hm-235人生

July 18 [Thu], 2013, 11:44

だが老いということも、実際にはそれほど悲しいものではない。adidas カントリー2
むしろ若い時よりは、或る意味で遥(はる)かに楽しいものだということを、僕はこの頃経験によって初めて知った。僕の過去を顧みても、若い時の記憶の中に、真に楽しかったと思ったことは殆んどない。学生時代には不断の試験地獄に苦しめられ、慢性的の神経衰弱にかかっていたし、ジェレミースコット親父(おやじ)には絶えず怒(おこ)られて叱責(しっせき)され、親戚(しんせき)の年上者からは監督され、教師には鞭撻(べんたつ)され、精神的にも行動的にも、自由というものが全く許されてなかった。何よりも苦しいことは、性慾ばかりが旺盛(おうせい)になって、明けても暮れても、セクスの観念以外に何物も考えられないほど、烈(はげ)しい情火に反転悶々(もんもん)することだった。アディダス キャンパスしかもそうした青年時代の情慾は、どこにもはけ口を見出すことができなかった。遊女や売春婦等のいる所へは、絶対に行くことを禁じられていたし、アディダス スーパースター第一親がかりの身では、そんな遊興費の銭を持つことができなかった。その上僕の時代の学生や若者は、擬似恋愛をするような女友達もなく、adidas ランニングシューズ良家の娘と口を利(き)くようなチャンスは殆んどなかった。そんなはけ口のない情慾を紛らすために、僕らは牛肉屋へ行って酒をあおり、adidas スニーカー肉を手掴(てづか)みにして壁に投げつけたり、デタラメの詩吟を唄(うた)って、往来を大声で怒鳴り歩いたりした。しかもその頭脳の中には、詰めきれないほど残ってる試験の課題が、無制限の勉強を強(し)いているのである。そうした青年時代の生活は実にただ「陰惨(いんさん)」という一語によって尽される。「青春の歓楽」などということは、僕らはただ文字上の成句として、一種のイメージとしてしか知らなかった。アディダス スニーカー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サdwq
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/biyuer3/index1_0.rdf