おなじみのフレッツ光に新規加入すると魅力的なキャッシュバックなどの特典があることが知られていますが、

October 09 [Wed], 2013, 11:19
おなじみのフレッツ光に新規加入すると魅力的なキャッシュバックなどの特典があることが知られていますが、これらは実はフレッツ光の代理店が受け取る事務手数料を還元してでもなんとしても新規契約獲得数を伸ばすことを目的にむちゃな条件を提示しているわけです。新技術のWiMAX対応の端末は、WindowsXPとの相性がよくなくて、普通の状態のままで使用するとネットへの接続スピードが必ず低下してしまうことから端末を提供しているメーカーにおいては対処するためにバッチファイルもちゃんと用意しているのです。格安WiMAXの場合では途中解約した際の違約金やら、決められている更新月で解約するときは無料なのに、それ以外の月の場合は有料というような、契約書に記載されている細かな条件を見逃すと思いがけない予想以上の出費になるので注意しましょう。便利な「WiMAXSpeedWi-Fi」を使えば、それだけでパソコンとかスマートフォン、タブレットにゲーム機などのいろんなツールなどを簡単にインターネット接続可能なのです。最初はwimaxの本体のどこかにSSID(識別用)及びセキュリティキーが書かれていますから、スマートフォンは各機種のwifiの設定から該当機器のSSIDを見つけて設定されているセキュリティキーを間違えずに入力すれば利用できます。普段使っている携帯電話とか無線のモバイル通信システムでの言葉で、対応機器の移動状況に合わせて、次々と隣接の基地局が自動的に接続しなおす働きをハンドオフという呼称で使っています。WiMaxというのはUQコミュニケーションズの持っている設備を利用しているわけですから、どのプロバイダ業者との契約を結んでも理屈からいってもスピードは変わらないものなのです。ただ実際の通信のスピードは周りの状況にとても左右されるものなのです。利用者急増中の無線LANの仕組みは、モデムが信号を変換してルーターから電波を発信して、飛ばされた電波が届く範囲内の無線LAN子機内蔵PCと親機の役割の電波を発信しているルーター間で通信しているというわけ。確かに何年か前までは、サービスを受けられるエリアの狭さというものがWiMAXの欠点であるとされ、敬遠されていましたが、今では「エリア全力宣言」を掲げ、利用可能エリア拡大活動に最も力を入れているらしい。もしも有線ネットワークでの契約を結んでいて、その契約がそこそこ高速な契約なのであればワイヤレス方式のWiMAXに切り替えると例外なく今と比べて1/5〜1/10程度には遅くなるものであると考えた方がいいでしょう。ご存知の通りWi-Fiが使える距離というのは使用しているルーターのWi-Fi出力を何%にあげるかによって変わるのです。WIMAXでも出力を既定よりも上げれば遠くのほうまでとどくのですが、これをやると急激にバッテリーを消費するので注意が必要です。相当数の文字や数字のタイピングを要するという仕事であれば、物理的に使えるキーボードを使わなければ作業ははかどりません。同じように、発熱量が大きい、優秀な性能のCPUを必要としている仕事は、デスクトップ型パソコンです。残念ですが、有線と違ってモバイルデータ通信を利用して通信速度の安定した数値の実現を求めるのは無理というものです。利用可能なエリアの中の同一位置なのに階数の違いだとか、屋内外の違いでも実際の速度は変わるものなのです。ということでWi-Fiでしかネットにつながらない端末であっても、便利な光ポータブルも同時に携帯することで、携帯の電波(3G回線)の届くエリアなら、どこでもネットへの接続がすぐに可能になるのです。いろいろなメーカーから発売されているWiMAXのためのルーターについては、結局最終的には直感で気に入った端末を選択しても問題ないのです。結局はどの端末を購入しても普通に利用するくらいだったら気になるほどの差がでるわけじゃありませんから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bjc46mg
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bjc46mg/index1_0.rdf