ダイエットとストレス 

2009年04月23日(木) 22時18分
ダイエットにストレスは大敵です。ストレスを感じないようにダイエットできればスムーズにダイエットすることができるのですが、ストレスを感じながらのダイエットというのはどうしてもイライラしがちですし、機嫌も悪くなるのでダイエットにはならないのです。ストレスがたまったことから暴飲暴食になっている人がいてそのことからダイエットしなければいけなくなった人は結構いるのではないでしょうか。
ストレスが原因で食べすぎてダイエットをするのですが、またダイエットによってストレスがたまって食べてしまう、そしてまた太るという悪循環になっている人がいます。これでは一生かかってもダイエットに成功するわけがありません。ですからストレスでダイエットを始めた人はストレスがたまらないようなダイエットの方法をしなければいつまでたってもダイエットには成功できないのです。
ストレスがたまってしまうとついついストレス発散のために暴飲暴食をする人が多いですよね。私もストレスから暴飲暴食を突然することがよくあります。でもそれではダイエットができるはずがありません。ダイエットのストレスの根本的な原因について調べてみた場合には、他の人よりも太っていることやダイエットに成功しないことなどがダイエットのコンプレックスになっていてそれがストレスの原因であるという人もいます。ストレス解消を食べること以外に見つければダイエットのストレス、そしてストレス太りも減るのではないでしょうか。
ダイエット中というのは例えば、つらい運動をしていれば辛くて誰かに八つ当たりしたくなることもあるでしょう。食事制限をしていればダイエットの食事制限が辛くて機嫌が悪いということもあるでしょう。家族や周りにいる人にダイエットのストレスによる八つ当たりというのはよくありませんから、ダイエットを始めるにあたっては自分がストレスを感じないようなダイエットの方法を探すことが大切なことかもしれませんね。なかなか難しいことではありますが、自分がストレスを感じないようなダイエットをするということが大切なことではないでしょうか。そうすれば早くダイエットにつながると思いますから自分で自分に合ったダイエット方法を探す際にはストレスがたまらないようなダイエット方法を探してみるといいかもしれませんね。
私もダイエット中にはストレスに押しつぶされそうになりましたが、上手に間食できる日も作ってみたりしながら乗り切りました。

ダイエットと早食い 

2009年04月23日(木) 22時18分
ダイエットをしたいと思っているあなたは、食事の量を減らせばいいと思っているかもしれませんが、まずは根本的になぜ太りやすいのか考えてみませんか?ダイエットをしようと考えている人は、早食いの人が多いといわれています。ダイエットしたいと思っている人は早食いをしてしまっているので満腹感がなかなか感じられないために、満腹感を感じるまでいくらでも暴飲暴食をしてしまうわけです。早食いの人が太りやすくダイエットしたいと思っているのは満腹中枢にポイントがあるということになります。しかし満腹中枢というのは自分で何とかコントロールできればいいのですが、なかなか自分でコントロールするのってむずかしいですよね。
ダイエットしたいと思っていて早食いになっている人はまずは早食いを何とかしませんか?ダイエットを決めたならまず早食いを直すだけでも十分運動や食事制限など必要なくダイエットに成功することができると思います。脳というのは時間をかけてゆっくりと食べていると満腹中枢が刺激されて満腹を感じるようになります。
ですからダイエットをしたいと考えている人はまずは早食いを直すための努力をしてみましょう。どうやったらダイエットで早食いを予防できるのかというと、たとえば一度食事を口の中に入れたら30回以上は噛むようにするというように決めてみてください。1口に30回も噛んでいるときっと、今まで食べていた量が食べられなくなると思います。ゆっくりと一口に時間をかけて食べていればそれだけ満腹中枢が刺激されますから自然にダイエットできるという仕組みですね。
ダイエットをしたいしたいと思っていても早食いが直らなければずっと食事の量を減らしてお腹を空かせたままダイエットしないといけないことになりますが、ダイエット中でも満腹感を感じていることができるということはうれしいことですよね。満腹感を感じるためにも満腹中枢が刺激されるように、何度も何度も噛むようにして、早食いをなおしましょう。早食いを直すためによくかむことも大切なことですがそれ以外に、固いものを噛むというのもいいかもしれませんね。少し硬めの食事を何度も何度もよくかんで食べていれば自然と満腹中枢も働くのではないでしょうか。
早食いはデブのもとトいいますが本当にそうだと思いますから早食いを直してダイエットにつながるようにしていきましょう。食べた量と脳には時間差があることも知っておきましょう。

ダイエットの成功と運動 

2009年04月23日(木) 22時17分
ダイエットには運動がいいという話は以前したと思いますが、ダイエットを成功させるためには、どんな運動をしなければいけないのか、普通に運動をしているだけではダイエットできませんからダイエットを成功に導くための運動を意識することについて紹介したいと思います。ダイエットを成功させることには体を動かすという運動は欠かせないことです。食事を減らしてダイエットするということは体重を落としたり体脂肪の減少にはつながるのですが、それだけではダイエットが本当に成功したとは言えないわけです。ダイエットをする際にダイエット食品を利用する人がいます、長く続けるためにはお金もかかりますからなかなかずっとダイエット食品に頼ってダイエットするというのは難しいと思います。ではダイエットをする際に運動をした場合にはお金もかかりませんし、自分のペースで続けることができるのでいいですよね。
ダイエットを成功したいと思っているのであれば、無駄のない効率のいい運動が必要です。運動をしたら効率よく痩せられる、それがダイエットに必要な運動なのです。ダイエットに必要な運動を探すためにはまずは、自分の体力や自分の体質に合った運動を探しながら効率よく運動をしていきましょう。そうすれば短い期間でダイエットがスムーズに成功するようになると思いますし、ダイエットに成功していると実感するくらい、体にみるみる変化が表れてくるのではないでしょうか。ダイエットの運動に何をすればいいのかは人によって違っていると思いますが、まずは自分がどんな体力や体の状態がどうなっているのかということを知ってから始めることがポイントです。
自分の贅肉がどこにあるのか、どんな運動をすればその贅肉を効率よく落とすことができるのか、自分のからだについていろいろと知らなければいけないわけです。ここで役に立つのが体重、体脂肪、BMIの数値ですが、この数値を見て今の実際の自分の体の状態について詳しいことがわかりますし、この数値を見てこれからのダイエットの運動の具合などをチェックしていけばいいと思います。人間の心理的に数字は減ってこそモチベーションが上がると思いますのでダイエットに成功するための運動を考えているのであれば、できるだけダイエットに効果があるような運動と、そして具体的な数字を示して運動することが長続きしてなおかつダイエットに成功することができることだと思います。

ダイエット継続の心構え 

2009年04月23日(木) 22時17分
ダイエットを継続させることというのはなかなか難しいことですが、ダイエットを継続させるためにどうすればいいと思いますか?ダイエットを継続させるための心構えについて紹介していきたいと思います。たとえばダイエットを継続させるためにはどうすればいいと思いますか?ダイエットを継続させるためには、まず自分の中で目標を立てることが大切ですね。ただ単にダイエットしたいと思っていてもなかなかダイエットを継続させることは難しいのではないでしょうか。ですから期間を決めてその期間までにどれくらい痩せるのかという目標をしっかりと持っている方がいいかもしれませんね。
目標を持つために、たとえば目標とするモデルやなりたい体系の切り抜きや写真を普段よく見えるところに貼っておくというのもダイエットを長続きさせる一つの方法かもしれません。
目標を持ったり目標とする人を決めるというのもダイエットをするときにモチベーションを上げることができますからいいですよね。そしてダイエットをする際には、周りにダイエットをしていることを伝えておくとダイエットを長続きさせることができます。まわりの人にダイエットをしていると分かってもらえているということで、必ずダイエットを成功させないといけないと思って、なかなか簡単には挫折しないと思いますからダイエットを長続きさせるためにはダイエットを公言したりブログで公表するというのがいいかもしれませんね。
それからダイエットはあまり無理のない計画で始めるというのも長続きさせる方法の一つです。はじめからダイエットの計画を厳しくしていると無理なダイエットになってしまいがちですし、失敗や挫折につながると思います。ですからダイエットをして達成感がほしいと思いますから達成感が出るような簡単な、低めのハードルを設定させておくということも大切なことです。そして少しずつ目標となるダイエットが成功していけば少しずつハードルを高くしていけばいいのです。
ダイエットを長続きさせるためには、ダイエットを行う期間も少し短めにする方がいいと思います。3か月や半年といったスパンでダイエットの目標を立ててしまうと、なかなか大変ですしルールを決めるだけで疲れてしまってダイエットが長続きしません。外食もダイエット中だからといって断らなくても、翌日の食事を少し少なめにすればいいことですからそのような感じでダイエットをしていけば長続きします。

ダイエットとBIM 

2009年04月23日(木) 22時16分
ダイエットを考える前に知っておいていただきたい数値があるのですがBIMという言葉を聞いたことがあるでしょうか?これはダイエットすべきなのかしなくてもいいのかこの数値を計算することによって考える基準となる数値です。BIMというのは体重と身長がバランスよく保たれているのかをチェックすることができるのですが、身長の高さの二乗を体重で割れば計算できます。
ではダイエットしないといけないようなBIMというのはどんな数字なのでしょうか。日本肥満学会というところが発表しているBIMの数値としては18.5から25キロ位までは適正な体重として決めていますからダイエットの必要がないということになりますが、それ以上、つまりBMIが25以上になった場合には、肥満ということになってダイエットが必要な体ということになってしまっています。
ダイエットを始めるにあたってはまずはBMIを計算してから始めるといいかもしれませんね。そうすればもしかすると自分は太っていると思っていても、実際の身長と体重のバランスというのは肥満にはなっていないのでダイエットは必要ないということになるかもしれません。ダイエットが必要かどうか計算するBMIは体重÷(身長×身長)で計算するのですが、とても簡単ですからすぐに計算してみるといかがでしょうか。
ダイエットをする際にもうひとつ知っておくといい数字があるのですが体脂肪です。この体脂肪、最近は体重計の中には体脂肪計といって体脂肪も計れるようになりましたからご存知の方も多いのではないでしょうか。
ダイエットを考えた時に、体重を見るのではなくて体脂肪の比率を見てダイエットが必要かどうか考えるというのも一つの方法だと思います。この体脂肪はダイエットを考えるときに年齢や男女の差によっても多少の誤差はあると思うのですが、ダイエットが必要ない、適正といわれているのが男性は15パーセントから20パーセントで、女性の場合には20パーセントから25パーセントならダイエットが必要ない範囲といわれています。
体脂肪の方は自分では計算することができませんから体脂肪計ではかる必要がありますが、ダイエットが必要なのかどうかを考える際には、体脂肪計を利用したり、BMIを自分で計算したうえで始めるといいかもしれませんね。もちろんダイエット中の計算も欠かさないためにも体重計や体脂肪計はあった方がいいかもしれませんね。
任天堂のWiiフィットは体重やBMIなどをグラムで表すことが出来て便利です。