にきびやにきび痕の治療について 

May 19 [Tue], 2009, 21:24
にきびやにきび痕の症状が特にひどい方は、早めににきびの専門クリニックで相談して、きちんとした、にきび治療の開始をお薦めします。

どんなにきびの治療を、にきびの専門クリニックでは受けることができるのでしょうか。
独自に開発されたにきびやにきび痕用のスキンケア用品である洗顔料や保湿剤等を購入することができます。
これだけでも敏感肌の女性にとってはありがたいことです。

またクリニックには高濃度ビタミンCのお薬があり、ビタミンCはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、にきびやにきび痕の治療薬として使われるものです。

にきびの炎症を抑える効果があるのがビタミンCです。

またにきびやにきび痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果と、にきびの炎症によって出来る活性酸素を中和させる働きがあります。

ケミカルピーリングもにきびやにきび痕の治療方法のひとつです。
ケミカルピーリングはフルーツ酸の働きで、角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌をする科学的な治療法です。

ケミカルピーリング効果を自宅で得られる、ピーリング石鹸等も買うことができるでしょう。
フォトフェイシャルと呼ばれるにきびの治療方法は、特殊な光を利用する事によってメラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高めます。
皮脂の分泌を抑える効果もあるので、総合的ににきびを治療することができ、陥没や色素沈着等、にきび痕に最も適した治療方法だといえるでしょう。

またレーザー治療という方法もあります。これは、レーザー光線を当てるだけのにきびの治療法で、にきびの炎症の元となる原因菌に働きかけ、殺菌する効果があります。

にきびの治療に使用されるレーザー光線は、皮膚の他の組織にダメージを与える事はないので、内服剤の様に副作用の心配はありません。
細菌の増殖を予防したり、炎症を沈静させる効果があります。

自分にぴったりのにきびの治療法を見つけるには、悩んでいないでクリニックに行ってみることです。治療法は本当にいろいろとありますので、あなたにぴったりのにきびの治療法が見つかるのではないでしょうか。

にきびとにきび痕の原因と対策 

May 19 [Tue], 2009, 20:21
何が原因でにきびが出来るのでしょうか。

皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事が原因でにきびはできます。
加えて周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあり、痛みを伴う事も多々あるようです。
まずにきびの体の中からの原因としてあげられるのは、ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏食、ストレスなどです。

反対ににきびには外因性原因もあります。
肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、活性酸素などです。

これ以外にも乾燥や薬の使用によってにきびが出来てしまうこともあるようです。
1つの原因によってにきびができるのではなく、いくつもの原因が重なり合うことによってにきびができてしまうことが多々あります。
様々なにきびができる要因となるものを把握して、きちんと対策を考えなければ、にきびやにきび痕の予防や改善は困難だといえるでしょう。

自宅で出来るにきびやにきび痕の対策法として最も大切なことは、正しい洗顔法を身につけることではないでしょうか。

まずはメイクや汚れをしっかりとぬるめのお湯で落とします。
同時に余分な皮脂も取り除くように心がけましょう。
そして洗顔料をシャワーを使って綺麗な水で洗い流しましょう。
決してゴシゴシこすったりして強い刺激を加えないで下さい。
清潔なタオルを使うようにします。

自分に合った化粧品を使用することも、自分で出来るにきびやにきび痕の対策方法です。
正しい化粧品での肌のケアが綺麗に洗顔した後には不可欠です。
自分の肌質に合った化粧水や乳液等物選び、基礎化粧品も汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬とでは変えるといった細かい工夫が必要ではないでしょうか。

化粧品に含まれる成分には、にきびやにきび痕の形成を促す様なもの含まれています。
また肌にとってはファンデーションは汚れですから、にきびやにきび痕の発症を促進し、悪化させてしまうこともあるかもしれません。

化粧が原因でにきびやにきび痕が出来てしまう事もあるので、自分の肌に合った化粧品を使用するようにしましょう。

にきびとにきび痕について 

May 19 [Tue], 2009, 19:18
にきびとはどういう肌のトラブルなのでしょうか。

医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)とにきびは呼ばれているようです。
尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、10代でも40代でもにきびは出来ます。
にきびは年齢に関係なく発症しますから実は、20歳過ぎたら吹き出物というわけではないのです。

にきびに悩む方は大変多く、それと同じ位ににきび痕を治したいと希望する人も多いのです。
大きく分別すると、にきび痕は2種類になります。まず1つ目は、にきび痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態です。
アクネスカーとも呼ばれるにきび痕は、細菌の増殖によって炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で作られることが多いようです。

特に膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、ケロイドやクレーターの様なにきび痕が皮膚に残りやすくなります。

治りにくいにきび痕は、一生残ってしまうような事も場合によってはあるようです。
そして2つ目のにきびの痕は、シミの様に色素沈着している状態です。

にきびの痕に出来る色素沈着も、にきびの後遺症といえるものです。にきびばかりでなく、色素沈着は炎症を起こした部分に出来やすいものです。
これを炎症後色素沈着といいます。

色素沈着とはいわゆるシミのことです。ということは、気をつけなければならないのは、傷が出来た痕や化粧品や薬品によってかぶれが生じた後にも、シミが残ってしまう事があるということです。

医療機関とエステサロンでのわきの脱毛 

May 17 [Sun], 2009, 20:11
エステサロンや医療機関などでも、わき脱毛をすることが可能です。
医療機関とエステサロンでは、わきの脱毛方法には違いがあることをご存知でしょうか。

医療機関でのわきの脱毛方法はレーザーを使った脱毛方法と絶縁針を使った脱毛方法があります。
レーザーを使ったわき脱毛はわき毛の再生を防ぐために、黒い色素だけに反応するレーザーを照射して毛根、毛包を焼いてしまうというやり方です。
わき毛の再生を防ぐ絶縁針を使ったわき毛の脱毛は、皮膚の表面にあたる部分には電気を流さないようにした針を毛穴に刺し、電気によって毛乳頭を破壊することで脱毛効果があります。

より効果が高いとされているのは、レーザーを使ったわき脱毛よりも、絶縁針を使ったわき脱毛のほうです。
レーザー脱毛に比べて、絶縁針を使ったわき脱毛は、強い痛みを伴います。
ですからわき脱毛をするときは部分麻酔を使い施術されることになります。

医療行為とされ医療的知識を持つ者のものだけに、レーザーを使ったわきの脱毛方法も、絶縁針を使ったわきの脱毛方法も許可されているものです。
これらに似たようなわき脱毛がエステサロンなどでも施術されています。
医療行為は行えないエステサロンでは、医療機関で使われているものより体に影響の少ない、出力の弱い脱毛の機械が、レーザーも絶縁針でも使用されています。

医療機関でもエステサロンでも、事前に脱毛についての知識を取得して安心できる施設で脱毛をしてもらいましょう。
わきの脱毛をする場合はよく調べておくことが大切なのです。

わきの脱毛を自分でする方法 

May 17 [Sun], 2009, 19:09
さまざまなわきを脱毛する方法の中で、最も簡単な脱毛方法は、自分でわきの脱毛をやってしまうことだといえるでしょう。
毛抜きで抜く方法、かみそりなどを使って剃る方法、脱毛用器具などを使って抜く方法が、自分でわきの脱毛をするやり方としては一般的ではないでしょうか。

わき毛を毛抜きを使って抜く方法が向いているのが、わきの毛の量が少ない人でしょう。
わき毛の量が多い人は、毛抜きを使って脱毛すると、抜き方や抜く状況によって炎症を起こす可能性もあるようなので注意しなければなりません。

量の多い人は時間がかかるだけではないのです。
わきを自分でかみそりを使って脱毛する場合も同様のことがいえます。他にも脱毛クリームを使ったわきの脱毛方法があります。
脱毛クリームによる脱毛方法は塗られた部分の毛を溶かして除去するもので、そのメリットは何といっても痛みを伴わないということだといえるでしょう。

しかし脱毛クリームにはデメリットもあります。
薬品を肌に塗って毛を溶かすものですから、肌にかける負担も高いといえるのです。
パッチテストを行ってアレルギー反応などがでないか確認してから、脱毛クリームを使うようにしてください。

脱毛器でわき用のものを使うのも、自宅で自分でできる脱毛方法です。
わき専用の脱毛器もありますが、脱毛器のヘッドを変えるだけで足や腕の無駄毛を脱毛することができるものの人気が高いようです。
脱毛機は、多少の痛みを伴うこともあるようなので、使用前、使用後は肌の手入れをすることをおすすめします。