川尻のリコピン

July 07 [Fri], 2017, 10:37
痩せるためにはある一定の期間が必要ではないに決まってます急激に痩せるということは免疫力の低下につながりますので、無理なく痩せるための方法を選び、それを続けて、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。

ちょっと体重が減ったからと言ってやめてしまうと、リバウンド現象が起きてしまいますので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。

減量の為に朝ご飯を取らないのは健康状態に良くないので、ちゃんと食べる方が効果的です。

カロリーを気にする場合は主食で取る炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

他にも、温野菜サラダや温かいスープも新陳代謝が上がりますし、肌の健康にも良いです。

栄養のあるバナナを朝ご飯にしてもいいので、しっかり食べて健康に痩せましょう。

もはや20年ほど前になるでしょうか。

その頃、流行した外国製の減量サプリを試みたことがありました。

飲んでし暫時すると、胸がどきどきしたり、息切れが起きたりしました。

実際問題、期待どおりの結果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず怖くなり、一瓶で飲むのをやめました。

結局、体重も何も変わりませんでした。

減量の方法は様々ですが、基本は運動と食事ではないかと思います。

食事制限を行うとともに運動を行うとグッと効果的なので、日々何らかのストレッチや運動を行えば良いかもしれませんね。

スポーツジムを利用するのもいいですし、それができそうにない人は自身でトレーニングやジョギングといった運動をするように心がけるのが良いでしょう。

私が痩せたいと思った時、自宅で可能な減量法として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増やして体内の代謝がアップしやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上実行しました。

これを毎日続けたおかげか、2か月で5キロの減量ができましたが、続けるのは、中々大変困難でした。

スタイルが良くなろうと思っても毎日毎日、マラソンしたり歩いたりするのは本音はちょっと面倒な気持ちが感じられますよね。

ということで、お教えしたいのが室内での呼吸をしながらの軽い運動です。

ラジオ体操も効果的な有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、確実にカロリーも消費されます。

減量をやるのに食事を摂取しないのはダメです。

この方法は長期間続かないし、具合を悪くしてしまいます正しく、食事を得ながら、食事の1食をカロリーの小さいものに置き換えると良いです。

運動を併用する方は、脂肪の消費効果を高めるために、高たんぱくで低いカロリーの食品が推奨します。

減量を行うときの心構えとしてまず自分の基礎代謝量を、計算して知っておくことが重要な第一歩です。

基礎代謝という意味は、何もしていないときに消費されるエネルギーのことなので、つまり、その数値が大きいほど、あまり太らない体質ということがいえるのです。

便利なことにネット上で簡単に基礎代謝が計算できるサイトがありますので、一度どのくらいの数値か知っておくといいと考えます。

減量を目指すには筋肉を付けて基礎代謝を向上させる事が大切です。

実際、痩せる為にはどんな筋トレが必ず要するのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、過剰にするとかえって筋肉がつきにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の以後に筋力トレーニングを行い、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが結果が表れやすいようです。

若いころは基礎代謝がとてもいいので、少し食べ過ぎて体重が増加してしまっても時間の経過と共に元通りになることがよくあるものです。

ですが、年齢を重ねるにつれて基礎代謝力が衰え、エネルギーの消費量も落ちるので、何の行動もしなければ脂肪がつきがちになります。

痩せる食事のイメージは脂肪分や糖分が少ないものが浮かびやすいと思いますが、私個人の経験からすると、塩分をできるだけ抑えた食事がかなり効果があるといえると思います。

特に下半身が気に食わない人は、まず減塩を行ってみることを勧めさせて頂きます。

これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はあり得ません。

ただし、カロリーが低いものや、食物繊維を豊富に含んでいて、お通じを促進してくれるものは痩身効果がありますよね。

特に、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん摂取すると、太りにくくなるでしょう。

また、カロリーの高い食べ物を制限する必要があります。

短期間でからだに負担をかけずに減量するにはスイミングが一番いい方法です。

走ったりはしたくないという方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、体も楽ですし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。

減量目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。

水泳は思っているよりも消費カロリーが多いので、続ければ痩せられます。

炭水化物を減らすやり方で減量に取り掛かったことがあります。

よく噛むことで、満足度をあげようとしましたが、辛かったです。

日本の人間なので、時々は、がっつりと白米を恋しく思います。

ですので、現在は、夜のみ炭水化物のものを食べることを控えるけれど、朝と昼は普段通りに食べることにしています。

減量をする時は、最初からあまり無理をしないことです。

食べない減量は確実に痩せますが、体にとっては、悪影響もでてきます。

私は生理が来なくなってしまいました。

排卵が止まってしまって、婦人科で薬をもらい治しました。

ですので、最初から無理をしすぎると長続きしないということが経験から分かりました。

実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも意外と、違うのです。

減量したい気持ちはあっても、食事の量をあまり変えたくないし、運動する時間も取れません。

私は困っていたのですが、とてもいい物に出会ったのです。

それが痩せるお茶です。

無理して、食事量を制限する減量は肌にも髪にも良くないので、必要なカロリーを取りながら、痩せるお茶を飲んで、リバウンドせずに綺麗に痩せられました。

職場の人とのコミュニケーション上のストレスで、ここ数か月、自分でも引くくらい過食してます。

ほっぺや顎や二の腕やウエストにもお肉がついてぷよぷよで、どうにかスリムになりたいなと、考えているのですが、どうにもこうにも、運動する暇がありません。

そんなときに、簡単にスリムを手に入れる薬があったらいいのになって思います。

大変な思いをしないでスリムになる薬があるのだったら、万札の1枚や2枚、出す覚悟はありますね。

それくらいに痛切な思いです。

減量などのために基礎代謝をあげるには有酸素運動がオススメだとされています。

一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのは実は、ウォーキングなんです。

といってももちろん、ダラダラ歩くだけでは基礎代謝量の改善には結びつきません。

たとえば、下腹部に力を入れながら、顎を心持ち引いて、できるだけ遠くの前方を向くなど筋肉を意識して歩くと、ウォーキングの効果があげることができます。

年を取るにつれて、体を動かす機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。

そのせいか、苦労の末減量をしても、思う通りに体重が減りません。

まず体質改善を行わないとダメですね。

始めに、体を温めるために、生姜湯から取り掛かっていきたいと思います。

寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これで代謝がアップすること間違いないでしょう。

体重を落としていると自分自身に厳しい食事制限を課してしまう人もいるみたいですが、断食のような無理な減量は禁物です。

というのも、食べ物を制限していてもひもじくなってしまったら無理をせずに召しあがってください。

その時はカロリーの小さい物を食べるようにすれば体重がいきなり増したりすることもありません。

減量に効果的なスポーツといえば、ウォーキングです。

なるべく短期間で減量を成功させるためにはカロリー消費が大切なので、消費カロリーが膨大なジョギングやエアロビクスや自転車散策などの運動が推奨です。

併せて、体を引き締めてメリハリのあるボディーラインを作出するためには筋肉トレーニングもおすすめです。

減量といえば、有酸素運動ですが、もっとも効果のある心拍数を把握することによって効率的にエネルギーを燃焼し、脂肪燃焼を高めることが出来るようになります。

とはいえ、長時間体を動かし続けるほど減量ではなく、、特に激しい運動をすると筋肉に酸素が行き渡らなくなり、逆効果になります。

元々基礎代謝量が高い人が、減量にはいいと考えられています。

椅子に腰掛ける時に背もたれにもたれかからず可能な限り、背筋を伸ばすようにやったり、歩みを少し注意するだけでも、代謝量を高めることができます。

座り方や歩き方が素晴らしくなれば、女性としてもプラスになります。

二重の利点ですよね。

昔に比べて、肉がついてきたので、スマートになろうと調べていたら、良い改善法を見つけました。

それは、酸素を多く体にいれる運動です。

有酸素運動の効果は抜群で食べ物を我慢するよりずっと体重が減ります。

私も数週間前から有酸素運動を取り入れていますが、どんどんスリムになって嬉しいです。

ウォーキングは思いのほか効果的なんだなと体感しました。

自分が生きていくための必要エネルギーの数値を知ることは必須ですよね。

なぜなら、自分の基礎代謝量がわかっていない状態で、自分に必要な摂取カロリーの量を知ることは不可能だからです。

若かったあの時のような減量に無茶をするのが年齢の関係で体力的に厳しくなった分、常日頃から静かに数値を見つめていたいと思う日々です。

減量している時に、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に食べるメニューは若い頃から寒天です。

寒天は色々な味付けにできるので、飽きることがありません。

特別、缶詰みかんが入った牛乳寒天と、味なしの四角く切った寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものがしょっちゅう食べているものです。

呼吸に気を付けてお腹からするだけでも、人は痩せるそうです。

体が締るストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが成果があると聞きました。

肩こりにも、効果的らしいのですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は天井に向けたまま、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。

息を吐きながら肩甲骨を縮ませる感じでやってみてください。

複式呼吸をマスターすることで、基礎代謝を上げられると巷ではウワサされています。

おろした生姜入りのお湯を飲んだり、ストレッチをして体をほぐしたり、半身浴でリラックスしたり、代謝を上げるのもかなり大がかりだなと思っていたので、とりあえず呼吸法を覚えて、どんな時でも気軽に代謝を上げられるようになりたいと希望します。

私自身、減量は以前に何度かしてきました。

今も実践している減量方法はプチ断食でございます。

1日日程のない日に水以外は何も摂取しないようにします。

翌日の夜明け直後はお粥などのお腹にやさしい食べ物を食べて、後は普通に暮らすのです。

胃袋のリセットにもなって身体にも良いそうですよ。

減量を成功に導くためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。

好気的な運動により体内の残存している脂肪が火がついたように燃えていくので、たるんだ部分を引き締める事ができます。

よく苦しい筋トレを自分に課している人もいますが、これはハードで三日坊主になる場合も珍しくないでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Maria
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bkalteuci5tn3s/index1_0.rdf