催淫剤この両者は関連、漢方理論

September 13 [Fri], 2013, 16:00
医者はレイにし、一連の検査を排除し、脳下垂体腫瘍生殖器官病変、甲状腺機能高進、精神分裂、てんかんなど器質的要素。深く問い合わせを経て、医者はレイ発見エロ文学、映画、催淫剤ウェブサイトのすべてに興味がない、何もできない不良の社会の友達、さらに服用していない催情薬や栄養食品。

性欲の発生についてまずとホルモン。性欲のホルモンの影響がたくさんある:エストロゲン催淫剤膣潤滑度を増加することができ、腟より敏感に反応。雄激素は男女の性欲の主な誘因;催淫剤は性生活の中に特有の作用コルチゾールは一般的に体が緊張した時に、初めて分泌腺下垂体分泌;プロラクチンは一種の蛋白質の激素、性欲を抑えることができるだけではなく、ドーパミン程度が人々の行動にも参加する情愛過程を奮い立たせる人が異性に対して感情の発生。ときには男女に一目ぼれや理解を通じて発生愛慕の情の時、視床中のドーパミンなどの神経伝達物質もどんどん分泌。違う性別、ドーパミンの体内での濃度も違うし、通常の男が女が多いから、恋愛をする男的のいくつかの方面。しかし化学検査を経て、発見はレイの各指標も正常なホルモン。

「不眠」この本の引き金をつかむ

夜が更けても阿麗は何らの眠気は、勃発の情欲の火を続けて彼女を要求し催淫剤王さんは痩せ我慢を堅持してい。王さんはひそかに感嘆して、医師という以上はすべて正常で、どうやら女とは本当に「三十代、四十トラのようだ。波の後、妻はゆっくりと静かに、すぐに夢の世界に入って、王さんは妻の寝顔を見て、ふと自分になった妻の睡眠薬。寝る前の性交がなければ、妻は夜眠れない。では、もし解決した妻不眠の問題、彼女に叱られる枕深い眠りに落ちて、彼女の性欲を下げることができますか?

王さんの考えを啓発した医師は、確かに一部の性欲亢進症患者は不眠症患者の進化が、催淫剤このケースで男性が多く見られ。詳しく問診を通じて、医者は発見して、不眠のほか、レイは存在情緒激しやすい、よく心落ち着かない、掌の土踏まずは発熱して、口は口の苦しみ、小便の色の濃い黄色の灼熱、大便は乾いていて、こしけ黏調透明、量が多くて、たまにめまい耳う、腰のひざけだるい等の状況。彼女の舌苔と脉象にも明らかな「ます曇るのぼせ旺」の兆し。

季節は自然の進化法則、人体にも「夜には眠る.入昼は悟る」の昼夜睡眠法則、催淫剤この両者は関連、漢方理論を「天人相応」、「天」とは、人間の成長に自然に、自然界での胸の中で、両者の関係は調和の平衡。人体の健康に対して、良好な睡眠のように一人で正常な飲食、呼吸のように、あまり重要。睡眠と覚醒は人体の適応自然概日リズムの一種の自己調節の生理機能表現で、人体にこの法則は健康にもいいし、それを違反に健康被害。昼間は人体の生理機能を興奮がメインなので、陽の息の旺盛、夜まで生理機能をはじめ、鬼気旺盛だから。もし人体陰陽の不均衡による不眠、また睡眠は人体の「鬼気」が充養過程だから、不眠を強めることができて、逆に「貧血状態」で悪循環を形成。人体陰陽は相互制約、相互協力の関係、いったん陰液が少なくなって、陽熱亢進ていると、神経係の興奮を招き、イライラ、怒りと情欲の氾濫。

消えない「火」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:biyakugirl
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/biyakugirl/index1_0.rdf