【 更新情報 】

 

美容整形手術とは

手術の種類の中に、整形というものがありますが、元々、整形手術というのは四肢や身体に何らかの異常があった時や運動機能に問題があった時にそれを治療するためのものです。

それが最近では、臨床的な医療としての整形手術は、最近では美を求める人が外見を美しくするために行う美容外科手術に近いものとして認識されることが多いようです。

整形手術、美容形成手術、美容整形手術という名称は単なる俗称であり、正しくは美容外科手術と呼ぶべきものなのです。

最近では、経済の発達や医療の拡張によって、整形手術への需要は年々高まっており、個人の意識としても整形手術に対して抵抗はなくなってきているようです。

美容外科手術は、形成外科の一部として美容外科を位置づけているところ多く、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は、形成外科内に併設されている場合が多い様です。

しかし、美容外科のルーツを辿ると個人で開業している美容外科医師によるものが大きく、1978年までは病院が看板に入れることができる診察可能な診療科名称には美容外科という科目名は認められていませんでした。近年では、美容外科という言葉だけではなく、整容外科、美容整形外科、形成美容外科ともいいます。

美容整形手術の社会的役割

美容外科などで整形手術を受ける場合に、基本的に手術費用は全額が自己負担となります。これは治療行為ではないために、保険が使えないからです。

もちろん、わきがや先天性の母班、血管種などの手術内容によっては保険が使える物もありますが、それは一部に限定されています。したがって、保険適用内の整形手術に該当するかどうかは、整形手術を受ける前に必ず確認すべき事項といえます。

整形手術で見た目を変える芸能人は、最近では珍しい話ではなくなってきていますが、かと言って整形手術をした事実を公表している人はほとんどいません。むしろ日本では、整形手術を受けたことは、隠す話であると思われているようです。

しかし、本人が整形手術を受けるかどうかは、あくまでも個人的な問題であり、それは何ら社会的、倫理的に批判される問題ではありません。むしろ、その手術で本人が社会上不利益を受けていると思っている心理負担が軽減するのであれば、利点の方が大きいのではないでしょうか。

この先どんどん整形手術の医療技術が良くなれば、高年齢者が活発に社会で活動するためのサポート的な役割を整形手術が果たすことができるのはないかと思います。そうなれば、高齢化社会においての整形手術の有益性が認められるはずです。

整形手術を受ける時のポイント

美容整形手術を受けたいと考えたときに、病院や医師を見つけるポイントはどのようなものがあるのでしょうか。

美容整形手術を任せられる医師を探すことがまず第一ですが、それには実績があり信頼のできる医師であることが条件で、美容外科や整形外科を専門的に扱っている医師に美容整形手術の執刀を依頼したいものです。

それには、手術する前に十分なカウンセリングを受け、手術で改善したい内容、意見、イメージなどを具体的に担当医に伝え、整形手術でその点がクリアできるかを確認してください。

その際に、自分の希望している内容だけでなく、さも必要であるかのように余計な手術まで提示してくるようなところは気をつけましょう。

その整形手術は、本当に自分自身にとって必要なものなのか、どこまで求めるかを自分の中ではっきりと決めておくことも大事です。そして、この人なら安心して任せられるという医師に巡り会えるまで慎重に調べてみる姿勢が大切です。

そして、美容整形手術を受ける前には、身体の状態を伝えてください。焦って無理をして美容整形手術を受けたとしてもいい結果を生みませんから、美容整形手術には気持ちを楽にしてのぞんでください。