ヒアルロン酸でバストアップのデメリット

January 10 [Sat], 2009, 9:31

手術によって胸を大きくする方法はいくつかありますが、ヒアルロン酸を使う方法は比較的気軽に行えるので、美容手術の中でも様々な人が行っています。ただし、豊胸手段にヒアルロン酸注入をすることは、欠点がまるでないというわけではありません。豊胸手段としてシリコンバッグを使えば、一生そのままです。

ヒアルロン酸は、元々体内に存在する物質です。そのため、注入されたヒアルロン酸はゆるやかに体に吸収されていきます。吸収のスピードは人によって異なりますが、大体手術から2年〜3年が経過すると、胸を底上げしていたヒアルロン酸は消失します。当然ながら、手術で入れたヒアルロン酸が体内に取り込まれれば、底上げしていた分はなくなります。

たとえヒアルロン酸が体内に取り込まれてなくなってしまっても、また手術をすればバストは大きくなります。大きなバストのままでいたいなら、ヒアルロン酸を入れ直せばいいのです。ただし、再び胸を大きくするためにヒアルロン酸を入れると、また別個に費用がかかります。ヒアルロン酸を注入するバストアップの方法は、シリコンバッグなどを入れ込む豊胸手術に比べると料金はかからないようです。

ただし、大きな胸で居続けるには定期的にヒアルロン酸の注入が欠かせないため、長期で考えれば費用はかさみます。バストアップにかけていいお金はどの程度か、どんな手術を望むのか、自分の考えをはっきりまとめる必要があります。


セルライトを除去 | ロクシタンローズ | 超音波美顔器

ヒアルロン酸でバストアップのメリット

January 10 [Sat], 2009, 9:31

なぜ、ヒアルロン酸を使ったバストアップなのでしようか。今までの豊胸手術では、美容用の柔らかいシリコンを胸の中に埋め込むというやり方が多く行われていたようです。ヒアルロン酸を使うバストアップ手術はシリコンバッグより後から出てきたものですが、どちらの方法もそれぞれのメリットがあり、エステのコースとして定着しています。

バストアップ手段にヒアルロン酸を使う場合のメリットはメスを入れずとも胸を大きくできる点で、細い注射針でヒアルロン酸を入れます。ヒアルロン酸でバストアップのメリットとして、シリコンバックなどを入れ込むことによって残る手術跡などを気にすることがありません。最近のシリコンバック挿入手術は技術も道具も進歩したため、神経質にならない限りは目につかないかもしれません。

が、シリコンパッドを入れるためにはやはりメスを使う必要があるので、身体を切りたくない場合はヒアルロン酸を使う豊胸がおすすめです。ヒアルロン酸の注入によるバストアップの方法は、他の豊胸手術などに比べると料金を抑えることが可能なのもメリットです。どれくらいのヒアルロン酸を注入するかで価格が決まるようです。

豊胸手術にヒアルロン酸を用いる方法は身体への負担が軽く済むため、日常生活への復帰が比較的早く果たせます。当然ながら、入院も不要です。ヒアルロン酸を注入するバストアップの方法は他の豊胸手術に比べると、全体的に手軽感があり、それが人気を集める要因となっているようです。

セルライトを除去しよう | ロクシタンの魅力 | 美顔器の人気と効果

ヒアルロン酸でバストアップする方法

January 10 [Sat], 2009, 9:22

豊かなバストは女性の憧れといえますが、エステではバストサイズをアップさせるヒアルロン酸注入という方法があります。美人という言葉はよく耳にしますが、美人という言葉が美女を特定して示すようになったのは明治維新以降だと言われています。

時代背景や文化によって、美人を示す尺度は違います。もちろん、個人の好みは大きく影響されますが、ミス○○などといわれる、ミスコンで優勝するような女性は、広い範囲で美しいとされるのでしょう。ミスコンはその時代や文化で基準が変わる美人なのではないでしょうか。胸のサイズが美しさを決める基準を占める割合は少なくないかもしれません。

ミスコンで行われる水着審査で胸のサイズがどこまで関わっているのか定かではありませんが、ミスコンに水着審査があることは事実です。女性の美を語るとき、胸のサイズを無視することはできないのかもしれません。女性の多くはバストアップを望んでいます。バストアップのために様々な手法を試みるのです。様々なバストアップを試みた結果、最終的に辿り着くのがヒアルロン酸かもしれません。

元々、ヒアルロン酸は身体の中でも水分の多い部分に含まれており、高い保湿力を誇っている成分です。ヒアルロン酸を使ったバストアップの方法はヒアルロン酸を胸に注入する豊胸手術になります。ヒアルロン酸を注入してバストアップする方法は最近、エステサロンでは人気が高くなっているようです。


セルライト対策のマッサージ | ロクシタンのハンドクリーム | ナショナル美顔器の特徴