抜け毛と遺伝の関係について

October 31 [Fri], 2014, 22:24
遺伝的な理由で抜け毛や薄毛が起こっていると思っている人の多くは、自分では抜け毛対策をしてもどうしようもないと決めつけているのではないでしょうか。

父親が髪が薄いから、母方の男性の親族は皆はげているからと抜け毛の対策をしてもしょうがないと諦めていませんか。

抜け毛は遺伝すると昔から言われていますが本当でしょうか。

本当は抜け毛が強い遺伝によって起きているという人は、全体の4%に満たないといわれているようです。

家族揃って抜け毛が多いという場合、大抵は食生活や生活習慣が皆同じであるためのようです。

シャンプーの回数や食生活が偏っているなど、家族に共通することが原因でみんな抜け毛になってしまっているのではないでしょうか。

本当は食事や生活習慣を良くすることで抜け毛対策ができるのにも関わらず、遺伝が原因のよう見えているだけなのです。

遺伝が原因で抜け毛が起きるかどうかは、未だ研究途中だといいます。遺伝で起きる抜け毛だと言われるものに、男性型脱毛症があります。

薄毛の原因だといわれているのが、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの過多だといいます。

ジヒドロテストステロンを増やす5αリアクターゼの働きを弱らせる育毛剤が注目されています。

抜け毛対策をしても遺伝によるものは意味がないとあきらめている人もいますが、正しい抜け毛対策をすることによってかなり症状を良くすることはできるでしょう。

抜け毛の対策には食生活の改善を

October 29 [Wed], 2014, 18:37
抜け毛対策と言ってすぐ出てくるのはやはり正しい洗髪方法や育毛剤など外側からアプローチする対策ではないでしょうか。

髪も体の一部分である以上、体の中がどんな状態かでも影響を受けます。

髪にいい食べ物とは、体にもいい食べ物であることがほとんどです。

栄養が偏らないように、健康にいい食生活をすることが抜け毛対策になります。

生命を保つという意味では髪の毛はそれほど大事な部分ではないので、毛根まで食事から摂った栄養が行き渡るのはかなり後の方になります。

そのため、ダイエットのためなどで食事の量を減らすと、抜け毛に大きく影響します。

どんどん健康にプラスになる栄養を摂取して、栄養が髪の毛までしっかりと到達するように心がけましょう。

髪の中心となる成分はたんぱく質で、アミノ酸の一種であるメチオニンは髪の元となるものです。

肉や魚、大豆や乳製品から良質のたんぱく質を摂取しましょう。

たんぱく質不足は、髪が細くなり抜け毛になりやすくなる原因になります。

ビタミンはタンパク質の吸収を助けるものなので、抜け毛対策には必要な栄養素です。

牛乳や緑黄色野菜、レバーなどにたくさん入っています。

適量の飲酒は体内の血流を促進しますが、飲み過ぎは肝臓に負担をかけ頭髪をつくるためのアミノ酸をアルコール分解に使い果たしてしまいます。

抜け毛対策で重要なのは、アルコールの量を抑えるということです。

抜け毛対策にはストレス解消が効果的

October 15 [Wed], 2014, 17:01
抜け毛の対策のひとつにストレス解消があげられます。

実はかなりストレスと抜け毛には結びつきがあるようです。

抜け毛の原因の一つとして、血流がすみずみにまで行き届かないため、毛の成長や再生に必要な栄養が毛根に補給されないことがあります。

ストレスは血管を収縮させる作用があるため、髪に栄養が届かなくなってしまいます。

比較的ゆっくりと頭皮の血行不良が進み、抜け毛を起こしてしまうことがあるといいます。

ある範囲の血流を一時的に断ってしまうこともあります。

極端な場合が円形脱毛症です。

抜け毛にストレスの影響が大きいとはいえ、そんなにストレスをなくすことは容易ではありません。

ストレスの要因が仕事だとしても、安易に仕事を辞めるのは無理です。

ストレスが抜け毛に影響していると知ることで、対策の必要性を自覚しておくことは大事です。

ストレスが貯まってきたなと感じたら、楽しいことやわくわくすることをしたり、考えたりして、ストレス対策に取り組みましょう。

くよくよ抜け毛について悩まないということが、ストレスをためない対策としては有効だといえるでしょう。

外国では薄毛を気にする人は少なく、人と会う時もお互い気にしないといいます。

抜け毛について悩みすぎないことと、シャンプーの方法や生活習慣を整えることなどの抜け毛対策をしっかりと続けることが重要だといえるでしょう。

抜け毛予防と食事

October 14 [Tue], 2014, 16:29
抜け毛を予防するためには、毎日どんな食事を摂るかもポイントになります。

基本的には偏った食事はやめて栄養バランスのとれた食事をするように心がけることです。

抜け毛予防のためにおすすめの食材は、大豆や豆腐、鶏肉などです。牛乳などの乳製品も髪に良いといわれています。

ほうれん草やトマト、にんじん、シイタケ、セロリなどもどんどん摂ることを、抜け毛の予防には血行の促進がポイントになるのでおすすめします。

ビタミンEは血行の流れを良くして栄養を運ぶのに必要なビタミンです。

うなぎの蒲焼きやいわし、サバ、秋刀魚、玄米などに多く含まれています。

ビタミンAといって、血液の流れを向上させて代謝を促すものも不可欠です。

元気に髪の毛が育ってなかなか抜けなくなります。

一緒にお肉と摂るのが組み合わせとして理想的です。

反対にあまり摂取しないほうが良い食品もあります。

抜け毛予防のためは、酸性の食品は摂りすぎないほうが良いそうです。

アイスクリーム、アルコール、コーラ、コーヒーなどです。

血行を促進する食事を心がけても血管を収縮してしまうの、タバコを吸うのは避けたほうが良いでしょう。

アルコールの摂りすぎはマグネシウムやビタミンを体の外に排出してしまうようです。

食生活で抜け毛予防をする方法はいろいろありますので、おすすめなのは一度是非食生活を振り返ってみることです。

レーザー脱毛によるワキ毛処理

October 13 [Mon], 2014, 16:14
美容クリニックなどでワキ毛のレーザー脱毛をしている人はけっこう多いといいます。

ワキ毛は自宅で剃ることもできますが、すぐに新しい毛が再生したりします。

カミソリが肌荒れの原因となったりと肌トラブルに悩まされている人も多いようです。

だんだん毛が生えてくるのが何度かレーザー脱毛の施術を受けることで遅くなったり、毛の量も減ったりするので、厳密には永久脱毛ではないとはいえ利用する価値はあります。

黒い色にだけ反応するレーザー光を使用して、毛根内にある毛母細胞を破壊するのがレーザー脱毛でのワキ毛処理方法です。

レーザーをワキにあてると、毛の部分が増すので、ワキ毛が一時的に濃くなったように見える場合があります。だんだんと色は1週間から2週間でなくなります。

ニードル脱毛よりは痛くありませんが、痛みがないわけではありません。

レーザー脱毛の施術時間は短めで、ワキの下であれば、片側でおおよそ30秒程度で終了します。

脱毛直後は皮膚の保護機構が弱っているため、熱を伴う皮膚の腫れや毛のう炎に注意をする必要があるでしょう。

施術をした後のお手入れは、幹部をしっかりと冷やし、軟膏などをつけるのがおすすめです。

治療を受けている間は日焼けが大敵なので、ワキのレーザー脱毛は施術をするタイミングに気をつけましょう。

日焼けクリームをつけてワキのレーザ脱毛のあとの皮膚のケアをすることがとても重要だといえるでしょう。