コラーゲンの役割と特徴

July 14 [Mon], 2014, 7:16
美容に興味のある方でしたら、「コラーゲン」という言葉は良く耳にすると思います。

コラーゲンとは、お肌の表皮の下にある「真皮」に存在している物質で、ゴムのような弾力性があります。

コラーゲンは網目状の構造をしており、お肌を支えています。このコラーゲンの弾力性があるからこそ、私達のお肌はつねったり引っ張ったりしても元の状態に戻ってくれるのです。

もし、お肌の真皮部分をビルに例えるとしたら、コラーゲンは鉄骨の部分になります。

しかし、加齢によってコラーゲンやエラスチンなどの物質が減ってしまうと、シワやたるみが増えてしまいます。また、紫外線による影響もありますね。

また、コラーゲンの間にはヒアルロン酸という物質があります。ヒアルロン酸はたくさんの水分を保持しており、お肌を水々しく保ってくれています。

お肌に合った洗顔石鹸を選ぶ

May 20 [Mon], 2013, 22:09
少しずつ温かくなってきて、なんとなく皮脂の分泌量が増えてきたように感じるのは、私だけでしょうか。

皮脂の分泌が増えると、ニキビが出来やすくなります。これを予防するためには、やっぱり朝晩の洗顔をしっかり行わなくてはいけません。

あと、洗顔石鹸選びも大切です。泡立ちが良くて、毛穴の汚れをしっかり吸い取ってくれるものを選ぶべきです。

個人的に良いと思っている洗顔石鹸は、どろ豆乳石鹸の「どろあわわ」です。

どろあわわは健康コーポレーションが販売している洗顔石鹸で、沖縄で美容泥として昔から知られているマリンシルトを使用しているそうです。

泡立ちがすごく良くて、もこもこの泡で洗顔すると、病み付きになる人もいるようですね。

泡立てが苦手な人は、専用の泡立てネットを使えばとても簡単に泡立てることができます。

どろあわわのテレビコマーシャルも、たまに放送されているようですね。

黒グマの原因とケアについて

May 05 [Sun], 2013, 22:22
黒グマの原因は、下まぶたの皮膚のコラーゲンが減って薄くなることです。このコラーゲンを増やすために有効なのが、レチノールになります。

レチノールはビタミンAの一種であり、線維芽細胞を活性化し、コラーゲンを増やす作用があります。

このため、黒グマをケアするためには、レチノール配合の美容液、またはクリームを日々のお手入れにプラスすることが大切です。

そして併せて行いたいのが、定期的なピーリングです。週に1〜2回のケアを行って角質を除去することで、コラーゲンの産生機能がアップします。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:古舘
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる