にきびやにきび痕の治療について
2009.01.09 [Fri] 19:37


にきびやにきび痕の症状が特にひどい方は、早めににきびの専門クリニックで相談して、きちんとした、にきび治療の開始をお薦めします。どのようなにきびの治療が、にきびの専門クリニックでは行われるのでしょうか。クリニックでは、にきびやにきび痕用のスキンケア用品を購入することが可能です。これは独自に開発された洗顔料や保湿剤などで、敏感肌の女性はこれだけでも嬉しいのではないでしょうか。

またクリニックには高濃度ビタミンCのお薬があり、ビタミンCはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、にきびやにきび痕の治療薬として使われるものです。にきびやにきび痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果がビタミンCにはあり、にきびの炎症によって出来る活性酸素を中和させて、にきびの炎症を抑える効果もあるものです。科学的な治療法であるケミカルピーリングもにきびやにきび痕には効果的です。

このケミカルピーリングはフルーツ酸の働きで、角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌をすることでにきびやにきび痕を改善していきます。自宅でケミカルピーリング効果を得られる、ピーリング石鹸等も購入出来ます。メラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高める効果があるのが、フォトフェイシャルと呼ばれるにきびの治療方法で、これは特殊な光を利用するものです。陥没や色素沈着等、にきび痕に最も適した治療方法です。また皮脂の分泌を抑える効果もあるので、総合的ににきびを治療します。

さらにレーザー治療もにきびやにきび痕に有効です。このにきびの治療法は、炎症の元となる原因菌に働きかけ、殺菌する作用を持つレーザー光線を当てるというものです。皮膚の他の組織にダメージを与える事はないので、にきびの治療に使用されるレーザー光線は、内服剤の様に副作用の心配はないでしょう。その効果は、細菌の増殖を予防したり、炎症を沈静させるなど様々です。

まずはにきびやにきび痕に悩んでないで、クリニックに行ってみてはどうでしょうか。にきびやにきび痕の治療にはさまざまな治療方法がありますので、自分の肌の状態に合った治療法がきっと見つかるでしょう。

アミノ酸サプリメントの選び方 | カリウムサプリメントの摂取について | ふくらはぎダイエットの方法
 

にきびとにきび痕の原因と対策
2009.01.09 [Fri] 19:36


にきびが出来る原因は何かというと、にきびは皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事です。それだけではなくにきびの周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあるからです。これによ痛みを感じることもあるようです。ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏食、ストレスがにきびの内因性原因としてあげられるものです。

それ以外のにきびの原因には、外因性原因と呼ばれる肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、活性酸素などがあります。また、乾燥や薬の使用もにきびが出来る原因といえるものです。1つの原因によってにきびができるのではなく、いくつもの原因が重なり合うことによってにきびができてしまうことが多々あります。できる要因となる様々な原因を把握して、きちんと対策を立てないと、にきびやにきび痕の予防や改善は難しくなってしまいます。

自宅で出来るにきびやにきび痕の対策法として最も大切なことは、正しい洗顔法を身につけることではないでしょうか。余分な皮脂を取り除くのと同時に、ぬるめのお湯でメイクや汚れをしっかり落としましょう。さらに綺麗なシャワーの水を使って洗顔料をしっかりと洗い流してください。さらに重要なのは、ゴシゴシこすったりして強い刺激を肌に与えないようにし、清潔なタオルを使うことを心がけてください。自分に合った化粧品を使用することも、自分で出来るにきびやにきび痕の対策方法です。洗顔をきれいにした後はどうしたら良いでしょうか。まずは正しい化粧品で肌の手入れをすることが必要です。

化粧水や乳液などは自分の肌質に合った物を選択肢、乾燥しやすい冬と、汗をかきやすい夏とでは基礎化粧品を変えてみるのもひとつの手ではないでしょうか。一般的に化粧品はにきびやにきび痕の形成を促す様な成分を含んでいます。特ににきびやにきび痕の発症を促し、悪化をもたらす事になりやすいのが、肌にとっては汚れと同じであるファンデーションです。いつもしている化粧が原因でにきびやにきび痕が出来ることがありますので、自分の肌に合った化粧品を選んで使うようにすると良いでしょう。

アミノ酸サプリメントとスポーツ | カリウムサプリメントを摂取しよう | βグルカンのサプリメントの原材料
 

にきびとにきび痕について
2009.01.09 [Fri] 19:23


にきびとはどういう肌のトラブルなのでしょうか。にきびは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれています。年齢に関係なく尋常性座瘡が出来る条件が揃えば発症しますから実は、10代でも40代でもにきびは出来るのです。20歳過ぎたら吹き出物というわけではないといえます。

にきび痕を治したいと希望する人は大勢います。と同時ににきびに悩む方は非常に多いものです。にきび痕は大きく分けて2つに分けられます。にきび痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態が、まず1つ目です。にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、細菌の増殖によって炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。

なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、にきび痕が皮膚に残りやすくなります。ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。

にきび痕は治りにくいものです。ときには一生残ってしまう事もあるかもしれません。さらにシミの様に色素沈着している状態が2つ目のにきびの痕の状態です。色素沈着も、にきびの痕に出来るにきびの後遺症といえるものでしょう。シミの事を色素沈着といいますが、にきびばかりでなく、炎症を起こした部分に色素沈着は出来やすく、これを炎症後色素沈着と呼びます。

シミが残ってしまう事があるので注意しなければならないのは、傷が出来た痕や、化粧品や薬品によってかぶれが生じた後なのです。


アミノ酸サプリメント | カリウムサプリメントについて | βグルカンのサプリメントの選び方