ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃり

June 03 [Fri], 2016, 18:41

体重を減らそうと思ってもたびたびジョギングしたり散歩したりするのは面倒だーという気もちがおこりませんか。







そこで提案したいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。







ラジオ体操も、効き目のある有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操を行うと、しっかりカロリーも消費されます。







出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)をしてから、たるんだおなかを元通りにするために、ダイエットと合わせて人生初の筋トレをしました。







100%母乳でコドモを育てていたので、予定どおりにダイエットはできなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。







おかげで、半年ぐらいでほぼ前の体型になることができました。







ダイエットで人気のある有酸素運動は、もっとも効果のある心拍数を知ることで効率的にエネルギーを燃焼し、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。







あまり、無理に長い時間体を動かし続けるほど痩せるのではなく、特に激しい運動などは筋肉に酸素が十分に行き渡らず、逆効果になります。







私が痩せたいと思った時、家でも可能なダイエットの手段として腕たて、腹筋、スクワットなどを実行して、筋肉を増やすことで体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早めのウォーキングを30分以上やりました。







これをなるべく毎日継続することで、わずか二ヶ月で5キロの減量を達成しましたが、実行し続けることはとても大変でした。







ダイエットの為に朝食を抜くのは体に害を及ぼすので、ちゃんと食べる方が効果的です。







カロリーを考える場合はメインの炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトに変えて食べるといいです。







他にも、温野菜サラダや温かいスープも新陳代謝が上がりますし、肌も美しくなります。







フルーツを朝に取ってもいいので、朝食は必ず食べて健康に痩せましょう。







まず、ダイエットを行なう際には自分の基礎代謝量を、計算して知っておくことが重要な第一歩です。







基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギーのことなので、つまり、数値が大きいほど、体質的に太りにくいといわれているのです。







便利なことにネット上で簡単に基礎代謝が計算できるサイトがありますので、使ってみて数値を確認してみるといいと感じます。







避けては通れないのが痩せなくなってしまう時期です。







こういう状態でどうすればいいのかというと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが重要です。







もし、運動をしなくなったのなら、ご飯だけはカロリーをチェックしたり、ご飯を気に掛けないのなら、身体を動かすことだけでも続けましょう。







綺麗な体になるには長い時間が必要ではないのではないでしょうか。







いきなり痩せることは健康に良くないので、段階的に痩せる方法を選び、それを繰り返して、徐々に体重を減らしていくのが基本です。







ちょっと体重が減ったからと言って辞めてしまうと、すぐに基に戻ってしまいがちですので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。







人間は年を重ねていくにつれて、運動を行う事も減り、そのままにしていると、基礎代謝はぐんぐん下がっていく気がします。







そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思う通りに体重が減りません。







やっぱり、体質を変えるところがスタートです。







まず始めに、体を温かくするために、生姜湯からやりたいと思います。







寒いときにはもってこいの飲み物ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。







ダイエットの方法は様々ですが、基本は運動とご飯ではないかと思います。







ご飯制限と運動を同時に行なうとまた一段と効果的となるので、毎日ストレッチやトレーニングをすれば効果が出るかも知れませんね。







ジムを使うのも良いですし、それがムリだという方は自分でトレーニングやジョギングを行なうようにするのがいいでしょう。







ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)には多彩な方法があるのですが、基本は運動とご飯ではないかと思います。







運動とご飯制限を同時にやるとより一層効果的なので、毎日何かトレーニングなどを行えばいいかもしれないですね。







ジムを使うのも良いですし、それができないといった方は自分でトレーニングやジョギングをやるように心がけるようにしてください。







基礎代謝の数値をしることは必須ですよね。







なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分に必要な摂取カロリーの量をしることは不可能だからです。







10代の頃のような無謀なダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)をするのが体に無理ができなくなった分、日常生活から静かに数値を見つめていたいと思う日々です。







ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)をした場合きの心構えとしてまず基礎代謝量の数値を出しておくことが実は重要な準備のひとつです。







基礎代謝とは、運動や仕事など何もしてない時に消費されているエネルギーのことをさすので、その数値が大きいほど、あまり太らない体質と考えられています。







簡単に基礎代謝の計算ができるツールがインターネット上にありますので、一度使って確認してみるといいと思えるのです。







基礎代謝をよくするということは痩せ効果もあります。







普段汗があまり出ないという方は、体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。







老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)が溜まってしまうと基礎代謝を下げることになるので、汗をあまりかかない人は太りやすくなるのです。







基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすくすることが大切です。







ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)といえば、有酸素運動ですが、とても効果的な心拍数を理解することによって効率的にエネルギーを燃焼し、脂肪の燃焼率を高めることが出来るようになるのです。







長時間継続して体を動かすほど痩せるということではなくて、特に激しい運動などは筋肉に酸素が行き届かず、逆効果になる場合もありえますので、注意して下さいね。







体型の変化はすぐに表れる理由ではないのではないでしょうか。







急激な体型変化は身体に影響が出てしまいますので、ゆっくりと計画を立てたダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)方法を選び、それを続けて、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。







ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)が成功したといってすぐ辞めてしまうと、すぐに戻ってしまいがちですので、最低3ケ月はおこないましょう。







呼吸に集中してオナカからするだけでも、人はカロリーを燃焼する沿うです。







かっこいい体を手に入れるストレッチとしては大聞く呼吸しながら肩甲骨を動かすことが成果があると聴きました。







肩凝りにも効くのですが、両腕を空高くまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を曲げて体の後ろに下ろしていきます。







同時に息を吐きながら肩甲骨を縮める感じです。







女性の視点では、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、結婚を決断してから、私も人並みにダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)に努力しました。







その後、エステにも通いました。







さまざまお金を要したので2日間しか行けなかったけど、非日常的なことをして微かに綺麗になれた気がしました。







出産を経験し、増加した体重とたるんだオナカを基にもどすために、減量と合わせて人生でしたことがなかった筋トレをしました。







100%母乳で子供を育てていたので、予定どおりにダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)はできなかったのですが、筋トレはおもったより熱心に鍛えました。







沿ういったこともあり、半年ぐらいでほぼ元のスタイルに戻る事が出来ました。







限られた短い期間で健康的にダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)するにはスイミングが一番いい方法です。







走ったりはしたくないという方でも、水中ならば浮力が手伝って、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わると心地よい疲労感があります。







ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)を目標にたくさんの人が水泳をしていますので、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。







水泳は想像以上にカロリー消費が激しいので、継続すればダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)も成功ミスなしです。








http://www.yukigassen-miyako.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:biwj9b8
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/biwj9b8/index1_0.rdf