の劇場用映画第3弾『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』(5月8日公開)の完成披露イベントが4月5日、六本木ヒルズアリーナで開催。主演の仲間由紀恵&阿部寛、生瀬勝久、野際陽子というレギュラー陣に、佐藤健、夏帆、片瀬那奈たち映画版キャスト、堤幸彦監督が登壇し、全員が「面白いです!」と映画をアピールした。

【写真】「TRICK」の大ファンだったから映画出演に大感激したと言う佐藤健と夏帆

「TRICK」といえば、仲間演じる自称・超売れっ子天才美人マジシャン・山田奈緒子と阿部寛演じる騙されやすい天才物理学者・上田次郎の迷コンビが活躍する人気シリーズ。今年は「TRICK」10周年、4年ぶりの劇場用映画の公開となる。仲間は「『TRICK』大感謝祭ということで、楽しみにしてください。映画は集大成と呼ぶにふさわしい面白い作品に仕上がりました」と自信たっぷりに語った。阿部も「すごく面白い作品になっていてびっくりしました」と、満足げにコメント。

また、以前から「TRICK」の大ファンだったという佐藤健と夏帆は、映画出演が決まってすごく喜んだと言う。佐藤は「ミーハーですみません。仲間さんのお芝居を(目の前で)見た瞬間に、違うことを考えたというか、一瞬お芝居に集中できなかったことがありました(笑)」と興奮気味に語った。

夏帆は「『TRICK』は母がすごく大好きで、一緒に見てました」とのこと。今回苦労したのは栃木弁のセリフだそうで「こんなになまった方言を初めて聞きました」とのこと。佐藤と夏帆は、純朴なカップルを演じたが、佐藤は「栃木弁をしゃべることで、老夫婦の雰囲気が出てました」と苦笑い。

撮影現場は、終始笑いが絶えなかったようで、仲間は「スタッフさんの笑いのNGが入ったりします。でも、一番笑ってるのは監督で、イヤホンから笑い声が入ってきたりします」と明かした。

堤監督も本当に撮影を楽しんだと言う。映画の仕上がりについてはこうコメント。「10周年、4年ぶりの映画ってことで、まるっきり今までと同じように作ってました(笑)。でも、同じようなことをやってるように見えるけど、楽しめるところが満載で。ちょっと自分でびっくりしたのが泣けるとことです。笑って、泣いて、楽しんでいただきたいです」。

また、テレビでも4月9日(金)よりシリーズ初のスピンオフドラマ「警部補 矢部謙三」(テレビ朝日系)が金曜ナイトドラマとしてスタートする。主人公は“ハゲネタ”で人気を博してきた生瀬勝久扮する矢部刑事だ。「今回は、うざいくらいに絡みまくってますので乞うご期待!」と語る生瀬。フォトセッション時には、剣刺しマジックの餌食となり!?会場を笑いの渦に巻き込んだ。

その他「TRICK 新作スペシャル2」も映画公開後の5月15日(土)に放映予定だ。まさにこの春は“トリック祭り”となるから、乗り遅れないようにご注意!【MovieWalker/山崎伸子】

【作品情報】
劇場版トリック 霊能力者バトルロイヤル

【4月5日19時41分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000023-mvwalk-movi
 
   
Posted at 07:30/ この記事のURL
[新製品]LGエレクトロニクス、無線LAN・DLNA対応のBDプレーヤー、2万5000円前後で / 2010年04月06日(火)
 LGエレクトロニクス・ジャパンは、ネットワーク対応ブルーレイディスク(BD)プレーヤー「BD570」「BD560」を4月下旬に発売する。価格はともにオープン。実勢価格は、無線LANやDLNAに対応したハイパフォーマンスモデル「BD570」が2万5000円前後、対応しないスタンダードモデル「BD560」が2万円前後の見込み。

【写真入りの記事】

 2機種とも、インターネット接続に対応。動画共有サイト「YouTube」「Picasaウェブアルバムサービス」などのオンラインコンテンツにアクセスし、BDプレーヤーを接続したテレビ画面上で楽しめる。「BD-LIVE」にも対応する。

 上位モデルの「BD570」は、異なるメーカーのPCやAV機器間で相互接続できるDLNA規格と無線LANに対応。アクセスポイントやワイヤレスルータなどを経由してホームネットワークに接続して、離れた場所にあるPC内に保存した動画、音楽、写真などのファイルを再生することができる。

 対応メディアは、BD-ROM/BD-R/BD-RE/DVD/DVD-R/DVD-RW(ビデオ/VRモード)、DVD+R/DVD+RW(ビデオモード)/音楽CD/CD-R/CD-RW/MPEG2。ハイビジョンビデオカメラの記録フォーマット「MPEG4 AVC(H.264)」やDivX形式の動画にも対応する。

 画質面では、1080本のプログレッシブ映像出力によって、高精細な映像を再現。BDの記録信号をダイレクトに出力する1080p/24Hzにも対応する。サイズは幅430×高さ44×奥行き204mm、重さは2.0kg。


【4月5日18時26分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000020-bcn-sci
 
   
Posted at 06:13/ この記事のURL
リコー、The Linux Foundationに参画 / 2010年04月06日(火)
 The Linux Foundationは4月5日、リコーが新メンバーとしてThe Linux Foundationに参加したことを発表した。同社はこれまで、The Linux Foundationの下部組織であるOpenPrintingで主に活動してきたが、今回の参画でLinuxに対する強いコミットメントを示したといえる。

 OpenPrintingは、LinuxやUnixライクなOSの印刷に関する標準化活動を展開している。幾つかのプロジェクトがあるが、すべてのアプリケーションとユーティリティで共通の印刷ユーザーインタフェースを提供する「Common Printing Dialog」や、PostScript依存のプリントシナリオをPDFベースに再構築する「PDF Print Path」などに注目が集まっている。

 The Linux Foundationジャパンディレクタの福安徳晃氏はリコーの参画について、「Linuxの分野では、ユーザーによる利用や標準化の活動などはこれまでサーバ分野が先行して進められてきました。ただ今後は、とりわけ今モバイルの分野で顕著になっているように、クライアント側でのLinuxの利用が加速的に進んでいくものと考えます。その中にあって印刷機能、ユーザビリティの強化は必要不可欠で、今後のリコー様のOpenPrintingへのコミットメントとリーダーシップに期待しています」とコメントしている。【西尾泰三】 4月6日1時45分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000003-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 05:36/ この記事のURL
セカンドライフ「企業利用ゼロ」 土地のレンタル事業大幅縮小 / 2010年04月06日(火)
 一時ブームになったネット上の3D仮想空間「セカンドライフ」。過疎化が進んだと報じられたこともあり、日本企業の利用はほぼゼロになっている。このあおりで、国内最大のセカンドライフ事業者が、土地のレンタル事業を大幅に縮小させることになった。

 このセカンドライフ事業者「マグスル」は、仮想空間上のSIM(島)にある土地をレンタルに出したり、セカンドライフを運営する米リンデン・ラボ社が発行する仮想通貨のリンデンドルを販売したりするサービスをしている。

■ブログ上で「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」

 それが、2010年3月31日になって、同社のブログ上で、「セカンドライフ事業縮小のお知らせ」を出した。お知らせによると、セカンドライフでは、企業利用はほとんどなくなり、企業向け土地レンタル事業の収益が確保できなくなったというのだ。

 セカンドライフは、07年初めに日本でも盛んに報道され、ネット上で爆発的なブームになった。京都を模した日本的な街並み「NAGAYA」が人気スポットになり、大手企業も製品PRの仮想店舗を構えたり、仮想社屋を建てて採用活動をしたりした。

 ところが、この年の暮れ近くになって、早くも「過疎化」が報じられる事態に。3D空間に対応できるパソコンがあまりなく、イベントなしには何をしていいかわからないことなどが理由とされた。そして、その余波で、08年になると撤退する企業が相次いだ。

 最近になると、もう企業利用もほとんどなくなり、マグスルでは、「Yurakucho SIM」など5地区を4月30日で閉鎖することにした。リンデン・ラボ社との方針の違いもあったという。今後も、稼働率が60%を下回る場合は、順次閉鎖していく。

 とはいえ、セカンドライフ自体は、根強いファンがいて、世界的に個人ユーザーは増えていく傾向にあり、リンデン・ラボ社もすでに黒字化を達成したという。日本では現在も、個人ユーザー2〜3万人がセカンドライフを利用しており、オンラインゲームなら十分な数だとしている。

■「日本で今後見直す動きが出る」と断言

 日本で批判的な人が増えていることについて、マグスルの新谷卓也社長は、マスコミの影響もあると指摘する。

 事業縮小のお知らせでは、「個人の思い」として異例の長文を掲載した。それによると、ブームのころは、楽しさよりビジネスに報道の力点が置かれ、「お金が儲かる次世代インターネット」と盛んに流された。セカンドライフには、友だちとチャットを楽しみ、様々な教室で新しいことを学ぶなどの楽しみがあるという。それが先入観で歪められてしまって批判的な見方が広がり、セカンドライフを見たり理解したりしていないのに「もう終わった」と報じられたというのだ。

 新谷社長は、取材に対し、セカンドライフには楽しい部分がたくさんあるとして、「日本で今後見直す動きが出る」と断言した。

  「ケータイの各種サービスでも、最初はアバターを作るだけだった個人ユーザーが、それを動かしてコミュニケーションを楽しむようになっています。慣れてきてアバター利用への要求は高度化すると予想され、いずれパソコンでも楽しむと考えています」

 セカンドライフ事業も撤退を決めたわけではなく、個人ユーザーへのリンデンドル販売は落ち込んでおらず、今後も続けていくという。同社によると、この部門は、事業の8〜9割を占めている。レンタル事業についても、「Shinjuku SIM」など3地区を建物付きレンタル中心にするなど、様々な方向性を試す。

 もっとも、エロやギャンブルのスポットさえ利用が低迷していただけに、どのようにして盛り上げるというのか。新谷社長はこう説明する。

  「ツイッターなどリアルタイムのネットコミュニケーションが普及してきたので、3Dアバターの選択肢も今後大きくなるはずです。例えば、インディーズミュージシャンのライブは限られた人たちのものでしたが、アバターなら時間や距離を超えてライブを楽しめるようになります。アバターが身近になれば、その楽しみが自然に分かってくると思っています」


■4月3日10時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000000-jct-sci
 
   
Posted at 04:59/ この記事のURL
写真家・岡村昭彦さんに焦点当てた講演会、小山明子さんも登壇/5月に大和で / 2010年04月06日(火)
 17周年を迎えた市民団体「大和・生と死を考える会」(大和市、古谷小枝子会長)の記念講演会「パンドラの匣(はこ)―希望―」が5月16日、大和市生涯学習センターで開かれる。県精神保健福祉センターとの共催。

 ベトナム戦争からホスピスまで数多くの作品を残した写真家、故岡村昭彦さんにスポットを当て、交流のあった評論家米澤慧(けい)さんによる講演「いのちのレッスン〜岡村昭彦と共に歩んで〜」などを予定している。岡村昭彦写真展・資料展も同時開催。午前10時開演。

 また、本紙の「わが人生」に登場した女優の小山明子さんが「今を生きる」と題して午後4時半から講演する。

 一般2千円(学生千円)。詳しい問い合わせは、古谷さん電話046(275)7303、または山口さん電話046(269)5301。 4月5日15時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000008-kana-l14
 
   
Posted at 04:21/ この記事のURL
<続報>発生から1週間、114人が生還=炭鉱漏水事故―山西省運城市 / 2010年04月06日(火)
2010年4月5日未明、山西省運城市の炭鉱で先月末に発生した漏水事故で、坑内に閉じ込められた作業員の救出作業が始まった。最初に9人の生存が確認され、救出されたのを皮切りに、最新の報道では114人がすでに生還したという。中国新聞社の報道。

事故発生から7日目、190時間が経過した現在、ようやく始まった救出作業で114人が無事に事故現場の坑内を脱出した。153人が閉じ込められているとされた今回の事故。現段階で坑内に残る39人のうち38人の生存をおおむね確認している。残り1人は依然不明。

【その他の写真】

事故は先月28日午後1時40分ごろ(現地時間)、華晋焦煤有限責任公司所有の王家嶺炭鉱で発生した。坑内にいた261人のうち108人が脱出したものの、153人が取り残された。複数の作業員の証言から、その実数は260人を超えるとの報道もある。坑内の排水作業や救援ルートを確保するための掘削作業が遅延し、生存者救出作業が遅れていた。(翻訳・編集/愛玉)

【4月5日15時33分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000015-rcdc-cn
 
   
Posted at 03:45/ この記事のURL
アオコから「緑の原油」抽出 電中研 / 2010年04月06日(火)
 電力中央研究所は、クリーンな燃料「液化ジメチルエーテル(DME)」を用いてアオコから“緑の原油”を効率的に抽出する方法を開発した。低コストで環境にやさしい燃料抽出システムの実用化の可能性を広げる成果として注目を集めそうだ。

 電中研は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の産業技術研究助成事業の一環として、DMEの吸水性を生かした燃料抽出技術の開発を推進。藻類のアオコは水中で光合成するため多量の水を含み、この水分が油分を取り出す際の大きな障害だった。電中研はこれを解決し、常温で脱水と油分抽出を同時に行える省エネルギー型の抽出システムを確立することに成功した。

【4月5日8時15分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000005-fsi-bus_all
 
   
Posted at 03:05/ この記事のURL
パナソニック、キューティクルをケアを重視するドライヤー発売 / 2010年04月06日(火)
 パナソニック <6752> は5日、従来の電極に加え、新開発の「亜鉛電極」を搭載したヘアードライヤー「ナノケア」EH−NA92ほか「ナノケア」3製品を、4月21日から販売開始すると伝えた。

 同社によると、ヘアードライヤー市場は昨今、ヘアーケアに対する関心の高まりから、高機能タイプの構成比が拡大している。消費者が購入時に重視するポイントも、乾燥性能が高いことに加え、‘髪へのいたわり効果’を挙げる人が増えているという。

 今回発売の新製品は、新開発の「亜鉛電極」を加えた3つの電極から発生する「ナノイー」&ミネラルプラチナで、キューティクルの密着性を高め、強く、美しい髪にする。また、地肌の皮脂を低減させやすくし、健やかな地肌を保つ。(編集担当:金田知子)

【4月5日15時54分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000064-scn-bus_all
 
   
Posted at 02:30/ この記事のURL
『スイートリトルライズ』脚本・狗飼恭子、矢崎監督への積年の恨み(?)をトークで… / 2010年04月06日(火)
江國香織の小説を中谷美紀&大森南朋という組み合わせで映画化し、先日より公開されている『スイートリトルライズ』。4月3日(土)、東京・渋谷のシネマライズにて、矢崎仁司監督、脚本の狗飼恭子、撮影を担当した石井勲によるトークショーが開催された。

【関連写真】この記事のほかの写真


矢崎監督は『ストロベリーショートケイクス』('06)に続いてのタッグとなった狗飼さんについて「『ストロベリーショートケイクス』の最初のシーンで、池脇千鶴さんがパジャマのまま商店街を引きずられる、というシーンがありますが、あれは僕には絶対書けないもの。想像もできない、脳みそをくすぐるような本を書いてくれるんです」と絶賛。ところが、その狗飼さんからは「たくさん褒めてくださるわりに、今回は16稿…つまり16回も脚本を書き直しさせられたんです。しかも、その16回書き直した渾身の脚本のうち、12のシーンは実際には(スケジュールの関係で)撮影できなかったんですよ!」と微笑みを浮かべつつも怒りの暴露が…。矢崎監督は「(狗飼さんは)実はすごく怖い。一度、パソコンを閉じて、机を叩いて立ち上がったこともあって…」と恐縮しきりで明かすと、狗飼さんは「私は普段、めったに怒らないんです。怒るのは、3年に1回くらいなんですが、それがことごとく矢崎さんに対してなんです(笑)」と反論し会場の笑いを誘った。

石井さんは、矢崎監督のデビュー作『風たちの午後』('80)からの付き合いとなるが、「思い返すと、(矢崎監督は)やってることは昔とあまり変わってないですね」とあっさり語り、矢崎監督は「それは成長してないってこと? ショックです…大人になった気がしてたのに」と苦笑していた。

監督は、現場では設置されたモニターをのぞくのではなく、生で俳優の芝居を見るようにしているとのことだが、この点について「ほかの監督のみなさんが、モニターを見ているということが、僕にとっては驚きです。なぜ、生の芝居を見ないのか? 僕にとっては原作を読んで、これを生身の人間が動いたらどうなるのかとワクワクしているのに、そこで生の芝居を見ないのは、特等席を空けっ放しにしておくようなもの」と持論を展開。

この日は観客からの質問も受けつけられたが、中にはすでに複数回、映画を観ている観客もおり、カメラワークや登場人物の心情の描き方など、かなり深い内容の質問も出て、夜遅い時間の上映後のイベントながら、会場は大きな盛り上がりを見せていた。

『スイートリトルライズ』はシネマライズほか全国にて公開中。

特集『スイートリトルライズ』FEATURE INTERVIEW 中谷美紀×大森南朋
http://www.cinemacafe.net/special/sweetlittlelies/


【関連作品情報】
スイートリトルライズ
 2010年3月13日よりシネマライズほか全国にて公開
 © 2009 「スイートリトルライズ」製作委員会

【関連ニュース記事】
中谷美紀 ホワイトデーの過ごし方は「ノーアイディアです!」
甘い嘘と苦い真実、恋愛に必要なのは…? 女性たちの本音の恋愛観を大発表
女性に嬉しいプラン続々!『スイートリトルライズ』オリジナルテディベアも登場
ハズレなし! 「映画館大賞2010」まもなく発表 中谷美紀が選ぶ「1本」は? 4月5日15時0分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000003-cine-movi
 
   
Posted at 01:55/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!