美容部員の化粧品は看板 

November 23 [Fri], 2007, 9:00


美容部員の化粧品は女性にとって
必需品のため、不況下においても売れます。

現在では、高校生が化粧品を使うことは当たり前となり、
中学生、小学生までもが化粧品を購入します。

当然、高齢者も化粧品を使用するため、
幅広い購入層に支えられている業界です。


化粧品を商品別に分類し、販売額の構成を見てみると、


1位:スキンケア
2位:メイクアップ
3位:ヘアケア
4位:メンズ
5位:ボディケア
6位:フレグランス


となっており、中でもスキンケアは
群を抜いてトップとなっています。
また、化粧品が美容部員の売上の約半数を占めています。

スキンケアは毎日使用する消耗品で、
その消耗品が売上の半数を占めているところが
化粧品の美容部員業界の安定につながっていると言えます。


つまり、美容部員の制服を着ている以上、
化粧品の知識がないことは、許されないのです。


美容部員(ビューティーアドバイザー)は
特にスキンケアの販売に力を入れますからね。

これは、美容部員のメイクアップ商品は
さまざまなブランドの化粧品を使用しますが、
スキンケアだけは自分の肌に合う
美容部員のブランドの商品を末長く使用する人が多いためです。

美容部員の勉強を欠かさない 

November 23 [Fri], 2007, 8:51


学生時代に美容部員に必要である
知識を学ぶことはできませんね。
化粧を教える学校などありえないからです。


美容部員になるためには、化粧品メーカーの求人がなければ
美容部員の就職はできませんが、
ビューティーアドバイザースクールというものもあります。

ビューティーアドバイザースクールへ入学し、
美容部員の勉強をすることができます。

美容部員養成学校ですので、時間を無駄にすることがありません。


美容部員の制服や、各地域の美容部員の募集条件、
資生堂の美容部員、美容部員募集の福岡、
美容部員募集や関西への情報など、いろいろ集めていきましょう。







美容部員の制服と目標と 

November 23 [Fri], 2007, 8:19



美容部員の求人情報、学生であれば
学校へ求人票が出ていますので、
進路指導の先生に相談してみましょう。

外資系の美容部員であれば、
大学卒業が条件になっているようです。

自分が目指す美容部員は何なのか、
しっかりと目標を設定しましょう。

美容部員の目標が決まったら、大学を卒業してから
美容部員を目指すのか、高卒でも入れる
化粧品メーカーへ就職し美容部員を目指すのかが見えてきます。


美容部員の資質は、積極性や笑顔など、
化粧品に関する知識以外にもたくさんあります。

美容部員は人間を相手にするお仕事ですので、
かなりハードな難しい職業だといえます。


美容部員の求人を勝ち取るのは、
実際大変で、仕事もキツイですが、
やりがいはとてもある職業ですね。